顧客サービスってむずかしい

ここ数日《顧客サービスってなんだろう》ってことをずっと考えています。

 

新しいメニューを出した後は特に

私が「良いと思ったこと」と

お客様が「こうして欲しいと思ってること」のギャップが

次々明らかになっていって、それを埋めていく作業が

すごく勉強になったりする。

 

自分が提示した条件とは違うイレギュラーなことを求められた時に、

目の前にいるその人に満足してもらえるよう

柔軟にあらゆる対処をするっていうのが心配りとか

ホスピタリティというんだろうな、とはわかってるんだけど

私はそのとき同時に、イレギュラーな対応を求めなかった人のことを考えてしまう。

 

たとえば1万円のメニューがあったとき、

「おまけして」という人におまけをしてあげたら

当たり前だけどその人は喜ぶ。

でもそのとき私は、おまけを要求しないで受け取ってくれた人に対してすごく申し訳ないと思う。

たぶん山羊子の性質でもあるんだろうけど、全員にできないことは誰にもしない、ということが誠実と思う。

目の前の人が私に不満を抱いたとしても。

 

逆に、1万円のところ3万円払うから特別扱いして欲しいと言われたら、それは「はい喜んで」ってやる。

仕事っていうのはサービスと対価の等価交換だからね。

 

で、心配りっていうのは「してもらったら嬉しいこと」であって

「やるべき」って要求することじゃないと個人的には思ってる。

だって「私のニーズに合わせて」って要求することは

極端な言い方をするとこちらのやりかたに合わせる気はないってことでしょう?

 

こうしたらもっとよくなるかな、と日々いろんなことを

変えていってると、次から次へと想定していなかったことを求められて、

これは私のキャパを広げるために試されてるのかなと思うと同時に、

最初に受けてくれた人ごめんねと、申し訳ない気持ちになる今日この頃です。

 

Posted by 八雲あかね at 15:12 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile