自分にとっての正しさが「正解」とは限らない

今日は「山羊木星お茶会」でした。

 

参加してくださった4名のうち3名は山羊座に何かしらの天体をお持ちで

山羊に天体の無いおひとりは、牡羊と天秤に天体があって

不本意な形で人生の方向転換をせざるを得なかった、という

テキスト通りの現象をご経験されたそうで

おかげで、説明のバリエーションが増えました。

 

単純に出来事の解説を聞くだけより、体験に基づいた実例を聞いた方が

腑に落ちやすいですもんね!

 

 

さて。山羊木星の恩恵を受ける前に、

山羊冥王星と山羊土星でなにかを再構築している必要があるよ、という話をしていて

2ハウス山羊座初期度数に火星太陽水星がある私は2011年に

会社員から自営業にかわった(給料を受け取る→自分で稼ぐへの変化)

で、山羊座の終わり度数、3ハウスの初めに土星があって現在ここの書き換え真っ最中です。

 

土星というのはその人が持っているルールや譲れない理念、みたいなものです。

縛っている枠といってもいい。

でもそれが枠だということに気が付いてないことも多い。

 

最近、自分の枠を揺さぶられたことで意識し、書き換えをはかったことがあります。

 

先日FBの方に投稿したのですが

なにかの企画やイベントの告知をしたときに

「行きたいけどその日は都合が悪くて行けません」というコメントをされる方が

一定数いらっしゃるじゃないですか。

私は、それがどうしてもわからなかったんですね。

 

山羊子的には、

来てくれる人に対して時間やエネルギーを使いたいので

行けません、という人に返信の手間をかけるという概念がないのです。

(土星座、特に山羊は相手のために時間やエネルギーを使うのが愛情や尊重のかたちです)

 

でね、これまでだったら??と思いながらも

わかったふり、そつのないふりをして社交辞令で返すか

「そういうコメントは不要です」と大上段からばっさり切り捨てていた。

 

今回は、わかったふりをするのも、自分が思う正しさをふりかざすのもやめて

違うアプローチをしてみないといけないような気がして

【教えてください】と書いたんです。

なにかができない・わからない、っていうのも山羊子的にはものすごく怖いことなので

これまではそういう面を極力出さないようにしてきたのに。

 

わかる〜と共感してくれた人

要りませんっていえばいいと言ってくれた人

応援のつもりで書いてるよと教えてくれた人

いろいろでした。

ああ、正解は無いのね。と思いました。

 

コメントなどの反応は、たぶん私にとって「コマンド(=指令)」なんでしょうね。

やって欲しいことがあるから書いたのだろう、では何をしたらいいの?

そういう思考回路。

だから別に何もしてくれなくてもいいけど書く、という感覚がわからなかった。

 

そういえば昔、電話がかかってくると開口一番「何(の用事)だった?」と

聞くのが癖だった時期があります。

電話は用があるからかけるものと思ってたし

私は相手の手を止めるのが申し訳ないから、電話よりメール派だから。

友人に「何?っていうのやめて」と言われてその口癖に気が付きました。

用がなかったら電話しないでって言われてるみたいでいやだ、そう言われて

世の中には用がなくても電話したい人がいるんだ、とびっくりした覚えがあります。

 

 

今回のことも、私が思う普通はこうだという考えは

全員共通の普遍的なものではない、ということがよく理解できた。

頭では分かった気でいたけど、どこかで

でも普通は○○でしょう?と決めつけていた部分があったことも。

そして求める反応も一つじゃないということがよくわかった。

だから、

コメントを書きたいから書いてくれたんだね、ありがとう。

と受け止めるのが私にとっての解なのだと思います。

 

 

山羊土星、こんな形で意識の変革をさせてくるとは。

でも、変えるべきところを変えて再構築した方が木星の恩恵を受けるので

結果オーライです。

 

Posted by 八雲あかね at 17:27 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile