お茶会はネタの宝庫

こんにちは、八雲あかねです。

 

ずっと雨続きのお天気でしたが、昨日ようやくお日様が出ました。

やっぱり、太陽大事、日照時間大事、さらりと乾燥した風の心地よさ。。

おかげで、溜まった洗濯物が一気に片付き

なぜか仕事(お茶会や鑑定の下準備とか事務仕事とか)もサクサクはかどりました。

私は活動宮のオンナなので、何もすることがなくて時間があるときより

少し負荷がかかって、やることがあるときの方が物事をテキパキと進められる

という性質があるようです。

 

先週はお茶会が幸田と名古屋でありました。

同じ資料を使っていつも通りの流れで話すんですけど

なんとなく話している内容が前と違う、ということに気づきました。

あくまでも当社比ではありますが

十大主星の説明だとか例題にちょっと厚みが加わった気がしました。

 

今までは、「頭で理解していること」を説明しているだけだったところに

「体感が乗った」感じ。

 

これは、東京での『十大主星の研究』講座に通って、コンプリートしたことが

影響あるのかもな、という気がしています。

参加しても、そのときはよくわからないことの方が多いんですよ。

わけもなく歌ったり踊ったりするって理解できない〜とか

なんでもかんでも人のいうこと聞くのは疲れないんだろうか〜とか

リアクションが薄いっていうけど、そんなことないよーとか。

 

でもやっぱり、生身の人の体感を伴った言葉というのは

ちゃんと沁みてくるんですね、時間はかかるけど。

ああそうか、そういう感覚なのかっていうのがわかる。

もちろん、その星を持っている人からしたら「わかった気になるな」っていう

レベルなのかもしれないけれど

本やネットの情報よりもうんとうんとたくさんの情報が

リアルな一言のなかに詰まっている、そんな気がします。

 

そして当たり前のことですが、

私の理解度が増すと、やはり伝わり方も変わるんですね。

 

名古屋の会場は龍高率が高くて、幸田は禄存率が高かったんですが

そこで出てくるリアルな声、それぞれの星のあるある、みたいなものも

すごく面白かったです。

そういう声を拾って、また別の会の時に使ってやるぜイヒヒとか思うわけです。

お茶会って、算命のことを知ってもらう場であると同時に

自分の引き出しの中身を増やす場でもあって

それが上手いこと循環すると、より楽しい場になるんですね。

 

今週は幸田と豊橋でお茶会があります。

どんな方にお目にかかれるか(どんなネタが拾えるか)楽しみです。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:13 | -陽転お茶会 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile