身強と身弱の話〜その3十二大従星の出しかた

こちらもあわせて読んでね!

 

身強と身弱の話〜その1基本

身強と身弱の話〜その2適した生き方

 

***

人生の年代によって使いこなすエネルギーの大きさ(乗る車の大きさ)が

なぜ違うのか、というのは

十二大従星(天○星)を算出する仕組みをしるとわかります。

 

命式のなかで一番重要なのは、日干(生まれた日の天干)で

すべてはこの日干を基本として算出されます。

 

十二大従星は、この日干と地支の組み合わせでできています。

日干×年支→幼年期

日干×月支→中年期

日干×日支→老年期

 

これが人体星図のこの部分に当てはめられます。

 

例えばこの命式だと

日干は庚です。

庚×亥→天胡

庚×酉→天将

庚×申→天禄 となります。

 

年柱が表すのは、先祖や親がくれたものや環境

月柱が表すのは、自分が(自分の力を使って)生きていく環境

日柱が表すのは、もともとの資質

 

この人のケースを車のストーリーに置き換えてみると

 

親は普通のサラリーマンだったので、家には普通のファミリーカーが1台ありました。

お母さんが買い物に行くときや自分が遊びに行くときは自転車に乗ってました。

 ↓

大人になって自分がで会社を興しました。軌道に乗るまでは苦労しましたが

ありがたいことにうまくいったので、ずっと憧れてたハマーに乗りました。

高速とか走っても煽られたりしなくて気分いいですが

狭い道や駐車場にはちょっと不便がありました。あと燃費も悪いしね。

 ↓

いまは年を取って落ち着いたので、今度乗る車は

環境問題を考えてプリウスにするか、孫とドライブしたいので安全第一でボルボにするか

迷っているところです

 

こんな感じ。

自分でイメージしやすいものに置き換えて考えても面白いと思います。

 

では、変動の大きいケースだとどんな感じか。

次に続きます。

身強と身弱の話〜まとめ

Posted by 八雲あかね at 11:56 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile