剋すか剋されるか

こんにちは、八雲あかねです。

 

 

自分の命式の中に相剋(互いに噛み合わない、相反する要素)を持っていると

矛盾や葛藤を抱えることが多い、といいますが

『自分の中心星がまわりから剋される』のと

『自分の中心星がまわりを剋す』のとでは

在り様が全然違います。

 

理屈としては知っていて、わかっているつもりではいたけれど

実際に体感で納得するというのは、まったく別物です。

 

剋されるタイプの人は自罰傾向が

剋すタイプの人は他罰傾向があるように感じます。

 

一概にどっちが正しいっていう話ではないですけれども。

でも自分の命式の中に相剋があったら

その矛盾や葛藤をどうやって解消するか、向き合ってみた方がいいです。

西洋でもそうだけれど、ハードなアスペクトを持っていて

それに向きあえば、自分が問題や欠点だと思っていたことが

魅力や長所として使えるようになるのです。

 

 

最近同じようなパターンの人にお目にかかる機会が多いので

自分も向き合ったほうがいいテーマなのかな、という気はしています。

 

Posted by 八雲あかね at 22:00 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile