吉方位で手相を見てもらうの巻

先日、手相をみてもらってきました。

 

面白い人がいる、というのを何回か耳にしていて

その日の朝、今日は吉日だけどどこに行こうかな?と考えていたら

自分が行こうと思っていた方面にその占い師さんがいる!と気が付いて

今日の今日で大丈夫かと早速調べたら予約も取れて。

 

手相だけでなく運命数(誕生数秘)とか、命式からみる占術とかも

織り交ぜながら鑑定してもらえます。

 

生命線がとても長くて、親指の付け根の方にまで伸びているから

基本とても丈夫で長生きすると思うけど、更年期のあたりから少し破線が出ているので

健康を過信しすぎないことと、体力作りをするといいこと。

 

私はとにかく、誰かの下でとか命令されて動くとか

そういうのは無理で、自分のやりたいようにしかできないし

どんなことがあっても「なんとかなる」と乗り越えられる

だから自分の方向性を定めるのがすごく大事。

 

手相にはいろいろ流派や見方がありますが

その方の見方は、利き手が自分を表し、利き手でない方はサポート

という解釈をされるそうです。

 

私の手相、左手はすごく立派ですが、右手はちょっと薄い。

左手の線が表すような人生をつくると自分が決めて、方向性が定まれば

右手の線はみるみる変わるよ、といわれました。

 

ここから先の運気は、今年がよくて来年は小休止。

2023年がものすごく良いので、何かやりたいことがあるなら

今年のうちに決めて、来年はそのための準備や勉強に充てるといいみたい。

 

盛り盛りの楽しい占いでした。

 

 

帰り道、

 

ランチを食べながら聞いたことをおさらいしてみた。

2023年。

占いによって時期が少しずつ違うんですが、

62歳〜64歳くらいは大きな節目がやってきます。

 

算命では、司禄星大運から禄存星大運に切り替わる頃で

インド占星術でも、それくらいのときに「還暦フィーバーが来るよ」と言われていたし

そのとき、思う存分動けるように体力作っておきなさいとも言われてた。

 

来年のサタリタに向けて、今絶賛自分の棚卸をしている最中ですが

この2つが、今年後半取り組むテーマです。

★今年の誕生日までには方向性を固めること。

★あと体力作りのための運動を何か始める

↑これは秋になってから。今始めると死んじゃう。。(笑)

Posted by 八雲あかね at 10:51 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile