アストロダイス
最初にお知らせです。

6月14日に予定している新月読み講座ですが、
都合により時間と場所が変更になりましたのでお知らせします。

【変更前】
10:00〜12:00 西尾市(リファインストーンさんサロン)
   
  ↓

【変更後】
12:15〜14:00 蒲郡市


時間的に、お昼御飯を食べながらの開催になりますので
人数把握のため、参加される方はご一報ください。
場所の詳細はお申し込み後、直接お知らせします。



-------------------------------------------------------------

最近アストロダイスがまた面白いです。

おみくじのように、尋ねたいことを心に思い浮かべて
出た目を読みます。

この前、「9月のイベント成功のために必要なことは?」
という質問でやってみたところ、
牡牛座 土星 4ハウス という目が出ました。

確実に、責任をもって取り組むこと。五感を活かすこと。
そして自分たちの土台(コンセプト)をしっかり持つこと。

といった感じです。


なかなか侮れません。


もちろん、ただ振って出た目をひたすら読むことも
占星術のスキルアップにはとても有効だと思いますよ。

Posted by 八雲あかね at 18:33 | 星のこと | - | -

講座の楽しさ
今日は豊橋で講座でした。

以前習われていたことがあるとのことでしたので
アスペクト(天体同士が作る角度・関係性)のところから始めました。

テキストを一通り説明しながら、それぞれのホロスコープを見て
「あなたは、ここがこうなっているから、こういう癖が出やすい」とか
「ここがこうだから、こういう適性があるよ」とか解説します。
テキスト(知識)と自分のホロスコープ(実感)とが合わさると
なるほど!と納得しやすいと思います。

特に今回は、基礎的な知識をすでにお持ちなので
ホロスコープの解読のほうに重点をおけますし
より理解が深まるような気がします。

講座の合間にお話を伺ったら
同じ人に鑑定してもらった経験があったり
共通の人を知っていることがわかったり。

占星術だけにとどまらず、海王星領域(いわゆる霊感)の
使い方などのお話しもできて、私もすごく勉強になります。

講座はやっぱり楽しいです。



最近どこかのブログで読んだのですが
プロっていうのは、自分がどれくらいできるかじゃなく
どれだけ相手(お客様や受講生)の望むものを提供できるか

という言葉がすごく心に残っています。

最初講座を始めた頃は、自分の中で「講座とはこういうもの」
「講師ならこうあるべき」という固定観念が強かったのですね。
(3ハウス山羊座土星持ちですし)

でも回を重ねるごとに、相手に合わせて柔軟にスタイルを変えるやり方も
有りなんだ、という意識に変わってきています。

今の私が最高最善に提供できる知識や、等身大の目線や解釈
そういったものを評価していただけるのなら
自分自身がそれをちゃんと受け取らないとだめですね。
(もちろんスキルアップの努力を続けるのは大事ですが)

Posted by 八雲あかね at 22:41 | 星のこと | - | -

占星術用語
ブログの記事にホロスコープのことを書く時
どうしても占星術用語を使うことがあります。

なるべくわかりやすい説明を心がけますが
用語の説明がメインになると、書きたいことが伝わりにくくなることがあります。

そんなときは伝えたいこと優先で記事をかきますので
不明な用語など、ここで知っていただければ幸いです。

それでもわからない、もっと詳しく知りたい!という方は
ぜひ、個人鑑定か講座を受けてみてくださいね。



【天体・感受点】
ホロスコープで使う星や、ポイントのこと

月  : 無意識の自分、安心安全のありか、感情。自分自身、母親、妻、女性
水星 : 知性、話し方・考え方、自己表現
金星 : 愛情、楽しむこと、金銭感覚、若い女性
太陽 : 生きる目的や意志。自分自身、目上の人、父親
火星 : やる気や情熱のありか、攻撃性
木星 : 受容と拡大。善意。幸運
土星 : 制限、ルール、抑圧、節制
天王星: 既成概念を破る、境界を超える、自由
海王星: 目に見えないもの、夢や理想、幻
冥王星: 破壊と再生、強いこだわり
Asc(アセンダント):生まれた瞬間の東の地平線の位置
MC(エムシー):社会的な最終目標

【サイン】
黄道12宮、一般的に星占いで使う○○座のこと。
実際の星座とは位置が異なるので占星術ではサインと呼ぶ
性質をあらわす

牡羊: 突発的、直感的、勢いがある、単純、純粋、行き当たりばったり
牡牛: 勤勉、安定、継続、マイペース、五感能力、頑固、所有欲
双子: コミュニケーション、フットワーク、好奇心、機敏、移り気
蟹 : 家庭的、感情的共感、模倣力、攻撃と防御
獅子: 創造的、個性的、自己主張
乙女: 自制心、几帳面、冷静、分析力、完璧主義、大枠が見えにくい
天秤: 洗練、上品、公平、バランス、他者との協調、優柔不断
蠍 : 深くかかわる、徹底的、ひとつのことに打ち込む、変容、独占欲、嫉妬
射手: 楽観的、哲学的、寛容、向上心、細かいことは苦手、無責任
山羊: 集団性、現実的、合理的、計画性、悲観的、用心深い
水瓶: 個性的、先進的、進歩的、博愛主義、突飛、無秩序
魚 : 感受性、情緒豊か、繊細、ロマンチック、つかみどころがない、曖昧

【ハウス】
天体が象徴するものや、サインの性質を発揮する現場

1: ありのままの自分、生まれ持った個性
2: 持って生まれた才能、自分で稼ぐ能力
3: コミュニケーションや話し方考え方の癖、近場の移動
4: 自分の居場所、テリトリー
5: 趣味や子育て・恋愛など、自分自身が楽しみ、わくわくすること
6: 働き方のスタイル、健康管理
7: 対人関係、結婚相手
8: 結婚生活や、所属する組織。他者から得られるもの
9: 精神性を高める勉強、外国
10: 社会的なキャリアや肩書
11: 共通の目的やビジョンを持った仲間との活動
12: 見えないもの。潜在意識や秘密にしておきたいこと

【アスペクト】
天体と天体をむすぶ角度のこと

コンジャクション(0度)・・・強く作用するが無自覚
オポジション(180度)・・・常に意識し合う関係、ライバル
トライン(120度)・・・平和で穏やかな関係性、発展と幸運
スクエア(90度)・・・異なる価値観の間での矛盾や葛藤、のりこえると大きな力になる
セクスタイル(60度)・・・応用力、生産的な効果
インコンジャクト(150度)・・・見えているのによくわからない関係、理解するのに努力がいる

Posted by 八雲あかね at 22:09 | -占星術用語 | - | -

感度
最近、会う人・話す人がそのまま自分の先生だと感じることが
多くなりました。

鏡の法則っていうのがありますが、本当に自分の目に映る現実は
自分の内面をそのまま映していると思います。

何が、というのをひとつひとつ列挙するのは難しいのですが
自分の立ち位置
仕事に対する想い
ホロスコープって面白い!という衝動に近い感覚
家族との関係
そんなこんなに関して、日々たくさんの気づきがあります。

気づきというのはたぶん、いつも私の回りにあるものなのですが
私自身がそれを感知できるかどうか。
自分が怠慢になっているときはアンテナの感度が鈍るし
逆に感度が増せば、それだけたくさんのメッセージを受け取れると
いうことなのだと思います。

相手や環境でなく、自分自身の問題ですね。


さて、明日は豊橋で講座です。
先日の豊橋穂の国百貨店でのイベントの際に来てくださったお客様から
リクエストをいただきました。

講座としては、西尾・蒲郡に続いてこれが3期目になります。

毎回テーマというか、カラーがあって
西尾では「楽しむ」というのがテーマでしたし
蒲郡では「知識」ということを意識した講座でした。
明日受講して下さる皆さんは、一度占星術を習われたことがあるそうで
その分緊張もしますが、楽しみでもあります。

受けてくださる方が「楽しい!」「面白い!」って思って下さることが
嬉しいですし、一方通行でなく一緒に作り上げていくことを
大事にしたいと思っています。

Posted by 八雲あかね at 17:33 | 星のこと | - | -

日常生活は月の性格がでます
我が家は家族4人のうち3人が太陽山羊という構成なのですが
月はバラバラです(当たり前ですね)


私は月獅子、夫は月乙女、息子は月魚。


山羊サインというのは一般的に、ちゃんとしてる・しっかりしてると
見られがちなサインで、私も外ではたぶん
きちんとして見えるのだろうと思います。

山羊が3人もいたら、どんだけ堅苦しい家かと思われるかもしれませんが
家での日常生活で顔を出すのは太陽ではなく月なのです。


私は月獅子なので、細かいことは気にしない・なるようになるさ的な
どっちかというと行き当たりばったりなのですが
夫は月乙女なので、細かいことによく気がつきます。

最近、さすがに月が乙女ってすごい!って感心した事があります。
日用品など、私は無くなってから買えばいいやと思うたちなので
ほとんど買い置きとかしないのですが、
いよいよ無くなるよ、というタイミングで夫が買ってくるのですよ。
トイレットペーパーもティッシュもシャンプーも、
全部夫が買ってきます。


昨日の夜は、炒め物に使うサラダ油がなくなったので買わなくちゃと
思っていたのですが、今日、さて夕飯を作るかという時に
そういえば油を買ってくるの忘れたーと気づいてふと見ると
ちゃんと買ってありました。
すごいなー。
(というか、もうちょっとしっかりしようね自分)


まだ占星術のお勉強をしていないころ、
私は血液型がAなのに大雑把で、夫はOなのに神経質なのって
なんでかなー?って不思議でしたけど
月の資質の差っていうことがわかるようになって納得です。


皆さんもぜひ、ご自分の月やご家族の月を知っておくといいですよ。

Posted by 八雲あかね at 23:31 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile