準備完了!

いよいよ明日がオープンとなりました。

 

実は一昨日21日が、鍵の受け渡しと荷物の搬入日だったのですが

朝からまさかの暴風雨で、ほんと、どうなることかと思いました。

 

大きな家具は直接届けてもらうことにしてあったものの

あれこれ準備していた細かいものは、自分で運ばないといけなかったので。

 

ちょうど家から荷物を運び出して部屋に荷物を入れる時間帯が

雨が一番ひどいタイミングでした。

自分の家(2階)から駐車場、駐車場から部屋(3階)、ともにエレベータなしを

何回往復したことか・・・・

前日バスツアーで17000歩くらい歩いていたので、もう足パンパンでした。

 

幸い午後、家具の搬入のころには雨も上がって

諸々の組み立てや設置や段ボールの片づけまで、何とか2日間で完了しました。

自分用の椅子(山羊様椅子)だけ、お取り寄せでまだ届いていませんが。。

あかねさん、やればできる子です。

 

玄関入るとこんな感じ

   ↓

 

メインの部屋はこんな感じ

    ↓

 

棚に乗っているのは、敬愛するお師匠様から以前いただいた書

これを飾りたい、というだけの理由で棚を買った。

 

全体的にはこんな感じです。

東南の角部屋なので日当たりも風通しもいいです。

手前の部屋は今は何も置いてありません。

机をこちらに移動するかもしれないし、もしかしたらソファを入れるかもしれない。

使いながらカスタマイズしていきます。

 

ゆらさんが、「やることあるなら手伝うよ!」と陣中見舞いに来てくれましたが

もうすっかり片付いていたので、2人でお茶を飲みました。

家具がほとんどないので、意外に話し声が響くというのが本日の発見。

 

ここからどんな時間が紡がれていくのか楽しみです。

 

Posted by 八雲あかね at 13:52 | 雑記 | - | -

夫婦喧嘩からみえたこと

うちの夫婦、ふだんはほとんど喧嘩をしません。

例外は旅行に行ったとき。

だいたい3日目くらいで険悪な空気が流れます。

たいてい怒るのは私で、もう一緒に旅行なんてしない!と毎回思う。

 

今回、ハワイでもそうでした。

何か一つ大きな原因があって喧嘩が発生する、というよりは

小さい不満がいくつも積み重なって、3日目くらいにそれが爆発する感じです。

 

さて今回の旅行で喧嘩の引き金になったのは3日目の夕食をどうするか?でした。

何食べたい?と尋ねたら、「お母さんに合わせるよ」というので

ハンバーガーとかパンケーキくらいの軽いのにしようと言ったら

「どっちもやだ」という。で「肉が食べたい」と。

じゃあどこにする?と聞くと「任せる」というので、ガイドブックやスマホで調べていたら

TVをつけたのでカチンときて、「人に調べ物をさせてなにTV見てるわけ!?」と

ここで第一弾の怒りウエーブ。

 

とりあえず近くのショッピングセンターでレストラン探して、なかったらホテルで食べようということで出かけて行きました。

すぐ近くのSCには何軒かのレストランがあり、その中で夫がここがいいと選んだのは

「ストリップステーキ」でした。

想定した予算より高そうで一瞬迷ったけど、話題のお店だしせっかくだからと入ることに。

お願いすると日本語のメニューを持ってきてくれますが、会話は基本英語です。

何を食べるかメニューを見てあれこれ考えるわけですが、

夫は基本「これって何?」とか「1オンスって何グラム?」とか全部私に聞く。

オーダーも、「〇〇と△△と、◆◆」と私に言う。

だって英語できないし、とか何言ってるかわからないとかいうけど

それは私も同じなんですけど?とここで第2弾の怒りウエーブ。

 

帰り道、「次はどこに行こうかなー、NYとかいいよね」というので

行くのはいいけど、私に丸投げしないで自分でできることやってねと言ったらば

「えー、だって任せた方が安心だし楽じゃん」という。ここで軽いウエーブ第3弾。

 

極めつけは

「ハワイに来て食べた中で、昼にフードコートで食べた13ドルくらいのステーキが一番うまかったなー」と奴(すでに夫と呼んでない)が言ったとき。これで決壊。

 

もうさー、ツアー決めるところからなんでも人任せで丸投げで、わからないことは何でも聞けばいいと思って、自分で選んだことの始末もつけられない挙句文句言うって何なのもう!頼りにならないにもほどがあるでしょー。

 

旅行のレポを書くとき、この喧嘩の顛末も書こうと思ってた。

夫が頼りなくて、私ばっかり負担が多いって、私には落ち度がないでしょう?って。

 

ところが今朝PCを開いてツイッターを見たときに、こちらの記事のシェアが目に入り

読んだ瞬間シュルルっと凹む。。⇒引き寄せの法則?!からの「身強」論

 

 

なんでも私に決めさせて頼りにならない夫、と自分を正当化していたけれども

思うように決めたい、自分で仕切りたいのは私なのだ。

頼り甲斐のある夫だったらなんでも任せて安心できる、とうのは幻想に過ぎなくて

たぶん夫がどれだけ頼り甲斐を発揮したとしても

自分の意見が入っていないこと、選択権がないことにイラつくのは私のほうだ。

頼りにならないけど何も私の意見に口を挟まない夫であることを望んで

そういう夫婦関係を作っていったのも、他でもない私自身なんだ。

 

旦那さん頼りがいがあっていいわね、じゃない

旦那さんは頼りにならないけど、あかねさんはしっかりしてるわね

そういう評価を求めているのは自分。

この事実に気がついたとき、もう恥ずかしさでいたたまれなくなりました。。

 

夫婦喧嘩に限ったことではないのです。

先日きみまろ神社に行くとき、待ち合わせがちゃんとできるかどうか不安で仕方がなかったのも同じ原理

ちゃんとできてる状態が望ましいから、やったことのないことが不安でしょうがない。

 

おまけにもうひとつ

旅行が終わったら今度は仕事場の準備が待っています。

オープン後にはいくつかイベントの予定も入っています。

どう取りまわすか?それがずっと頭にあるのですが、これも同じでした。

 

自分の力量で全てを取り回しできるなら安心なのです。

でもありがたいことにいろんな人の協力で思った以上に反響があって

自分の想定を超えてきているのです、だから不安で仕方ない。

 

結局私はいろんなことをコントロールしたいのだと思います。

「自分で」「自分が」「自力で」

だから自分で手綱が握れるうちは余裕だし、それをこなせる自分カコイイ!くらい思ってるけど

キャパを越えたらもう一切手を出したくない。

コントロールしたい、コントロールできないことはやりたくない。

これが我欲でなくて何なのか。

「私は何も悪くないのに。」なんてどの口が言うかと。

 

そういえば昔務めていた職場で、コーチングのタイプ分けをしたことがあって

そのときは「プロモーター」という結果だったんだけど

どう考えたって「コントローラー」だよな、と今なら思う。

 

あそこに行きたい。これが食べたい。こんなことしたいって

自分一人の範疇なら別にいいんだよ。

知らない間に他人にもそれを求めてる(それも無自覚に!)

そういうのが所謂「圧」なんだろうな。

 

私は夫に「どうしたい?」とか「相談があるんだけど」とか言うけれども

向こうからしたら、どうせ何言っても聞かないんだし好きにすればよくね?って

まあ、ここまで投げやりにではないだろうけど、そう思っていることでしょう。

 

気づいてよかった。気づいたところでかわりゃしないだろうけど

知らずに振りまくのと、振りまいてるんだとわかったうえでやるのとでは

なにかが違うと信じたい。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:30 | 雑記 | - | -

未知のことを怖がり過ぎない

今回の「日帰り弾丸ツアー」、実は私にとって初めてのことだらけだったのですが

そのおかげで自分の中で見て見ぬふりしていたことがいろいろ浮上してきました。

 

今回初めてだったこと

1.直前まで詳しい行先を知らなかった

2.高速で行くので待ち合わせはPA(下道からも行けるところ)

3.初めて会う人と一緒に行く

 

実はこの1〜3、単体なら何も問題なかった。誘ってくれた人に丸投げでお任せしておけばいいし、待ち合わせ場所もナビがあれば行ける。

ここで第4の項目が明らかになりました。

4.待ち合わせ時間は朝の4:30

 

ここで私のメンタルが一気に不安に飲み込まれることとなりました。まず起きられるかどうかの不安、4:30にはまだ一般の駐車場が開いているかどうかわからなくて、もし開いてなかったら高速に乗らないといけない、そのためには待ち合わせよりも余裕をもって出かけないといけない。

 

私、高速を自分で運転したことがなく、そのことも不安に拍車をかけました。

前日一緒に行く人に、大丈夫だろうか?と不安を伝えてみたら

「大丈夫ですよ〜、全部天に任せたらどうにかなりますよ」というので、納得半分あきらめ半分。翌日に備えて21時過ぎから布団に入って寝る体制を整えました。

 

が。。。眠れない。

考えないようにしようと思えば思うほど目がさえる。自分がここまでビビリだとは思っていませんでした。

最初は心臓もドキドキしていましたが、どうせ焦っても眠れないのは一緒なので、寝ようとするのは止めてじっくり考えてみることに。

なんでこんなに不安になるのか、それは自分がやったことない・想定していない出来事に向きあってるから。

自分でコントロールできない状況で身をゆだねるしかないのに、そこが自分にとって未知だから怖い。

 

私がこれまである程度ちゃんとして、大きな間違いをせずに生きてこられたのは

《果敢にチャレンジして勝ち取ってきたから》じゃなくて《失敗しない方を選んできたから》だ。

これは山羊座的なのか天禄的かはわからないけど、どうなるかわからないけどやってみようではなく

1位じゃなくていいから最下位にならない方を選択してきた結果に他ならないんだな、と思いいたりました。

 

もっと考えてみたら、結局生きるって初体験の連続なのに、知らないからできない、やったことないから怖いって言っていたら、この先なにもできないんだよね。特に昨今物事のスピードがぐんぐん速くなって気持ちが追いつかないことが多いから、今回の出来事は私が抱えていた「このままだとどうなっちゃうんだろう?」という潜在的な不安が現実化しただけなんだな、と気がつきました。

そしたらすーっと落ち着いたわけですが、その時点で時刻は0:30を過ぎており、眠くないしここから寝たら本気で起きる自信もなかったので、このまま寝ないで行くことにしました。

 

そして朝待ち合わせの場所についたら、一緒に行く友人からまさかの「今起きた」のメール。まじか!と思ったけど、ちゃんと同行する人と合流ができ、ちょっと遅れたけど友人も無事に合流し、楽しい一日が過ごせたのはブログの記事の通りです。

どんなに準備しても考えてもそれを軽く覆すような出来事は起きるし、今起きていない出来事に不安になったり、上手くいかなかったことにフォーカスするより、ただその時々を大事にすればいい。

どうにかなるさ、は、いい加減にしてもOKっていうことではないけど、所詮人間が考えることなんて知れてるし、自分でコントロールできるほど人生はちゃっちくないわけです。

 

人事を尽くして天命を待つというけれど、自分にできることを精一杯やったうえで肩の力を抜いていいということを教わったような出来事でした。満月なのか土星なのか(はたまた両方か)非常に射手的な意味がある気がします。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:46 | 雑記 | - | -

主語は「自分」

今年になって、いろんな方に会いいろんなセッション受けてきました。

お正月に、今年はどんな年になるかな〜ってぼんやり夢想していたときとは

まったく中身も速さも違う(良い方に覆されてる)けど

ひとつだけ強く感じることがあるんです。

それは、

 

どんな人に会ってもどんなセッション受けても、それだけでは人生変わらない

 

っていうこと。

 

「〇〇さんのセッション受けたら△△って言われた〜」じゃないの

「〇〇さんのセッションで△△って言われたからやってみる、って自分が決めた」なの。

 

迷ったり不安になったりしたときに

誰かの意見やアドバイスが欲しくなることは

きっと誰にでもあるけど、肝心なのは

それを聞いて自分がどう思ったか・自分がどうするのか 

 

 

主語を「自分」にしてみること

とにかく何か動いてみること

これがすごく大事じゃないかと思います。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 07:12 | 雑記 | - | -

サービスって何だろう

このごろフェイズブックで繋がっている方から

軽〜い感じでいろいろなご質問をいただくことが増えたのですが

ここでまとめてお答えします。

 

これってどうでしょう?どうしたらいいと思いますか?というご質問

 

友人とか知り合いとしての答えは

「自分がやりたいならやれば」です。

 

占い師としての意見を聞きたい、というのであれば

それは《仕事》として正式にご依頼ください。

そうしたら私も本気でお答えします。

 

 

私の思うサービスは、無償で一方的に提供するものではなくて

対価の上に、さらに価値を乗せることだと考えています。

 

Posted by 八雲あかね at 20:13 | 雑記 | - | -

決めるのも動くのも自分

「コンサルあかね」やりまーす!と宣言したら

早速何名かお申し込みくださって嬉しい限りです。

 

とはいえ、準備が追いついていないのでいろいろ資料を作っています。

真面目な社員だったおかげで(?)意外といろんなことを憶えていてびっくり。

 

必要かな?と思う項目を全部書き出して、まず自分でやってみたら

とてもじゃないけど2時間でやれるボリュームじゃなかったので

ある程度絞り込みをする、事前に宿題として記入してもらう等

当日の時間を少しでも有効に使えるようにしていきたいです。

(通常メニューになったらフルバーションもやってみたい気はする)

 

 

作りながらわかったのは、私が提供するコンサルは

『こういうふうにしてください』という言葉ややり方を提示することじゃなくて

ご本人がどうしたいかという目的を明確にしたり

そのためにできることを具体的にするためのサポート。

必要があればそこに補助的に占いを加味するかもしれない。

だから、どうしたらいいかわからないので教えてください、

というスタンスの人には向かないだろうという気がします。

 

 

どんな言葉に感銘を受けても、すごい提案に心が躍っても何もかわらない。

大事なのはそこから踏み出して行動するかどうかだし

人は自分で決めたことじゃないと動けないし変われないと思うわけです。

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:47 | 雑記 | - | -

話す は 放つ

今日はちょっと足をのばして半田まで行ってきました。

何年か前、よくイベントでお邪魔していた場所の近くだったので

懐かし〜いと思いながらのドライブでした。

 

今日の目的は、とあるセッションを受けるため、です。

 

2月11日獅子座満月の日、意図しないタイミングで

忘れもしない「全米が泣いた」セッションを受けたのですが

今回はその結果を確認したくて、そしてさらに前に進みたくて

『意図』を持って予約を取りました。

 

 

今日選んだボトルとオイルは【癒し】と【祝福】

あなたはもう十分癒された、新しく生まれ変わる為の祝福

よく頑張りましたね、って言っていただけました。

お目にかかるその瞬間まで、まだまだだねって言われたらどうしよう・・

という不安でいっぱいだったので、杞憂に終わってよかった。

 

2月にセッションを受けてからずっと悶々とした行き詰まり感を抱えていて

それが先日の水晶リーディングで「全国で通用するコンテンツを持つ」という

アドバイスをもらったときに、ぱっと視界が開けた気がして

そういうこと考えたり目指したりしていいんだ、と思えた。

と同時に、本気で挑むならここから先は言い訳しちゃだめだ、と感じた。

だから2月の自分からどれくらい成長したか確認したくて

ruruさんに会いに行きました。

水星が逆行中だけど、振り返りだからむしろ今のうちに確認して

順行に戻ったらぱっと切り替えたかったし、新月の前に一区切りつけたい気持ちもあった。

 

たくさん言ってもらって、全部書くのも何だなと最初思ってたけど

「話すは放つ」を意識してみて、と最後に伝えてもらったので書くことにします。

 

自分の目線を変えるというけれど、それはどの程度の高さなのか。

今までが車のライトが当たる範囲だけだとしたら、ハイビームにするくらいなのか

もっと高いところからサーチライトのようにしたいのか。

覚悟さえ決まればどんどん高く高く行ける。

ただもう自分の中に他人の後始末なんかこりごりだという気持ちがあるので

他人の世話を焼きすぎることと境界線が曖昧になることは、自分でもうしない!と決めること。

きちんと割り切れるようになるのは8月くらいまでかかる(←土星が順行に戻る頃か?)

仕事に関しては太い線が繋がったのであとはやるだけ。

仕事の柱は3本、太い大きな1本とサポートする2本。(←これは今の段階で占いがメインかと思ったけど、どうもコンサルがメインになっていくらしい)

 

プライベートな面では、家族に対する罪悪感が一番の弱点であること。自分だけ楽しいことしてごめんって思ってるけど、そこはありがとうじゃないかな。

お子さんが小さいときから仕事をしているためか、どこかで子供に不自由させて悪いと思っている。もしかしたら自分がして欲しかったような親子関係をお子さんに投影しているかもしれない。でももういらないでしょ?

 

あかねさんというキャラは、弱い自分を守るためにあえて強く設定したキャラだけど、そういう呪いをかけているのは自分自身。

本当のあなたはそんなに弱くてかわいそうじゃない。

本名の人格もあかねという人格も、どっちもひっくるめて自分自身であること。

もっといえば生い立ちも傷やトラウマじゃなくて、それがあったから今の自分があるということ。

でもちゃんと手放して完了!といえる日は来る。

不完全でもいい、ということを受け入れる。それは仕方がないと諦めることではない。

全部受け入れられるようになればそこに感謝が生まれる。(←これ大事)

あと、自分がストイックに物事に向きあうからといって、他人にそれを求めなくていい。

やるやらないは本人の自由。そこに憤りが生まれるのは、本来ならやらなくてもいいことまでやってしまっているから

「こんなにやったのに!」ってなるだけ。

 

今は土台を作るとき。自分のやりたいことや信念を固める時。

何があっても土台が揺らがなければ大丈夫。

揺るがない土台、それは自分を愛して信じること。

 

 

長い・・そのうえ文章としてもまとまってないし箇条書きにすらなってないけど

言われたことを家に帰ってから可能な限り思い出してメモしたことを列挙してみました。

 

 

ruruさんがセッション後、FBにメッセージを書いてくださったのでここに残します。

 

今日のキーワードは「意図」
意図が明確になれば 芯がぶれることはない
高く高く登る時
揺らがぬものが必要となる
揺らがぬもの
それは
自己への信頼

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:18 | 雑記 | - | -

ヤギ様の椅子〜水晶リーディングレポ

さて。

 

ミズマチ先生のセッション会、最後の枠をちゃっかり予約していたのは私です。

選んだメニューは水晶リーディングです。

聞きたいことを言わずに、ただ思い浮かべてくださいと言われて待つことしばし。

 

 

いきなりですが私のリーディング結果はこれ。

 

今回のリーディングは5つキーワードで構成されているそうです。

 

1.問題、障害

波止場でギターをかきならしている。小林旭ぽい。背景にはレインボーブリッジのようなきれいな橋。だけど全体的にチープで、セットのような感じ。そしてここには観客がいない。

 

2.自分の気持ち

雪もないのにそりのようなものに乗っている。小さなランタンを持った人と向き合っている。奥に見えるのは植物でできたアーチのようなもの。

 

3.環境、または相手の気持ち

まんなかにあるのは金色に光る「いいもの」それをみんなで囲んでいる。だけどその真ん中が黒く澱んでいる。そして周りを囲んでいる人の中にあかねさんがいるようだけど見分けがつかない。

 

4.結果

教会の中、窓を背にしてはりつけにされている

 

5.アドバイス

立派な椅子に座っている。帽子の高さが身分の高さを表している。手に持った本(経典?)を読んで聞かせている。

 

しょっぱなの絵から「なんだこれ♪」とクスクス笑いながら描いてくださいました。

 

 

思い浮かべた質問は仕事について。です。

 

自分がなんとなく考えたり感じたりしてたことが、ここまであからさまになるんだ・・

ということに驚いて笑うしかない。

 

ここのところずっと、自分の立ち位置とか方向性とかについて迷いがあったんですよ。

現在逆行中の金星と土星が、ずっとネイタルの金星火星にアタックかけてきてたから

気持ちも後ろ向きだったし。

やりたくないことはやりたくないって、ちゃんと言わなくちゃという気持ちもあったし

そういうのが如実に出ちゃっていましたね。

 

「実際3と4は問題だと思うんですよ。」

ミズマチ先生がまじめな顔で仰るので、私の背筋も伸びます。

なにしろ[はりつけ]にされちゃうんだから。

 

「呼んでもらっといてこんなこと言うのもなんですけど、こうやって私たちを呼ぶスタイルはもうやらなくていいと思うんですよ。もしやるとしたら今回のようなサポートではなくて、同じステージに演者として上がらないと。むしろあかねさんのイベントのついでにゲストで呼ぶくらい、そういう立ち位置じゃないと」

「はりつけ、っていうのは崇高みたいだけど、実際一人で泥をかぶらされる、みたいなこと。矢面に立たされるとか、面倒や責任だけ背負わされて損する、そういうことが起きる可能性があるっていうこと」

 

思い当たること・・・・ありありです。

個別にこんなケースがあって、みたいなことは書きません。

特定の誰かをディスりたいわけじゃないし、実際決定的ななにかがあったというよりは

小さいことが重なって重なって溢れた、というほうが近いので。

 

なんでこうなっちゃうんだろう?

最初は「こういうふうに進めていきたい!」って明確に意思をもっているのに

いつのまにかグダグダになってしまう。

「月木星海王星のハードアスペクト持ちは、浸食されやすいから<こんなはずじゃなかった>ってなるんだよね」とミズマチ先生。

そうなんですね。。ちーん・・

 

 

アドバイスの絵は、タロットの法王のようでもあり皇帝のようでもあり

立派な椅子に座ってどんと構えて動かない感じ、なんだそうです。

そういえばお正月に受けたときも「動かない」っていうのはキーワードだった。

 

早く自分のサロンを作って、自分が行くのではなくお客様に足を運んでもらう。

私はそう感じたけれど、ミズマチ先生のアドバイスは

「日本全国どこでもできる[あかねコンテンツ]をつくること」だそうです。

どこに招かれてもヤギ様用の椅子が用意されている環境、だそうです。

 

 

今すぐになにもかもをガラリと、というわけにはいきませんが

仕事に対する気持ちとかやり方とか

そういうのを少しずつ変えていこうと思います。

(たぶん気持ちの上ではとっくに方向転換してたはずだけど)

 

お茶会とか、オープンでやってみようかな。

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:55 | 雑記 | - | -

春がきた

こんにちは、八雲あかねです。

 

電車に乗っているとき、夏と冬は「早く家に帰りたい」と思うのに

春と秋は「このままどこか行きたいなぁ」という気分になります。

(私は電車の旅が好き)

 

今日は名古屋方面に行ったのですが、どこかへ行きたくなったので

もう春になったんだなと感じます。

 

どこに行こうかなー

射手金星&9ハウス月&龍高がウズウズする

 

 

 

話は変わりますが、先日の撮影会でサロンを貸してくれた友人に会ってきました。

当日彼女はいなかったので、

出来上がった写真も見てみたいし、どんな様子だったか聞かせて!ということで。

 

 

カメラマンさんに撮ってもらったものはもちろん、

みんなのスマホで写してシェアした写真とかも見せてあげたら

すごく喜んでくれて、こちらも嬉しかった。

 

ひだまり咲花さんに描き下ろしてもらった言葉も

しみじみ嬉しかったそうで

これからはあの言葉通り、もっと「人と人をつなぐ」ことを

考えていきたい、なんて話していました。

 

 

メイク&撮影はすごくすごく楽しい時間だったけど、その場だけにとどまらず

喜びが連鎖していくようで、やってよかったなー。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:43 | 雑記 | - | -

超合金を脱ぐとき

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は身体メンテナンスDAYで、いつもお世話になっている紀子さんのサロンに行ってきました。

先日紀子さんから衝撃のカミングアウトがありました。

「あかねさんの身体はどうやっても奥まで施術が届かなくて、なんでだろうって思ってた。この前の満月の記事を読んで、ああ、だからかって思ったよ。これで変わるんじゃないかな。正直もう私じゃムリだし、心から『また来てください』って言えなかったんだよ」

えええ〜〜!?まじで。。

 

だから今日は内心ドキドキしながら行きました。

いつもは施術されながらずっとおしゃべりするんだけど、今日は自分の身体に意識を集中しようと思って黙っていたし

紀子さんも今日は話さないでやるつもりだったそうです。

 

変わったね!指が入るようになったよ、

でもまだやっと変わりかけた、というレベルだからね。と言われてホッ。

 

50年かけて固めてきた身体が、10日かそこらで激変したら

それはそれでどこかが歪んで大変なことになると思うし

かといってまた50年かけてゆっくり戻す程の時間は私にはない。

慌てないで、でも少し負荷をかけるくらいで身体と向き合わないとね。

 

変な話ですが、私今までずっと自分が冷え性だと思ってなかったんですよ。

手足はいつも温かい、むしろ温めると火照ると感じていた。

でも実はそれって体の中心がキンキンに冷えていたから、対比として温かく感じてただけ。

それなのに、さらに自分の身体を痛めつけるかのように、氷を食べる癖があって

自分で自分を徹底的に痛めつけてたわけです。

頭では良くないってわかっているのにやめられない、冷凍室に氷のストックがなくなると不安

本当にメンタルを病む寸前、いろいろギリギリだったのかもしれません。

 

それが、最近そういえば氷食べてない、とふと気がつきました。

喫茶店でお水に入っていた氷を口にしたことはあるけど

家でひっきりなしにボリボリ食べる、みたいなおかしなことはしていない

あんなに頑張って止めようとしてもやめられなかったのに

 

何か一つ大きなきっかけがあったというより、小さなあれこれが重なってそうなった

でも心が変われば身体も変わる、という事実に驚きです。

 

 

 

これは先週、メイク&撮影会後の夕食風景

 

この時に紀子さんと私、一緒にいた玉紀さんとゆらさんに

「超合金スーツを装着してる」と言われました。

本来なら感じているであろう感情もなにもかも全部押し込めて

感じないようにして生きてる、らしいです。

 

このあと紀子さんもいろいろパッカーンな出来事があったそう。

 

がっちり着込んだ超合金スーツ、やっと脱げた。

(まだネジが外れただけかもしれないけど)

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:19 | 雑記 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile