自分に価値をつける時代

昨日、髪を切りに行ってきました。

私が通っている美容院は、いろんな人の社交場のようになっていて

美容以外の用件でも常に誰かがいる。

 

昨日も「あかねさんが来るなら顔見てから帰ろう」と

お茶を飲みながら待っててくれる人がいたり

なにかの荷物を受け取りがてら訪ねてきた人と話が弾んだり。

水星逆行ぽく、お久しぶりの人にも会えました。

 

その場で会う人、そのとき話題になることは、いつも何かしら共通点があります。

今日は『自分を出していく』というのがテーマだったような気がします。

 

物を買うとき、何に価値を求めるかは人それぞれです。

安いのがいいという人もいるし、品質だという人もいる。

そんななか、誰から買うかというのがこの先の時代大きなファクターになると予想されます。

 

独自の物を出しているかどうかってだけじゃなくて

同じものを同じ値段で買うんだったら、この人からがいい

そんな風に思ってもらえるかどうかが大事なんじゃなかろうか。

 

こんなことみんな知ってるだろうし、とか

こんな話個人的過ぎて知りたい人はいないかもしれないし、とか

自分で制限して出さずにいることのなかに宝は埋もれているのじゃないかしら。

だからもしかしたら万人受けはしないかもしれないけれど

同じような想いを持っている人の胸にはどストライクで届く。

 

これからは自分自身が商品になっていく時代になるんだな〜

だったら、自分をいかにストレートに出していけるかがカギだよね

なんていう話で大盛り上がりになりました。

 

そうすると結局、自分ってどんな人間なんだろう?ということを

考えざるを得なくなる。

 

話してる時、「あかねさんでもそんな風に迷うんですか!?」と驚かれたけど

どうしたらいいのか〜と考えている時間は人より短いと思うけど

普通にグルグル迷いますよ。

 

私は今57歳なので、生きてる年数が長い分

(こういうときはこうなるだろう)という経験則が多いだけで

他の人と同様に、今日という日を体験するのは今日が初めてだよ。

で、経験則の多さは時として、こうやっておけばいいだろうという

守りのパターンに陥りやすいということでもあるわけで。

 

そういうこともまるっとひっくるめて、「これが私」という色を出していきたいし

他の誰かのその人らしさを出せる手助けができたらいいな、と思ってます。

 

 

 

本文とは何の関係もないけど、コメダの新商品クリームぜんざい的なやつ。

小豆の上にはコーヒーがかかっています。

Posted by 八雲あかね at 19:16 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile