まじめな「お金」の話
こんにちは、八雲あかねです。
今日は(今日もか?)占いとはちょっと関係ないお話。

一昨日、市役所から「市民税・県民税」の通知が届いたので払ってきました。
開業届けを出してもうすぐ1年になります。
私は天中殺に入ってから名前を変えたので、開業届けも
天中殺年の天中殺月に出したかった(←単なるばかです、はい)
で、調子に乗って今年の1月からは扶養からも抜きました。

私は自分が個人事業主になって税金や年金を支払うことにたいして
後悔もしてないし当たり前のこと、と思っていますけど
今現在サラリーマンの妻で、開業を考えている人がいらしたら
慎重に考えてね、と申しあげたいです。

サラリーマンの妻というのは、目に見えないところで結構恩恵を受けています。
扶養家族手当、厚生年金、健康保険などなど。
開業して自分で税金を納めるようになると、上記の控除がなくなります。
私は届を出す前、半年分の帳簿を持って税理士さんに相談に行きました。
行くとまず聞かれるのは「税金を払わない方向で行きたいか、払う方向で行きたいか」
払わない方向でいくとなったら、まず基礎控除の68万円を超えない程度に収入を押さえる。
払っても構わないなら、届けを出して堂々と仕事するほうが
結果的に収入は上がっていく、ということを言われました。

ただし、ご主人の勤務先によっては、開業届けを出した瞬間に各種控除が打ち切りになるところと
法定金額を超えなければOKのところがあるそうです。

ですからまずなによりも、自分が仕事をするにあたって
どんな内容でいくらくらいの収益があるのかを
旦那さんと共有しないといけない。
そのうえで勤務先の会社の規定を確認してもらわなくちゃいけない。

うちが非常に恵まれている、と思ったのは
,發箸發伐罎家は私のやることに反対していない。占い師ということは知っているけど
どんなことをしているかは詳しいことは知らない。
∋笋亮入に関心がない
もともと同じ会社に勤めていたので内情はよく知っている
げ饉劼僚醋鈎甘の人が私のことも知っている人だった

特にい呂△蠅たかったですねー。
扶養を抜くとき、最初は何も考えずに年末に手続しようとしていたんだけど
年末に抜くと1年分の扶養家族手当を返納しないといけないから1月1日で抜くといいとか
103万を超えて扶養から抜けても130万を超えるまでは健康保険はそのままでいいとか
いろいろ教えてもらって本当に助かった。

控除が無くなり、税率が上がって、ご主人のお給料にも少し影響が出るうえ
所得税・住民税・保険・年金を自分でまかなおうと思ったら
かなり頑張らないとメリットが少ない。むしろ損益がでます。
100万そこそこの収入だったら、ムリに開業しないでいるほうが懐は潤います。
あと、開業する時期も3月15日までに届けて、初年度から青色申告にするという
計画性も必要かな、と思います。
税理士さんは無料相談もやっているし、ぜひ相談してみるといいんじゃないでしょうか。
私は友人に紹介してもらいました。

そういうことも含めて、旦那さんと話し合える関係にないとムズカシイかも。
ここが一番のネックかもしれませんね。

どなたかのご参考になればなにより。
 

Posted by 八雲あかね at 16:40 | こんなことを考えています | - | -

価値をどこにおくのか
こんにちは、八雲あかねです。

いよいよ柔軟宮グランドクロスがピークで、
柔軟宮成分がそんなにない私でも、予定通りにいかないとか
いろんな案件が降って湧いて来るとか的なことが続いています。

今週はなぜか「時間」とか「価値」とかということを
聞いたり話したり読んだりすることが続いたので、
自分にとって大事なことは何だろう?とつらつら考えています。

もともと私は土星を含めて山羊座に4天体あるので
「時間」とか「価値」とかに重きを置いていると思う。
タイムイズマネーと言う言葉があって、それはその通りと思うけど
時間がかかる=×というわけじゃない。

同じ10分でも楽しいことして過ごすのと、そうじゃないときとは違うみたいなことだし、
対価というのも単純に物に対してだけ支払っていない
空間とかサービスとかの目に見えないものも含めて、
自分にとって価値があると認められるもの、に対して支払いたいよね。

じゃあ、なにが心地いいの?と突き詰めて考えてみたとき
私は結構めんどくさい人間なんだなという、身もふたもない結論に達しました。
でもそのめんどくささをちゃんと口に出さずにいたことにも気づいてしまった。

もう2週間くらいずっと体調が悪くて、(風邪をひいたあと咳だけが抜けない)
喉とか気管支が不調なのは、言いたいことを言わずにいるからだと指摘されて
そのとき1つ思い当たることがあったんだけど、どうもそれじゃない。
さらに考えていって、なんとなくこれかなっていうのが見つかったけど
言っていいのかな?というのはしばらく悩みました。
でもねー言わないと咳辛いし、どっちにしても言わなきゃいけない羽目になるからな〜。


お茶会の後、個人鑑定やるというパターンが多いんですが
先月、個人鑑定希望の人が早く帰りたいからお昼無しでいいですか?
っていうのが2回続いて、いいよって言ったもののモヤモヤしてました。
お腹が空くっていうより、その程度の扱いでいいよねっていうのがいやだったと思われ。

もともとお茶会の後みんなで一緒にお昼を食べる、っていうのが好きじゃないんです。
あちこちから質問攻めにあって答えてると、食べた気がしない。
一人にしてもらって10分でおにぎり食べる方がいい。

同じ個人鑑定でも、直接コンタクトを取って申し込んでくださって
やり取りしている最中に「よかったらお昼をご一緒してください」と言われて
食事をするのは全然苦にならないのに。

それは重さの違いなんじゃないかという気がします。
鑑定を受ける、ということに対して大事に思ってくれる差みたいなもの。
どうしても受けたいからなんとかしたいと思って時間や労力を使ってくださるのと
なんかよくわからないけどおもしろそうだから、ついでにっていうのと
私に会いたいと思ってくださる熱量の差みたいなもの、かな。

もちろん凄く楽しみにしてくださる方もいらっしゃる、というのは承知していますから
一概に言えないのがもどかしいわけですが。
なので、これからお茶会のご依頼を受ける時には、個人鑑定をセットにするかどうかは
ケースバイケースにさせていただくと思います。
主催の方と打ち合わせしてから決める感じになるかと。
個人的にはどうしても受けたいっていう熱意があるか、
むしろすごく事務的にやってもらうのがラクだったりします。

本当は自分がもっと強くなってYesNoをちゃんと言えばいいっていう話なんですね。。



 

Posted by 八雲あかね at 11:29 | こんなことを考えています | - | -

委ねるのも覚悟がいること
こんにちは、八雲あかねです。

たまには告知も!
先週開催した「理想のパートナーお茶会」、第2弾やるみたいですよ。
6/11(土)@豊橋 時間や場所などはまだ未定です。

+++++++++++++++++++++++++++

自分じゃどうにも解決できなくて人に頼んだり聞いたりすることありますよね。
私は基本できる限りは自分で何とかしたい(貫索+天禄)だけど
苦手分野は、それを得意にしている人にお任せします。
っていうか、ようやく最近、心から「お任せします」と言えるようになりました。

苦手なことをやらないといけない時、仕事がパンパンで誰かに振らないと
どうにもこうにもならなくなったとき。
以前だったら、「人に任す」ができなくて、
そのやり方は○○だから
私のやり方は〜〜だから
まかせてちゃんとできなかったら腹が立つから
「お願いね」って言っておきながら、口を出したり手を出したり、してた。
で、誰も頼りにできない。なんで私ばっかり。とか怒る本末転倒。

結局、任せた相手のことも、その人に任せると決めた自分のことも
信用してなかったんだ、と今なら理解できます。


2年前、よっちゃんのたいわを受けようと思って申し込む時に
『自分から人にお願いしてやってもらうことに対して口答えしちゃだめ』
って、なんとなく思って、
「絶対に言い訳をしないからたいわしてください」とお願いしたんでした。

考えてみたらその時から、よくわからないけど覚悟みたいなものができた気がします。
人に何かをしてもらうことに対して
誰かに何かを教えてもらうことに対して
自分のできない部分を助けてもらうことに対して
本気で考えて選んでお願いするようになったし、
そしたら人生がちょっと加速した感じがします。


だからもし、今自分が停滞しているような気がするなら
誰かの客観的なアドバイス聞いてみるのも手じゃないかと思います。

ちゃんと対価をお支払いして、教えてもらったことをやってみるといいです。

聞くだけ聞いて、「えーそんなの無理」とか「自分のやり方と違う」とか言わずに。
(そもそも自分のやり方が間違ってるから現状打開できない、という現実を見ましょう)
任せるなら全権委任で。主観もエゴも捨てて。
委ねるって、たぶんそういうこと。



 

Posted by 八雲あかね at 14:43 | こんなことを考えています | - | -

今を味わうこと
こんにちは、八雲あかねです。

熊本で大きな地震が起きましたね。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


お江戸のイベントまで2週間となりました。
午前の『陽転メソッド・ケース三河』はおかげさまで定員超過の満席。
午後のセッションも順調にお席が埋まってきています。⇒ 

昨日、トナカイのお店日記で玉紀さんが書いておられましたが
(⇒ そんなバナナ!
思いつく限りのてんこ盛り
昼と夜のテンション(暑苦しさ)の差
メンバーとメニューのバリエーション
いろんな角度から味わって楽しめるイベントになると思います。


昨日友人と話していて話題に上がったのが
「今」とか「瞬間」とか、そういうこと。

ずっと過去ばかり見て、あの時〜だったからと言い訳しながら生きるのも
いつも何かに気を取られて、目の前に一緒にいる誰かを大事にできないのも
すごくもったいない生き方なんじゃないか、という気がする。

今ここにいる人と過ごす瞬間はもう二度と来ない、
たとえ翌日また会ったとしても、それはもう今ではないのだから
ちゃんと目を見て向き合って相手と自分が共有する瞬間を
味わって生きていきたいね。

陳腐な言葉になるけど、今を大事にできない人は
結局何も、誰のことも、自分自身さえ、大事にはできないんじゃないか
そんなことを考えた一日でした。

 

Posted by 八雲あかね at 08:59 | こんなことを考えています | - | -

長いような短いような
こんにちは、八雲あかねです。


先週、いやもう先々週になるのか
東京から天海玉紀さんが来てくださって、これからの話をいろいろしたんですけど
それを記事にまとめてくださいました。

 2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の一)
 2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の二)
 2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の三)


そうなんだよ。
玉紀さんに初めてお目にかかったのはもう5年も前なんだね。
当時、西洋占星術に関する記事とかブログとかを検索してて
たまたまひっかかって読んだブログ。
なんかしらんけど面白い!ってハマって
本当にストーカー並に、ブログの過去記事まで遡って読んで
どうしても会って鑑定を受けたくなって行っちゃった。
2011年7月1日 蟹座の新月でした。

その頃はまだ震災の影響で計画停電の真っ最中だったから
工事中の地下鉄構内は薄暗くて、電車の中も冷房が入ってなくてね。
初めてお目にかかった玉紀さんが想像より小柄な人で意外でした。
(その頃は身強とか天将星の話とか、たくさん書いてらしたのでね)
帰りは帰りで、静岡でゲリラ豪雨があったとかで新幹線が止まってさぁー
なんかすごい一日だった。

そのときの感想書いてましたね。 やっと書けた--東京のおはなし


理由もわからずに、ただ”なんとなく気になる”というところからスタートして
講座を企画してもらったり、こちらにお招きすることができたり
これからは他のみんなも巻き込んでやらかす計画を立てたり。。

一昨年、一緒に高尾山に登ったんですけどそこで二人で夢を語ってて
『派手な格好であちこち飛び回りたい』っていうのと
『いつかお互いのテリトリーに招きあって仕事がしたいね』って言ってたの。
それがもうすぐ実現します。



口に出したことが叶う嬉しさと、
なんかこれからどうなるの?っていう気持ちが混ざっている感じ。
二人で語った夢だけど、もうここから先は玉紀さんや私の個人の領域を離れて
もっと大きな流れに乗ったんだなという気がしています。



新月明けにはいろいろ告知できると思います、お楽しみに!





 

Posted by 八雲あかね at 09:35 | こんなことを考えています | - | -

つらつら考えてみた
こんにちは、八雲あかねです。


わけあって、『陽転の定義』について考えている今日この頃。

自分が持って生まれた命式のように生きる
自分らしく生きる
本音で生きる

鑑定の時とか、私は「命式やチャートのセオリー通りに生きるのが陽転」
そんなふうに説明することが多いけど
ほんとうはもっとうんと泥臭く、自分に正直に生きているかどうか
なのかな、という気がしているんですよ。

占いを仕事にしてたくさんの方にお目にかかって
「たいわ」という体の声を聞き取る友人といて
命式に出てくる自分と身体の声はリンクしていると信じられるし
それこそが本音なのだなと思う。


私もつい最近、外で頑張って成果をだす「八雲あかね」という人格と
家でのんびりして幸せを感じる「本名の私」が乖離しそうな気がして
モヤモヤしたり不安になってました。
どっちが正しいっていうんじゃなく、どっちも欲しいから
欲張って、できなくて、苦しくて、自己嫌悪。みたいなフルコース。
でもどっちも私なので、どっちかにしなくても良くて
どっちも手にしていいんだと言ってもらえて、すごく安心したんです。

今は時期的にそういう気持ちになりやすいのか、
知っている人も何人か同じような不安を言葉にしていたりします。

本音で生きたいから、自分に正直に生きたいから
時々上手くいかなくて不安になって心が揺れてしまう
そういうことさえも、正面から向き合って見つめようとする人は
陽転している、と私は思う。

今結果が出ているか、何かを成し遂げているかっていうのは全然問題じゃない。
(できていたらそれはとても素晴らしいことだけど)
弱いところも醜いところも全部、向き合って生きる人を私は応援したい。

逆に、どんなにきれいな言葉を飾っても本音と向き合おうとしない人や
自分の人生を自分でなんとかしようとする覚悟がない人を
わたしはきっと容赦なく切り捨ててしまえるのだとも思う。
自分で歩く気もない人をどうにかしてあげられるわけないですもん。


同じように機会を与えられていても、そのあとぐんぐん変わっていける人と
いつまでも言い訳ばかりしている人と何が違うのか?
勇気と覚悟を持てたかどうか、なんだろうなと個人的には思います。
これはもう自分で決めるしかなくて、他人にはどうにもできない。


こんなことを言うのは実は仕事としてどうかとも思うけど
私が向き合いたいのは、苦しくても自分に向きあって生きたい人で
困っている人に手をさしのべる、っていうのは違うんだろうなぁ。

たぶん私はとんでもなく冷たい人間であると同時に
限りなく優しくもあるんだと思う。
どう感じるかはあなた次第。


 

Posted by 八雲あかね at 19:44 | こんなことを考えています | - | -

変わるもの。変わらないもの。
こんにちは、八雲あかねです。

このブログでも、もう何度も何度も書いていることですが
私はこの一年でいろんなものが激変した感があります。

大丈夫かと不安になったことも、展開が速すぎて怖くなったことも
いろいろあって今、良かったと思っています。
去年の年末に、こうなりたいと望んでいたことは結構叶いました。
だから今年は、お茶会や鑑定でお目にかかるみなさんに
『変わることは恐くない、変わろうと思えばいくつからだって変われる』と
繰り返し繰り返しお話してきた気がします。

今年の初めころ、来てくださる方は「面白い!」と言ってくださることが多かったけど
最近は、ご自分のことを好きじゃないという方が増えて来た感じがしています。
自分が自分であることを、まずそのまま受け止めてみましょうということを
しつこいくらいに言ってることがあって
それは単なる占いの範疇を超えてるよな〜と客観的に見ている自分と
理屈とかデータじゃなくて、自分を丸ごと出して向き合っていかないと
どうにもならないのだなと考えている自分もいます。



来年からは「私も変われたから皆さんも変われます」っていうのは
あまり言わなくなるだろうという気がします。
その代わりに、今の自分がどう在るのかが大事なんじゃないかと。
自分に向きあうこと、本音を隠さないこと、正直であることを
常に意識していくのかなぁ、なんて漠然と考えています。

 

Posted by 八雲あかね at 09:12 | こんなことを考えています | - | -

お客様は神様。なのか?
こんにちは、八雲あかねです。

今日はちょっと毒吐きですので、批判覚悟で書こうと思います。

今の仕事のスタイルは、お客様と直接やり取りして請ける個人鑑定と
主催や取りまとめをしてくれる人がいて成立するお茶会や鑑定会の
2本がメインの活動です。(それ以外には不定期の企画モノとか)

最近、主催してもらって開催した鑑定会であれ??と思うことが続きました。
鑑定を受ける方の生年月日が違ってた、というのが3件続いたんです。
3件ともお客様も主催者さんも全く別、そしてその対応もそれぞれ。

直接お問い合わせくださったお客様もいらっしゃるし
「たぶん私が伝え間違えたんだと思います」と仰ったお客様もいらっしゃるし
主催者さんにクレームを入れた方もいらっしゃる。
(鑑定の際、この生年月日で間違いないですかとお尋ねしてる筈なのに・・)

他にも挙げればいろいろ。。

お客様の希望だけ優先して時間配分決められたり
鑑定会っていうより主催者さんの利害のために使われてるような感じとか
家族の分の命式をメモしていけば一緒に観てもらえると説明してるとか
お茶会の際にちゃんと説明して鑑定をお申し込みいただいた筈なのに
何を勘違いされたのか、お茶会の参加料金で占ってもらえるとお友達を誘っていたり
もちろんお断りしましたけど。




なんだろう。

個人でやり取りするときはこういうトラブルみたいなの起きないんですよね。
だからむしろ主催者さんとの関係性なのかな、という気がします。
私にとっては、主催者さんも鑑定を受けてくださる方どちらもお客様なんだけど
主催者さんにとってのお客様は自分が呼んで集めた人だけで
私はコマにしかすぎない、そういう扱いでいい相手なんだろうなと思う。
余興のマジシャンみたいに、呼んであげるから私たちにサービスしなさいよ的な。

もちろん全員がそういうわけじゃないです。
だからこれからどんなふうにしていくのがいいのか迷っています。

できないこと、やりたくないことはその場で言っていくしかないのかな。
結局それが一番近道なんでしょうね。
私も、この人・こういう対応嫌だなという事はもうお請けしないつもりだし
きっと相手も離れていくと思うけど。
まいいか、そもそも癒し系じゃないしね。



昨日のブログにもちょっと書いたんですけど
受けたい聞きたい面白そう!という気持ちをまっすぐぶつけてくれる相手には
嬉しくなっちゃう自分がいるのも確かで
お客様は平等に扱うべき、と頭で考える自分と、
相手の熱意に嬉しくなって応えたくなる本音の自分の間で揺れてましたが
揺れる自分を許すことにしよう。えこひいき上等だ。



 

Posted by 八雲あかね at 13:24 | こんなことを考えています | - | -

呼応
こんにちは、八雲あかねです。

先日、
「久しぶりにあかねさんのカードセッション受けたい」とリクエストをもらったので
軽い感じで普通にファミレスのテーブルにカードを広げてやってきたんです。

出てきたカードは、そんな特別重かったり厳しかったりしたわけではありませんでした。
でもそこからどんどん自分を掘り下げていって、
ご本人が一番向き合わないといけない問題点(と思っているもの)や
なぜ自分がそう思ってしまうのかという原因と、解決法まで
深く深くカードとそして自分と向き合っているのを目の当たりにして
すごく感銘を覚えました。


これだけ真剣にセッションに向きあうっていうことは、
自分というものに本気で向き合っているからこそできることなんだと思います。
やっているこっちも背中が伸びるような気がしました。


これは本当に個人的な意見なので良い悪いという話ではないんだけど
いろんなセッションやWSに参加していらっしゃる方や
あまり間を空けずになんども鑑定を希望される方とかいらっしゃって
自分のお金と時間をどう使おうがその人の自由なので、それはいいんだけど
なんかもったいないな、って思うことがあります。

あれもこれも詰め込んで消化不良になるんじゃないか
むしろ詰め込み過ぎて、前のことがそのまま押し出されているんじゃないかと。
もう少し聞いたこと考えたことをひとつずつ大事にして良く消化してから
次のことに進めばいいのに、とかね。
おせっかいになるので直接はいいませんが。


来てくださったお客様には一生懸命向き合うし手抜きはしませんが、
やっぱり人間なので
聞いたつもりになってるだけでわかってないだろうなっていう人より
本気で向き合ってくれる人に対しての方が
知らず知らず熱が入ってると自覚することがあります。
ひいきとかムラじゃなくて、呼応っていう感じです。

「本気で聞きます」と「できる限り伝えます」が反応しあって
セッションが深くなる。
時間的には変わらないのにね。不思議です。





 

Posted by 八雲あかね at 23:48 | こんなことを考えています | - | -

リミッター解除!?
こんにちは、八雲あかねです。

昨日はミラクルセッションでした。濃かったよー!


たくさんたくさん話しをして、自分の方向とか明確になりました。
私はこれからも今までと同じように
『私は私でいい』『みんなちがってみんないい』
ということを、お茶会メインでやっていくつもり。

これまでよりももう少しペースを上げて
もっといろんな場所に出かけていって
たくさんの人にお目にかかっていきたいと思います。

占いのことを深く知らなくても、
何だ、自分はこれでいいんだって安心したり
周りの人(特にお子さん)との関係で肩の力を抜いたりできたらいい
楽しかったけど、なんだかスッキリしたって思ってもらえたらいい。


時々迷ったりブレたりするのも、進んでいくスピードが怖くて
自分でブレーキかけてるだけで、
今やってることは【やりたいこと】じゃなくて【やること】なんだから!と
私の身体は訴えているそうです。
今回は子宮(第2チャクラ)より胃(第3チャクラ)が雄弁だったそう。
だって第3チャクラは太陽で、太陽は生まれてきた目的だから。


今日は蟹座の新月で、私のネイタル土星の真向いだったから
自分のリミッターを解除していくのかなーなんて感じました。
これからもっと加速していくみたいだから、気合入れていきます。

Posted by 八雲あかね at 23:57 | こんなことを考えています | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile