更年期うつ

2度目のサタリタは、だいたい56〜58歳くらいの時期にやってきますが

女性の場合、その前後の時期に更年期を迎える人が多いのではないでしょうか。

 

更年期の詳しい説明はこちら→

 

ていうか、もうそろそろサタリタだから何かあるかも、っていう人より

なんとなくモヤモヤしてすっきりしないのは更年期のせい、と考える人の方が

圧倒的多数だと思いますが。

 

私が、いわゆる更年期の不定愁訴を自覚したのは去年の夏です。

 

なんとなくやる気が出なくて、だるいし疲れが取れないし

どちらかというとネガティブな方に気持ちが向く。

 

7月に、オフィスのオープン1周年記念があっていろいろイベントを企画したんですが

実はあの時内心はとてもしんどかったです。。

自分の内側からやりたい!という情熱が湧いていたというより

やろうよと言ってくれる人がいて、楽しみにしてくれてる人がいるから

頑張ってやらなくては、と思っていました。

完全に自分のからだの声を無視して、頭考えたこと優位で動いてた。

頑張らなくちゃダメ、ちゃんとしなくちゃダメ、できないって言っちゃダメ。

 

で、イベントが一通り終わって一息ついた後に眠れなくなりました。

 

もともと丈夫で寝込むこともほとんどなく、

食べられない・眠れない、とは無縁で生きてきましたから。

(インフルエンザのときでさえちゃんと食べられるし、熱は1日で下がる)

食欲がなくなるほうならまだしも、夜眠れないのは

寝不足で頭がぼーっとする以上に、

このまま眠れなかったらどうなっちゃうんだろう?という恐怖心のほうが強かった。

 

「元気さ」にゲージがあるとしたら相対的に見れば、

普通の人の普通の状態よりまだ元気メモリは上なのかもしれなくても

絶対的(自分の感覚)にみれば、もうものすごく落ちている感じ。。。

身体も丈夫な上に身強でもあるので、強いけどがさつであったので

普通の人はこういうしんどさを抱えているんだな、ということを

ぼんやり考えていた記憶があります。

 

結局、市販の睡眠導入薬を服用して

これがダメだったら医者に行こうと決めたら

安心したのか、普通に眠れるようになりました。

今は特に問題なく過ごせています。

 

サタリタも、更年期も、あと算命の中年期から老年期の切り替わりも

だいたい同じような時期に集中してやってくる。

60年くらい前の平均寿命はちょうど60歳くらいだったわけで

寿命が延びた現在でも、やっぱりこの大きな転換期をどう乗り越えるかは

とても大事なことなんだな、と改めて思います。

若い頃と同じように!と無理をするとガクンとダメージがくるから

50代後半になったら、これまでと同じにはできないという理解と自覚をもって

ちょっとシフトダウンしてみることが必要です。

 

 

ただ、個人的に、「閉経後のおばちゃんはいろんな面で無敵」だと感じているので

移行期だから注意が必要で、ちょっとしんどいだけ、だと思ってますけどね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:35 | 2度目のサタリタ案件 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile