禄存司禄

玉紀さんのブログ(⇒)の禄存司禄ネタ、いつもおもしろいです。

 

2年前、玉紀さんが初めて愛知に来られた時

その頃私のまわりは、犬も歩けば石門天将にあたる というくらい

まわりが貫索石門の身強の人達ばっかりだったんだけど

「これが落ち着いたら、中殺の人か、禄存司禄の人の流れが来るよ」と言われて

(要は、自分と同じ質か、全く持っていない質のものを引き寄せるっていうこと)

先に中殺ブームがきて、このごろやっと禄存司禄の人たちが周りに増えてきた感があります。

禄存の人に関しては、なぜか生月中殺持ちの人ばかりですが。

 

 

西洋で山羊太陽の私が、180度の蟹座を意識したり苦手意識を持つように

貫索中心の私にとっては、禄存司禄の人たちというのは

ちょっとよく理解できないけど看過もできない、という存在なのだと思います。

 

おかげさまでいろいろなネタも増えてきて

お茶会の時の例題に事欠かなくなってきました。ありがたいことです。

 

私個人的には、中心に禄存司禄を持っている人たちよりも

中心は別の星で、なおかつ複数の禄存司禄を持っている人たちの方が実は興味深いです。

中心星が周りの禄存司禄に飲み込まれていく感じは

本で勉強しているだけでは見えてこない世界だなと思うので。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:34 | 算命 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile