夏の日のとりとめのない話(長いです)

中身がちょっとネガティブ&オカルト含みますので、お好きな方だけどうぞ。

 

 

もともと私は霊とかUFOとか見えない世界のあれこれについては

有るだろうと思ってるのです。

ただ、存在するよねと理解することと自分が憑かれてる(かもしれない)というのは

全く別だよね、という話です。

 

いろいろ乗せている(らしい)件

 

昨日姓名判断をみていただきました。

名前についてもいろいろお話し伺ってへええ〜だったのですが

それより「たくさん背中に乗せてらっしゃいますね」と。

 

普段だったらこういわれたときに

「これがおまえらのやりかたかー!」とおかずクラブのゆいPのように

臨戦態勢に入っていたと思います。

そうやって脅して怖がらせて誘導させるんですね?と。

でも昨日は「ですよねー」と肯定していました。

認めざるを得ないというか、思い当たる節が本当にいろいろあって。

ここ1ヶ月の間に立て続けに同様のことを別々の人に言われていたんです。

 

 

もともと霊媒体質(らしい)件

 

私はホロスコープで見ても月が海王星とハードアスペクトだし

算命でも異常干支2つあるし

霊感があるよね とか 感性が鋭いですよね とか いうタイプですが

まさか名前でそれを指摘されるとは思いもよりませんでした。

 

誤解のないように申し添えますと、《みえない世界》とのパイプが太いこと自体は別に悪いことではないそうです。

芸術家のように、そういう直感とかイマジネーションを仕事に活かしているケースはいくらでもあるし

それは占い師も同じことです。

どこと繋がるかというのも非常に大事で、でもそれは自分で意図もできるそうです。

私も本来は、現実に足をつけたまま《みえない世界》と繋がる能力が高いので

いわゆるパイプ役として適任なんだって。

 

だけど今はなぜか、乗せなくていい人を6〜7人乗せているらしい。

半年くらい前になにかきっかけがあって、その後居心地がよかったのか?

居つかれたうえにだんだん数が増えてきていた、ということらしい。

 

らしい、というのは私があまり見えたり感じたりというタイプではないのと

守護の強さか身体の丈夫さゆえか、現象として現れなかったから。

「けがや病気のような形で出なくて本当に良かったですね」だそうです。

現象としては出なかったけど、自分がネガティブになったという感覚はすごくあります。

 

私は恐がりで、何かいたらどうしよう。見えちゃったらどうしようと

ビクビクしてたわけですが

実際は部屋の隅っこではなく自分の背中にいたと。

 

あんまり笑えない。

 

 

無くすことはできるのか問題

 

今ついてるやつはちょっと取りますね〜ときれいにしてもらったわけですが

それって自分でもできるんですか?と聞いてみたところ

これについては「否」だそうです。

霊媒体質っていうのは、「ハエ取り紙みたいに外を歩けばくっついてきちゃう」体質な訳で

とってもとってもキリがないというのと

いわゆる除霊浄霊のようなことは手順を踏んできちんと学んで身につけるべきことで

素人が簡単に手を出していい分野ではないそうです。

 

じゃあどうするか?っていう話なんですけど、その先生が仰るには

意識とかイメージの中で、光に包まれる・宇宙のエネルギーを浴びることを

普段から意図するとよいとのことでした。

 

これは信じない人にとっては、「は!?」という話なんでしょうけど

私は昔、レイキとかシータヒーリングとか一通りやった経験があるので

なんとなくイメージができました。

 

霊を花粉やウイルスに置き換えるとわかりやすいかもしれません。

花粉やウイルスは、外に出れば避けることができません。

外を歩けば、何かに触れればついてきてしまうもの。

顕微鏡で確認してひとつ残らず除去するなんて言うのは不可能だけど

こまめに手を洗ったり、マスクで体内への侵入を防いだり

夜お風呂できれいに洗い流したりすることはできる。

 

ということで、しばらく意識してやってみるざます。

 

 

原因の考察〜不足と欲と心の隙間〜

 

半年くらい前からだと思うけど心当たりはありますか?と聞かれ

その時は特に思い当たる節は有りませんでした。

ただ2月はインフルエンザに罹患したのですが、いつもと違ってものすごく治りが悪かった記憶がある。

身体の免疫力が落ちたから入り込まれたのかもしれないし

入り込まれてしまった結果体に影響が出たのかもしれませんが

たぶんそのあたりなんでしょうね。

 

今日、手帳とは別につけている日記を読み返して

なんとなくこのあたりじゃないかな、という見当は付きました。

当たってるかどうかはわかりません、私がそんな気がするというだけで。

 

その頃、とあるスピ系の雑誌を買ったんですよ。

こうすると金運が上がる!とか龍と仲良くなるとか、聞くだけで〇〇になるなんちゃら的なやつです。

で、そこに載ってたおまじない的なものをいくつかやってみた。

この本がいけないわけでもおまじないが嘘なわけでもないけど

その時の私の心もちみたいなものが良くなかったのではないか、と思っています。

 

そもそも「お金持ちになりたい」「龍と仲良くなりたい」という願望は

「お金が無い」「自分が龍と繋がれるわけない」という【不足感】が生み出しています。

でもってその不足感を安易な他力本願で埋められたらラッキー!という【欲】で上塗りした。

不足感を欲で埋めようとしながら、でもそんなこと叶いっこないよねとも思ってた。

頭で考えていること・口で言っていること・心で思ってることがてんでバラバラだったんですね。

そこが歪んで心に隙があったのだと思います。

 

嬉しい楽しい幸せ!で心が満たされている時にはそういうことは起きません。

つまんない・さみしい・なんで私だけ。こういう感情を霊は好むのだと思う。

そして私はその時まんまとそういう波長を出していたのだろうし

しばらく出し続けていたんだと思われます。

そこから先は悪循環。

自分がネガティブだからそういうものを引き寄せる。

そういうものにつかれてしまったからますますネガティブが加速する。

するとどんどん居心地が良くなる。。オーマイガー

 

 

なんで抜け出せたか

 

これは本当に幸運だったとしか言えません。

もともと私は先祖の守護が強いらしいこと。

身体が健康であること(これは結構重要と思う)

後は本当に周りに恵まれてるというか、良いタイミングで

アドバイスをくれる人に会ったり、一畑山に行く機会をもらったり。

夏至のあたりから薄皮を剥ぐようにいろんな「何か」が

「そっちじゃないよ、こっちみて!」というメッセージをくれて

昨日のセッションはたぶんダメ押し。

これで気がつかなかったら後がないよ的なものだったのかなという気がします。

 

でもまあ昨日の今日なので、すっかり何もかも元通りというわけではないので

お盆が終わるまでの間は身の回りと自分自身のお掃除に励むつもり。

Posted by 八雲あかね at 17:24 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile