結局人生はやるかやらないか

先週末台湾に行ってきました。

(あ、でも書くのは旅行記じゃないです)

 

私は年に何回か「あ〜また台湾に行きたいわん」という程度には台湾が好きですが

だいたい年に1回、夫と一緒に、というのがパターンでした。

今年の9月か10月か、また行きたい欲が高まってきた時期がありました。

これをやりたいという明確な目的もあった。

 

だけど、

今年は5月にも行ってるしなー とか

1人で行くなんて(家族に)悪いなー とか

こんな遊びにお金使うほど稼いでもないしな とか

罪悪感なのか、思考なのかわからないけど、ぐるぐるしてました。

 

そんなとき、FBを見ていたら

以前長野県の飯田市で陽転お茶会を主催してくださった方が

この秋から日本語教師として台湾に移住する、という投稿をされていたんです。

それを読んで、ハリセンで頭をパコーーーーンとはたかれたような感覚になったんです。

 

自分の中から湧いてくる衝動や欲求を自分自身で止めてどうする、と。

「やりたいなー」じゃなくて「やる」だろ。

「行きたい」じゃなくて「行く」だろ。

 

そこからすぐ日にちを決めてチケットも取って

予定が決まってからメールをしました。

「今度台湾に行くので、お時間があったらお会いしたいです」と。

 

お茶会の時にお目にかかった以来で、会うのは今度が2回目。

そんなに親密にしていたわけでもないのにご迷惑かもと思ったけど

この人に会って話を聞きたいし、背中を押してもらったお礼を言いたい。

そう思って。

 

台北にはお洒落なカフェが多い。

 

彼女の話はとても面白かった。

 

日本語教師は学生時代からやってみたかったこと

当時はそういう職も少なくいったんは諦めたけど

子育てそのほかいろいろ手が離れたのをきっかけにまた再燃したこと

実は中国語は日本語教師になると決まってから独学で学んだこと

 

へーそうなんですか!と目から何枚もウロコが落ちるような感じ。

 

実は彼女も山羊子さん。

やりたいなと思い始めた頃から、いろんな人や占いなどで

大きく人生が転換する時期だ、と聞いたことも後押しになったのだとか。

 

やりたいと思っていることがあったとして

なにもかもをきちんと整えてからでは間に合わない。

未熟だけれど飛び込んで、なんとかやっていく

というバイタリティを発揮できるのは50代はギリギリかもしれない。

そんな風に考えて決意されたんですって。

 

山羊子は大きく人生が転換する(したほうがいい)けれど

どちらかというと自分の中から、このままじゃだめだという衝動が湧いてくるので

影響の大きさの割に痛みは少ない気がします。

実は冥王星は山羊座だけに影響を与えるわけじゃなくて

対向する蟹座や、90度の角度になる牡羊座・天秤座にも影響はあるし

むしろ自分の意思じゃない不本意な形できたりするんだ、という話をしたら

彼女のご主人は蟹座で、実はご主人自身の方が海外移住に関心がある方なのだとか。

それが、奥さんの移住という形で生活の変化を余儀なくされたそうです。

 

星のまんまじゃん!

 

 

星は、私たちの人生を支配しているわけじゃありません。

でも出来事を振り返ってみたら、星の配置と現実とがシンクロしていることは多いし

逆にやりたいことがあるときにこういうタイミングのときを選べばいいのだという

指標になることもある。

 

なにかを始める時

それまでに持っていたものをいったん手放す怖さもある

ちゃんとやれるのかという不安もある。

それでも心の望んでいることを無視しないで飛び込む勇気や

まず動くことの大事さ。

 

わかっているつもりでいてもついつい守りに入っていいました。

サタリタの壁を越えていくのに必要なことはこれだったんだなと

大きな刺激と勇気を、彼女は見せてくれたように思います。

 

お仕事に行く前の1時間ちょっとという短い時間でしたが

時間を取ってもらえたことに感謝です。

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:48 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile