パーソナルカラー

2か月ほど前に、パーソナルカラーのセッションを受けて

それが今まで自分が思い込んでたのとはまるで違う結果でした。

「自分の基本色を見つける」だけだったのですが

それはそれでとても面白かったのです。

 

で、先日友人が興味あるというので同行してセッションに伺ったところ

「もうフルセッションできるようになったよ!」ということで

ベースの色+それ以外でも似合う色を見つけてもらって、おまけに色見本ももらえる

という夢のような内容になっていたので

私もやって欲しい!と食いついて、本日念願かなって行ってきました。

 

私のベースはVIVID、はっきりくっきりコントラストのある色が似あいます。

それ以外にもPASTELのピンク〜紫あたりの色もOKでした。

ブルーベースということもあって、黄色はちょっと微妙で

緑色が壊滅的に似合わないということが判明!

 

でもこのセッション受けるまでは自分がイエローベースだと信じていたので

結構緑系の服持っていたんだけど。。

 

 

人によっては似合う色がわかりやすい(その代わり範囲が狭い)そうですが

私は難しい(?)タイプだそうで

先生が「楽し〜い♪」とにっこにこしながら布を当ててくれました。

私のベストカラーは左上のチェリーピンクでした。

 

この色見本も、すごくいいです。

紙だと発色が違うから、実際の服を選ぶときに判断しにくいけど

布の見本なので、そのまま服と合わせてみればいいし。

VIVIDは基本、白インナー+黒またはグレーの上着+差し色で考えればいいので
この先迷わなくて良くなるのはとても嬉しい。
あと、先生が「なんであかねさんスプリングって言われたんだろうね?」って
ずっと考えていたらしいです。
それで二人で話していて思ったことは、似合う色自体は変わらないかもしれないけど
自分の気持ちがまだ開いてないとわかりにくいかも、ということ。
前にイベントか何かでやってもらったときは
会場の環境(自然光じゃないとか、電球の色や強さとか)もだし
私は今ほど自己主張が激しくなかった。
(そういう気質はあったかもしれないけど、自分がそれを良しとしていなかった。)
だからもっとぼんやりした顔だったし、無難な色無難なスタイルだったから
もしかしたらすごく似合わない色もない代わりに、
すごく似合う色も見つけられなかったかもしれないし
赤似合うと言われて、素直に受け止められていたかどうか。
パーソナルカラーは、そう何回も受けるものではないと思うけど
自分の気持ちが大きく変化した時に受けてみるといいかも。
人は、自己肯定感が低かったり、自分のことが好きじゃなかったりしたら
たぶん無意識に「似合う色を着てきれいになった自分」を直視できなかったり
否定してしまうっていうことがあるかもしれない。
そんなことをいろいろ考えました。
単純に似合うかどうかより、その色を自信をもってまとえるかどうか
みたいなこと。

 

Posted by 八雲あかね at 20:30 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile