回る回るよ、五行は回る

みなさんこんにちは。

早速ですが、こんな図を目にしたことがありますか?

 

 

算命の講座などで必ずと言っていいほど目にする、五行の相生相剋の図です。

 

このブログを読んでくださったことがある方や

陽転お茶会などに参加してくださったことがある方なら

きっと一度は目にしたことがありますよね。

木火土金水ね、知ってるという方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

 

では、五行は回るよ、と聞いてイメージできる方はどれくらいいらっしゃるのでしょう?

 

 

なんでこんなことを言いだしたかというと、先月愛知で開催された『土性を極める』講座で

天海玉紀先生が考案されたこの図

 

それから、参加者それぞれの命式から出した五行の偏りの図

(これは私の。図の部分だけ転記したものです)

 

これらの図を使って説明をしてもらったのに

「私には《木》が無いのになぜ緑が多いんですか?」とか

「命式には《土》があるのに、土性のところが無いのはなぜですか?」とか

果ては

「私には《木》(または貫索石門)が無いから、『自分をだいじに』成分がありません」とか

え?え?ちょっと待って、な質問や感想が多かったのです。

 

算命の講座を受けるのが初めての人は仕方がないにしても、基礎講座受けたことあってなぜ??

と衝撃を受けたのです。これまでの説明では五行の相生相剋がきちんと理解されなかったのだと。

なのに

今回は算命の算出方法とは違うそうですが、どういう計算方法なんですか?

リクエストしたらその講座もやってもらえるんですか?

という問い合わせもあって、私の中に そうじゃない感 が強くなったのです。

 

とにかく【十干十二支】と【五行の相生相剋】をきちんと覚えましょう。話はそれからだ。

という訳で、『算命学はじめのいっぽ講座』をやることにしたわけです。

 

 

最初の話に戻ると、五行の図が回る、というのは私は最初に習ったときすぐにイメージできたんです。

(もしかしたら西洋占星術を知っていたから、出生時間が変わると配置が同じままくるっとハウスだけ移動するみたいなものかとイメージできたのかもしれませんが、人による)

だから、脳内でイメージしにくい人に説明するとしたらどうすればいいか、というのが最大のテーマでした。

理論的なことを説明するのは割と簡単ですが、イメージの共有は難しい。

私の頭の中にあるイメージと、受け取った相手の頭の中にあるイメージが同じとは限らないし確認する術がない。

 

だったら、私の頭の中にある形を現実化して見てもらうのが一番早いんじゃない?

私の頭の中にあったのは、観覧車みたいなイメージ だったので使えそうなものが無いか

100均やホームセンターでうろうろ探したところ、これは使えそうというものを見つけて作ってみました。

(出来栄えの稚拙さについてはお許しください)

 

試作品1号。

真ん中の軸を起点にしてくるくる回ります。でもサイズ的にはちょっと小さい。

 

試作品2号

 

これも真ん中の軸を起点にして回ります。木火土金水の部分は可動式なので

どの干が上に来ても文字の上下はそのまま。

出来栄えはともかく、脳内イメージに近いものができました。

 

ここでふと、玉紀さんが作った図に試作品1号を重ねてみたらどうだろう?と思いついちゃったのでそれも作ってみました。

こんな感じ。(図の使用許可はいただいています)

あ、これ超わかりやすいと思う。

自分にとって足りない場所がどこで、そのために何を補えばいいかわかる。

 

 

嬉しくなってクルクル回しながら思わず歌っちゃった

回る回るよ、五行は回る。十干十二支繰り返し

回る回るよ、五行は回る。木火土金水繰り返し

(曲は「時代」@中島みゆきで)

 

5/18の講座でお披露目します。お楽しみに♪

 

Posted by 八雲あかね at 18:16 | 算命 | - | -

天王星で断捨離

GW終わりましたね。

私は本を読んだり片づけをしたりしてのんびり過ごしました。

 

 

定期的に『徹底的に片づけをしたい欲求』がやってくるんです。

だいたいは初秋の乙女太陽の時期に本棚とかいろんな紙類、あと洋服の整理がしたくなります。

それとは別にもっと大きな波に見舞われることがあって、やるからには徹底してやるぜ!

という衝動がやってきます。

 

今回は、長いことベランダに放置したままになっていた

プランターとか植木鉢とか日除けに使っていたすだれとかを処分しました。

洗濯物を干したり日常的に使っているのとは別の場所に置いてあったこともあって

見ると気にはなるけどいつかやればいいや、と10年以上放置してあったかも。

 

すだれはのこぎりで適当な長さに切って、それ以外の物は可燃物と不燃物に分けてゴミ袋に入れ

箒で小さいゴミも集めて、ってここまでで1時間。

やるって決めたらあっという間なのに、何をグズグズしてたんだろうと可笑しくなりました。

 

 

さっきゴミ出しを済ませて一息ついたときに唐突に思い出しました。

全開の『徹底的片づけビッグウェーブ』がやってきたのは7年前。

あの時は断捨離にはまって、「シンプルに暮らす」「すっきり生活」的なブログを読み漁って

食器をごっそり捨てたんでした。

いつか娘が結婚するときのためにと、ノリタケの積み立てをしていたのが満期になって

まだそんな気配もなかった(そして今もまだない)ので

いつかより今を大事にしよう、と思ったんだった。

なぜ覚えているかというと、頼んだ食器が家に届いたのが震災の翌日だったから。

 

 

そう。

天王星が牡羊座に入るタイミングで前回の片づけ欲が来て

今回の片づけ欲も、来週(5/16)に天王星が牡牛座に入るから。

天王星は「変化」や「革新」を象徴する天体だし、その天王星が支配星の水瓶は「非所有」の性質もある。

私のネイタル火星は山羊座の0度、そして天王星が乙女座の0度なので、

天体がサイン移動するときに反応するのでしょう。

前回は牡羊でスクエアだったので、使えるものを捨てて一新するという激しさで出て

今回は牡牛でトラインだから、要らないのに溜め込んでいたものを捨てる、という

ある意味わかりやすい反応となって現れたのかもしれません。

 

思いがけない副産物として、私がゴミを片づけてスッキリしていたら

牡牛火星持ちのせいか、なんでも取って置きたがって捨てるのが嫌いな息子が

着なくなった服やゲーセンで取ってきたぬいぐるみとかを一緒に捨ててと言ってきた。

(彼の太陽は山羊1度)しめしめ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:42 | 星のこと | - | -

選別するか抽出するか

昨年の「山羊土星講座」の際に、レジュメの作り方に個性が出るというのが話題になったんですよ。

先に骨組みを作るか、材料をたくさん投入するか。

 

私は先に骨組みを作って、見出し(要点)も先に作ったら驚かれて

逆にびっくりした覚えがあります。

 

それを折に触れて考えていたんですが、絵にするとこんな感じでしょうか。

 

《選別タイプ》

たくさんの情報の中から、要・不要を振り分けて欲しい情報だけを選んで取り入れる

 

《抽出タイプ》

情報は選別しないで全て受け入れる、その中から欲しいもののエッセンスを取る

 

と言う感じでしょうか。

私は、山羊水星でもともと「絞る」性質が強いし、製造業に馴染みが深いこともあって選別型

(製造業の「問題解決手法」や「QC」的な考え方は、いかに絞るかがポイントだったりする)

 

 

選別型は、「何について知りたいか」という目的が先にあって

要るか要らないかを振り分けるので、欲しい情報を集中して取り入れることができる代わり

取り入れた情報は割とストレートに受け入れるように思います。

その代わり、要らないと思って捨ててしまうもののなかに隠れている宝を見つけることはできない。

レポートとか報告書とか業務連絡みたいに、情報だけのものが得意

 

抽出タイプは、入ってくるものを丸ごと受け入れる。

思いがけないもの同士が繋がって新しいアイデアや表現が生み出されたりする可能性を秘める

入るものと出るもの(生み出されるもの)がストレートでなくひねりやアレンジがあって

「修飾語」の使い方が上手く、表現力が豊か。な気がします。(個人の感想です)

 

 

あと、あえて辛口で申しあげるとしたら

欲しがって入れるばかりでちっとも出さないタイプの方も散見されます。

(知りたがる割に覚える気がないのかなと思うこと、たまにある)

 

 

自分がどのタイプか知っておくのは損にはならないと思いますよ。

Posted by 八雲あかね at 20:15 | こんなことを考えています | - | -

ICCモニターセッション会@poco ありがとうございました!

今日は名古屋のcafe de pocoさんで、インナーチャイルドカードのモニターセッション会でした。

リクエストしてくださった方、参加してくださった皆様、場所をお貸しくださった理恵さん

ありがとうございました!!

 

久しぶりのpocoさん

 

モニターセッションもおかげさまで楽しんでいただけたようです。

6人の方に受けていただきましたけど、印象も反応もそれぞれ。

どんなカードが出ても、それに対してどんな印象を持ってもいいんだよ

というのがとてもいい、という感想を口される方もいらっしゃったし

セッションする人によって全然違う!という印象を持たれた方もいらっしゃいました。

いろんなやり方があると思うんですが、私は最初に受けたときの、自分の口で言葉にする

というスタイルがものすごくしっくり来たのでそれを踏襲しています。

(もともと私自身が、「自分大事に」気質が強いから、かもしれませんが)

 

個人的には、お客様の『カードに聞きたいこと』をいかに的確に絞り込むかという部分が

一番難しい&取組み甲斐があると感じました。

(あとは走り書きの字をもっときれいに書きたい。切実)

 

今回のようにカフェをお借りするスタイルは、お見送りやお出迎えをしなくていいので

セッションに集中できてよかったですが、もう少し話したかった、という感想もありました。

自分のオフィスで開催するときは、そういう時間も余裕を取っていますので

興味ある!という方はこちらもご検討ください。

 

→ 5/11 インナーチャイルドカードモニターセッション@岡崎

 

もちろん、セッション会ではないときに受けに来ていただくのも大歓迎ですよ♪

 

 

後は余談。

 

13時スタートだったので、ランチを食べようと少し早めにお店に着いたら

ドアを開けるや否や、理恵さんが奥からすっとんできて(笑)まずはハグ。

すごく楽しみにしてくださったそうで、もうニコニコでずっとお話してました。

 

先日開催された、「土性を極める」講座がどうだったか、

出された宿題がハードル高くて。。とか。

アニメと音楽の話をしたら、とても驚かれました。

そういうことに興味なさそうに見えるみたい。

夫や息子が読んだり見たりするので、少年漫画は知ってるものが結構あります

自分で原作を読みこむほど深くはないけど、守備範囲は広いと思いますよ?

Posted by 八雲あかね at 21:14 | 交流・おでかけ | - | -

水晶透視の練習

水晶透視の練習、一応続けてはいるのですが

いまだ「これか」という感触を得れていないのです。

 

水晶はオフィスに置いてあって、行ったときしか練習できないせいかもと

昨日から持ち歩いています。

友人が台湾旅行のお土産にくれた素敵な巾着袋に入れています。

 

 

ふと思いついて、インナーチャイルドカードで

『水晶透視がちゃんとできるにはどうしたらいいですか?』と聞いてみたところ

こんなカードが出ました。

 

 

ん〜〜〜〜

これを見た印象は、「訓練したらできるという話じゃなくて、感じたものを信じてないから見えない(と思ってる)」という気がしました。

てかこの質問で大アルカナ2枚ってことは、推して知るべしというか

「え?出来てないと思ってるんだ、へぇ〜」っておじさんに鼻で笑われたような。

 

ただ見る、というのが大事と教わったけど、どうも先に「考えて」しまっている。

ただ見る、ただ感じる。これは意外に難しい。

 

 

ところで、下に敷いているマット、実はひざかけなのです。

たまたま入った手芸屋さんで売ってたやつですが、ウールで黒で無地

大きさも100×100サイズで、タロットクロスにピッタリ。

セールで1000円だったので迷わず買いました。

 

 

カードを扇状に広げる時、しゅるる〜ってなる(←わかる人にはわかる)

いい仕事するわー。買ってよかった♪

 

Posted by 八雲あかね at 22:32 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile