強い人が陥りがちなこと

世の中には身強のように星が強い人っていますよね。

 

教科書には、

エネルギーが強いので、自分だけのために使うと持てあますから

世のため人のために使うといい。

人が嫌がるような役目などを請け負うといい。

なんてことが書いてあります。

 

頼られると悪い気はしないし

正直、任せるより自分がやった方が早くて確実だし間違いない。

 

実はここに大きな落とし穴があるんです。

 

自分がやった方が早いから、と何でも抱えていると

抱えられるうちはいいんだけど

そのうち手に余る時が来るわけです。

 

その時になって、「なんで私ばっかり!!(怒)」と爆発しても

誰も理解してくれない。

 

たまにはそっちがやってよ!と投げたところで

今までやってない人にできないこともある。

 

例えば、旦那さんやお子さんに対して

「もー!しょうがないなー」と文句を言いながら

何でもやってあげていたら

いざ、自分ができなくなってお願いしても

やったことないし、わからない、できないってなる。みたいなこと。

 

人にやってもらうのは満足できない、っていうのは相手を信じてないし

自分がやった方が早いから、と何でもやるのは

相手の経験と学びの機会を奪っていることになる。

 

星が強い人に限らず、禄存や司禄が強い人もそうかもしれません。

やってあげることだけが愛情じゃない。

 

もっと言えば、相手にしたって

今まで全部やってもらったことを今更やれと言われても面倒なわけで

楽な立場(弱くて、できなくて、守ってもらうポジション)を

そうそう簡単に手放したくはないわけで。

 

できなーい。というよね、そりゃ。

 

その時に、グッと我慢できるかどうかが分かれ道じゃないでしょうか。

手を出さないでいられるか。しょうがないなーとほだされないでいられるか。

(これができないなら、一生「はい、喜んで!」って世話をすると覚悟するしかない)

根比べ、ですね。

 

 

ソラリタを受けてくださったお客様と↑のような話になって

「ここは心を鬼にして」「この先の人生を考えて生き方を見直す時だし」

何て言いながら、わが身にもその覚えがある。ひしひしと。

(旅行行ってケンカになるのはだいたいそういうパターンだもん)

 

塩梅がむずかしいところですよね。

 

***

 

このごろずっと身強と身弱のことを考えています。

強いって何だろう。弱いってどういうことだろう。

実は「弱い」側の人がイニシアチブを取ってることもあるし、

強い人の中にある弱さ、弱い人の中にある強さみたいなことも。

考え出すとキリがない。それが面白くもあるのですが。

また改めて記事にするか、いっそ講座仕立てにするか。

 

Posted by 八雲あかね at 18:03 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile