自分を生きる

友人に誘ってもらって『波動カラー』というのを受けました。

 

似合う色を見つけるパーソナルカラーとはちょっと違ってて

わかりやすく言うと、自分の細胞に一番しっくりくる色を見つける 

小難しく言うと、潜在意識の中に組み込まれている

自分の資質や才能の元となるものを色で可視化する もので

その色を身に着けていたり身近に置いたりすると

自分がとても自然な状態で本来の力を発揮できる

 

たとえば算命の中心星が○星だから、こういう性格が出る

生まれたときの星座が○座だから、こういう行動パターンをとる

それを色でグループ化し、それぞれのグループに姫の名前をつけてあるものです。

 

面白いのは、自分にはどの色が合うか(何姫のグループか)は

自分が見て顕在意識で判断するんじゃなくて

目をつぶった状態でOリングテストをして判断するところ。

合わない色のものを持った状態だと、

頑張っていても本当にあっけなく指が外れてしまうのに

合った色を乗せた状態だと、全然力んでないのに指が外れない。

 

波動カラーがどんなものかは、私がだらだら説明するより

受けてみた方が早いです、絶対。⇒ 波動カラー レプラさんのブログ

 

 

昨日は8人で一緒に受けて、自分以外の人のタイプやその説明も一緒に

聞いているのですが

言い方は悪いですが、観察しているのがとても興味深かったです。

 

あなたは○姫、合う色はこういうのだよと説明されて

こういう色好きなのでしっくりきます、という人。

前に違うところで似合うと言われたのと違うのでちょっと戸惑うけど

これから少しずつ取り入れていこうと思います、という人。

説明を聞いても、ん〜と首をかしげている人

好きな色が全然入ってないんだけどどうしたらいいの?っていう人

違う人の色やタイプを「いいなぁ」と羨ましがる人。

反応がみんな違って面白い。

 

すぐに納得できない、この色は合わない。そういう人はたいてい

「本来の自分」と、「こうあるべき理想の自分」とが

ちょっと違っているんでしょうね。

西洋占星術でいう素の自分(月)とこう在りたい自分(太陽)のギャップみたいな。

(太陽と月の場合はどちらも自分だけどね)

 

他の人が羨ましくなっちゃう人は、大前提として自分が持っているものを認めてない

でもさー、どんなに羨ましくても他人の物は自分の物にならないし

もし手に入れたとしても、今度はまた別の「持っていないもの」に目が向いて

いいなぁ、と思う。というのを続けるだけなんだよ。

 

占いでもそうだけど、まずいちばん大事なのは

「これが自分」って認めることだよ。OKを出すでも諦めるでもいいけど

私はこういう要素を持った人間なんだな、と受け入れること

そして自分が持っている要素をいかに活かして生きるかを考えること。

 

陽転お茶会でも言うけど、自分が持っているものを活かすのが陽転

私の持ってるものなんてどうせ、、あの人の持ってるものがいいなぁって

拗らせちゃうのが陰転。

どっちを選ぶかは自由だけどね。やっぱり陽転して生きていきたい。

結局それが、潜在意識が望んでいる生き方に繋がるんだと思う。

 

***

 

ちなみに私は、シルバーのグループで

姫タイプは「ジャスミン」でした。

 

普段家計を管理している財布は、自分に合っているものだったので

仕事用に使う財布と、スマホのケースも自分に合う色の物にしようと思って。

 

 

キラキラシルバーの財布

 

 

ジャスミンの色見本そのままのスマホカバー

 

早く届かないかな〜楽しみ。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:20 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile