2018年夏至

去年の夏至の日は、オフィスの入居日でした。

不動産屋に行って鍵を受け取り、荷物を搬入する予定なのに

朝から猛烈な吹き降りで、よりによって今日こんな天気でなくても。。とぼやきながら

車と部屋を何往復もしたことを憶えています。

 

あの頃は頭がちょっとイカレていたので、21日(夏至)に入居して24日(蟹座新月)に

オフィスオープンという、ベリーハードな日程を組んでいて

今思い返してもあのときのバイタリティは凄かったな、と思います。

 

 

そして今日。2018年の夏至はまたまたどういう因縁か不思議なイベントに参加して来ました。

 

引き当てたおみくじ。

 

 

 

龍にとても深いゆかりのある方がいらして、「その方をお招きするイベントをやろうかどうか迷っている」と知人に相談を受けたのは先月のこと。

誰かのためにじゃなくて、自分が面白そうと思うならやってみれば?と話した翌日

やることに決まった!日にちは6/21の夏至の日になった、と連絡があり

必要なことは凄い速さでトントンと決まっていくのだな〜と感心しました。

 

あかねさんも来るよね、と誘われてOKしたものの

お招きするのがどんな人で、何人くらい集まるのか、誰が来るのかとか一切知らないまま

この日を迎えました。

 

イベントは21日なのですが、前日の夜からの前乗り組がいらっしゃるということで

私はそちらから参加になっていました。

 

密会(同室でお泊りの)相手は愛ちゃん

笑顔がステキなシェフの見事な鉄板さばきを見ながら舌鼓

 

皆さんが「龍の人」と呼ぶ方は、おしゃれでダンディな紳士で

食事の後はその人の部屋に集まって、日付が変わるくらいまで濃ーい話に花が咲きました。

私、これまであまりスピ系の集まりとか、天使が龍がという話を聞きに行くということを

したことが無く、当日その場に行くまで自分はなぜ参加しているんだろう?と考えていました。

 

でも巳の日の生まれだし、「八雲あかね」の命名の際には実はこっそり龍が仕込んであるし

もしどこかにカテゴライズするのだとしたら龍系が一番近いのかなと認識していたことと

なんとなく自分の中でまだ眠っている茫洋とした海王星領域を使えるようにするのに

何かヒントがあるのではないかな、と思っていたのでした。

 

 

「龍の人」のお話をたくさん伺う中で、普段自分がお茶会や鑑定の時に言っていることが

そんなに大きく違わない、というのが発見でした。

もちろんその知識量とか、表現の仕方は違うんだけど

言おうとしていることは同じようなことだな、と気がついて

だったら今自分がやっていることは間違っていないんだな、という気持ちも強くなりました。

 

そして今日。

竹島の桟橋に集合してみんなでお参り。最終目的地は八大龍王神社

大きく募集もしていないのに15人もの人が参加したそうです。

 

言われていることは本当にシンプルで

◎外の期待や評価にフォーカスしない

◎出し惜しみをしない:息を吐ききる、感情を出し切る

◎自分の人生を生ききると決めたら、内側から輝く

というようなことです。

 

ランチの後おみくじタイムがあり、その人はいつも何十枚もの《メッセージを書いた紙》を持っていて

好きな数を言うと、上から順に数えてその番号にあたった紙をプレゼントしてくださいます。

私が引いたのは「はい♡」

そこにいた人たちが、あかねさんぽい〜といってくれました。

 

もう変化球はいらない。言葉ももっとシンプルでいい。

私が心からYes!と思うことを発信すると、相手もそれをYes!と言う(受け止める)

そんな意味合いがこもっているそうです。

何か言われたら、元気にはい♡と答える予定です(あくまでも予定)

 

 

1年の中の大きな節目である夏至、山羊子の私にとっては対抗する蟹シーズンの始まりで

なんやかやと影響も大きい。

そんな日にいつもとちょっと違う特別な時間を過ごせたのはとても幸せなことです。

今すぐにはわからなくても、あの時のあれがこうなった、と

紐付けできる時がくるのだろうなとも思います。

 

 

7月は吉方取りに良い季節なのですが

まだ行ったことのない竹生島が私にとってはとても良い方角だったので

行って来よう!という気持ちが強くなりました。

 

Posted by 八雲あかね at 16:48 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile