合言葉は『アル・デ・キル』

暑いです。

毎日「今年一番の暑さ!」が更新されて行きますね。

今日も39℃くらいになるんでしょうか。

 

我が家はスカパーを視聴できるのですが、今「名探偵ポアロ」とか「ミスマープル」とか「シャーロックホームズの冒険」とか

ちょっと前の英国ミステリーにはまっています。

もともとアガサクリスティ好きなのもありますが、

あの年代の生活様式みたいなもの、ヴィクトリア朝の椅子とか更紗模様のカーテンとか

文字だけじゃイメージしにくいものが

映像で見られるというのがワクワクします。

 

*****

 

夏至の頃からずっと、無いものみばかり目を向けずにあるものをみる

ということを何度も言われていました。

どうやったらそれが自然にできるようになるか、いろいろ考えたり調べたりしたら

書いてみることが有効らしい。

 

頭でイメージするのは手軽にできるけど、その分すぐに忘れてしまいがち

自分が持っているものをリストアップしていき、それを視覚化すると

「イメージする」ことに加え「書く」という行動と、目からの情報という形になって定着しやすい。

 

ただ、思考は瞬間瞬間移ろっていくものだから、何かの拍子にふと

あ〜あ、どうせ私は。。というパターンに嵌った時

いつでもその場で心を落ち着けて「書く」という作業ができないこともある。

そんな時に有効(と思われる)合言葉がひらめきました。

 

『アル・デ・キル』

 

普通に書くと、ある・できる なんですけどね。これをつぶやきます。

ある・できる・知ってる

ある・できる・持ってる

ある・できる・わかる

 

なんでもくっつけます。具体的ななにかを付け加えることもあります。

ある・できる・仕事 とか。

 

出来れば小さな声でも口に出してみるとより有効かと思います。

耳からの、音による情報として受け止めるからです。

 

この夏は自己信頼強化月間として、ノートに書いたり

ぶつぶつつぶやいたりを意識していこうと思っています。

Posted by 八雲あかね at 10:07 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile