190516 京都(吉方取り)

5月は吉方取りのレポしか書いてませんね。

 

気学の先生に観ていただいたとき、とにかく今年は4月と5月と言われていたので

特に5月は割り切って吉方取り優先で予定をいれていました。

中でも今回の京都はメインイベント的な位置づけです。

 

私の最大吉方が西ということで、京都方面がいい。

中でも出雲大神宮は、個人的に出雲と所縁があるならぜひ行くといいと勧められてました。

名古屋駅から新幹線だと40分かからずに京都に着きます。

出雲大神宮は初めていくので、時間が読めませんが

もし行けたら回りたい場所をいくつか事前に調べて出かけました。

 

京都駅で在来線に乗り換えて亀岡まで

亀岡駅からはバスもありますが昼間は本数が少ないのでタクシーで。

 

 

 

この手水場の後ろには「真名井の泉」があります。

真名井というのは清らかな水につけられる最大級の敬称だそうです。

真名井と名のつく場所は他にもありますが

水は生きていくのに必要不可欠なものなので、きれいな水が出る場所というのはそれだけ

神聖で大切な場所とされてきたのだと思います。

 

古くて落ち着いた、でもとても柔らかい雰囲気。

 

古来からある神社は、社殿よりもその裏の山そのものがご神体だったりしますが

この出雲大神宮も裏山がご神体のようです。

実際、御神体山という名称で「国常立命(くにのとこたちのみこと)」が祀られています。

社務所に申し込むと、本来聖域(禁足地)である山の一部までお参りすることができるそうです。

ゆっくり歩いても30分程度らしいので、せっかくの機会だし参拝させていただきました。

 

右手に登り口があって、本殿の右側を通るのですが

ちょうど歩きはじめたタイミングで、ご祈祷が始まりました。

こじつけかもしれないけれども、こういうのは何か祝福や歓迎のサインのようで

嬉しかったです。

 

これは本殿の裏にある磐座。(ここは申し込みしなくても入れる場所です)

 

ここからさらに鳥居をくぐって上に行くのですが

さすがにそちらでは写真は撮っていません。

 

おみくじは大吉。

 

帰りはちょうどタイミングが合ったのでバスで。

この時点で13時ちょっと前。

行きたかったところは回れそうなので次の目的地に向かいます。

 

目的地近くのお店で、おばんざいのランチ。

吉方取りのときは、なるべくその場所の物を食べたい。

 

次の目的地は、大将軍八神社。

 

京都の神社仏閣で、亀岡から向かいやすい場所はどこかとリサーチしているとき

見つけました。

陰陽道の方位神である大将軍が祀られているということで(→wiki先生

もともとこの吉方取りも、方災除けからスタートしたことだし

陰陽や、星を観測して物事の予想を立てることは、自分の仕事である占いにも

縁が深いことなので行きたいと思いました。

 

参拝してから知ったのですが、天体を観測するための天球儀が

方徳殿という建物に収蔵されていて、年に2回一般公開されますが

事前に予約すれば、公開期間でなくても見せていただけるそうです。

 

以前連れていってもらった神奈川の寒川神社もそうですが

この大将軍八神社も、また改めてゆっくり訪れたいです。

 

ここの御朱印帳がカッコいいので買いました。

 

北野天満宮が近いのでそちらにも参拝しましたが

ちょうど修学旅行のシーズンで、学生さんでいっぱいでした。

特に牛の像の周りは、なでる順番待ちで人だかり状態。

 

再びバスに乗って次の目的地へ。

 

御金(みかね)神社。鳥居が金ピカです。

金運にご利益のあるパワースポットとして知られているそうです(→★

 

開運のための吉方取りだし、西は商売やお金に関する方角だし

やっぱり現世御利益は大事ですからね。

 

こちらのご朱印は、書いてあるものを頂いて自分でご朱印帳に貼ります。

 

*****

 

せっかく京都にきたんだし、雰囲気の良いカフェでお茶でも。。と思いましたが

この日はお天気が良く暑かったので、もう汗だくで

涼むより早く帰って休みたい気持ちが勝って、そのまま京都駅に戻り帰路につきました。

なんだかんだで15968歩も歩いてる!

Posted by 八雲あかね at 12:52 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile