今を生きる よりよく生きる

昨日は豊橋のかぁやん商店さんで『陽転お茶会』でした。

 

豊橋というか東三河の土地柄なんだろうと思うのですが

地元で生まれ育った人が多い場所は他所の人をすぐにはコミュニティに入れない

という閉鎖性がある代わりに、だれか仲間内の人が「いいよ!」といった人には

ものすごくオープンに迎え入れてくれる場所だと感じます。

だいたい「〇〇さんが良いって言っていたので一度会ってみたかったです」と

来てくださる方が多い。

私が住んでいる岡崎は西三河になるのですが、こちらとは何かちょっと違います。

違いの面白さや、受け入れてくれる人がいる幸せをいつも感じます。

 

 

前にもちょっと書いたことがあるのですが、

昨日のお茶会でも、「前に違う人から〜〜と言われてずっと気になっていました」と

仰る方がいらっしゃいました。

ものすごく不安になってしまったんだろうと思うと同時に

そうやって誰かを不安にさせている人に対して怒りを禁じ得ませんでした。

 

これまで何人かの人に「算命学って寿命がわかるんですよね?」って聞かれたことがあります。

もしかして偉い先生に師事したら一子相伝的に教えてもらえるのかもしれませんが

私はそれは知りません。

仮にこの先それを知る機会があったとしても、

人の命に係わることは占いの禁忌事項だと思っているので

それをすることも、できるよと吹聴することもやるつもりはないです。

 

算命学の勉強をしていて本に書いていることをそのままあてはめると

身も蓋もないことばっかり書いてあって

これじゃ何もない普通の人を探す方がよっぽど大変だ!と思った覚えがあります。

(余談ですが、私の場合は普通の結婚をすると夫に異常が出るとか

親に大切に育てられると障りが出るとか、離婚又は死別によって運気が上がるとか

書いてあるよ)

 

算命学が帝王学として用いられていた時代は、そうやってたくさんの人の中から

もっともふさわしい一人を選び出していたのかもしれませんが

今はそういう時代ではありません。

 

占いの解釈は一つじゃありませんし、占い師も一人じゃありません。

自分がいちばんしっくりくる人を選べばいい、不安にさせる人の言葉にしばられなくてもいいです。

占いは呪いじゃなく、

どうしたら自分らしく幸せに生きられるのかそれを知るために使うツールです。

そしてそれを口にした相手がプロの占い師じゃないなら

聞く耳はもたなくてもいいと思います。

 

 

 

この年末年始、私はずっと死んでしまった人のことばっかり考えたり

聴いたり読んだりしていた挙句、自分が死ぬ夢までみて

なんでかなとずっと考えていました。

 

自分の母親が27歳で亡くなっていることもあって

幸せな人生だったのかな?悔いはなかったのかな?と考えてしまう。

人間は皆いつか死ぬ、これだけはどんな人にも平等に課せられた定めです。

だったらそれを精一杯生きることが、生まれてきた使命や意味なんじゃないか。

 

一生懸命生きるということ(それは好きなこと楽しいことだけして生きるという意味では無いです)

持って生まれたものを最大限に活かすこと

たくさんの人にそれを知ってもらうためのお手伝いをしていくんだな、と思いました。

 

死ぬとき後悔しないために本気で生きる、とか大げさだなと思いますが

私は太陽にトラサタ天体全部アスペクトしてるので

なんとなく幸せだ〜というゆるさがなくて極端な出方をするのかもしれません。

 

Posted by 八雲あかね at 00:25 | 日々の徒然 | - | -

そこに愛はあるか

私は自他ともに認める『熱しやすく冷めやすい人』です。

 

昨年末からは、手帳と万年筆とインク

(これいいな!とコレクションすることと

万年筆×インク×紙の組み合わせで字を書くことの両方)に

どっぷりはまっています。

 

加えて映画を観て以来Queen熱と。

「美女と野獣」の10回、「グレイテストショーマン」の5回と比べると

「ボヘミアンラプソディ」は2回しか観てませんが

youtubeとDVDとCDの再生回数からいくとダントツ1位かもしれない。

 

 

年末年始は、その「自分の好きなものたち」について

ネットでいろいろリサーチしたり読み漁ったりして過ごしたわけですが

そのときに強く感じたのが、今日の表題の「そこに愛はあるか?」です。

(某CMの大地真央さんの関西弁バージョンで)

 

万年筆について、Queenの楽曲について

もっと知りたい、手に入れたいと思ったもの(解説や文章)には

それが好きで好きでしょうがない!という愛があふれていたように感じます。

逆に、「いいんだけどここはちょっとね」みたいな書き方がしてあると

心の中で(おまえは〇〇星かよ!)と心の中でツッコミを入れたりしてね。

 

何かを好きになったり惹かれたりするってものすごく個人的な感情なので

同じものを好きであるべき、とか、一緒に楽しんで欲しいとかは思ってないです。

対象がそれぞれ違っても、「なにかを大好き!」という感覚だけ共有できれば、

最悪否定されなければいい。

 

それでも同じものに対して同じように愛を持っている人と語る楽しさは

また別格のものがあります。

昨日は「万年筆」や「インク」や「紙」が好きな人たちと集まって

一緒に文房具屋に行って商品をみたり

手持ちのインクやペンを見せっこしたり、という

超楽しい時間を過ごして来て、しみじみ幸せを感じてきました。

 

 

なんでこんなことを考えてるかというとこのブログも

今のところ主観まみれの文章は手帳や日記に書いて満足してしまってて

そうするとブログに何を書こうか。。。という状態で。

 

主観的なことを極力書かないで、客観的なこと役に立つことだけ書いたほうがいいのかなと思ったり

誰が書いても同じようなことだけ書いてあるブログが面白いか?と思ったり。

そういうのでちょっと迷いがあるからなんですけどね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:51 | 日々の徒然 | - | -

2/4にオフィスをクローズします

こんにちは!

 

今日はお知らせです。

 

オフィスを手放すということを以前お知らせしましたが

日にちが決まりました。

 

2月4日までご予約があるので、その仕事が終わり次第クローズします。

2月5日〜12日まではお休みをいただいて、

オフィスの片付け&退去 → 家に持ち帰った荷物の整理 をします。

 

鑑定ご希望の方は2/13以降のお日にちでご検討くださいね。

 

*****

 

オフィスオープンが、時期も方角も悪かったということなので

やめる時も日にちは気にしたほうがいいのかと思い

先日相談に行ってきました。

 

そうしたら、やめる時は自分の都合でいいのよ。

とにかくスタートが大事なの!ということでしたので

その翌々日には不動産屋さんに行って解約の届けを出しに行き

最短の日で退去することを決めてきました。

 

先生といろいろ話しているときに

「あなたはせっかちさんだから、決めると早いわね〜。でも前に会ったときと比べると邪気が抜けたわね〜」

と言われたのが印象的でした。

邪気かどうかはわからないけれど、「オフィスを維持するべきである」という執着は持っていて

それを手放した実感はあるので、何かしら軽くはなっているんだと思います。

 

不思議なことに、手放すということが確定した後

家具などは何も変わっていないのに、部屋の雰囲気がスカスカしてきて

これが『気が抜ける』ということなんだなというのが感じられました。

 

来週からいろいろ荷物を持ち帰ったりするので

実際に部屋の中もスカスカになっていくわけですが。

 

あと、以前はカフェとかで鑑定していたという話をしたら

三碧木星の人は喫茶店とかすごくいいのよって言われました。

じっとしているよりも、音が鳴っていて動きがあるところがいいんだって。

なので、鑑定も家じゃなくカフェでやればいいや、と

またひとつ気が楽になりました。

(正直家に人を呼ぶって大変、掃除とか)

 

私個人はまだしばらくオフィスに通いますが

これからご予約くださる方をオフィスにお呼びする予定はないので

なんとなく一区切りついた感があります。

Posted by 八雲あかね at 12:45 | お知らせ | - | -

1/6 山羊座の新月

1月6日 10:27 山羊座15度台で新月です。

 

今回の新月は、土星冥王星も絡む上に日蝕も伴ないます。

それだけエネルギーの強い新月ということ。

 

10ハウスという、社会的なキャリアや肩書を司る場所

そしてその場所はホロスコープ上での山羊座のホームポジションのような場所です。

 

新月のお願い、という表現をしていますが

お願いではなく宣言がふさわしい。そういう星回りです。

社会の中で、自分の人生においてあなたが何者になりたいのか

どんなことを成したいと心に誓うのか。

 

成功と一口に言っても、何をもって成功と捉えるかは人それぞれです。

他人の価値観でなく、あなた自身の心から湧き上がった望みなのかどうか。

そして決めた以上、それをやり遂げる責任と覚悟はあるのか?

本気の人には強い追い風になるのではないでしょうか。

 

適当に、なんとなくという選択肢はありません。

やるもやらないも決めるのは自分です。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:09 | -新月 | - | -

2019年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます

2019年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

今年のお正月は、年末に親戚の不幸があったり

年明け早々家族が体調不良だったりして

家でまったりのんびり過ごしました。

 

今年は、まだ時期は未定ですが

オフィスを手放して、自宅やカフェでの鑑定に切り換えるので

仕事のメニューなども一部見直しをしました。

 

「コンサル」と「レンタルあかね」はメニューから外しました。

講座はリクエスト開催のみにして、募集型は当面やらない予定です。

 

 

 

初夢ではないですが、先日「もうすぐ死ぬ」夢を見ました。

(死ぬ夢自体は逆夢で吉なんだそうです)

 

肉体的にも精神的にも穏やかで、ただこのまま眠らせて。。という感じで

声をかけられても反応せずに眠り続けると選択した時=死

みたいな感覚だったのですが、そのとき頭の中で、

私が死んだあとブログやSNSはどうなるのかな。消しておいた方が良かったかな

読んでもらえる方がいいのかな

という考えがよぎっていったのが妙にリアルで。

 

そんなわけで、ブログの記事もちょっと整理しましたし

FBは昨年より以前の記事は削除して

ツイッターはやめました。

 

何かを変える(やめる)のはちょっと怖い気もしますが

何年か前、もうイベントに出るのは止めると決めたときのお正月も

こんな感じだったな、と思い出しています。

手放すと入ってくるものがある、というのを一度実感しているので

思い切って流れに身をゆだねてみる1年にします。

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:03 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile