ソラリタ・ルナリタ

昨日は、ソーラーリターンとルナリターンのご用命をいただいて

名古屋まで行ってきました。

 

8月はソラリタキャンペーンをやっていたのもあって

たくさんソラリタ読ませてもらいました。

 

ソーラーリターンというのは

年に一度お誕生日の近辺に太陽が、「生まれたときの太陽」の度数とぴったり重なるタイミングのことで

このピッタリ重なった瞬間のチャートをみて

次の1年がどんな年になるのかざっくり読むというセッションです。

年末の雑誌に掲載される「〇座のあなたの来年の運勢」をオーダーメイドで出す感じ。

 

ルナリターンは

月に一度、月が「生まれたときの月」の度数とピッタリ重なるタイミングで

そのチャートを読んで、次の1ヶ月どんな気分で(何に意識が向いて)過ごすかを読みます。

 

ソラリタは、Asc・MC・太陽・月の度数とサビアンと、太陽・月のハウスを読んで

あとは影響の大きそうな部分を解説する程度

ルナリタは、Ascの度数と支配星のハウス、月のハウスとアスペクトを読む

どちらも深く掘り下げずにさらっと拾う程度です。

 

次のサイクルがどうなるか、ということを読んでいくので

最初のセッションでは、なんとなくそうかな?というくらいの感覚でも

翌年のソラリタを読む時に前年の振り返りをすると

「そのまんまじゃん!」と思うことはよくあります。

 

昨日のお客様は、ちょうど昨年末ころから離れて暮らすご両親の

健康問題や介護をどうするかということがテーマとして浮上したそうですが

ソラリタは太陽も月も8ハウス(血縁とかルーツとか親とか、狭く深く密接にかかわる関係を示す場所)にありました。

さらのルナリタを見ていくと、月が4ハウス(自分の家や居場所)6ハウス(役割や仕事)

12ハウス(心や内面)と8ハウスを行ったり来たりしていて

親御さんとの関わり方や、こなさなければいけないあれこれが

大きなテーマなんだな、ということがよくわかりました。

 

ルナリタは1年通して読むので、あるときからチャートの雰囲気が変わるというか

ここからテーマが変わるんだな、というタイミングが見えてきます。

 

どんな人でも、親が老いていって弱ったり介護が必要になったりというのは

若い頃には想像もつかなかった(考えたくなかった)ことですが

そこに真摯に向き合うと、人生観が大きく変わるような気がするのですが

昨日のお客様の場合も、来年の春頃には今の慌ただしさが一段落して

この経験が大きなステップになりそうだなと推察しました。

 

 

ちなみに私の前回のソラリタでは

太陽6H土星合、同じ6Hに冥王星もいてあまり楽しくなさそうだと

思った覚えがあったので、1年分のルナリタをさらっと見てみたら

6月までは月がずっと4H8H12Hをぐるぐるしてましたorz

(本当に夏至の頃までは気分が滅入ることが多かった。。)

 

逆に言えば、どうしても気持ちが上向きになりにくい時期なんだと知れば

無理に頑張ろうとしなくてもいいんだ、とわかるとも言えます。

 

私の場合は9月からガラリとムードが変わってきていたので

またやる気が復活するかな、と期待しているところです。

 

 

お誕生月にソラリタとセットで受けるのがおススメですが

ソラリタだけ、ルナリタだけでも受けられますので

是非お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:25 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile