活動宮爆裂!箱根ツアーその1

箱根に行ってきました。

 

もともとの発端は、

高尾山で一緒に語った夢が現実になった

寒川神社で玉紀さんが願ったことが叶った

高尾山は去年お礼に行った。なら今度は寒川さんだね。

だったらいっそちょっと足をのばして箱根神社も行っちゃう?

どうせなら活動宮のグラクロができている激しい時期にしよう

 

なんていうノリで計画されたツアーです。

星回りの激しさ故か、爆裂!なんてネーミングにしたからなのか

メンバーのパワーによるのか、そこは不明ですが

なかなかの波乱に満ちた旅となりました。

 

******************************

 

初日の朝、出かける前に「この旅は私にとってどんな意味がありますか?」と

聞いてみたところ出たのはクリスタルの10

感謝の気持ちで祈りを捧げる とあります。

今まで積み上げてきたものが最終段階になって次のフェーズへ向かう

そんなきっかけになりそうです。

 

出かけるときの天気は生憎の雨。

富士山も雲に覆われて、見えません。

 

本日の目的地。

 

改札を出るとお出迎え。

o

この時はポケGoじゃなく、iphoneの設定を確認していたようですが

同様の光景は旅行中何度も目にしましたw

 

このあとあんこ先生と合流

当初の予定では、車で移動する予定だったのですが

箱根がまさかの雪!駅前は雨だったので信じがたいのですが

泊まる予定のホテル周辺は積もっているそうで

車での移動は諦めることに。

 

その前に何か美味しいものでも食べに行きましょうかということで

小田原の一夜城(その昔秀吉が北条軍との戦の際、一夜で城を築城したかのように錯覚させて勢力を誇示し、相手の戦意を喪失させたという歴史がある)史跡にあるレストランへ。

 

到着したのは11時過ぎでしたが、予約で満席で13時過ぎじゃないと席がないと言われたので断念。

駅前に戻って海鮮丼をいただきました。

地魚とシラスとなめろうのセット。うまうま♡

 

食事の後箱根方面に移動します。

小田原から箱根湯本まで電車で、箱根湯本からは路線バスで。

雪の気配はないけれど雨は冷たく、春休みのせいか人も車も多くて道は渋滞。

ようやくバスが来た、と思ったらガイドの人が「このバス3時間遅れですよ」と!!

のんびり座って寝て行こう、という目論見は儚く崩れました。

ギュウギュウのバスになんとか乗って出発しました。

 

寒さのせいで窓ガラスが曇って、外の景色がよく見えないのですが

山を登るにつれて外の景色が白くなっていきます。

通常なら30分ちょっとで行ける距離を1時間近くかかってようやく到着。

バスを降りたら一面の銀世界。

 

 

寒さと、急な山道と、バスの運転手さんのアグレッシブな運転にお疲れ気味。

 

部屋の窓から見える景色。本当だったら芦ノ湖と富士山が見える筈。

FBで「ここはどこでしょう?」と投稿したら、北陸か東北と思った人が多かった様子。

明日私たちは帰れるのだろうか?というのが心配。

 

 

それでも、温泉に入ってぬくぬくと温まって食事の時間を迎える頃には

すっかりリラックスモード。

 

上げ膳据え膳で、帰りの時間を気にしなくていいなんて極楽

 

 

そして夜。

お約束のカード引き。各自自分の野望を宣言してカードを引くわけですが

そこは全員占い師なので、それはどういう意味?とか具体的には?とか

質問の掘り下げが半端ない。

そして横でペンデュラムを回してのアドバイスが飛んでくる。

 

私は「ハートの7」を引きました。

やりたいと思っていることを達成するためには、まずは自分に向きあうこと・意識を変えることが大事みたい。

具体的にどうしたいの?と聞かれて答えていったら、最初はペンデュラムが「NO」と揺れて、別の言葉にしたら「Yesだけど弱い」ので、やっていくうちにやりたいことが変わっていくんじゃないか、というのが現時点での答え。

まず自分が定まらないと無理ってことか。

 

 

みんなの野望を聞いたりカードの解釈を垣間見たり

別のスプレッドを展開して、自分で引いて自分でチーーー—ンとなったり

私は水晶を持っていったのですが、反応が柔らかくて読みやすい水晶みたいです。

(石のプロに選んでもらった甲斐があった)

練習の仕方とかいろいろ教えてもらったのでやってみようと思います。

 

そんなこんなで楽しい夜は更けていきました。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:00 | 交流・おでかけ | - | -

3/28 牡羊座の新月

しばらく間が空いてしまいました。

 

春分を過ぎて活動宮が活発になる時期、公私にわたって忙しくしていました。

この週末は「命の洗濯」というか「勇者の冒険」的なものに出かけていました。

これはまた近いうちに記事にしますね。

 

早速ですが明日、3/28 11:57 牡羊座07度台で新月です。


西洋占星術では、春分の日が牡羊座の始まり、そして1年の始まりとされています。
牡羊座は、新しく生まれる・物事がスタートする、という意味合いがあり
今回は、さあこれから!という気配に満ちた新月です。

 

新月はMCと呼ばれるホロスコープの一番天頂部、
人生の目標や最終的にたどりつきたい場所で起こります。
新月には金星も近くにあって、こうなりたい・こうしたい・こんな風になったらいいな
という夢や希望にあふれています。

冬が終わって春、季節が新しくなりいろいろな環境が変わる節目のこの時期
これからどんな日々が待っているのか期待と不安で胸が膨らみます。
自分がどうなりたいのか、どんな方向に進みたいのか、何をしたいのか
まずは目標を掲げてみてください。

 

この新月、土星が少し圧力をかけてきています。
ほんとうにそれでいいの?とチェックを受けるような感じです。
牡羊座は勢いがあってまっすぐな故に不器用です。
あれもこれもはできません。
だからこそ全速力で走っていきたい先を定めないといけないのです。

 

ただ、現時点で結果がでるかどうかは気にしなくて構いません。
情熱をもてるかどうか、全力で向き合えるかどうか、が大事です。

活動宮と呼ばれる牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座に感受点があって
グランドクロスと呼ばれる四角の形ができています。
これまでの魚座の空気とは一転、目まぐるしくスピード感たっぷり。
怖がらずにそのスピードに身を任せてみてください。

 

↑ここまでは、実は前もって書いてあった記事です。

毎月ローズウインドウの新月WSのために、事前に読んでおいた部分。

 

ここから下は3/27に追記する分です。

 

現在金星と木星が逆行しています。

4/6からは土星、4/10からは水星も逆行します。

 

牡羊はストレートに勢いよく前に飛び出していくサインですが

逆行天体の影響で、ただただ前だけ見て勢いだけでは進んでいくのは

ちょっと難儀しそうです。

 

なにか障害が起きる、ブレーキを踏まざるを得ない状況になる

油断していると何かしら足元をすくわれそうになる。

道を歩くとき、車の運転をするとき、とっさに危険回避ができるように

いろいろな注意を払わなければなりませんが

それと同じように、スピードは出していても

周りが見えなくなってはいけない、と思います。

 

これは先日見に行った河津桜。

ソメイヨシノの開花宣言があちこちで聞かれるようになりました。

いよいよ春が、新しい季節がやってきますね。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:38 | -新月 | - | -

そろそろ射手土星の総決算

こんにちは、八雲あかねです。

 

ここのところ急に世の中のモードが変わった気がします。

できるかもしれない、可能性に賭けてみるのも悪くない、

やりたいならやっちゃえば?的なノリが

ちゃんとやらなくちゃ、本気で向き合わなくちゃ、形だけじゃダメで中身もなくちゃ

そんな流れになってきた感じです。

 

これは、土星の影響なんだろうな、と思うんですよね。

今年の年末に、土星は本来のポジションである山羊座に戻ってきます。

山羊座というのは、結果を出す・形を残す・システム化する等々の意味があります。

今までやってきたことが、実績になり仕組みになり確固たるものになる。

 

でもきっと、「土星が山羊座に入ってから」始めるのでは遅いのです。

自分がやること、目指すもの、可能性。

そういうものは射手座に土星がいるうちにちゃんと見つけて決めておかないといけない。

だからこれから土星は逆行して、大丈夫?ちゃんと着地点が見つかった?と聞いてくる。

 

今年の10月に木星が蠍座に入り、12月に土星が山羊座に入ったら

がらりとムードが変わる。空気がぐんと重厚感を増します。

ここからさきは付け焼刃じゃ通用しない、そんな気がします。

小手先で何となくやっていることは、山羊座で待ち構えているラスボス(冥王星)にひっくりかえされる。

実のあるものだけが残っていくのだと思います。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:29 | 土星の活用術 | - | -

土星先生がきた

こんにちは、八雲あかねです。

 

2月から環境的にも気分的にもどうもスッキリしていませんでした。

はっきりいってネガティブの海にざぶんとダイブしてた。

 

このまえふと、ホロスコープ見ていたらこんなことに。

 

 

土星先生がきていました。。。金星の上に。

そりゃー明るく楽しく浮かれた気分にならない筈だ。

 

土星はこのあと4/6から8/25まで逆行して、また順行に戻るので

11月くらいまでは射手座の終わりでいったり来たりするわけです。

 

射手座の後半に天体がある人はもちろん、双子・乙女・魚の後半に天体があると

その部分をなんどもなんども「ちゃんとできてるの?」とチェックされる。

私は金星なので、ストレートに愛情や喜びや楽しさみたいなことについて

もういらない古い感情や本当に大事にしたいものとか諸々

ひたすら集中的に向き合わされているような気分。

土星の課題は、向き合えばちゃんと結果が出る(ほっておくとツケが溜まる)し

楽しく安定した老後を迎えるための最後のハードルかなー。

 

このあとも山羊座軍団の上を土星は移動していくので

最終的には2度目のソラリタと、n土星にt冥王星合っていう大きなイベントがあるけど

月とか金星などの個人天体と絡む時の方がダイレクトに痛い感じはします。

Posted by 八雲あかね at 11:47 | 星のこと | - | -

「ママ起業」について考える

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は、とあるイベントに参加して来ました。

この前『西三河〇〇セラピストの会』というのが発足したみたいですが

今日の参加者の中にその発起人がいまして

「あかねさんはもう顧問に決まっているのでよろしく!」だってw

 

真面目な話から不真面目な話、いろいろしたのですが

中でも一番盛り上がったのが「ママ起業家」について。

ちょっと前にツイッターで、「ママ起業家」が今はやっていて

そのためのセミナーなどもいろいろあるらしいけど、中には期待外れのものもある

という記事をみかけたことがあって。

 

そもそも「ママ起業」って何なんだ、と思うわけですよ。

 

普通にお仕事している人が、結婚もしています子供もいます、って

別に驚くようなことでも、わざわざ宣言することか?と思う。

ママ公務員とか、ママ会社員とか、ママ販売員なんて聞いたことない。

広義では私だって「ママ起業家」っていうことになるよね。

起業していて母親でもあるんだから。

 

これから書くことは、特定の誰かをdisっているわけでも

母親なら家でおとなしくしてろと思ってるわけではないということを

お断りしたうえでの私見なんですが

 

子供がいても仕事したいならすればいいんですよ。

私も下の子が幼稚園の頃から仕事をすることを選択したので、大変さも、迷いや葛藤も理解できる

だけど、働きたいから働くという選択をした以上

「子供がいるから」を言い訳にするのは違う、と思ってます。

もちろん、お子さんが小さいうちは急に熱を出したりみたいな不測の事態は起きるけど

そのためのリスク回避の手段を何通りも確保する必要はあるんじゃないか。

 

子供が小さいうちは、融通が利く働き方を選択したり

親や姉妹や友達など、いざというときのためのセーフティネットワークを

作っておいたりするのは必須だろうし

「ママ起業家」のネットワークで、困った時はお互い様、みたいなサポートしあうというなら

全然問題ない、むしろ応援したいと思うけれど

 

「ママ向け起業セミナー」や「ママ起業家」と聞いたときに頭に浮かぶのは

子育てだけじゃ辛い、でも何ができるかわからない、だから

こうすればいいよと誰かが教えてくれた通りにやってキラキラした人生を手に入れたい

みたいな思惑です。

子育てだけじゃつまらないから仕事する、でも仕事してうまくいかない時は子供を言い訳にする

そういうイメージ(重ねて言いますがあくまでも私見です)

 

本当にやりたいことがあるなら起業すればいいです。

でもそこに「ママ」という肩書は不要なんじゃないのか、というのが私の考えです。

私の知っている人は、子育てをしながら仕事をしていますが

「ママ●●」と言われることが嫌だそうです。仕事場ではプロだという自負があるから。

 

成功している人に憧れるのは悪いことではありません。

自分もあんなふうにありたい!というのは向上心を掻き立てる燃料になるし。

ただ、キラキラ輝いている人のその表面のいいところだけでなく

人の知らないところで努力したり泣いたり葛藤したりしている部分があることも

ひっくるめて知ってよ、と思う次第です。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:16 | 土星の活用術 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile