出来事は捉え方次第

この前の双子新月、キーワードは「コミュニケーション」でしたが

それにまつわる事件が勃発していました。

(正確に言うと私は当事者ではないけど)

 

きっかけは小さな行き違いが、結果大きな出来事になったんですけど

興味深いと思うのは、

双子月の人には、新しい視点に切り替わるきっかけとして

魚月の人には、突発的な事件による深い悲しみとして

同じ一つの出来事が全く違う現象として現れるということ。

 

****

 

2020年はちょっと大変そうだよ とか

パートナーシップを見直すタイミングだよ とか

大きく価値観が変わるようなことがあるよ とか

そういうことを予測することはできても

【どのような形で】というのはムズカシイ

それは、その人にとって最適な形でやってくるもので

たくさんの人に共通して当てはまるようなことではないしね。

 

占いを当てものと思っていると↑こういうところは物足りないかも。

でも当てものではないからね。

 

****

 

あとやっぱりしみじみ感じることは

どんな出来事があっても

 

どうしてそういうことが起きたのか、ここからの気づきは何か?と考えるか

嫌なことが外からやってきて巻き込まれた(自分は被害者)と捉えるかで

受け取るものはぜんぜん違う、っていうこと。

 

何にせよ、当事者意識って大事。

 

Posted by 八雲あかね at 15:07 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile