去年の私を褒めてみる

天王星が牡牛座に入りましたね。

 

私は山羊の初期度数(0度火星・3度太陽・9度水星)と乙女座の初期度数(0度天王星・10度冥王星)

にそれぞれ天体を持っているので

牡牛0度の天王星でタイトなグランドトラインができます。

ここから2021年の春頃まではそのグラトラが断続的に続くことになります。

 

山羊は2ハウス(お金)、乙女は10ハウス(肩書や名誉)、そして牡牛は6ハウス(仕事)。

占星術のお勉強をするときに学ぶ『仕事とお金の質問はここを読む』をきれいに備えた配置となりますww

 

2021年というのは、算命の大運でも司禄星大運から禄存星大運へという流れだし

インド占星術でも還暦フィーバーがくるという予測

このグラトラを上手く活用したいものです。

(そのためにも2020年までの山羊土星期間がすごく大事、ともいえる)

 

 

天王星が牡羊座に入って変わったこと。

牡羊は私のネイタルの5ハウスから6ハウスにかけてなのですが

一番大きく変わったのはやっぱり《自分の仕事場を作った》ことでしょうね。

 

ちょうど去年の今日。

もっと計画的に資金を貯めてから、と思っていたのに半ば衝動的に「部屋借りたい!」と不動産屋さんに行きました。

 

借りたい部屋の条件の他に、仕事で使いたい(占い師)ということも全部バカ正直に伝えたところ玉砕(笑)

不動産屋さん曰く、物件はたくさんあるけど住みたい人優先、商用に使って欲しくない、占い師ってどんなことするかわからない

等々の理由で大家さんからOKが出ない。んだって。

 

やっぱり無理なのかな〜時期じゃないのかな〜としょんぼりしながら家に帰ったんだけど

もう一回だけチャレンジしてみようという気持ちになったんですよね。

その時になぜか、どうせダメ元で探すんだから一切妥協はやめようと思ったんです。

条件も譲らないし、住むと嘘をつく(そういう方が借りやすい)ことも、仕事をごまかすこともしない

それで見つからなかったら、すっぱり諦めるつもりでした。

自分の家と比較してそれより不便になるならお金出して借りる意味なくない?っていうのもあったし

バレたらまずい、と心に抱えていたくなかった。

 

でもお店に行って断られると心が折れるかも、ってことで

駅から徒歩5分以内・トイレとお風呂が別・フローリングで家賃〇円まで、という

スゴイ強気な条件で検索して、ヒットした物件の中からいいなと思ったのを選んで

問い合わせ欄に「占い師をしてる・昼間仕事場として使いたいがそれでもいいか」と書いて送信しました。

 

そしたらその日の夕方に、

「大家さんにはまだ確認していないけど、この物件には既に部屋を仕事で使っている人がいるので、仕事の内容にもよりますが許可が出る可能性が高いと思います。」と返事が来た!

その流れで翌日内見、翌々日には審査が通り、さらにその次の日に大家さんからのOKも出て契約。

問い合わせから契約完了まで5日間。

あれよあれよという間に話がまとまって、自分で申し込んでおきながら夢を見ているようでした。

 

借りるにあたっていくつかの条件(看板は出さない、住所を名刺やネットに公表しない)はあったけど

そこは全く問題なかったし、

なにより担当してくれたのが若い女性で、「占いってどんなことするんですか?」とか

「黒いカーテンとかで演出をするんですか?」とかノリノリな感じで対応してくれたのがすごく良かった。

 

 

ものすごく勇気が要ったし、今も大丈夫か?って不安にならないわけではないけど

この場所があってよかったと思うことの方が圧倒的に多いから

あのとき「借りるなら妥協もしたくないし、ごまかしたくない」と譲らなかった自分偉い!

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:03 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile