女は腹黒いくらいでちょうどいい

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は「天海玉紀さんのやさしい算命学@名古屋」でした。

まずは無事に終了できましたことを報告しますとともに

関係者の皆様には多大なる感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

本当にありがとうございました!!

 

次回は11月、新城でやりますが内容はちょっとマニアックになります。

 

 

さて、本日私は東京の「アトリエルブラン」やまもとようこさん

裏ブランドとして作った「アトリエノワール」のヘビ柄ピアスと

だりあ」さんの展示会の際に、黒くてひねりが効いているところがあかねさんぽいと

満場一致でオススメされたネジネジネックレスを装着して行きました。

題して「腹黒セット」

 

 

黒く見えますが、ヘビ柄の部分は紫色です。

癸巳の日生まれの私にとって、ヘビ柄は思いのほかしっくり馴染む模様です。

 

 

さて。

いまさらカミングアウトするまでもなく、私は腹黒い女です。

以前友人に、腹黒さを隠そうともしない時点で黒くない、と言われたけど黒い。

 

腹黒って、そんな悪いことじゃないと思うんですよ。

誰しも、付き合う相手すべてに隠し事なしのフルオープンでいるなんて無理だし

自分が欲しいものは欲しい、損したくない、は自然な感情。

私たちの社会は、沸上がる欲望とそれをどうやって叶えるかでできている、と思います。

 

何かを欲しがることも欲も悪いことじゃないんです。

だけど、たとえば自分だけ得をするために他の誰かはどうなってもいいとか

他の人から搾取して自分だけいい思いをしたいというのは腹黒いとは言いません。

それはケチとかガメツイとかいうものなので、一線を画して欲しいところです。

 

私は山羊座のオンナですので、絶対に自分が損をしない立ち位置にいるという点において

とても腹黒いですが、決めていることがあるのです。

自分も損しない代わり、他の誰かにも損はさせない。ということです。

仕事であれば、自分も報酬をいただく引き換えにお客様に価値を提供しますし

今回のように講師を招致するケースにおいても

講師にもお客様にも自分にも、それぞれ何かしらのメリットがある、というのが必須です。

昔、近江の商人が言った「売り手良し買い手よし世間良し」ってやつ。

 

ものすごいマージンを取って一回に大儲けするかわり単発の企画しかできない、より

程よい価格でコンスタントに永続的に、という山羊座の特性そのままを

仕事にも持ち込むわけです、はい。

 

でもそういう自分のやり方が間違っていないからこそ

東京の占い師さんを何度も何人も招致できるのだと思う。

それは私の自信と誇りにもつながっていきます。

 

ということで、またもや図々しいお願いをして聞いていただけましたので

さくっと告知しちゃいます。

 

その1:「算命学の基礎講座」東京で開催されるのと同じ内容で、愛知でもやります(講師はあかね)

最初、自分のやり方で自由にやれば?と言われましたが

東京に行かなくても受けられるというところに価値があると思うので

テキスト込みで講座をする権利を売ればいいのに、といういかにも山羊な提案をして

ご了承いただきました。お試し版を11月以降にやって、正式リリースは年明け以降の予定です。

 

その2:玉紀さんが先日、インナーチャイルドカードの公認プラクティショナー認定を受けられたので

カードセッションの体験会(時期は未定ですがやるのは了承いただきました)

たぶんあっという間に埋まっちゃうので2回くらいできるといいかな。

 

その3:トナカイに在籍する占い師のまるごとmaruさんの、自動筆記リーディングセッション会

11月に開催するのですが、こちらはすでに満席になっているので、こちらの第2弾・第3弾を画策中

 

とりあえず具体的に考えて、実現確実なことだけ書いてみました。

他にもお腹の中で温めていることもあるし、みなさんからの

あれやって欲しい、こういう企画をやって欲しい、という声が一番の栄養にもなります。

 

山羊座らしく、夢を現実化させるブルドーザー(命名by maruさん)らしく

これからも有言実行でいきたいと思います。

一緒に楽しんでくださる方を失望させないのが、私の最大級の腹黒ってことで

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:09 | 雑記 | - | -

肉パワーon!

こんにちは、八雲あかねです。

 

明日はいよいよ、「天海玉紀さんのやさしい算命学@名古屋」本番です。

玉紀さんが前乗りで名古屋に来てくださったので会いに行ってきました。

 

名古屋は生憎の雨模様でしたが、夕方金山駅で待ち合せ。

ますはカフェで、次回(11月)の内容について軽く打ち合わせ。

初心者向けから一歩踏み込んだ内容にするので、誰でもウェルカムじゃないかわり

好きな人にはたまらない、マニアックな講座になる筈です。

私自身がすでに楽しみでしかたない。

 

そうこうしているうちに良い時間になったので

何が食べたいですか?と聞いたところ、「肉!」と即答が返ってきました。

検索して、近くて美味しそうなところをピックアップしたら

どこにするかタロットで決めよう!(占い師あるある)となりまして。

最初提案した2件は、どちらもリバースカードでぱっとせず・・

ふと目についた看板のお店を指して、あれはどうか?と聞いたところ

「力」のカードが正位置で出ましたので、迷うことなくお店も決まりです。

 

 

サムギョプサル。

 

やっぱ肉は正義だよねー、「力」のカードが出るだけあってパワーの源だよねー

お肉はもちろんのこと、野菜もビールも進んで、話も弾みます。

 

玉紀さんと私は全くタイプが違うのです。

面白いことに対して敏感に反応するけど形にはこだわらない双子人間の玉紀さんと

アイデアを出すのは得意じゃないけど、あるものを定番に落とし込むのが得意な山羊の私と。

それぞれの得意を上手く合わせて、何かを形にしていけるといいねという

企画も生まれるやもしれません。

 

そんなこんなで良い具合にエンジンも暖まった感じなので

明日の講座と鑑定もきっとみなさんに満足していただける内容になると思います。

どうぞお楽しみに!!

Posted by 八雲あかね at 22:04 | 雑記 | - | -

浄化まつり

こんにちは、八雲あかねです。

 

今更ですが、この前の土曜日は月食を伴う、影響の大きな魚座の満月でした。

サビアンも「聖職の浄化」ということでなにか記事を書こうと思っていたんです。

 

 

金曜日、「おさらい会」を終えて帰宅後、眠くて少し横になりました。

昼寝して起きたらいきなり発熱。

その前日にはとっくに終わったと思っていたあれがきたりして

もう何が何やら、でした。

 

幸い我が家は大人だけで暮らしているので、

「ご飯は適当に食べて&何か買ってきて」とメールするだけでいいので

ひたすら寝るだけです。

 

熱が上っていく最中、なんでこんなにあれもこれも一度にピンポイントでくるのか。。と

つらつら考えていたんですが、そういえばラカシス(毒蛇のレメディ)飲みだしたんだった

たしかOH!モーレツぅ!な反応だと聞いたし

それか!!

 

しんどいなーと思っていたのに、それを思いついた途端

「これは浄化だ、デトックスなんだ!がんばれ私」とか(←あほ)

 

実際のところは夏風邪、いろいろ疲れも溜まってたし

体力的に弱ったところに感染したんだろうな、と思いますが。

今回は熱と気管支だったので、

横になると「ひゅーぷすーぴー」って喉が鳴って呼吸が辛いし

起きてると呼吸は楽だけど眠れないし、っていうのがしんどかったです。

 

ちょうど一週間前、お友達のN子さんも熱を出して

「火剋金で呼吸器気を付けて!」と言われていたのに。

 

それよりも、回復に時間がかかるようになりました。

そもそも体調崩すことがあまりなかったけど

今までは、治った!と思ったらもうスッキリだったのに

もうそういうわけにはいかなくて、熱はないけど咳が抜けない、とか

常に不完全な感じがする。。

もう年齢的に無理すんな、っていうことですよね。

 

ラカシスも、女性ホルモンとか更年期とか生理前後のバランスを整えるのに

効果のあるレメディらしいので、ぼちぼち落ち着くのでは?と思います。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:17 | 雑記 | - | -

今年も楽しい季節がやってきた

こんにちは、八雲あかねです。

 

今朝、コーヒーをテーブルの上でひっくり返しまして。

横着者の私は、普段ダイニングテーブルで仕事をするので

事務用品が置いてあるのですが、そこにザバーっと。

可愛くて気に入っていた付箋とかメモとかが昇天されました。

 

それで事務用品も充実している大きな本屋に行きましたら

ぼちぼち手帳のシーズンなんですね〜

まだ出揃っていないのですが、あれこれ見ちゃった。

ついでに、ほぼ日手帳の公式ガイドブックとか

手帳術的な本も、女性向けとビジネス的な情報管理術ぽいのとか

いろいろ目を通してきました。

(ソファが置いてあって、座り読みできる書店)

 

手帳そのものも好きだし、手帳の使い方ガイドみたいなものも大好きで

これからの時期本屋に行くのが楽しくてしょうがない。

 

とはいえ、手帳に関しては仕事用の記録という位置づけなので

マンスリーとウイークリーがあって

インデックスが切れていないやつで

ノート部分と付録は極力いらなくて

そうするとシステム手帳がいいんだけど

真ん中のリングが邪魔だからノートタイプが良くて

ライフログとしての活用は考えてない、という。

結局はシンプルなビジネス手帳に落ち着きます。

 

昔はもっと好きで、仕事用とプライベート用とか何冊も買っていたころもありましたが

年を取って、老眼が出てくると字が読めないし書けなくなる。

昔は小さな字が書けたけど、だんだん字が大きくなるし

細かいところがよく見えないので、すごく字が下手になった感じがするしで

最近はコンパクトになりました。

 

イラストとか切り抜きでカスタマイズしていく手帳も憧れますけどね。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:46 | 雑記 | - | -

やっと課題をひとつクリア出来た気がする

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日美容院に行ってきたのですが、髪を切った後

「かっさ」をやってもらいました。

もうどこもかしこもカチカチで、首と背中は自分でもゴリゴリがわかる。

今、私の首から背中にかけては赤紫色のひどい有様になっています。

「どんだけしょってたのww」と、美容師さんにも言われましたです。

 

ここのところ自分がすごく意固地になっている自覚がありました。

私は間違ってないのに!正しいのに!なんで!!って。(イタイオンナデス)

 

いや、確かに私が思ってることは間違いはないと思っています。

少なくとも私が生きてきた世界では、それが常識だった。

でも合わないからといって腹を立てることも、

ましてやこちらの価値観を押し付けることも

する必要がなかったんだ、とストンと気持ちが落ち着いた感じ。

 

きっと自分のなかに驕りがあったんだな。

私が何とかしてあげなくちゃ、みたいな。

気がついてみると恥ずかしいですが。

 

 

合わないなら合わないでいいじゃん、と今は思えます。

こちらの考えを押し付ける必要はないし

私が相手に合わす必要もないし、

単純に合わないのでほどほどの気持ちいい距離を保っていましょう。

それだけでいいということです。

 

ものすごく仲が良い人や大切と思える人は

もともとの素養が似ているか、違いが面白いと思えるか、

相手に合せるのが苦じゃないか、のどれか。

そういうエネルギーは、本当に必要な相手や場面が現れたときに使えばいいわけで

普段から全開にしなくてもいいって、遅まきながら気がついた次第です。

 

木星が乙女座から天秤座に移る、大きくエネルギーが変化するこの時期

「私が何とかしなくちゃ!」という乙女モードはもう手放します。

 

なんていう話を美容師さんとしていたら

「ラカシス(ラケシスという表記もあるみたい)という蛇のレメディがいい」

と教えてもらいましたよ。

これを飲むと左半身の不調が整うらしいです。

左半身だけ不調って、思い当たることありありなので

今度試してみたい気がします。

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:26 | 雑記 | - | -

とりとめもないこと

こんばんは、八雲あかねです。

 

 

水星逆行中の新月。

 

絡まった毛糸を根気よくほどいて巻きなおすような

いかにも。な時間をすごしてきました。

 

あせらずに、ゆっくり、時間をかけて。

やっぱり人間、思ってることは伝えなくちゃだめです。

わかるはず、伝わるはず、なんてムリです。

 

察するスキルが高い人もいますけど、

言わなくても察して欲しくてジリジリするより

相手の気持ちなんてわからなくて当たり前、

だから分かり合うためにちゃんと話そうよ、が建設的じゃないかな。

(このあたりは天秤木星チック)

 

*******************************

 

話は変わりますが、ふと思いついたので。

 

鑑定の時とか、パートナーお茶会の際よく聞かれるんです

「どんなパートナーが合いますか?」

「私、結婚できますか?」

 

身もふたもないことを言わせていただければ、

結婚はできると思いますよ。

とにかく結婚できれば、相手がだれでもいいし

収入や身長や太っている痩せている毛髪量とか同居とか親の介護とか

×があっても連れ子がいても年齢が離れていても日本人じゃなくても

相手が異性でさえあればいい、ならよりどりみどり。

 

でもそんなの嫌だというなら。

だったら何が嫌なのか、どこが譲れないかから探っていく方法もあります。

私より身長は高いほうがいい、とか初婚じゃなくてもいいけど子供がいるのは無理とか。

 

 

これは【結婚】を例にとった話ですが、なんでもそうじゃないでしょうかね。

好きなことがわからない、何をしていいかわからない、という人は

徹底的に嫌なことを排除していくと、最後に残ったものが

自分にとって譲れないもの、だったりします。

 

何につけても、まず「自分」のあれこれを棚卸してみるって大事

自分で決めもせず人に任せて誰かのせいにして生きるのが楽と思う人はそうすればいいと思いますケド

 

 

Posted by 八雲あかね at 00:08 | 雑記 | - | -

注意力散漫

こんにちは、八雲あかねです。

 

足の小指を家具や柱にしこたまぶつける

引き出しを開け閉めするとき小指をはさむ

アイスピックで氷を割っていてうっかり手を刺す

 

っていうのを最近立て続けにやらかしています。

足の小指は爪が折れて(伸びている部分だけ、です)

手の小指は甘皮のところが少し切れて

刺しちゃったところは、傷は小さいのですぐふさがりましたけど。

 

年を取ると空間認識能力が低下するのと

神経の伝達が鈍るのか?イメージしたように体が動かないことがあります。

が、今回に限って言えば

どれも注意力散漫というか、心ここにあらずが原因。

 

歩いているとき、引き出しになにかしまっているとき

氷を割っているとき、

頭が違うことを考えていて、そのことに集中してないから。

 

痛い!と感じてやっと、他のことに気を取られていた気がつくありさま。

だから家事をいている時が一番あぶない。

ある程度のことはオートマティックに身体が動いちゃうから。

 

 

それで、今回の負傷はどれも左側なんです。

ネットでチラ見した情報によると、身体の左側の不調は

左半身は女性性のエネルギーなので、受けとる受け入れることがうまくできてない説

何らかの霊的干渉(ご先祖様だったり生きてる人だったりいろいろ)説

 

それが原因かどうかはさておき、

【今ここ自分】を大事にしないとな、と思います。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:35 | 雑記 | - | -

新天地

こんにちは、八雲あかねです。

 

カードセッションの振り返りがこんなに長編になるとは・・

自分でもびっくりでした。

 

年明けに初めてインナーチャイルドカードのセッションを受けて以来

ずっと「どこかに行く」という言葉が出ていたのですが

今回初めて、どこかに行きついたようです。

それがどこなのか、何をするのかはまだわからないんだけど

とりあえず到着した、らしい。

 

いつだったかブログにも書いているんですが

やっぱり私は自発的にこちらに向きあってきてくれる人に対して

できることをしたいんだ、というのが基本なようです。

 

で、これからはもっとネットを活用していくのがいいんじゃないか

というアドバイスもいただきました。

 

知り合いの紹介というのもありがたいことですが、

自分がそうだったように、私の言葉や感覚に引っかかってくれる人を

相手にして仕事をしていけたらもっと楽しいのではないか。

 

なので、現在は口コミだけで開催している陽転お茶会なんかも

オープンな開催の機会を増やしたり

スカイプの鑑定なども取り入れていくといいのかな、と考えています。

使えそうなレンタルスペース、できれば知り合いじゃないところ、を

ちょっと探してみるかな。

 

 

今まで生きてきて、●●の現象が起きるのは◆◆の出来事の前触れ

みたいなパターンが自分の中であって、

最近久しぶりに来たよ〜この感じ、というのを味わってるところなので

もしかしたら、9月以降なんかあるかもな、と思っています。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 17:07 | 雑記 | - | -

「これまで」と「これから」の間

こんにちは、八雲あかねです。

 

お盆休みということで、実家詣でやら墓参りやら

家族とか親族というものについていろいろ考える機会が多い今日この頃です。

 

主人の実家のお墓は、墓石は建ててあるもののまだ誰も入っていません。

我が家は墓地はある(主人の実家が市の霊園に一緒に申込してくれた)けど

私か主人のどちらかが亡くなったら入るお墓なので、まだ墓石は建ててない。

 

最近は墓地が足りないらしく、先日市から

「3年以内に墓石建てないなら、墓地を返して」というお知らせが来てて

そのときは、そろそろ用意しなくちゃ、とか思ったんですが

私の実家の墓参りに行く道すがら、夫婦でちょっとお墓のことが話題になりました。

 

3年以内に墓石を建てるのは、まぁ何とかなる。

私たち夫婦が亡くなったときにお墓にお骨を納めるのも、まぁわかる。

でもその先は?と想い巡らせたときに、ふと考えてしまいました。

うちは子供が二人いるけれどどちらも結婚していないし

一人は子丑、一人は午未。私も午未の天中殺持ちなので

これから何代も続く家系というわけでもなさそうだ。

なら、お墓という形にはこだわらなくていいんじゃないのかな、と。

 

そもそも、亡くなった時のお葬式はどちらの宗派のやり方にするのかとか

今までちゃんと考えたこともなかったし

公正証書とかほど大げさじゃなくても、どんなふうにしたいのかという希望や

事務的なことも含めてちゃんと伝えておかないといけないこととか

ちょっとづつ何かに書き残しておかないといけないかも。

 

なんていうことを話しながら実家に行ったら、

そちらではなぜだか「ルーツ」についての話題で盛り上がっていて

自分から見た祖父祖母の戸籍なんかも見せてもらったり。

曾祖母より前は、名前はわかってるけど戸籍はないみたい。

江戸時代の終わりに生まれたらしいしね。

 

私は戸籍も見たら、両親が婚姻届けを出した日と私が生まれた日の計算があわなくて

「できちゃった婚だったの!?」と思ったら

結婚式も挙げてお披露目もすんだのでうっかりしてただけみたい。

昔は、親戚や世間へのお披露目>役所の届けみたいな感覚だったそうだし

妊娠して母子手帳もらおうとしたら籍が入ってないのに気付いた!みたいな感じなのかな。

 

そういうのもただ書類だけ見て、慌てて籍入れたんだろうかって思うのと

あの時は〜だったんだよって口述で聞くのとでは随分印象が違う

 

お盆っていうのは、自分たちの親やそのまた親について

血や縁について振り返りをする、強制8ハウス的な感覚の時期のようです。

 

Posted by 八雲あかね at 13:57 | 雑記 | - | -

オトナの遠足(2日目)

こんにちは、八雲あかねです。

 

遠足2日目。

せっかく都会に来ているので、午前中は百貨店巡り。

と言っても、私が見るのは靴とカバンの売り場、時々化粧品

そしてデパ地下(暑いので地下街を移動するからね)

 

京王と小田急と伊勢丹をはしごしました。

伊勢丹ではちょうど面白そうな催事がいくつかやっていて

久しぶりに呉服売り場に足を踏み入れてしまった。。

 

「くるり」や「竺仙」の浴衣なんかがたくさん展示されている一角に

近江縮の着物もあったり

ちょうど下駄屋さんの実演販売みたいなのをやっていて

日常的にも履きやすそうなサンダル型の下駄や、表面がわらじのような下駄

その時にストッキングを履いてなかったら、うっかり買ってしまいそうでした。

 

実際着ると暑いんだけど、やっぱり夏着物いいなぁ〜

今からじゃ間に合わないので、反物だけ買って来年仕立てようかな〜とか

物欲アリ地獄の予感がします。

 

*-*-*-*-*-*-*-*

 

この日のメインイベントは、預言カフェ。

ここは14時からの営業なんですが、混むのでそのまま行くとすごく待たないといけない。

正午から受付が始まるので、先に予約をします。

お昼前に行ったのに、もうすでに10人以上並んでいました。

 

午前のお仕事を終えた玉紀さんと駅で合流してランチ。

早稲田にある老舗のカレー屋さんに連れて行ってもらいました。

(前夜maruさんに会ったので無性にカレーが食べたくなっちゃった、そうです)

 

食後は、「一陽来復」の御札で有名な穴八幡宮へ参拝、

早稲田は学生さんの多い町だからか、通り沿いにはガッツリ系のラーメン屋さんとか

いかにも女子が喜びそうなフレンチトースト屋さんとかが並ぶ中

銭湯があったり、マニアックな感じの書店があったり。

初めてバスにも乗りました。(やっぱり地元の人でないと路線バスは難しい)

 

東京って不思議な街だと思いました。ものすごく近代的で人工的な部分と

文化とか伝統みたいに大げさなものじゃない、古い慣習とか暮らしとかがある。

混在というよりは棲み分けみたいな感じで、両立している気がします。

 

 

そうこうしているうちに良い時間になったので、預言カフェへ。

14時ちょうどにお店に着いたら、待ち時間無く店内に案内されました。

 

もっと自信をもちなさい、もっと前に出る

自分を低く見積もってはいけない、他人の言葉を鵜呑みにしてはいけない

大きなステージで、自分自身がリーダーシップを取ってまとめていく

もっと認められもっと実力を発揮できる

 

要約するとこんな感じのことを言われました。

一緒に聞いていた玉紀さんに

「もうソリストは卒業ってことだね( ̄ー ̄)ニヤリ」と言われた。。

やっぱりここでも、自分とみんな、というテーマは共通していたみたいです。

 

そんな玉紀さんがどんなことを言われていたかは、ナイショ。

もしかしたらそのうちブログに書いてくれるかもしれないのでお楽しみに。

 

 

今回の東京2daysはとても濃密でした。

(いや、最近何をやっても濃密感たっぷりだけどそれでもなお、です)

小さな種が増殖していくように、あの頃からは想像もできない展開みたいなのが

どんどん増えて広がっていく感じです。

 

いつもいつも伺うたびに、ものすごい特別待遇していただいて、

何とお礼を言っていいやら途方にくれます。

本当にありがとうございます。

 

帰宅の際、夕焼けが本当にきれいでしばし見とれた後

ふと振り返った先に虹が!

 

 

獅子新月やらお礼参りやら天中殺が明けることやら

いろいろ折り重なっているあれこれに、全部ひっくるめて

『よくできました』のスタンプを押してもらったような気分です。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:34 | 雑記 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile