緊張しているときは緊張を自覚できない

書きたいことはいろいろストックしてあるのですが

今日は占いと全然関係ない話です。

 

4月に夫が心筋梗塞になりました。

もう退院もして、5月には仕事にも復帰していますが

昨日は1ヶ月ぶりの通院日だったので一緒に行ってきました。

 

待ち時間に一休み。

 

 

順調に回復しているそうで、次の通院は2ヶ月ちょっと先でいいそうです。

この先も薬は飲み続けないといけないし、通院も続けないといけないけど

なんとなくほっとしました。

 

表面上普通の生活ができるようになったといっても

実はとても気を張って生活していました。

というのも、病気前に比べて明らかに夫は体調変化しやすくなったんです。

 

疲れやすいとか、体温のコントロールがうまくいかないなど。

(窓を開けて風が入ってくると寒い寒い言って長袖の上着を羽織るとか)

あと、食事は基本的に減塩なんですが

私がストイックにやりすぎたところ、ナトリウム不足で具合が悪くなったり。

(塩分を減らしたのに、暑くなって汗をかくようになったからと思われる)

リトマス試験紙みたいにすぐに何らかの反応があるので

私のさじ加減一つが夫の体調にすごく影響を及ぼしているというのがとても怖い。

 

そんなわけで夜中、夫があまりにもぐっすり寝ていて動かない時は

息をしているかどうか胸やお腹のあたりをじっと観察してしまうこともあります。

本人が一番不安や心配を抱えているんだろうけれど

そばにいる私も結構神経を張り詰めていたのだなと思います。

意識してなかったけど、少し安心できるようになって初めて自覚できた。

 

次の通院日は9/29。

この日は奇しくも土星が順行に戻る日なんですよね。

なんとか大事なくこの日を迎えられたら、本当にもう大丈夫なんだと実感できそうです。

何回も書いてるけど、我が家は山羊座集団なので

土星の逆行は、ダイレクトに生活や生き方の見直しとして反映されている気がします。

 

Posted by 八雲あかね at 12:18 | 2度目のサタリタ案件 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile