講座行ってきました
今日は待ちに待った講座の日でした。
「東洋占い基礎の基礎 Part2 @日比谷」

玉紀さんは風邪を引かれていて、喉が辛そうでしたが
それでも一日全開で講義をしてくださいましたよ。

この内容、本来なら何週かにわけてみっちりやっても
不思議じゃないくらいのボリュームで
特に午前中は脳味噌が煮えてしまいそうでした。

しかーし。
言い出しっぺの意地とプライドにかけて
絶対ついていってやる!!と思ったです。

今日は復習せずに寝ます。
煮物は冷めていく最中に味がしみるんですが
脳味噌も同様。
一回休めて知識を定着させようという魂胆です。

内容は書きませんよ。うっふっふ〜
算命って何?と思った人は、本を読むなりネットで検索するなりされるか
「算命学飛脚便」を申し込むのがよろしいかと。


--閑話休題--

?今朝、東京に向かう時小学生ダンサーのかりんちゃんと
 車両は違いましたが同じ新幹線でした。
?帝国ホテルのティールームでお茶をいただきました。
 おとなになった気分(年齢は十分大人ですが・・・)
?ティールームで、脳科学者の茂木健一郎さんに遭遇いたしました。

私のミーハー魂も満たされ、満足な一日でありました。

玉紀さんはもちろんですが
今日一日ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

Posted by 八雲あかね at 22:29 | 算命 | - | -

夢は膨らむ
昨日金星が乙女座に移動して、魚座にいる海王星とオポジションです。
夢が膨らむ時ですが、今日に限って言えば
蠍座火星と牡牛座月とでグランドクロスができているので
自分の中で行動と気持ちのバランスを取るのが難しいかも。

さて、私のネイタルのホロスコープで乙女座0度には
天王星が鎮座しており、10ハウスにあたります。


だからなのか、昨日今日
今後の活動計画などについていろいろ話したり共有したりしています。


これから細かいことを詰めていって、順次このブログでも
お知らせしていきますが
この秋から来年にかけて、いくつかの企画が持ち上がっていきます。


土星が蠍座に入る前のこのタイミングで
大事な人と方向性を話し合うことができてよかった。
これまでやってきたことをベースに
ちょっと違う自分も出してゆけそうで、わくわく[emoji:e-420]

Posted by 八雲あかね at 19:30 | 星のこと | - | -

心象
誰もが、ホロスコープという丸い盤と
牡羊から始まって魚で終わる12のサインの性質と
月から冥王星までの10の天体を
等しく自分のなかに持っている。

盤の上のどこにどの天体を配置するのか
天体と天体はどういう関係性を持つのか は
ひとりひとり違う。


ホロスコープの上で、サインや天体やアスペクトを使って
自分の人生を織りあげてゆく
そこにトランジットの要素も加わって
色をたしてゆく。


複雑になれば、時にこんがらがったりもするけど
それさえもアクセントになる
人生っていうのは美しい織物のようなものだ。



昨夜眠る前にこんなイメージが下りてきて
それがあまりにも美しくて
とても幸せな気持ちになった。

Posted by 八雲あかね at 12:01 | 星のこと | - | -

明日は満月
今日、ブログ更新3連発ですよ。
ヒーリング・ハイになってるのか?満月前のアウトプットなのか。

一応星読みのブログなので、満月のことに言及しないわけにはいきませんね。

明日、9月30日(日)12:18に満月です。
派手なチャートです。

ここのところずっと続いていて、この先もまだ続く
山羊座冥王星と牡羊座天王星のスクエア。
今回の満月は、月が天王星と合、太陽はそこにオポジションで
タイトなTスクエアをつくっています。


山羊座冥王星は社会のシステムとか世の中のしくみのようなもの
牡羊座天王星は古い体質や常識を打ち破ろうとするもの
個人ベースでいうと
○○さんの奥さんとか△△ちゃんのお母さんとかのような自分を形作るものに対して
もっと自分らしく生きていきたいという初期衝動のようなもの
というように解釈するとわかりやすいかもしれません。

気分(月)は天王星と合なので
変わりたい!というのが心の奥の本音。
太陽は天秤座にあって、それを見極めようとしている。

土星が蠍座に入る前、本当に大切なものを選び取るための
最後のふるいのような感じがします。

「大切」という言葉は、大きく切ると書きます。
たったひとつを選び取るということは、他のたくさんの物選ばなかったものを
ばっさり切り捨てる、ということ。

ためらいなくYesというために、
選ばなかったものに対して笑顔でNoというために。
自分の中に「揺るぎない何か」を持っている必要がある


何年か前に、友人がブログに書いていた言葉です。

その「何か」が何なのか、そしてそれは揺るぎないものなのかを
明日の満月は問いかけてくるような気がしています。

Posted by 八雲あかね at 19:13 | 星のこと | - | -

算命学飛脚便
『算命学飛脚便』届きました。

b002.jpg

画像は厚手の印画紙にプリントされているし、
命式から読み取る私の性格・算命学についての解説
そしてオリジナルメッセージが1冊のファイルにまとめられていて
想像以上にステキな出来栄えに嬉しい驚きでした。


占いって、人生を支配するものではなくて
ガイドというか道標みたいなものだと思っています。

知らなくても生きてはいける、でも知った方が楽に生きられる。
軽自動車で鉄骨は運べないし、ダンプカーじゃ田んぼのあぜ道は走れない
身の丈に合った、自分の適性を活かせる道を知る道具。
(知った上で違うものを欲しがってあがいて生きるのも自由ですが)


いろんな切り口から自分を知るのは楽しいです。
ホロスコープから読み解いていくのも面白いですが
算命学の潔さも、私は好きです。


我が家は夫や息子のほうがいろいろ面白い命式の持ち主なので
(私のは、強いけどわりと単純明快です。)
またお願いしようと思っています。

Posted by 八雲あかね at 17:10 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile