1並び

今日は巷(私の周り)で話題の、ヒューマンデザインのモニターセッションを受けに春日井まで行ってきました。

 

知り合いが何人も受けてて面白かった!と言うし

ホロスコープが元になってると聞いたし、これは受けたいと思って

前のめりに申し込みました。

 

 

出生時間がわかると、そこから逆算して3か月前(お母さんのおなかの中で重要な器官が形成される時期)が算出できますが

出生時間と、その3か月前の星の配列が数値化されます。

《これはおそらく天体の品位、エッセンシャルとかフォールとかから算出しているのではないかな。天体にはそれぞれ居心地のいいサインとそうでないサインがあります》

 

図の中に1〜64までの数字がいくつかの場所に分かれて配置されていて、

チャクラに対応しているそうですが、内臓のようにも見えるしカバラの図のようにも見えます。

自分が持っている番号には色がついています。

自分が持っている数字が、別のチャクラの数字とパイプでつながっているとそのチャクラは「自分でコントロールできる」けれども数字を持っていてもつながっていないと「人からもらう・柔軟に対応する」

私の場合だと、一番下の四角い部分(ルート)と左下の三角(脾臓)はお互いに繋がっているので

色がついていて、この部分は他人に影響されないそうです。

ちなみに、一番下の四角は「プレッシャーを処理できる」左の三角は「ひらめき・直感・免疫力」

 

たとえば喉のチャクラだと、私は他の場所と繋がっていないので

確固たるスタイルはなくて周りに合わせて喋ることができる、とか

仙骨だと人からエネルギーをもらって生きているのでオーバーワークになりがち、とか

 

 

で、私はプロジェクタータイプという、他人の方向性にフォーカスして導くというガイド役らしいです。

プロジェクタータイプは20%しかいないそうなのですが、

似たもの同士が集まるのか類は友を呼ぶなのか

私の周りの人はなぜかみんなプロジェクタータイプ。

 

自分らしさを発揮するカギは一瞬のひらめきを大事にすること。

みんなで上手く行ったときの達成感が喜びで、

逆にうまくいかなかったときは、なんであんなことしたんだろうという苦い感情を味わうそう。

そういう感情というか感覚にフォーカスすると、自分が間違った方向にいってるかどうかがわかるそうです。

 

プロファイルの6は、年代ごとにやることが決まっているんだけど6はその総括で

例えていうなら屋根の上から俯瞰で眺める立ち位置にいる、土星管理の部分。

もう1つの2は、自分の素が丸見え状態で、親近感をもたれたり頼りにされやすい代わり

時々一人になる時間が必要らしい。

《これはまんま、山羊太陽土星と獅子月の対比。そして発達年齢域の最終形態が土星》

 

あとは、行動は基本一人で平気なタイプだし

自分から攻めているよりは招待されたり待ちの姿勢でいる方がいいんだって。

 

占星術がわかって聞くと、これはこのことだ、とか

ほうほうなるほど!と思って聞ける部分が多いなと思いました。

 

もともと先週受ける約束だったんですが、台風で電車が止まっていたので

日にちを変更してもらったんですね。それが11月1日の11時という。

そのうえ待ち合わせに指定されたカフェの住所、番地が1-11で

見事に【1】が並びました。

これから先、新しい何かが起こりそうな予感♪

 

Posted by 八雲あかね at 17:08 | 講座・セッションレポ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile