今夜から水星逆行

こんにちは、八雲あかねです。

 

 

最近、夢見があまりよくないんですよ。

 

古い山道を歩いていると、足元の丸太(小さな橋か階段の補強)が壊れたり

かなり昔に積まれたであろう苔むして緑色になったブロック塀が崩れてきたり

車で走っていて右折しようと思ったら、人がめいめい勝手に横断するのでなかなか走り出せず、

やっと進んだと思ったら道を逆行していて慌ててバックするとか

浜辺にたくさんのベッドのマットレスが並んでいて、これが本当のウォーターベッド(笑)

なんて笑っていたら、見る見るうちに引き潮で沖に流されて行ってしまうとか

白衣を着て健康診断を受けていて、トイレに行く間脱いで置いておいたら、プリーツ加工したみたいにしわしわになったとか

タロットだかカードだかの勉強会に参加するときに下に敷くクロスを持っていったら「大げさww」と笑われるとか

 

もう何なの!?と思うわけですよ。

自分で気づいてないだけで、ものすごい不安を抱えているんだろうか?

少し先の未来に良くないことが起きる前触れなの?

なんて毎朝少しだけ途方にくれたりしていたんです。

 

 

 

今日の夜、19:59から水星逆行なんですよ。

逆行の時は、交通機関や物事がスムーズに進みにくいという現象が起きやすいですが

私の場合、逆行じゃない時でも電車の遅延に遭遇する率が極めて高いので

もう現実の出来事じゃなくて夢として現れてきたのかもしれないです。

 

 

水星が順行に戻るのは1/8

年内は、今年やり残したことがないかの振り返りと総決算的なこと

お正月は、年賀状などで旧交を温めたりするのがよさそうですね。

特に今年は数秘でいう9の年、来年の新しいスタートに向けての締めくくりなので

ちょっとだけ長いスパンでの振り返りと展望、みたいなことをしてみると

新しい年のスタートに加速がつくかもしれません。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:04 | 星のこと | - | -

なりきり仮面のオンナ

こんにちは、八雲あかねです。

 

今夜は夫も息子も忘年会でいないので一人の夜です。

せっかくなので一人でいいもの食べてやろうかと思ったのですが、

なんだかんだあるもので済ませてしまうことに。

冬は、家で温かいものを食べるのが何よりの贅沢ですね、やっぱり。

 

 

先日のこと、知り合いの方の鑑定をする場に、共通の友人が立ち会ってくれたのですが

終った後すごく楽しそうに「あかね劇場、面白かった〜!」と言うのです。

自分ではよくわからないのですが、私、鑑定とかしてる時表情とかが変わるんだそうです。

もともと友人の鑑定の時に、

「私のホロスコープの解説を、あかねさんが私になりきって演じてるように見えた。説明を聞くよりあかねさんの顔を見ている方が楽しかった」

と言われたことがあって、その時同席した友人もほんとだーと思いながら見てたらしい。

 

 

そういえばこの前仙台に行ったときに、いたって真面目な仕事の話をしている最中

「あかねさん、すごく山羊っぽく話しているのに時々獅子様が顔をのぞかせるよねー、面白い」

って言われた。

 

私、算命では異常干支2つもっているし、西洋では月と海王星と木星のTスクエア持ち(海王星は12ハウス)なので、セオリー通りに読むと感性の鋭いタイプ、なんですね。

自分じゃわからないし、そうなのかな〜?って考えてみて思ったのは

私はたぶん憑依型なんじゃないかなと。

受信型の人は、イメージを見たり感じたりする(自動筆記のmaruさんとかあんこさんはきっとそういうタイプかなと思う)

 

自分でスイッチは感知できないけど

表情とか目とか雰囲気とかが変わるらしいから、近くで見てる人にはわかる。

被り物とか顔かん(顔のところに穴が開いている撮影用の看板)が似合ったり、

アラブの女にコスプレしても誰も驚いてくれないっていうのも

憑依型の特徴なんじゃないの、なんて思う理由です。

 

兜を被った写真とか、笹かまになりきった写真とか、異様に好評だったもんなー

もうこれからは、なんにでもなりきってやるぅ!

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:48 | 星のこと | - | -

<良かれと思って>はムズカシイ

こんにちは、八雲あかねです。

 

人間誰しも自分の中にMyルールを持っているものです。

こだわりの数や重さ、みたいなものはそれぞれだけどね。

 

新城での講座&鑑定会の際、ゆっくり残れる人や鑑定の順番を待っている人と

いろいろお話していたんですよ。

そのときの話題が、「旦那さんのここが許せない」みたいな流れになったんだけど

それぞれのこだわりがすごいな。。と思いました。

 

夜仕事から帰った後やお休みの日の昼間に旦那さんがリビング(ソファとかこたつとか)で

寝ちゃうことあるじゃないですか。それを

「布団で寝た方が良く寝れるけど、寝ちゃったならしょうがない」と思える人と

「そんなのありえない!」っていう人がいましてね。

で、例えばどんなことが嫌か、という他の事例も聞いてみたところ特にこだわりが強かったのは

 

★Aさん:夜更かしするのがありえない(早く寝て早く起きた方が効率的)

★Bさん:朝、菓子パン食べるとかありえない(栄養のバランスが悪い)

 

このお二人。

どちらも正しいことを言ってるし、相手のことを思って言っているという点では同じです。

でもきっとこのお二人が感じている憤りは、

旦那さんが夜更かしすることや菓子パンを食べるということ、じゃなくて

 

あなたのためを思って私がこんなに考えたり支度をしたりしてあげているのにその気持ちをなんで受け取ってくれないの!

 

という怒り、なんじゃないかなっていう気がしました。

 

 

お勤めしていたら、眠いけど起きなくちゃ、ということの連続なので

寝たいだけ寝てていいという解放感みたいなものは、効率の良さとは全く別ものだし

朝は軽いものしか食べられないのに、体にいいから食べなさいと無理に出される食事は

そこに喜びを伴わない制限食みたいなものだし。

 

「あなたのためを思ってやっている」のが奥さんの側の正義でも

相手にとってそれが嬉しいことなのかな?

時々自分だったらどう思うっていうのを考えてみることも大事な気がします。

 

これは算命の命式っていうより、西洋で言うところの「水が強い人」たちが

抱えやすいジレンマみたいなものかな、なんて気がします。

 

 

そして、その話をしている最中、いたって冷静に

「視点を変えてみたらどうかな?」なんてアドバイスをしていたしえちゃんが

その後個人鑑定の際、玉紀さんにお子さんのことを相談していて

 

「子供が食後にゼリーを食べたがるので、どうしたもんかと悩んでいます。だってデザートは果物ですよね?」

 

なんて言ってるのを聞いて、脱力。。

ブルータス、おまえもか〜〜

後で聞いたところによると、話しながら自分で(あ、さっきの話と同じ)って

気がついて撃沈。。したらしいですけどね。

 

結論。<良かれと思って>って扱いが難しい。

Posted by 八雲あかね at 10:22 | 星のこと | - | -

スーパームーン

こんにちは、八雲あかねです。

 

今夜22:51、牡牛座の満月です。

月の軌道は正確な円ではなく、少し楕円を描いていますが

今日の月は、その軌道上もっとも地球に近い場所での満月なので

スーパームーンともよばれます。

 

満月というのは太陽と月が、地球を挟んで真向いにある状態なので

太陽は蠍座に、月は牡牛座にあるのです。

 

蠍は感情的な面で、牡牛は物質的な面で

ともに強いこだわりや所有欲みたいなものを象徴します。

12あるサインの中で「手放す」というのが最も苦手なツートップ。

 

所有は決していけないことではないけど

たくさん抱え過ぎると、何が大事なのかわからなくなったり

本当に欲しいものが現れたときにスペースがなかったりしますよね。

 

今回はスーパームーンということもあって

自分でも気づかないような心の奥の方にあるもの

持っていたことさえ忘れていたようなものが

浮き上がってくるような感じです。

 

もう自分にとって必要でないものなら、手放す勇気を出すことで

大きな開放が起こるのではないでしょうか。

空いたスペースにはきっと

これからの自分にとって本当に大切ななにか が

満たされるのだと思います。

 

Posted by 八雲あかね at 08:56 | 星のこと | - | -

愛は薄くても濃くても不自由

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は名古屋で鑑定でした。姉妹で一緒に聞いてくださいました。

 

もともとお姉さんの方がお茶会や鑑定に何度か足を運んでくださって

「占ってもらうと楽になる!」を体感されているから

なにより近い場所でその変化を見ているから、

妹さんも受けてみたいと思ってくださったのでしょう。

 

 

愛情には色も形もないし、容量も比べられるものではありませんが

西洋で水のサインが効いていたり(特に月とか金星に)

算命で禄存司禄成分が多い、いわゆる「しっとり情感型」の人と

そうでない「あっさりサバサバ型」の人と

どっちに偏りすぎてもいろいろしんどいものだな、と思います。

 

今日来てくださったお二人は姉妹だけどそのあたりが真逆で

「情が深すぎる故のいろいろなお悩み」とか

「情がないと言われて逆に人の顔色ばかり見ていた昔の話」とか

サラウンドでお話を伺えて、私も勉強になりました。

 

姉妹で受けるのってなかなかいいかも、と思います。

一番近いところにいて、思い出も共有していて、

身内なんだけどちょっと俯瞰で見ているような距離感もあって。

特に、普段の鑑定だったらなかなか踏み込めないような話ができたのは

一番「素」を知っている間柄だからかなという気がしました。

門外不出の裏話が聞けたり。

 

今日は待ち合わせの場所に行くまでにいろいろあって

(ICカードのエラーとかJRが止まるとかお客さんが迷子になるとか。。)

どうなることかと思いましたが、結果オーライだったので一安心。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:56 | 星のこと | - | -

11月の予定

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は新月でしたね。(02:37)

蠍の新月、私は自分の12ハウス、ASC近くで迎えましたので

心の奥の方で何らかの変化があるんだろうなという気がします。

 

ちょっと前に冥王星絡みで「思えば遠くへきたもんだ」的な振り返りをしたので

心理的にはリセット(蠍ちっくな表現をすればrebornのほうが近いか。。)ですね。

 

 

さて、明日から11月ですね。

ちょっとやりたいことがあって、その日程がなかなか決まらなかったので

あまり積極的に予定を入れてなかったのですが

昨日ようやくスッキリしましたので、予備日として取ってあった日を開放できます。

 

11月の空いている日は、15日16日17日と23日。

24日と25日は、どちらかでお茶会の予定が入るかもしれません(調整中)

土日・夜の方がご都合いいという方はご相談くださいね。

 

★11/28(月)は、天海玉紀さんの講座&鑑定会@新城

東京から天海玉紀さんをお迎えして、新城で講座と鑑定会を実施します。

今講座の内容を詰めているところ。

近いうちに主催者さんから告知が出ますのでお楽しみに!

 

★11/30(水)は、「自動筆記リーディングの会」

同じく東京からまるごとmaruさんをお招きして開催します。

こちらはすでに満席ですので、追加募集はありません。

年明けに第2弾を計画中で、次回はオープン企画にして、

どなたでもお申し込みいただける形にする予定です。

 

★算命学の基礎講座

東京で開催されている「算命学の基礎講座」と同じ内容のものをやります。

お友達同士での少人数か、マンツーマンでの開催になります。

(来年以降需要があれば、募集型での開催も視野に入れていきます)

受講料は10000円で、2時間×3回か、3時間×2回のコースをお選びいただけます。

 

 

お申し込みお問い合わせは

メール:akane.yakumo.26★gmail.com (★を@に変えて送信してください)

またはフェイスブックのメッセージからでも受け付けています。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:53 | 星のこと | - | -

冥王星の影響・続き

こんにちは、八雲あかねです。

 

一昨日書いた「冥王星の影響」、ツイッターでつぶやいたところ

ミズマチユミコ先生がそのツイートを拾って記事にしてくださいました!

ツイートが上手く埋め込めなかったのでブログのリンク貼ります。

⇒「運命は自分の内側からもやってくる

 

冥王星が死と再生でいかに強大で絶対的な影響力をもっているとはいえ、
1〜3ハウスなら自分で決断して、自分で死と再生の儀式を行うに決まってるのです。
1ハウスに入ってからは、イヤというほど自分で決断してきたので、わかります。
他人や環境のせいにはできません。

 

(中略)

 

こうやって冥王星がどんな影響を及ぼし、人生をぬりかえていくのか、振り返ってみると面白いですね。
今回は冥王星の意味をわかった上で、体験します。
自分で自分をへし折る作業をするわけで、一種のアイデンティティの自殺みたいな感じなのだろうと思います。

イレクショナル講座では、やりたいことが先にあって、それに適した時期を探るわけですが、
もう何か来るとわかっているタイミングを、どういう事象として昇華させるかというのも占っていく上では重要です。
何が起きますかっていうご質問は多いですが、そこでそのエネルギーを何に使う選択をしますかというのが大事なんですよね。
何も行動を起こさなければ、一番手っ取り早い、安易な結果が返ってきます。

トランシット天体の影響を逃れえないですし、影響の大きすぎてとてもしんどいことも多いですが、
ならせめて、後悔しないように自分で選択したい。
そんなふうに思います。

 

 

本当にそう。

 

私は自分のブログの中で、”結局は星の定めの通りに生かされている”

と書きましたが、ちょっと補足しますね。

 

星の定めの通り、というのは、何もしないでただじっと動かずにいても

望む結果が手に入るよ、という意味ではないのです。

 

2ハウスに入る冥王星は、

「お金を稼ぐ・才能を活かすという側面から見た自分の価値観を根底からひっくり返すような現象をもたらす」ということ。

私の場合は結果的に、お勤め(お金は働いた時間に換算して貰うもの)から自営(自分で生み出すもの)という変わり方をしたけれど、

仕事を辞めたらお金が入ってこないから、と違和感を無視して働き続けていたら

派遣契約が切れて再更新なしの状態になったか、何らかの理由で働き続けられなくなっていた

そういう可能性だってあったかもしれない。

(本には、2ハウス冥王星は大金持ちか無一文、という身もふたもない解説が書いてある。。)

 

2ハウスに限らず、冥王星は滞在しているハウスの意識を覆してくるものだから

自分のチャートのどのあたりに入っているのか

そしてそれはどんな影響があるのか、考えておくことは大事だと思います。

 

実は。。。

我が家は私だけでなく、夫も息子も山羊ステリウム持ち。

山羊座の24度〜28度の間に、夫の太陽・私の土星・息子の土星があって

2020年〜2022年にかけて、そこにt土星とt冥王星がダブルでやってくるんですよねー。

私は3ハウスで、夫と息子は4ハウスで。

 

夫は定年退職で、息子は結婚して独立する、という形で使えたらベストかなと思います。

私はどうだろう、カリスマ講師とかになってたらいいな〜(妄想)

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 07:42 | 星のこと | - | -

冥王星の影響

こんにちは、八雲あかねです。

 

これは私のネイタルチャートですが

今から10年前、2006年に冥王星が射手金星に乗りました。

もう10年も経つのか、と言う感じなのですがこの年は

息子が高校へ進学して、父が亡くなって、

フルタイムの派遣で働きだした年です。

(それまでは9時ー15時の事務パートだった)

 

2008年、冥王星が山羊座に入ったころから仕事が辛くなってきました。

環境も条件も人間関係も申し分ない職場だったのに

なぜかずっと違和感があって。

初めのうちは、自分が何か感じている違和感とかモヤモヤする感じは

他人が私に対して何かの悪意をぶつけてきていると考えていて

「自分の身を守るために」レイキやらパワーストーンなどにはまっていきました。

その頃たまたま、ホロスコープを見てもらう機会があって鑑定を受けたら

腑に落ちないことを言われて、それが悔しくて勉強を始めました。

 

西洋占星術を教えてくれた先生に

「ああ、山羊座なんだね。これから人生が激変するよ、楽しみだね」と言われ

正直その頃はピンときませんでした(今ならわかります)

 

その後仕事は辞め、スピ系の人たちとつながりができていって

イベントを主催する側からスタートして、出る側になり

自分のペースで仕事したくなってイベントからは抜け

もっと本気でやりたくなって開業届けを出すに至りました。

つい先日、夫の会社から通知が来て完全に扶養から抜けたので

なんだかしみじみ振り返ってみました。

 

冥王星は破壊と再生の星と言われています。

価値観を徹底的に覆して、新しい何かの種を蒔くわけですが

まさに2ハウス的な、「どんなふうにお金を稼ぐか」という観点において

私の人生観や生き方をひっくり返されたなーと思います。

 

昔は、お勤めするのが一番楽で堅実な収入の得方と信じていたし

それ以外の選択肢は考えつきもしなかったから。

その時々に劇的な何かがあったわけじゃないけど、ふと気がついたら

あの頃とは180度生き方が変わっているわけで

なんだかんだ言って、結局は星の定めの通りに生かされているんですね。

 

 

さて、その山羊冥王星、12月からは私の3ハウスに入ります。

3ハウスは、情報やコミュニケーション、スキルなどを意味します。

今年の春ごろから、いろんなセッションを受けるたびに

「持っているリソースやコンテンツの棚卸をしましょう」と言われているので

また新しい展開がくるのかな?とワクワクしています。

 

 

皆さんにとってどんな転機がどんなタイミングで起きるのかという

興味があったらお尋ねくださいね。一緒に紐解きしましょう。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:32 | 星のこと | - | -

自己否定は自分に対する悪口

こんにちは、八雲あかねです。

 

昨日鑑定を受けてくださったお客さまが、FBに感想を投稿してくださいました。

【びっくりするほど自己否定】

(中略)

例えば、お友達や憧れの人がどんどん輝いていく姿を、幸せだと自信を持って言うことがなかなかできない自分と比べて、なんで私は覚悟ができないのだろうと自己否定。

例えば、旦那さんから言われた一言で私が大切にされていないと感じたとき、それは私自身が自分を大切にしていないからなのかと自己否定。

 

何か褒められた時、感謝されたとき、無自覚に

「そんなことないです、たいしたことないです」とおっしゃる方、実はとても多いです。

もしかしたら、それは謙遜なのかもしれないし、図々しいとか偉そうとか思われないための

処世術なのかもしれないけど。

 

A「いつもかわいい服着てるよね」

B「ううん、そんなことないよー」

A「でもよく似合ってるよ」

B「だって安物だし、センス悪いじゃん」

 

↑この会話、否定しているのがBさん自身のことなら自己否定だけど

そこにいないCさんについて語ってるなら、あからさまな悪口でしょ。

もし悪口としてこれを言われたとして

そうだよな、その通りだもん、返す言葉もないですって笑えないでしょう?

 

自己否定っていうのは、自分が自分に対して悪口を言っているのと同じだと思う。

もちろん社交辞令や本音と建て前を使い分けないといけない場面はいろいろとあるにしても。

手土産のマナーだって、昔は「つまらないものですが」というのが正しいとされたけど

今は「お口にあったら嬉しいです」という言い方もありになってきていますよね。

 

単なる仕事上の付き合いとか遠い親戚とかならともかく

友人や知り合いだったら、それ可愛いね、これ美味しいねという言葉は

ストレートに「ありがとう」と受け取ってもらえる方が

言った側も嬉しいんじゃないかな、と思います。

 

私は意地が悪いので、あまりにも謙遜が強くて「そんなことないです」と言われると

じゃあなぜそんな自信のないものをわざわざ着てきた(or持ってきた)の?って思う。

言わないけど。

 

話がそれました。。

 

謙遜で言っているにしても、本当に自信がなくて否定するにしても

それは他人が埋めてくれるものではないですよ。

自分で埋めていくしかない。

 

否定して受け取らないことで、いつまでたっても自分の心が満たされないから

ますます自信がなくなって怖くなって。。というスパイラルになる。

 

前に禄存司禄ネタでブログを書いたときにも同じようなこと書いたけど

「どうせ私なんて自信なくてダメで」と言っていても

だよね、本当にどうしようもないよねって言われたいわけではないですよね。

 

褒められたい認められたいっていう欲は誰にでも当たり前にある

いたってシンプルで基本的な感情なのだから

まずは「そんなことないです」という否定を

「ありがとう、そういってもらえると嬉しい」という肯定に

変えていけるといいなと思います。

きっと受け取り上手になれるから。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 12:36 | 星のこと | - | -

奇跡的邂逅

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は豊橋で鑑定でした。

朝、なんとなく、仕事終わりに友人に会いたいなとふと思って

でも当日にこちらの都合で時間作ってもらうのも悪いな、と思い直して

仕事に出かけたところ

まさかこんな場所にいるはずないよね、という場所でばったり!

見つけたのはこちらが先で、声をかけた瞬間のびっくりした顔が

凄く印象的でした。

それで突然だったにも関わらず、お互いの予定が済んだ後また合流ね、と

約束が急遽まとまって、午後からもまた会うことができました。

 

ちょっと積もる話があって、会いたいと思っていたので

午後からは例のごとく暑苦しい話をあれこれしてきました。

 

こんなことあるんだという驚きと、

ふと浮かんだ感覚をもっと信じていいんだという気持ちと。

 

本気で生きるのは潔いけど、覚悟もいることで

ここから先の自分たちがどんなふうに進化していくかを

間近で見られたら嬉しいと思うし

建前を取っ払って本音を語れる相手がいること

タイミングを用意されていることがすごい&ありがたいと思います。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:18 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile