算命の講座をリニューアルします

太陽が乙女座にはいりました。

私はもともと山羊初期度数に火星太陽水星があり

乙女座の初期度数に天王星冥王星があるので

この時期になると、頭がスッキリする感覚があります。

 

昨日は、半年分の帳簿付けとレシートの整理がはかどりました。

やればできる子!と自画自賛したのもつかの間

夜は炊飯器のスイッチを押し忘れるという失態をやらかしました。

 

太陽(仕事)はシャキっとしてても

月(主婦)は魚海王星にやられてぼんやり、というわかりやすい図式です。

 

 

 

さて。表題の件について。

 

算命学の講座は

『基礎講座』3時間×3回 10000円 と

『はじめのいっぽ講座』2時間 3000円 という

ふたつに分かれていましたが、統合します。

 

『はじめのいっぽ講座』は基礎講座の補完として企画したものなので

基礎講座の中に織り込んで、その分中身を充実させます。

9月以降は

『算命学基礎講座』 3時間×4回 12000円 とします。

 

それとは別に新しく

『十大主星講座』 3時間 4000円 を始めます。

 

こちらは陽転お茶会からもう一歩踏み込んで、

貫索・禄存・牽牛などの十大主星について学び

その星がどんな性質を持っているのか、人体星図のどこにあるとどんな出方をするのか

という内容になります。

 

別記事にて開催スケジュールなどお知らせしますので

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:14 | 講座 | - | -

ソラリタ・ルナリタ

昨日は、ソーラーリターンとルナリターンのご用命をいただいて

名古屋まで行ってきました。

 

8月はソラリタキャンペーンをやっていたのもあって

たくさんソラリタ読ませてもらいました。

 

ソーラーリターンというのは

年に一度お誕生日の近辺に太陽が、「生まれたときの太陽」の度数とぴったり重なるタイミングのことで

このピッタリ重なった瞬間のチャートをみて

次の1年がどんな年になるのかざっくり読むというセッションです。

年末の雑誌に掲載される「〇座のあなたの来年の運勢」をオーダーメイドで出す感じ。

 

ルナリターンは

月に一度、月が「生まれたときの月」の度数とピッタリ重なるタイミングで

そのチャートを読んで、次の1ヶ月どんな気分で(何に意識が向いて)過ごすかを読みます。

 

ソラリタは、Asc・MC・太陽・月の度数とサビアンと、太陽・月のハウスを読んで

あとは影響の大きそうな部分を解説する程度

ルナリタは、Ascの度数と支配星のハウス、月のハウスとアスペクトを読む

どちらも深く掘り下げずにさらっと拾う程度です。

 

次のサイクルがどうなるか、ということを読んでいくので

最初のセッションでは、なんとなくそうかな?というくらいの感覚でも

翌年のソラリタを読む時に前年の振り返りをすると

「そのまんまじゃん!」と思うことはよくあります。

 

昨日のお客様は、ちょうど昨年末ころから離れて暮らすご両親の

健康問題や介護をどうするかということがテーマとして浮上したそうですが

ソラリタは太陽も月も8ハウス(血縁とかルーツとか親とか、狭く深く密接にかかわる関係を示す場所)にありました。

さらのルナリタを見ていくと、月が4ハウス(自分の家や居場所)6ハウス(役割や仕事)

12ハウス(心や内面)と8ハウスを行ったり来たりしていて

親御さんとの関わり方や、こなさなければいけないあれこれが

大きなテーマなんだな、ということがよくわかりました。

 

ルナリタは1年通して読むので、あるときからチャートの雰囲気が変わるというか

ここからテーマが変わるんだな、というタイミングが見えてきます。

 

どんな人でも、親が老いていって弱ったり介護が必要になったりというのは

若い頃には想像もつかなかった(考えたくなかった)ことですが

そこに真摯に向き合うと、人生観が大きく変わるような気がするのですが

昨日のお客様の場合も、来年の春頃には今の慌ただしさが一段落して

この経験が大きなステップになりそうだなと推察しました。

 

 

ちなみに私の前回のソラリタでは

太陽6H土星合、同じ6Hに冥王星もいてあまり楽しくなさそうだと

思った覚えがあったので、1年分のルナリタをさらっと見てみたら

6月までは月がずっと4H8H12Hをぐるぐるしてましたorz

(本当に夏至の頃までは気分が滅入ることが多かった。。)

 

逆に言えば、どうしても気持ちが上向きになりにくい時期なんだと知れば

無理に頑張ろうとしなくてもいいんだ、とわかるとも言えます。

 

私の場合は9月からガラリとムードが変わってきていたので

またやる気が復活するかな、と期待しているところです。

 

 

お誕生月にソラリタとセットで受けるのがおススメですが

ソラリタだけ、ルナリタだけでも受けられますので

是非お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:25 | 星のこと | - | -

自分の感情を否定しないで

昨日偶然同じ内容の話を、目の前にいた人からと

FBの投稿で見聞きしたので、思うところを書きますね。

 

 

ポジティブは良くてネガティブが良くない、という風潮あるじゃないですか。

あれ、実際のところどうなんだろう?って思うんですよ。

 

何か出来事があったとき・誰か人に会ったとき

悪いところを探すより良いところを見つける方が気持ちいいし

それで救われることって確かに多いです。

 

鑑定の時なども、できるだけその人にとって良いところにフォーカスして

説明するようにしています。

でもそれはポジティブが良くてネガティブがダメとは思っていなくて

両方あるとわかったうえで、ポジティブを選択しているだけです。

長所と短所は表裏一体だったりしますしね。

 

 

昨日聞いたのは

「本当にやりたかったことじゃないと言い訳していたけど、やりたいからやっていると思うようになった」という話と

「ネガティブだからいけない、ポジティブに考えよう」という話でした。

 

あのね。

苦しくなっちゃうのはきっと《ネガティブな自分》をいけないこととジャッジして、それを否定してしまうからじゃないかなって思うんですよ。

 

例えばさ、苦手な人に会った時にうわ〜って思うじゃない?

嫌いって思っちゃいけないから無理に良いところを見つけようとするのと

この人苦手で好きじゃないけど、今は大人の対応でやり過ごそう、って思うのと

違うってわかりますか?

「この人苦手だな」と思った自分の感情を否定してるか肯定してるかの違いです。

 

自分の気持ちを肯定したうえで、今どんな対応をすればいいのか考える

そんな風にしてみたらいいんじゃないかと思うわけです。

 

かく言う私自身も、ずっと長い間家族観が歪んでいて

子供のころから親に甘えることが下手だったけれど、それはいろいろ事情があったからで

環境的にはそれなりにちゃんと育てて貰ったから何の問題もないって口にしてました。

でも本当は

もっと甘えたかった、もっとわがまま聞いて欲しかった、もっともっともっと。って

心の深いところで欲しくて欲しくて泣いてたわけで。

本当の気持ちに蓋をして無理くり頭で納得しようとしてたから

押さえられなくなった時に大噴火がおきました。

(とてもしんどかったな〜遠い目)

 

 

だから、本当の気持ちを押し込めて、こう思おうとするということが

どんなに苦しいか重いか、私にはわかるよ。

わかるから、そんな気持ちを抱えていて欲しくないって思うよ。

 

本当に楽しいとき、幸せな時、人は言い訳をしないです。

楽しくないのに幸せじゃないのに

無理やり理由を探して「幸せだ」「楽しい」って

自分で自分に言い聞かせたりしなくていいよ。

 

自分の感情をちゃんと受け止めて、感じることは自分にしかできません。

だからあなたがあなたの気持ちを否定しないであげてください。

それでその先どうしよう?と迷ったらその時はいつでも話をしに来てください。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:48 | こんなことを考えています | - | -

夢を語ろう

今日は豊橋でソラリタ鑑定でした。

ソラリタはリピーターのお客様が多く、

今日のお客様もここ何年か続けて受けてくださっています。

 

いつも最初に「去年どうだった?」という振り返りをするわけですが

去年自分が書いた一言アドバイスみたいなのを読み返して

的確過ぎて我ながら驚くことがあります。(自画自賛)

 

続けて受けるほど「星の流れ」にうまく乗れるのかなという気がします。

 

 

今日のお客様はかぁやん商店の千恵ちゃんと、きみどり深香さん

ソラリタ以外に、先日遊びでやった「実現リモコン」やってみたい!

というリクエストがあったのでやってみました。

 

初めてでイメージしにくいということだったので

お2人には叶えたい夢を語ってもらい、

私が思い浮かべたイメージを伝える、という役割分担方式で。

 

真面目に夢を語る

人の夢を真剣に聞く

 

そういう機会ってあまりないでしょう?

 

お2人の夢を聞かせてもらって、私もすごく楽しかったです。

こんな感じになる、こんなふうにしている、というイメージも

ビックリするくらいたくさん浮かんできて

「いつか叶えたい夢」が「きっと実現しそうな計画」にシフトします。

そして実現したらその時は「これはあのとき語った夢だね」

と振り返ることもできて、それも楽しみのうち。

 

 

実現リモコンすごく楽しいワークですが

誰とやるかは意外と大事なポイントかもって思います。

相手のことをよく知ってるほど具体的なイメージが湧くし

一緒に夢を語りたいか、心から応援しあいたいか。

 

もっといろんなケースでやってみたくなりました。

 

*****

 

今日はもうひとつお楽しみがありました。

この前きみどりさんにお願いしていた腰巻が出来上がり!

 

これはマレイシアのろうけつ染めの生地です。

 

アフリカの生地は明るくカラフル、インドネシアのは緻密な柄

マレイシアのは大らかでのんびりした感じの模様、という

お国ごとの違いもなかなか面白い。

 

筒状の布をくるっと巻き付けて止めるだけ。

ウエストのサイズも自由自在だし丈も調節できる。

夏はこれ1枚で涼しく、寒い時期は下にレギンスを履けば暖かい。

もう既に洗い替えが欲しいww

 

お昼は素敵なアジアンランチでした。

 

きみどりさん謹製ナシレマ

 

とぉやん特製焼きそばミーゴレン風

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:11 | 交流・おでかけ | - | -

『名前』のこと、その後。

先日姓名判断をみてもらった話を書きました。

『名前』をみてもらいました

 

で、考えた結果なんですけど当分はこのままです。

今の時点で変える!とも絶対変えない!とも決めてない。

 

でももし変えるとしたらその時は

・サタリタか60歳の誕生日のような節目 または

・自宅をリフォームして仕事場を移す時 のようなタイミングに、

事前準備や手続きなども済ませたうえで変えようかなと思っています。

 

 

今回は、迷って答えが出てない状態でブログに書いたことで

いろいろな人のコメントや意見をもらったり、話をしたりできたことで

なるほどそういう考え方もあるのね、という気づきが多かったです。

私にはあまり客観性が無いので、こういうのが必要だったのかなと思いました。

 

 

「八雲あかね」も本名もどっちも大事な名前なので

良くないと言われたからやめます、みたいに捨てるのは嫌だったし

正直、八雲あかねという名前を付けたことによって

(その名前を名乗って動いたことで)広がった世界もあるわけで。

ペンデュラムを振ってみたら、どちらの名前でもクルクル回るしね。

だから大きな節目や、よほどもういいと思う何かがあるまでは

大事に使います。

 

 

ただ、山羊子的には『ガワ』が非常に重要なので

名前というパッケージが変わったら、エネルギーは変わると思います。

(それは、あかねを名乗った時に痛感している)

家を建てるのに、間取りは同じでも木造にするか鉄筋にするかでは

材料をそろえるところからもう動き方が変わる、みたいな感じかなー

 

そして以前の私はあえてキャラを変える方向にベクトルを向けてたけど

今は私という人間の中にいろんな顔がある、という感覚です。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:03 | こんなことを考えています | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile