家庭が運気の源

この前、手相講座の時に

「あかねさんの生命線と運命線は、親指の付け根の深いところから出てるから長生きしそうだし、身内からの助けがある相だね」

と言われました。

 

 

元気で長生きしそう、はよく言われます。

身内からの助けがある、と言われてふと思い出しました。

 

財の講座に出たときのこと。

 

財気というのは、日干が剋する気(制気)で禄存・司禄が出ます。

日干は癸なので、丙または丁が私にとっては財を生む気ということになります。

私の命式はとても冷えていますが唯一、日干支の蔵干に丙が含まれています。

 

ここは配偶者の座にあたる場所なので、

私にとって安定した家庭や家族の存在が財に繋がるんだって。

夫が安定した生活を守ってくれるから、私は占い師ができるわけです。

 

オフィスを借りたい、と言ったときも「やってみれば」と二つ返事だったし

どんな部屋かを見に来たこともなければ

収入の内訳を聞いてきたこともない。

考えてみたら非常にありがたい存在ですね。

大事にしなくちゃね(というのを時々思い出さなくちゃ、ですね)

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:11 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile