やりたいことと求められること

東京で開催されたこちらの講座

《満席》2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」

 

受講しようと思ったのは、ぶっちゃけ財運(お金)と人気運(お客様)が欲しかったから。キッパリ

何度かブログにも書いていますが、去年の秋くらいから迷走してたんですよ。

やっている仕事は変わらないし、そこから得られる収益もそんなに変わらない

だけど自分の仕事場を持ったことで、固定費は増える。

 

収入ー必要経費=利益(自分で使えるお金) 

 

経費として必ず出ていく金額が増えれば、手元に残るお金は減ります。

「貧すれば鈍す」とはよく言ったもので、もっと儲けるにはどうしたらいいかということを

ずっと考えるようになったんですね。

いや、個人事業主をしていたら「いかに収益を上げるか」というのは永遠のテーマではあるけど

私はストレートに、もっと儲けたいという欲でいろんなことを考え

そして悉くうまくいかなくて玉砕・・・・というパターンに陥りました。

 

なので、一番最初に講座に申し込んだときの動機は

もっとうまいやり方を知りたい。だったんですよね。

(今書いてても、汚れてたな〜私。。と思う。でも書くけど)

 

 

 

講座に参加すると特典としてワンポイント開運アドバイスがいただけて

「お金」「人間関係」どちらか選べたので、私は「お金」でお願いしました。

 

それによると、

 

金銭そのものより、安定した家庭や配偶者の存在が基盤としての「財」になる

 

私は人体星図の西(配偶者の位置)に司禄があるのでそこが安定してれば不安を感じにくいということでしょうね。

家族が皆健康で、夫の安定した収入があるから、こういう仕事ができているわけで

ついつい感謝の気持ちを忘れそうになるけど大事なことですね(ありがとう、夫)

 

不言実行でなく有言実行。義務ではなく、やりたいからやる、が必須

 

私の日干は水(癸)なので、制気(財)にあたる五行は火です。

だから「有言実行(発信)」と「やりたいからやる」が行動原理になるわけですね。

 

「自分のやりたいこと」と「周りに求められること」とのギャップはずっとついて回る

現実にお金になるのは「求められること」

 

そう!本当そうなんです!!

私がモヤモヤする原因は、この「やりたいことと」「求められること」のギャップだ!

ここで昨日作ったこの図が再登場

 

私の命式は自気(水)とそれを生み出す生気(金)が強いので

上の表に当てはめると、「やりたいこと」の領域が過多になります。

水と金が強いとどうなるかというと、

《もっともっと学問を究めて人の心の謎を解きたいしそのことでもっと評価されたい》

わかりやすくいえば偉い先生!という方向性でいきたいってことです。

 

だけど、自分がこの仕事をしてちょっと名前を知ってもらえるきっかけになったのは

私が偉い先生だったからじゃなく、『陽転お茶会』のほうなんですね。

『陽転お茶会』はもともと、仕事のコンテンツとして考えて作ったものではなくて

玉紀さんが企画なさった「十大主星の研究〜貫索石門の会〜」に参加して

人の反応が持っている星でこんなに違うのか!というのが超面白かったから

周りの友達に言いまくっていたら、そのネタでお話会とかやって欲しい!と勧められたのがきっかけ。

 

参加してくれた人が「面白い!」と喜んでくれたから

そこからたくさんのご縁が広がってたくさん報酬もいただいた。

ま さ に ! 財をうむロジックそのものを無自覚にやってたわ。

 

新橋にいた開運狸像。

 

 

今回東京に行くことになった時に

『陽転お茶会』をやるきっかけになった「貫索石門の会」にゲストで参加されていた人が

久しぶりにあかねさんに会いたいと言ってくださったということで

講座の翌日に場をセッティングしていただいたのでお目にかかってきました。

講座にご一緒した、という本当に些細な出会いだったのに覚えていてくれる人がいる

また会ってみたいと言ってもらえる、というのがとても不思議な気がしていました。

 

で、今、唐突に思い出した。

「貫索石門の会」が開催されたのは、2014年の11月4日でした。

その前日に高尾山に登ったんだった。

 

私は基本とても現実的で、自分の人生は自分で何とかしたいと思うタイプの人間ですが

時々、これはもうなにか大きな意思の思し召しとしか思えない出来事っていうのがあって

今回の一連の体験とか想いは

ちゃんと原点思い出しなさいよ、って指導が入ったんだろうな、と

ロマンチックな妄想全開でそう思っています。

全く別の人と全く別のシチュエーションで「これは同じテーマ!」というのを

見せられる出来事があったので、これはまた別の記事で。

Posted by 八雲あかね at 10:20 | 勉強会・講座 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile