物想う夏

7月になりました。

1年半分終わったのか・・(白目)

 

 

 

双子の真ん中あたりから蟹の真ん中あたりにかけては

私のネイタルチャートでは8ハウスに該当します。

ここには天体は全然ないのですが

射手終わりから山羊の初めにかけて天体が多い私にとってはオポジションの関係になり

なんとなくこの時期はいろいろと8ハウス的な出来事や思いをに見舞われることが多いです。

 

父の命日もこの期間なので、法事とかで親戚や家族が集まったりする機会が多いというのもある。

今年は十三回忌法要があって娘が帰省して来たり

そのあとすぐ今度は従兄弟の訃報があったりと特に8ハウス色が強かった気がします。

出来事だけじゃなくて気持ち的にも

以前よりは少しだけ実家との関係が変わった分、向き合う気持ちが変化したのもある。

 

前だったらたぶん、法事は《仕方なしに参加しなくてはいけない面倒な行事》だったろうし

娘にも「無理して帰らなくていい」とか言っていただろうと思う。

母から小言をもらうのは変わらないんだけど、距離が近くなった分

考えていることとか愚痴とか体の不調も聞くようになったので

小言の裏に隠れている想いまで含めて聞けるようになった、気がする。

 

娘が帰省していた時、半日だけ家族4人が揃う時間があって

(と言っても夜だから夕飯を一緒に食べて一つ屋根の下で寝ただけだけど)

あと何回こうやって一緒に過ごせるのかなと思った。

同様に実家で母と話しているときも、あとどれくらい・・と考えることがある。

親もそうだけど自分も年を取ったせいか、いつかは終わるということを意識するようになった。

 

終わりを意識すると、なんでもうちょっとはやく気がつかなかったのか

なんでもっとちゃんと向き合ってこなかったのか、と

たくさんの過ぎてしまった時間を無為に過ごしてしまって

「親とか他人とか煩わしい。私は私のやりたいようにして何が悪い」とスカしていた自分にたいして

後悔のような懺悔のような気持ちでいっぱいになる。

 

 

これは蟹が持ってくる、あふれんばかりの「心や感情」の波なのか

算命の中心星である「貫索星」から西の「司禄星」へ、自分の意識がシフトしたからなのか

よくわからない感情に溺れそうになっている今。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:29 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile