つまらないはなし

こんにちは、八雲あかねです。

 

 

 

前の記事(⇒)で出てきたキーワードに

「闇を抱えている」というのと「4室(母の象徴)が壊れている」

というのがありました。

 

ここから先の話は、セッションの時間内というより

終ってお茶を飲みながら雑談している時に出てきたことなのですが

 

 

私、小さい頃に母を亡くしていまして

継母に育てられたんですね。

母を亡くしているというのは私の人生の大きな事件ではありますが

裕福ではないにせよちゃんと大事に育ててもらって

自分のことを、苦労したとか大変だったとかという感じはしないと思っていました。

年末まで。

 

ちょっとしたきっかけがあって、今はちょっと変わった。

 

親は私にとって、この世に命を生み出してくれて

育ててくれた恩のある人たちではあるけれども

大好きで何があっても味方でいてくれる人、ではない。

 

父と母の意見や態度がいつも違うとか

理解あるふりして実はそうじゃないとか

(父は甘いけど裏で母を怒るので、母の怒りは私に向く)

大事と思う気持ちとこの子のせいで、という気持ち

そういうダブスタの価値観にさらされていたので。

 

早く家を出たくて結婚したし

家で素直に感情を出すことができなかったから

結婚後は本当に楽になった。

腹が立つことはあっても、キモチの裏を読まなくていいことは本当に楽で

大きなケンカにはならないし

たいていのことは、まだましだと思える。

 

 

そういうのもわかっちゃうんだな〜という単純な驚きもあったし

ああ、こんなこと思ってたんだと自分のことを俯瞰しながら話している感覚もあった。

 

リラックスして話しているから出てきたものなのかもしれません。

 

個人的には、すごく腫れてしまった吹き出物を

よく切れるメスで少し切開してもらったような感じ。

その時はチクンと痛いし、膿を出すのも大変だけど

終ったらすっきり。そういう感覚でした。

 

書いてみたらそんなに黒くなかった。

まあ、思ってること全部ここに書けるわけじゃないし

何より親のことを公に口にするのが自分にとってはずっとタブーだったので

ものすごく遅い親離れといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Read more ?

Posted by 八雲あかね at 00:08 | 日々の徒然 | - | -

夢をあたためる時間

こんにちは、八雲あかねです。

 

昨日に引き続き今日も懐かしい人に会ってきました。

水星逆行中でもないし、意識して調整したわけでもないのに。

ご縁っていうのは面白いものです。

 

ちょっと今がターニングポイントのような気がするのでアドバイスが欲しい

そういうご相談でした。

射手座生まれの彼女(そういえば昨日会った友人も射手座生まれだ!)

今年の年末、土星が山羊座に移るまでの間は

これからの自分について方向性を定める時期です。

それも今目先のことじゃなくて、ちょっと中長期的な

例えば50歳になっている頃自分がどういう人でいたい、どんな立ち位置でいたい

そういうようなこと。

 

こういうことがやりたい、と語ってくれた夢は

何年か前に聞いたことと同じ内容のことなんでけど

出産を終えてお母さんになった今は、それがもっと具体的で

現実感を持ったものになったような感じがしました。

 

「Sさん(彼女は私を本名で呼んでくれるのです)はまっとうだから、ああしたいこうしたいという願望を話して、大丈夫って言ってもらえたらお墨付きをもらえたような気持ちになる。だから会いたかった」

そんなふうにいわれて占い師冥利に尽きるのです。

ううん、違うな。人として信頼されているという嬉しさで満ちる。

 

語ってくれた夢はきっと実現する筈です。

仕事に誇りを持っている人だからこそ、理想の働き方を追求して

自分がその仕組みを作る側に回りたいって、すごいこと。

 

若い人からたくさん刺激をもらったから、私ももっと頑張ろう。

 

 

昨日家にお迎えした水晶さん。

 

石に関して全幅の信頼を置いている友人に見立ててもらいました。

え〜、あかねさん石は必要ないじゃん、と言いながらも

いくつかの石を手に乗せて、一番相性のいい子を選んでもらってきました。

これからもっと仲良くなります。

 

 

Posted by 八雲あかね at 22:41 | 日々の徒然 | - | -

軸が戻ってきた

こんにちは、八雲あかねです。

 

インナーチャイルド体験会

ローズウインドウとのコラボ

おかげさまでどちらも満席になりました。ありがとうございます!

 

 

今日は久しぶりに会った友人とおしゃべりして

あー楽しかった!と帰ってきたら

お正月明けからなんとなく停滞していた気持ちが

すっきりしてました。不思議。

 

人間って聞きたいことしか聞こえないし

見たいようにしかものを見ない、と思うんですよ。

その人がいる世界はその人自身が作っているんだなって

今日はものすごく腑に落ちた感じがします。

 

モヤンとしてたのは焦点が定まっていなかったのだなーと

改めて気がつきました。

私は、私が見たいものを見るし、生きたい世界で生きる。

宣言するまでもない、当たり前のことなんですけどね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:12 | 日々の徒然 | - | -

今朝の夢 1/6

こんにちは、八雲あかねです。

 

今年になってから、見た夢を記録しているのですが、生活が通常モードになって

目覚ましのアラームで起きるようになるとあまり覚えていられないですね。

うとうとしてる間は覚えてるんだけど、起きなくちゃとか思考したとたん忘れる。

夢の世界(海王星)は混沌で、覚醒(水星→天王星)とはまるで異なる領域なんだなぁと感じます。

 

たいてい、これは大事だなという部分は忘れてどうでもいい断片を覚えているものです。

今朝も、何か大きい箱型の物を大切にしていたけど、それが何なのかはわからない。

 

夢のどこかの場面で、髪の毛をセットしていたら地肌が丸見えで

こんなに髪が薄くなっちゃった!!と焦っていたのを思い出して

夢占いを調べてみたところ

老化や体力の低下あるいは古い固定観念の象徴です。 あなた自身が老化したと感じていたり、体力が低下したと感じていたりすることを暗示し、 あなたが問題を抱えたり、トラブルに巻き込まれたりして、体力や気力を消耗してしまうことを暗示する凶夢です。

なんですって。

昨日テレビショッピングの番組で、すごく高いけど効き目のありそうな育毛シャンプーを紹介していたので、それが印象に残っているのもあるんだろうなと思いますが、体力の低下はまさに!

年末に1つ年を取って、お正月明けた途端ガクンと身体の不調が出て気にしていたところだったのです。

あと、昨日の夜ちょっとHPを削られる出来事もあって

なんとなく気になるとか嫌だとか思ってる精神面がそのまま出たのかもしれません。

(いっそピカピカのつるつる頭になると逆に吉夢らしい)

 

 

体力の低下は一定の進み方じゃなくて、ある日突然ガクンと段差のようにきますが

このお正月は本当にそういうタイミングだったようで

しかたないと諦めている部分と、この前まではなんともなかったのにというあがきと

朽ちていく恐怖みたいなものが上手く消化されないのではないかという気がします。

もっとできるはず、やりたいという気持ちと、実際の体力がかみ合わなくなるみたいな。

しばらくすると落ち着いて馴染むんですけどね。

 

お土産に貰った温泉の素

 

こういうのが一番効果的。

Posted by 八雲あかね at 09:29 | 日々の徒然 | - | -

冬至に来年を占ってみる

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は冬至。一年で一番日が短い日。

陰が極まって陽に転じる日。明日からは日ごとに日が長くなっていきます。

そして冬至は占星術では太陽が山羊座に入る日でもあります。

 

そんな節目の今日、打ち合わせを兼ねたランチに行ってきました。

 

窓から岡崎城が一望できるレストラン。

ここのランチはブッフェなので、打ち合わせには向かないんじゃないの?と言ったんですが

「あかねさんと行くならここ」というプッシュがありまして。

最近よく口にするAIカンパニー、正式名称は「あかね・家康・カンパニー」なんです。

(なんで家康かはこちら→

 

岡崎城とあかね。なんだかんだでご満悦な表情です(笑)

 

 

ランチはもちろん美味しかったですが、今日のメインイベントはそこじゃない。

年明けに企画しているイベントの打ち合わせ。

 

そして、年末に内輪で開催する【来年の抱負を語る会】で

わたしは参加する人のチャート読みをするため、

当日予定しているカードのセッションがゆっくり受けられないだろうから事前にやろうか

という、ゆらちゃんからの嬉しいような怖いようなご提案によりセッションを受けることに。

 

 

最初に渡されたのは、ゆらちゃん調合のメモリーオイルとカラーカード。

一言メッセージ付き。

 

このカード、今月頭のイベントの際に書いたもので、本人も内容は覚えてないそうだけど超タイムリー。

 

なぜならば、昨日私はブログで「相手に合せた言葉を見つけるのが自分の強み」と書いた。

そしてさっきも書いたように、今日は山羊座に太陽が入る日で

山羊座の初期度数に火星と太陽を持っている&そして2ハウスという私にはドンピシャのタイミング。

(2ハウスっていうのは持って生まれた才能や、その才能を使ってお金を稼ぐことを意味する場所)

 

そのあと、カードを引いてみる。3枚引いたうちの1枚が「愛」

知っている人は知っているだろうけど、今年いろんなタイミングでカードを引くたびに

これでもかっていうくらい「愛」とか「パートナーシップ」とかのカードが出てました。

でも今日は、そのカードを見ても動揺しなかった。気になったのはもっと別のカード。

すんなり言葉が出てきたから、今の私はシンプルにすっきりしているのだと思う。

 

 

そして最後にジオマンシーをやってもらったら、なんかすごくいいのが出て

来年は今年以上にがんがんいっていい、ちゃんと結果が出せるし応援もされるらしい。

土星が山羊座に移る前に、できることはやれるだけやろうと思います。


完成するかどうかより、理想を追いかけて走ってみるというのが、

射手土星の正しい使い方だと思うし、それが山羊土星になって形になるから

気合いを入れて頑張ろう、と肚をくくりました。

 

 

思い起こせば2年前、冬至と新月が重なった朔旦冬至の日に

本気で、って書いてた。→朔旦冬至によせて

 

まだまだこんなもんじゃない、たぶん。

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:05 | 日々の徒然 | - | -

昨日は昔

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は時間とタイミングの不思議を味わいに行ってきました。

 

 

もう10日ほども前のこと、友人がとあるイベントで気になるパステル作家さんに出会ったとFBに書いていました。名前も失念してなぜか画像もアップできないけど、誰だっけ?と。

その時なぜだか、それが誰なのかわかったんです。それでコメント欄にその人の名前を書いた。結果、想像通りで「知らないところで自分の名前が連呼されてて笑った」とご本人からもコメントがありました。そのコメントに横入りして「久しぶり〜また会いたいね!」なんていうやりとりをしたんです。

 

 

私は今、お茶会とか個人鑑定とか、いわゆるピンの仕事をしていますが、2年ほど前まではイベントの出店がメインでした。彼女とはイベントで会ったり、時々コラボで企画したりする関係でした。でもイベントに出なくなるとお互いの行動範囲が変わってしまうし、その頃は個人的に連絡を取って会うほどの仲ではなかったのでずっと会うことなく時間が流れました。

だからなんでふと名前が浮かんだのか、コメントに名前書いたのかはよくわかりません。

 

 

それから何日かした朝、ふと「そういえばあのとき『また会いたいね』なんてコメント下から連絡しないとなー。」って頭によぎりましたが、年末は忙しいだろうから1月になってから連絡しようと思い直しました。ちょうどパソコン周りを掃除してて、間違えて買ってしまったプリンタインクの処分をどうするか。のほうがその時は重要案件だったのです。

 

FBにプリンタイングの画像をあげて、欲しい人に譲ります。と告知しました。それで誰もいなかったらもったいないけど捨てようと決めて。その記事に「欲しい!」と食いついてきたのが、まさかの彼女だったわけです。

現実化はやっ!!何この流れは。鳳来寺山に登った霊験なのかと本気で思いました。

結局そこからトントンと話がまとまって、今日会ってきたわけです。

 

 

会うまではちょっと緊張してました。久しぶりだし、共通の話題をみつけられるだろうかと思ったし。でも会った瞬間ふっとんだ。

あー久しぶり〜〜!と言葉を交わした後、ほぼほぼノンストップで話込みました。思い出話は最初の「久しぶり〜」以外一切出てこなくて、ずっと『今何を楽しんでいるか』『来年以降にやりたいこと』とかそんな話題ばかり。

偶然なのかもしれないけど、つい先週も懐かしい人に会う機会があったばかりなので、また流れが変わったんだなという感じがしました。

 

 

古い建物の、でも落ち着くカフェでたくさんたくさん話して、それでも足りなくてもう次の約束もしたんですが、会わなかった間の時間より次の約束の日までの時間が長く感じます。本当に不思議。

カフェにお子さんがいて、その子のお母さんが「この子たち毎日瞬間でしか生きてないから、昨日は昔って言うんですよ(笑)」って。すごい名言だなぁって思いました。大事なのは今ココとそこから広がる未来。だから思い出話が必要なかった私たちは、きっと今を生きられているんじゃないかな、なんて。

偶然やタイミングだけで説明はできないけど、物事は必要なタイミングで起こって、ただそれをうまくキャッチできるかどうかだけなのかもしれません。

 

いい時間を過ごした一日でした。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:49 | 日々の徒然 | - | -

私の根っこにあるのは諦観

こんにちは、八雲あかねです。

 

私、自分で言うのもなんですけど記憶力はいい方だと思います。

だけど不思議と「感情にまつわること」「プライベート」なことという

所謂、月の領域のことについては、わりと忘れたり、まいっかってなったりする。

 

私の獅子月が、木星オポ・海王星スクエアでゆるゆるなので、と思っていました。

 

この前湯谷温泉で玉紀さんと話しているときに、何かの話の流れでそういえばこんなこともありましたよ的な話をしたら非常に驚かれて「あかねさん、自分の人生平凡で何もないっていうけど、全然何もなくないよ!」と。むしろ結構なネタを持ってるよ!と言われました。

その話を友人にしたら彼女が「私、この前知り合いの人に『あなたは諦めて生きている』って言われたんだけど、あかねさんもきっとそうなんだよ。諦めているんだよ」と言いました。

 

で、二人でいろいろ考えてみたら、私の原体験はやっぱり母が亡くなったことなんだという結論に至りました。

母は私が3歳になる前に亡くなっているので、私にはその記憶がありません。顔も声も抱かれたときの匂いも何も覚えてなくて、物心ついたときには既にいない状態。きっと泣いたりしたことはあったはず。

でも気づいたときにはもういない状態で、なんとなくそこに触れたらいけないような、どうして?って聞いちゃいけないような感じ。だから、どんなに泣いてもわめいても悲しんでもどうにもならないことが世の中にはある、というのが自分の根本にあるのだなと思います。どうしようもない。しょうがない。仕方がない。こういう言葉をたぶん口癖のように使ってる。

 

私は父も亡くしています。親や大事な人との別れは悲しいものです。それでも全てが良いことじゃなかったとしても思い出は残る。楽しかったことも怒られて嫌だったこともはなしたあれこれも、もっとこうしてあげたらよかったと思うことでも、そこに「何か」がある。

 

どうにかなることに対してならしぶとく何でもする。泣いて病気が治るなら毎日だって号泣する。でもどうにもならないことに対しては、たぶん瞬時に諦めるんだと思う。0(ゼロ)には何をかけても0でしかないので。

 

自分の人生に、いわゆる波乱万丈的ななにかがあったとしても、きっと私がジタバタしてもどうにもならないことだったのだろうし、それが痛みとして残らないのは、「その出来事」と「感情」が紐付けされていないからなのかもしれません。

 

それも、しかたのないこと。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:51 | 日々の徒然 | - | -

新しい相棒

こんにちは、八雲あかねです。

 

今年の3月くらいに、前から使っていたモバイルPCが昇天されて

この赤いやつを中古で買ったんです。

お江戸のイベントの時に持っていきました。

 

それが今月になってからまた調子が悪くて、キーボードが反応しなくなってしまった。

文字入力ができないとお客さまのバースデータが入れられないので困る。。

 

修理に出すかどうか迷ってたけど、いつ調子が悪くなるか

びくびくしながら使うのはストレスになるし、

そして出先で調子が悪くなるのはマジ勘弁!なので

安い新品のマシン買いました。

 

 

レノボの11.6インチ。

お店で見たのは4万だったけど、ネットでは25000円台で出てたのでポチっと。

赤もあったけど、ゲンが悪い気がしたので白で。

OSはWin10です。

 

懸念していたのは、算命学のソフトと占星術のソフトがちゃんと使えるかどうか。

算命学の方は問題なくインストールできました。

占星術の方は最初のうち「天文暦が見つかりません」というエラーメッセージが出たり

天体記号がきちんと表示されなかったりしましたが

何度か再起動したり、他の機能(ネットとか)を普通に使っていたら

セットアップした翌日には普通に使えるようになっていました。

 

物欲ついでに持ち運び用のケースも買っちゃったので

これからはどんどん持って出るようにします。

 

 

今回、調子が悪くなって修理するか買うか迷ったときも

買うにあたってどの機種にしようかと考えたときも

タロット先生に聞いてみたのですが、小アルカナのリバースとか

気のないカードしか出てこなかったんですよね。

 

なんとなく、ですが

「このソフトがなかったら仕事にならない」という考えがそもそも違うのかも。

なんていう気もしています。

とはいえ、これで当面一安心なのは間違いないです。

やれやれ。

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:21 | 日々の徒然 | - | -

肉パワーon!

こんにちは、八雲あかねです。

 

明日はいよいよ、「天海玉紀さんのやさしい算命学@名古屋」本番です。

玉紀さんが前乗りで名古屋に来てくださったので会いに行ってきました。

 

名古屋は生憎の雨模様でしたが、夕方金山駅で待ち合せ。

ますはカフェで、次回(11月)の内容について軽く打ち合わせ。

初心者向けから一歩踏み込んだ内容にするので、誰でもウェルカムじゃないかわり

好きな人にはたまらない、マニアックな講座になる筈です。

私自身がすでに楽しみでしかたない。

 

そうこうしているうちに良い時間になったので

何が食べたいですか?と聞いたところ、「肉!」と即答が返ってきました。

検索して、近くて美味しそうなところをピックアップしたら

どこにするかタロットで決めよう!(占い師あるある)となりまして。

最初提案した2件は、どちらもリバースカードでぱっとせず・・

ふと目についた看板のお店を指して、あれはどうか?と聞いたところ

「力」のカードが正位置で出ましたので、迷うことなくお店も決まりです。

 

 

サムギョプサル。

 

やっぱ肉は正義だよねー、「力」のカードが出るだけあってパワーの源だよねー

お肉はもちろんのこと、野菜もビールも進んで、話も弾みます。

 

玉紀さんと私は全くタイプが違うのです。

面白いことに対して敏感に反応するけど形にはこだわらない双子人間の玉紀さんと

アイデアを出すのは得意じゃないけど、あるものを定番に落とし込むのが得意な山羊の私と。

それぞれの得意を上手く合わせて、何かを形にしていけるといいねという

企画も生まれるやもしれません。

 

そんなこんなで良い具合にエンジンも暖まった感じなので

明日の講座と鑑定もきっとみなさんに満足していただける内容になると思います。

どうぞお楽しみに!!

Posted by 八雲あかね at 22:04 | 日々の徒然 | - | -

浄化まつり

こんにちは、八雲あかねです。

 

今更ですが、この前の土曜日は月食を伴う、影響の大きな魚座の満月でした。

サビアンも「聖職の浄化」ということでなにか記事を書こうと思っていたんです。

 

 

金曜日、「おさらい会」を終えて帰宅後、眠くて少し横になりました。

昼寝して起きたらいきなり発熱。

その前日にはとっくに終わったと思っていたあれがきたりして

もう何が何やら、でした。

 

幸い我が家は大人だけで暮らしているので、

「ご飯は適当に食べて&何か買ってきて」とメールするだけでいいので

ひたすら寝るだけです。

 

熱が上っていく最中、なんでこんなにあれもこれも一度にピンポイントでくるのか。。と

つらつら考えていたんですが、そういえばラカシス(毒蛇のレメディ)飲みだしたんだった

たしかOH!モーレツぅ!な反応だと聞いたし

それか!!

 

しんどいなーと思っていたのに、それを思いついた途端

「これは浄化だ、デトックスなんだ!がんばれ私」とか(←あほ)

 

実際のところは夏風邪、いろいろ疲れも溜まってたし

体力的に弱ったところに感染したんだろうな、と思いますが。

今回は熱と気管支だったので、

横になると「ひゅーぷすーぴー」って喉が鳴って呼吸が辛いし

起きてると呼吸は楽だけど眠れないし、っていうのがしんどかったです。

 

ちょうど一週間前、お友達のN子さんも熱を出して

「火剋金で呼吸器気を付けて!」と言われていたのに。

 

それよりも、回復に時間がかかるようになりました。

そもそも体調崩すことがあまりなかったけど

今までは、治った!と思ったらもうスッキリだったのに

もうそういうわけにはいかなくて、熱はないけど咳が抜けない、とか

常に不完全な感じがする。。

もう年齢的に無理すんな、っていうことですよね。

 

ラカシスも、女性ホルモンとか更年期とか生理前後のバランスを整えるのに

効果のあるレメディらしいので、ぼちぼち落ち着くのでは?と思います。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:17 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile