我が家は娘だけ身弱

今朝、ふとツイッターをみたら

あんこさん(夏瀬杏子先生)がこんな記事を書かれていました。

→ 身強娘と身弱母

 

あんこさんの娘さんネタは、いつもくすっと笑えるエピソードが多いので

軽い気持ちで読んだら、大変申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。。

 

その後、紅谷柘榴先生もこんな記事を書かれていました。

→ 身強の圧ー我が家は天南・天禄・天将揃ってます

 

我が家は4人家族。

夫は天南(太陽水星山羊)、私は天南天禄(太陽水星山羊)

息子は天南天将(太陽水星山羊)、娘だけ身弱。そして太陽天秤水星蠍。

 

娘はおとなしい子だったので、育てにくくはありませんでしたが

何を考えているかよくわかりませんでした。

 

私は叱るとき「なんでそうなのか?どうしたいのか?」をはっきりさせたくなるのですが

娘は聞けば聞くほど黙り込んでしまい、その沈黙にまた腹を立て

最終的に「もういい!!」とシャッターを閉じるみたいに

感情的にその話を終わらせてしまうような感じでした。

 

息子は逆に、感情的に怒っているときは言うことを聞きませんが

理詰めで・正論でいったほうがちゃんと言うことを聞きました。

(その代わりこちらの落ち度も正論で攻めてくる)

 

なんでだろう?ってずっと疑問に思っていました。

夫・息子・私にとって当たり前のことが、なぜこの子だけ違うんだろう。

息子は幼稚園に入るまで自分の手で育てたけれど

娘は生まれてから3歳まで主人の母が育てたから(私が働いていたため)

ちゃんと親子の絆ができていないのだろうか。

(今はどうかわかりませんが30数年前は、3歳までは母親が育てるべきという3歳児神話が根強くあった)

 

体罰やネグレストなどの虐待行為がなくても、

親は自分の理解者ではない、親は自分のことをわかってくれないと思わせてしまったら

その子にとって親は毒でしかないだろうし

娘にとって私は毒親なんだろう、と思っています。

 

自分の生育環境もあって、私は「親は子供より先に死んでしまうから、親がいなくなっても生きていける強さを身につけさせるのが親の役割」と思っていたんですが、それをそのままぶつけても受け止めきれない子もいるんだなと

今ならわかります。だってこれってまさに身強の生き方なんだもの。

(ちなみに上記の子育て論に「わかるー!」と同意してくれた友人は自身も天将持ちで、お子さんも天将持ちだった)

 

占いを勉強して、自分が産んだ子であっても一人一人個性の違う人間で

それぞれ異なった資質を持っているということ。

子どもの片方に天将持ちの子がいたら、その子よりもむしろ

天将星を持っていない子の方に目をかけてあげたほうがいいこと。

蠍水星の娘には、理詰めでなくもっと別のアプローチ方法が向いていたであろうこと。

というのを知りました。知って楽になった部分もあったけど

それより、もっと早くに知っていたら。という気持ちの方が強かった。

 

鑑定やお茶会で、私がいつもいつも伝えたいのは

みんな異なる個性を持った違う人なんだよ っていうこと

得意なことも苦手なことも含めて全部、これが私なんだと知って欲しい 

どうして同じようにできないんだろう?と悩むより

違う人間同士、どうやったらもっと分かり合える?と考えて欲しい。

 

今の若いお母さんたちに、20数年前の自分をかさねて

同じ悩みを味わってほしくないと心から願っていて

私の経験が参考になれば、と思っています。

 

占いで全て解決できるとは思ってないけど

1つでも2つでも悩まなくてよくなったらどんなに楽になるか。

そういうツールとして使ってもらえたら嬉しいです。

 

Posted by 八雲あかね at 17:01 | 算命 | - | -

10/11 お客様の感想

先日、FBで素敵な感想をいただきました。

お客様に掲載許可をいただいたので転載します。

 

***

 

八雲あかねさんの鑑定が好きな件。

ここ数年ハマっている占い。
占いと言っても
こうしなさい、あぁしなさい
こういうことが起こるから気をつけなさい
みたいな脅しや依存的なものじゃなく、
俯瞰した目線で物事や人を分析するもの。

私が占いというものに興味を持ったのは
あかねさんの陽転お茶会に参加したのがきっかけ。

あかねさんがやっている占いが
まさに
「客観的に俯瞰した目線で物事や人を分析する」
というもの。

長所や短所を
淡々と、時にユーモア交えながら
わかりやすく伝えてくれる。

淡々と教えてくれるので
自分の欠点だと思っていた点も
愛おしく感じる。

ユーモアを交えながら
愛を持って語ってくれるので
やりすぎてたことも
冷静に客観視して見直すことができる。

そして決して決めつけない。

あかねさんに出会わなければ

自分や他人の長所や短所を
客観的に冷静に捉えてみることが
出来なかったと思う。

自分のことって知ってるつもりで全然知らない。
客観視してるつもりでも
自分のことしか見えてないもんなんだなぁ。
どんな人も。

それが良いとか悪いとかじゃなくて
それがとっても愛おしい。

あかねさんのルナリタを受けて
また新たな発見と新たな気付き。

占いを知れば知るほどに
あの人はこういう人だ。
とカテゴリー分けできないし
コミュニケーションの取り方も本当に千差万別

知れば知るほど
面白い
知れば知るほど
難しい

まさに沼。

でもだからこそ
すべての人をとても愛おしく思うし
すべての事柄がとても尊い。

私の占い好きに拍車をかけてくれたのは
江口 芳枝さん

しえさんもまたあかねさんから学んでいたりして
理系なのに占い師っていう面白い人
説明が細かくって早口で話すところがとても好き。
昔から好きになる人はだいたい理系。
マニアックな人は本当に面白い。

あかねさんもしえさんも
私の一方的な片思いなんだけど。笑
好きです。

占いは
自分自身の
取説であり
味方であり
師匠であったりする。

でもそれがすべてじゃなくて
時代背景と照らし合わせながら
自分で検証し
自分で育てていくもの。

その考えを教えてくれたのもあかねさん。

2018年で一番出会ってよかったと実感してるもの
No.1があかねさんの占いです。

 

***

 

T.R様

ありがとうございます!

本当に嬉しい。

Posted by 八雲あかね at 21:46 | お客様の感想など | - | -

【残席2】10/25(木) 夢叶ブレスト

10月25日(木)

『夢叶ブレスト』やります!

 

『夢叶ブレスト』っていうのは

夢を叶えるブレインストーミングの略

3〜5人のグループでおこなうワークです。

 

☆紙の中央に自分の叶えたい夢や願望を書き、シェアします。

☆紙を時計回りに回します。回ってきたらそこに書かれている夢を読んで

 その夢が叶っている姿を想像してコメントを書き加えます。

 ↓こういうシールや付箋を使います

 実現した時、その人がどんな様子なのか想像してもいいですし

 自分がそこに立ち会ったらどんな感じがするのかでも。

 情景でも気持でも、思い浮かんだことを書けばOK!

☆15分くらいを目安にまた紙を回します。

☆人数分繰り返して自分の紙が手元に戻ってきたら終了です。

 

出来上がりはこんな感じ

 

来年ハワイに行きたい とか

犬を飼いたい とかでも全然大丈夫だし

壮大な夢でもOK。

 

頭の中や胸のうちになんとなく抱えているふんわりとした形のないものを

言葉にしたり文字にしたりしてみると

夢の輪郭が少しくっきりと濃くなっていきます。

そして、叶ったらこんな感じがする!というのを想像して体感することで

より実現に近づきます。

 

『夢叶ブレスト』

日 時:10月25日(木)10時〜12時

場 所:あかねオフィス 詳しい場所はお申込みの方に直接お知らせします

参加費:3000円

持ち物:特にありませんが、好きな色のペンや色鉛筆などあればご持参ください

 

お申込みはこちらのフォームからどうぞ! → お申込みフォーム

 

ここから余談

 

「夢叶ブレスト」とか「実現リモコン」とかって

潜在意識とか海王星領域にアクセスすることじゃないですか。

 

潜在意識にアクセス、とか書くとなんか難しそうな感じですが

来年はどんな年にしようかな?と手帳を選んだり

新月に願い事をしたり、というのも理屈は同じです。

(頭の中で普通に想像や妄想するのも同じ)

 

〜だったらいいなと思っていると、いいなと思い続けている現実が

〜すると思っていたら、そうなる現実がやってくる。

 

この前新月の日に、普段はあまりしないけどたまには願いを投げてみようと思い立ちました。

願いを放つ前に頭の中を整理したくて、ノートにいろいろ書きました。

最近考えていることとか、これから先のこととか

あと嫌だなーモヤモヤするということも全部。

 

で、新月の時間が過ぎてから願い事をノートに書いて

書いたことを思い浮かべながらセルフヒプノをしました。

(セルフヒプノ→瞑想→昼寝になっちゃったのはお約束)

 

その時見た夢が、ついさっきノートの書いたことの答えみたいで

目が覚めたとき思わず「早っ!」って言ってしまいました。

 

口に出す、言葉にする、書き出す。

そうやってアウトプットしていくことって大事だなと思いました。

 

夢叶ブレストは、ワクワクする気持ちを味わえる

インナーチャイルドカードは、気持ちの糸を解きほぐしてくれる

私はそのためのお手伝いができると思います。

 

人に言いたくない黒い感情とかはノートに書いてみるといいです。

殴り書きして破って捨てたら結構スッキリします。

私はそれを「ゲスノート」と名付けてるw

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:10 | お知らせ | - | -

変わるもの・変わらないもの

☆★お知らせ★☆

 

10/12(金)に予定していました「夢叶ブレスト」は

お申込みがありませんでしたので開催中止にします。

 

10/25開催分は引き続き参加者様募集中です!

 

来月木星が射手座に移行しますし、

そろそろ来年以降のことを考えても鬼も笑わない

なにしろ、このブレストはとても未来が楽しみになるワークですので

これからも推しでまいります。

お友達同士でやりたい!という場合は個別に出張もいたしますので

ぜひご検討くださいね。

 

*****

 

昨日は友人主宰のイベントが開催されたので

ちょっとだけお邪魔しに行ってきました。

 

私は、2014年の秋に「もうイベントに出ない」と決めてから

出店もしてなかったし、お客さんとしていくこともなかったので

もう4年近くこうした場所に行ってないのです。

超久しぶりでした。

 

会場にはたくさんのブースが並んでいて、和やかな雰囲気でした。

主宰した友人に挨拶して、1年半ぶりのにイベント出店していた友人に挨拶して

あと会場にいたお久しぶりの人たちとお話ししたりしてきました。

 

30分程度の短い時間でしたが、懐かしく楽しかったです。

 

主宰した ジャンヌまりあ!!さん とはなぜかいつも人生の節目に会うんです。

ちょっと前から会いたいなと思っていたところでした。

今ちょうど仕事の仕方や自分の在り方の大きな転換点にいるような気がしています。

振り返りというか、自分の中の何が変わって何が変わらないのか

これから先何を変えて何を変えないのか。

明確に言語化できないんだけれども、考えるきっかけになったような時間でした。

 

主宰の ジャンヌまりあ!!さん と記念撮影。

 

 

おやつ用にどら焼きを購入。うまうまでした。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:07 | 交流・おでかけ | - | -

怖がらせる人たち

この前

算命をちょっとだけかじったことがある人に「気の毒な人生だね」と言われて気にしているというお客様に会ったので、きちんと最後まで読んだり説明したりできないなら、中途半端にそういうことを言うのはやめたほうがいい

という内容をFBに投稿したら、たくさんの人からリアクションがあって

同様の経験がある人結構いらっしゃるんだなーって思ってました。

 

そしたら先日また別の人が

ソラリタを読んでもらったら、「来年はトラブルに巻き込まれるから〇日に△△へ行きなさい」と言われた。でもその日そこへ行くことはできないと答えたら「じゃあ、何かあっても仕方ないから覚悟するように」と言われて怖くなった

と言ってソラリタを受けに来てくださったんです。

 

 

その方のソラリタ図を見て、これをトラブルが起きると解釈したんだなというポイントはありましたけど

必ずしもトラブルが起きるという解釈を私はしませんでした。

 

占星術の勉強をしていると、凶とされる組み合わせや配置はいろいろあります。

が、そういう凶要素を持っている人すべてが、犯罪に手を染めたり苦しいだけの人生を送っているわけではないですよね。

アップダウンが激しそうなチャートの人に波乱万丈ですねと伺ったときに

「自分はこれが普通と思ってるから特に大変と感じたことはないです」と仰る方もいる。

 

私だって、一番最初にホロスコープを見てもらったときに

「アルコール依存症とか薬物中毒とかセックス依存症じゃないですか?」とか

「もっと女を武器にしてのし上がっていったほうがいいですよ」とか言われたけど

そのどれにもあてはまりません。

まあ、その時になんだこいつ!?と超絶ムカついたのがきっかけで勉強を始めたので

人生は不思議だなとは思いますが。

 

怖がらせることで相手をコントロールするやり方がこの世の中にはあって

やさしい人ほど、気の弱い人ほど不安になってすがってしまうので

実はそうした方がお金になる、というのは私も聞いたことがあるんです。

 

でも、選ばなかった方の人生を私たちは経験できないじゃないですか。

 

例えば上記のお客様の例だと、〇日に△△に行かないと良くないことが起きる と言われて

もしそれを実行していたら、実行しなかったらどうなるかは経験できないし

実行しなかった場合、実行したらどうなっていたかは経験できない。

 

そして、こんなふうに脅す人は何があっても自分の都合の良いように言うだけだと思うんですよ。

何もなければ、私のアドバイスに従ったおかげ と言うだろうし

何かあったら、私のアドバイスがあったからこの程度で済んだ、って言うよ、きっと。

どっちにしたって「私の言うことを聞け」って言う。

 

だから、占ってもらって嫌だなとか怖いなと思ったら、

別の人にみてもらって上書きするのも全然ありだと思います。

占い師だって絶対じゃないし、いろんな解釈をする人がいるんだから

この人の言葉だったら聞けるなという人を選んだらいいです。

 

占いは、なんていうか、山や階段を上るときに使う杖みたいな

なくても自分の足で進めるけど使った方が少し楽になる、というスタンスで使ってもらえたらいいなと思います。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:38 | こんなことを考えています | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile