ニンジンがあるから走れる
こんにちは、八雲あかねです。


来月東京行きます♪
たまきさんの講座を受けるのだ〜。
 ⇒ 『十大主星徹底研究〜貫索石門の巻』

私の中心星は貫索。
これはぜひとも聞いておきたいし、他にも知りたいと思うことがあって。

算命で言ったら、貫索の他に車騎・龍高もちですし
西洋でいったら、太陽火星が活動宮で、月金星は火のエレメントもち

やりたいことはやる。
目の前にニンジンがぶら下がっていたら狂喜乱舞する。

というのがデフォ。


今のところは、早起きして日帰り予定なんだけど
前乗りも魅力的だよな〜と、夢を膨らませている最中です。

Posted by 八雲あかね at 10:50 | 算命 | - | -

天中殺がやってきた
昨日は立春。
私はこれから2年間の天中殺にはいります。

天中殺は、不安定というか収まりの悪い時期という意味合いもありますが
(だから安定させたい物事をスタートさせるには向かない)
枠がはずれる、という解釈もできるので
限度を決めなくていいこと(勉強とか親孝行とか)は
むしろどんどんやっていいそうです。


私はガチガチに「こうあるべき!」という枠が強い人間なので
こういう機会に自分の固定観念を緩めたいと思っています。
いろいろ考えているけど、何をどうするっていう計画は無しで。

あえてルールを決めるとしたら、
自分の気持ちが動くかどうか、を大事にすることと
必要か否かをジャッジしないようにする、ということでしょうか。



2年の天中殺以外に、大運天中殺も回ってくるので
どういうふうに過ごすと良いか、去年、年運鑑定を受けていたので
何度も読み返していますが、心強いですね。



天中殺とは関係ないですが
資料を整理していたら、一昨年受けた水晶鑑定の結果が出てきました。

b009.jpg

自分の心の中に浮かぶことだからなのか、今見てもすごく納得します。
(その頃からあまり進化していないという可能性も否定できませんが。)

Posted by 八雲あかね at 20:06 | 算命 | - | -

講座後の検証がまた楽しいわけで
「身強・身弱の研究」がとても面白かったので、翌日から早速復習を兼ねて
家族友人のデータで検証しています。

そもそも玉紀さんがこのテーマを掘り下げてみることになったきっかけは
単純に天将星があるから身強だね、バリバリ生きなくちゃ!と言うのが
どうにもそぐわないケースにたくさん触れて、疑問に思ったからなんだそうです。

天将星をひとつもっていても、他が超身弱の星であるとか
自分が意識して使えない場所にあったり、配偶者に投影していたり。
逆にすごい身弱なのに、配偶者の天将星を投影されて翻弄されてしまうケースとか
本当にいろいろあるようです。

教えていただいたことを自分の家族友人のデータで検証してみると
確かに違う側面が見えてくるような感じです。
身強でも身弱でも、その本質がストレートに出る人と
そんな風に見えないけど実は、、というタイプの人がいらっしゃるのですが
西洋で言うアセンダント(人に与える印象・無自覚)と太陽(自覚あり)みたいな。
ホロスコープから受け取る印象とのすり合わせをしてみたら面白いかもと思います。


講座は玉紀さん含め5人だったのですが、身強は玉紀さんと私の2人
3人の方は身弱の方でした。
私は身強で、自分でも自覚があり回りもそう見ているというわかりやすいタイプです。

昔、夫と買い物に行き、荷物(買い物袋ひとつとティッシュか何か)を夫が持って歩いてたら
それを見かけた近所の奥さんに「イブさんちって姉さん女房なの?」聞かれたことがあります。
荷物を旦那に持たせて、ふんぞり返って歩いているように見えたんだって!
ぷんぷん!!

というくらいストレートなタイプなので、実は他人に対しては鈍感です。
だから身弱ゆえの悩みだったり感覚だったりにいろいろ触れられて良かったです。


講座を受けに行くことを話した友人に
「ニコニコ笑いながら刀を研いでいるイメージだ」と笑われまして
確かに切れ味は鋭くなったかもしれないですが、
そのぶん刀を抜く回数は減るのではないかと、自分では思いますがどうでしょうか。

Posted by 八雲あかね at 07:51 | 算命 | - | -

知ることは喜びにつながっている
来月東京に行くことが決まって、チケットも取って非常に浮かれているのですが
なんと今月末も行ってきます。

最近イベントなどでご一緒する方の天将星率が異様に高くて(笑)
これから色々な場面でどんどん物事を動かしたり、新しいことを始めたりする
大きな原動力になる人たちなんだなって思います。
(来年は活動宮のグランドクロスもあるしね!)

そんな折、いつも算命の講座でお世話になっている玉紀さんが
『身強・身弱の研究』という講座をされるとのこと。
この講座、最初に開催する告知を出したらあっという間に満席になったので
改めて追加開催を決めたというほどの人気です。

私も最初の日程では、予定があって参加できなかったのですが
追加された開催日だったら受講が可能だとわかり
もうこれは行くしかないよね?と申し込みました。

既にプロとして活躍されている方や、本格的にお勉強中の方も受けられるそうで
内心ひょえ〜と思いつつ、たとえ聞いているのが精いっぱいだったとしても
そういうピリッとした空気の中に自分を置くことの喜びも感じています。

すごくワクワクして楽しみで、西野カナ風にいうなら
(新しい知識に)会いたくて会いたくて震える という感じでしょうか。
当日は脳味噌が煮えちゃうくらい、頭フル回転させて来る予定ですよ!



色々な人に「もうインプットは必要ないからアウトプットして」と言われましたが・・
龍高・玉堂というインプット大好き星を持っているので
「知る」ことは「喜び」でもあるんですよね。

このあたりは、西洋でみても月が9ハウスにあるとか
金星と水星が、太陽・火星をはさんで団子でつながってるとか
同じような表れ方をしていると思います。

純粋に自分が楽しいと思えることをしようとすると、どうしても
インプットすることを止められないわけで、
ならば、知識を得ることをストップさせるんじゃなく
知ったことをどんどん出していこう、と考え方を切り替えました。

楽しいからする、わくわくすることを追求する。
今はそれが純粋に味わえているような気がします。

Posted by 八雲あかね at 08:20 | 算命 | - | -

天将さんを引き寄せてる?
『美と癒しとオーガニックカフェマーケット』
無事終了しました。

イベントはいつも楽しいですが、今日も楽しかったわぁ〜。



今日はタロット、算命、ホロスコープのお客様が
まんべんなくいらして下さいました。


前から薄々感じてはいましたが、私の回りには天将星さんが多いです。
癒しに関わっていらっしゃる方ばかりなので、自分が普通でいようとすることに対する
違和感や息苦しさは、敏感に感じとっていらしたようです。
ただその違和感の出所がわからなくて、なんでだろう?って迷っていたような感じ。

こういう星回りなので、まわりに合わせたら苦しいに決まってる
カリスマ性を発揮してやりたいことをやればいい
家族がつつましく幸せであることを願うより、世界は私が幸せにするくらいの
エネルギーを発揮したらいいんです。


だからそうなのか、っていうのが腑に落ちると
瞳がキランと輝くんですよね。
その瞬間が好きだなーと、何度セッションしても思います。


強くて大きなエネルギーを、大きな野望のためにみんなのために使って
いただけると良いなぁと思います。
無理に回りに合わせたり、自分の利益のためだけに使ったりすると
陰転しちゃって大変ですから・・・・
(そういえばこの間遭遇した方は、たぶん天将の陰転さんなのだろうな。
人をネガティブな渦に引き込む破壊力が半端じゃなかったし・・)


私は天南・天禄持ちの身強ですが、天将さんのバイタリティーにはかないません。
それに、私は老年期の星が天報星(狼)なのですよ。
もうもろもろ責任とか取りまとめとか、そういうのを脱ぎ捨てて
自由気ままに生きる段階に来ております。

なので時々いろんな事務局やらのお誘いいただきますが
これからはお受けしませんよ、とさらっと告知しておきます(笑)
自分自身以外の事には、もう責任を負わない方向で。てへぺろ。

Posted by 八雲あかね at 19:50 | 算命 | - | -

火と仲良しになる
先日、玉紀さんの新メニュー「陰陽五行で気質体質チェック(β版)」を申し込みました。


一昨年・去年と、何か節目の時には鑑定や講座を受けに東京に行っていて
今年もと楽しみにしていたところ、この新メニューを
メールでも鑑定してもらえると知り即申し込みました。
届いた結果はこちら。
このほかに自分でできるチェックシートもあってすごいボリューム!
b012.jpg



私の主成分は水、次いで木、その次に金の要素が多いのです。
五行で言うと、金生水(金属の表面に水が発生する)、水生木(水が木の根を潤す)という
「相生」が多いタイプ。
他人に命令されるのが好きじゃないし、干渉もしない、マイペース型。

そして足りないのは、火と土の要素。
これは水から見たら、自分を剋する(鍛錬してくる)要素であり
自分がコントロールする(でも自分も消耗するのでエネルギーが要る)要素。

この先、私に『丙午』というもっとも火性の強い運気が巡ってくるので
いかに火とうまく付き合い、コントロールできるかがカギなんだそうです。


ということで、水・木・金の要素はもう十分持ってるからこれ以上必要ない。
火と土の要素をどんどこ取り入れていきましょう!ということです。


すごくすごく簡単に言うと
インプットは十分したから、これからはアウトプットしていく
冷静さは持っているので、心の赴くまま楽しむことをする
身体は冷やさず温める
寒色系やモノトーンはやめて、暖色系のものを身につける

っていうのが大事なんだって。



実は私、小物や文房具を買う時、オレンジ系のものを買うことが多いです。
b013.jpg

来年の手帳のカバー、電卓、スマホのケース、お仕事用の財布、眼鏡ケース。

あとここにはないけど、ipodもそうだし、スマホもメタリックのオレンジと黒。
占星術を勉強したい!と思って買ったノートの表紙もオレンジ。


そして、この9月から自分の切り替わりを意識していたのが
これからは、自分の心が喜ぶことを選択して生きる ということでした。


本当に、なんとなくですが、そうした方が良いという方向に向くという
自分の感度が間違っていなかったんだなぁと確認できて、なんだか安心しました。



玉紀さんに最初にお会いした時
「運気のいい人は星のセオリー通りに生きている」と言われたのですが
その言葉をふと思い出しました。
Read more ?

Posted by 八雲あかね at 10:54 | 算命 | - | -

ワタシは巳年に脱皮する
きっかけはフェイスブックのコメントでした。

玉紀さん(⇒)が「期間限定で2013年の年運鑑定します」というブログ記事を
FBでシェアしていたのです。
2014年から自分が天中殺だということを知っていた私は
「来年もこの企画やってくださいねー」なんて気楽にコメントしたら
もう大運天中殺に入ってるみたいですよーとお返事が!

年末に自分のソーラーリターン図とか読んでいても
t冥王星がネイタルの水星をがっつりロックオンしているし
今年は土星がアセンダントを通過するという転機の年だしで
平穏に過ごす1年ではなさそうだ、という匂いはプンプンしていたのです。

ここは東洋占術の観点からも、この一年の過ごし方を知っておかなくては、と
すぐさま鑑定をお願いした次第です。


今年は巳年。「癸巳(みずのとみ)」の年ですが
私の生まれた日の日柱も癸巳。
自分が持っている干支と同じ干支が回ってくるのを律音(りっちん)といい
60年に一度のターニングポイントなんだそうです。

鑑定の細かい内容は割愛しますが
とにかく今年は種まきの年。
私はもともと行動領域が狭いタイプの人間なのですが
今年は思い切ってその領域を広げ、知らない世界や知らない人
今まで興味がなかったことなどにもキャパを広げていくと良いようです。

で、2014年からの天中殺はまた違った風が吹くので
やりたいと思うことがあれば今年中に始めておくのがよいとか。


西洋でも東洋でも転機を迎えるというので
どんなことが起きるのか若干びびっておりましたが
ざっくりとでも方向が見えていれば、安心して進めそうです。

そしてまさに『種まき』の活動をしていた自分にもちょっとびっくり。
山羊(土成分)が多い自分にとっては迷いもあったんですけどね
(すぐに結果が目に見えないから・・)
やっていることは間違っていないんだなって肯定してもらった感じ。


2006年からこれまで、冥王星にゴリゴリ書き換えされてきたことを
今年は土星のヤスリでさらに磨きをかけられて
最後は巳年らしく、脱皮して生まれ変わるのかーなんて
腹をくくりましたですよ。


玉紀さんの年運鑑定はもう申し込み終了してますが
電話やメールでの鑑定も受けてくださいますよ。
スカイプ鑑定も準備中だとか。
ぱしっと答えが欲しい人にはお勧めです。

Posted by 八雲あかね at 20:53 | 算命 | - | -

身強の処世術
今日はお友達のサロンで鑑定でした。

本日のお客様は、なんと!2天将をお持ちでした。
若年期中年期が天将で、老年期天極でした。
とてもエネルギッシュでバイタリティのある方ですが
今までと同じペースで生きようとすると、無理が出ます。

パワフルに生きることは悪いことではありませんが
生きる目的を少しシフトするといいのではないか、とお話ししました。


ばりばり働いてどんどん稼ぐのは全然構わないので
何のために稼ぐか、稼いだものをどう使うかという部分で
我欲を捨てて、誰かのためになるかどうかに気持ちを向けてみるといいです。


これは2天将の人に限った事ではなく、身強全般に言えると思いますが。


それにしても。
先月講座を受けてから、知り合いの命式を片っ端から出してますが
私のまわり、天将星率結構高いと思います。


 

Posted by 八雲あかね at 19:23 | 算命 | - | -

車騎星を発動させる
そろそろ次に向けて動き始めるかな。


最近頭の中でいろいろ考えたり
自分が楽しいことを勉強してたり
玉堂星を堪能してましたが

ちょっと車騎星がウズウズしてきた感じ。


私はたぶん、忙しくて追い込まれてるくらいの環境のほうが
生きてる実感があるようです。

Posted by 八雲あかね at 22:25 | 算命 | - | -

講座行ってきました
今日は待ちに待った講座の日でした。
「東洋占い基礎の基礎 Part2 @日比谷」

玉紀さんは風邪を引かれていて、喉が辛そうでしたが
それでも一日全開で講義をしてくださいましたよ。

この内容、本来なら何週かにわけてみっちりやっても
不思議じゃないくらいのボリュームで
特に午前中は脳味噌が煮えてしまいそうでした。

しかーし。
言い出しっぺの意地とプライドにかけて
絶対ついていってやる!!と思ったです。

今日は復習せずに寝ます。
煮物は冷めていく最中に味がしみるんですが
脳味噌も同様。
一回休めて知識を定着させようという魂胆です。

内容は書きませんよ。うっふっふ〜
算命って何?と思った人は、本を読むなりネットで検索するなりされるか
「算命学飛脚便」を申し込むのがよろしいかと。


--閑話休題--

?今朝、東京に向かう時小学生ダンサーのかりんちゃんと
 車両は違いましたが同じ新幹線でした。
?帝国ホテルのティールームでお茶をいただきました。
 おとなになった気分(年齢は十分大人ですが・・・)
?ティールームで、脳科学者の茂木健一郎さんに遭遇いたしました。

私のミーハー魂も満たされ、満足な一日でありました。

玉紀さんはもちろんですが
今日一日ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

Posted by 八雲あかね at 22:29 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile