たぎる6月

最初にお知らせです。

 

6月13日(水)10時〜12時

名古屋市内にある「マリコの部屋」で陽転お茶会があります。

 

陽転お茶会は、算命学の占いをもとに

「自分はどんな個性を持った人なのか」を知り

「いろんな個性を持った人がいる」ことを理解する会です。

算命学の十大主星についての説明がメインですが

占いの知識が無くても気軽に聞いていただける内容になっています。

 

まだお席がありますので、興味ありましたらぜひお問い合わせくださいね。

詳しくはこちら→ 6/13 陽転お茶会&鑑定会@名古屋

 

**********

 

6月。

 

私は午未天中殺なので月天中殺になります。

そして癸の生まれでもともと水が強いせいもあって、この梅雨の時期は

湿気にやられて体調を崩しやすい時期、でもあります。

本来ならば普段よりペースを落として

まったりとリラックスしたり、養生につとめるほうが良い時期です。

 

それなのに、なぜか6月の声を聴くとアワアワしてしまう。

今日も午前の鑑定が終わって、お昼を食べて、さてちょっと読書でもと思ったら

急に(あれやらなくちゃ)(これってどうだったっけ)と焦る気持ちが湧いてきました。

一瞬パニックになりそうでしたが、待て待てこういうときこそ自分の予定を可視化しなくちゃと。

 

昨年の山羊土星の会の時に、なんでも時間を計って逆算で考えて

あと30分しかない!じゃなく30分あるからあれとこれができるという思考をする

という話をして参加者の皆さんをうへぁ〜という気分にさせたあれです。

 

さっそく表を作って、もうすでに決まっている予定の枠を色塗りし

それに付随する時間(移動時間とか食事時間)を別の色で塗り

空いている時間がどこにどれくらいあるかが一目でわかるようにしました。

 

それとは別に、付箋紙に「やらないといけないこと」「できればやりたいこと」を書きます。

なるべく細かく。

たとえば「告知ブログを書く」んじゃなく「6/13の告知」「7月のイベントの告知」のように。

同じく資料も「〇日講座用」とか「△日鑑定用」とか。

それを空いているスペースに貼っていく。

終ったらやった時間を表に書き込んで付箋は捨てる。

こうすると常に空いている時間と、終わってないタスクがわかる、というわけです。

 

 

といっても普段こんなに綿密にやっていないんです。

この表は規則正しく活動する為ではなく、安心する為のものです。

あとこれだけやれば大丈夫、あとこれだけ時間がある、という具合に。

 

ちまちまと表を作りながら、そういえば去年の6月は

夫とハワイに行ったんですけど、その直後にオフィスオープンだったので

いつまでになにをするとか 買い物のリストとかたくさん作っていっぱいいっぱいだったなー

とか思い出していたら

 

普段割と冷静で、慌てないで生きている私の枠が外れて

冷静じゃなくなる、パニクる、おしりに火がついたように行動する っていうのが

私の天中殺のパターンなのかも、と思った次第です。

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:26 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile