明日はヒノキになろう
こんにちは、八雲あかねです。

今日は先月に引き続き、東京で開催された『車騎星・牽牛星の会』に参加してきました。
私は東(社会の位置)に車騎がありますので、普段私がお茶会や鑑定の場面で見せる
あかね節【毒舌ぶっこんで「ばっかじゃないの」とか言っちゃう感じ】が
それに該当するんじゃないかと思います。

実はこの会に参加したのは、自分が持っていない牽牛についてもっと知りたかったから。
そして今日は牽牛星×3で全中殺の方がゲストで来られると聞いたから。

うちの夫は中心星が牽牛なんですが、家ではそれを出しません。
私とは別の土俵で勝負しているからなのか、私に降伏しているせいなのかは不明です(笑)
しばらく前、ツイッター上で金性(車騎や牽牛)あるあるが展開されており
あーそういう感じか、となんとなく理解できた部分もありますが
やっぱりリアルに会って話を聞くことで得られる情報量って侮れませんからね。
超楽しみにしていました。

牽牛星は、真面目で努力家です。昨日よりも今日、今日よりも明日
自分が成長していくことが喜びです。まるであすなろの木のように。
毎日ちょっとずつ背伸びをして、できないことができる喜びを追いかける。
そして牽牛はまた、集団の中でその良さを発揮していきます。
序列に従い義を尊び、【道】とつくものがふさわしい。
剣道然り弓道然り華道然り。
型が決まっていているもの、様式美を重んじるもの。
期待に応えるのは当たり前、なので仕事ができます。

それが自分に向いているうちはたぶん平和ですが、まわりにもそれを要求したら?
もっと頑張るべき、努力するべき、できないことを恥じるべき。
ちょっとイタイ人になっちゃいますね。
相手も傷つけるけど自分も傷つくし。

今日のゲストさんを見ていて、陽転ってなんだろうってずっと考えていました。
どんな星を持っているかにかかわらず、
陽転っていうのは諦めを知っていることなんじゃなかろうか。

例えば私は中心星が貫索ですが、独立独歩自分の意思や自分のペースを貫こうと思ったら
それが他者の共感を得られないかもしれないということは覚悟しないといけない。
ありのままに生きて、周りにもそれを認めて受け入れるべきと主張するのは傲慢です。

自分の命式の通りに生きるしかないと受け入れる、諦める
持っていないものを欲しがっても仕方ないのだと諦める
そういう覚悟や謙虚さを持っているのが陽転っていうことなのかなって気がしました。

だから今日のゲストさんは本当にストイックで向上心が強い方だけれど
みんながみんな自分と同じではないということを知っていて
むやみやたらと自分の価値観を押し付けない。
ただいつでも刀は抜けるように、手入れは怠りませんよ的な
内に秘めた強さというか潔さをお持ちなのだな、と思います。

今日は牽牛星の陽転例を見せていただいたので牽牛メインのお話でしたが、
いつかまた車騎星の陽転例も体験してきたいと野望を膨らませています。

また、玉紀さんのブログでレポが報告されることと思います。
他の星からみた牽牛星の印象とかも含めて
ただ本を読むよりもうんと身近で濃厚な体感として
その星が持つ世界に触れられるのではないかなと思うので
そちらもお楽しみに!

Posted by 八雲あかね at 23:17 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile