預言カフェからの。。。

いつにも増して今回の東京は濃くて、正直まだあまりうまく言葉にできないのですが

これを書いておかないと先に行けない気がするので書きます。

 

講座の翌日は、預言カフェに行きました。

打ち上げをしているときに「明日どうする?」という話になって

なぜかみんなで一緒に聞きに行こう、ということに。

 

前日一緒にお仕事した4人がまた集結している景色が不思議。

 

預言は録音するシステムなので、声が入らないように静かにしていますから

必然的に全員の分を聞くことになります。

一緒に聞くのは楽しいけど、証人が3人もいると言い訳もできませんw

 

私が言われたのは、

これまでのことは経験が作ってきた、学んだことは無駄ではない、これからは違ったことに関わっていく、それには協力者が用意される、自分でできるというチャレンジの機会、等。

そして何より、もっと速く時間が回るようになる。ということ。

隣に座っていた玉紀さんがぼそりと、これ以上速くなるのか。。とつぶやいてました。

 

全員の預言が終わった後、甘夏さんが

「あかねさん、今日セッションの予約が入らなかったのは、このセッションを受けるためじゃないですかね」と。

 

カードを持ってきたからみんなで引いてみない?ということで場所を移動。

せっかくなので共通のテーマを決めて引いてみることに。

『昨日の講座を踏まえて、やるといいこととやるべき課題』

 

 

やるといいこと→クリスタルの6

 もっと上を目指す、野望を明らかにする、もっと有名になってもっと儲けたい

 自分の積み重ねたものでしか手に入らない、ちゃんとやっていればついてくる人がいる

 

やるべきこと→妖精のゴッドマザー(女教皇)

 指導者になる、自分の立場を自覚する、経験や占いの知識を提示する

 

チャクラカード→第7(クラウン)チャクラ

 直感やインスピレーションを大事にする

 

ここまで答えた後、早速鋭いツッコミが入ります。

なにしろ甘夏さんと玉紀さんはインナーチャイルドカードのプロ

ミズマチ先生もタロットの使い手。容赦がありません。

 

「このカードは、シンデレラに出てくる魔法使いのおばあさんなの。」

「そもそもあんな月持ってて、使えないわけないじゃんw」

「紅茶占いのサビアン、持ってましたよね?」

 

はい。。。

私の月は、獅子座MC合ですが、12ハウス蠍海王星(ASC合)と水瓶木星とのTスクエアしか

アスペクトがありません。

初めて占星術を受けたときに

「不安定すぎる月を、強すぎる社会性で支えている」と言われたんですがそういうこと。

 

今年のお正月、干支のお絵描き会をやったときに

私は海王星領域にとても大きな、でも完成度の低い(雑な)太陽を描きまして

参加の皆様に、あかねさんの海王星領域は未発達だけど大きいんだねと言われたことを思い出しました。

これからはもっと直感やインスピレーションを活かしていかなくちゃならない、ということですね。

 

ここでミズマチ先生がさらりと仰いました。

「あかねさん、今度東京で何かやるなら、もっとスピ寄りのメニューが良いと思う」

そうですか。そうなんですか。。

飛び道具的なメニュー、考えないとですね。

 

***

 

講座でグループワークをしているとき、私は山羊太陽グループの担当だったので

話していることがストレートに伝わる感じだったのですが

コリラックマグループ担当の玉紀さんによると、講座が進むにつれ

蟹土星をお持ちの皆様がたの心が揺れていく感があった、というお話がありました。

 

山羊が強い城を作りたいのは、その中で大切なものを守りたいから、なのですが

今改めて考えてみると、ガワにこだわって強固にしたいのは内面が緩いからですよね。

月が不安定だから社会性(ガワ)で守ろうとしているのではないか。

(私だけでなく、堅牢な牡牛座のミズマチ先生もそうだし、きっちりした乙女座の甘夏さんも、中身は全中殺です。)

 

でも講座をやってみて思ったのは、私はもう山羊土星時代が来ることを意識してもしなくても

十分すぎるほどに山羊成分は持っていて、発揮できるから

これからは中身のふわふわした部分を出していくことになるんだな、と。

海王星、抗わず溺れず使えるようになるんだろうか・・・?

 

結局これを突き付けられるというか、後戻りしないためにこの濃い時間があったんでしょうね。

預言カフェで言われた、「これまでと違うことに関わっていくこと」や「自分にでもできるというチャレンジの機会」は、ここにつながっていくのかもしれませんね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 22:55 | こんなセッション受けました | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile