境界線がくっきり

天王星が牡牛座に入る前後から

なんとなく自分の生活の中で変わった?と思うことがあります。

 

境界線がくっきり分かれる感じ。

 

たとえば沼にはまる、とかもそうです。

特定の物や分野にがーっとのめり込む。

それは、これが好きというものがはっきり認識できるから起こることで

なんとなく好きっていうのとはちょっと違う。

 

物だけでなく、人との関係もそういう部分があります。

嫌いという感情的なものじゃないし、優劣でもなく

ただ「違う」という感じ。

住んでいる国や文化が違う、人種が違う、そういう感覚です。

 

天王星は境界を越えてフラットにしていく性質があるし

区別をしないで平等にするという性質があるけれど

その大前提は「違いがあることを認識する」ということです。

 

お互いが違う個性を持った人間だから、その違いを認め合いましょう。という関係性。

 

だから最初に出てくる現象は「はじく」「線を引く」ことです。

今はまだ牡牛座に天王星が入って間もないので

「違い」がクローズアップされるわけです。

 

そのせいか、分かり合える人とはより親密になるけど

立ち位置や考え方の違う人に対しては、違和感がでてきて

なんとなくでは一緒にいられない。

 

 

見たいものはより鮮明に、そうでないものはぼやけて見える

人間の視界ってそういうものです。

見たいものしか目に入らない。

 

というようなことが最近顕著だな〜と感じます。

でも何かに対して誰かに対して感じてしまう違和感を、

悪者にしなくてもいいし、優劣をつけなくてもいい。

違いを認めるところから、どうやってわかり合おうかという工夫は生まれる。

そんな風に思います。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:14 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile