本音で生きるのは自由だけど振り回されるのはごめんだ

しばらく前のことになりますが、友人と話しているときに聞かれました。

「直感で生きる派の人のことをどう思う?」

 

直感で生きる派というのは、

自分の気持ちとかインスピレーション、本音を大事にして生きる人たちのこと。

(↑これ、正直に告白するとちょっと揶揄してるというか、ディスっています。)

 

なんでも、セッションの予約当日に

「あ、違う予定入れちゃいました〜」

「今日気持ちが乗らないのでキャンセルします」

という感じで、5件くらい立て続けにドタキャンされたことがあったそう。。。

 

私は個人的に、直感で生きる派の人たちを否定はしないけど

自分とは交じり合わない文化の人たち、という認識でいます。

 

私は仕事でのドタキャンはないけど、プライベートでは何度か経験していて

昔は、そういうのおかしいよね?約束は守らないとだめだよね!と怒っていたけど

今はもう文化が違うんだからしょうがない、と思う。

だからといって、そういうのいいと思う!と肯定してるわけではないので

そっと3歩下がる、という感じかな。

 

自分の気持ちに正直に生きるって大事だし、

本音あってこその建前だとも思う。

ただ上にも書いたけど【文化】が違うので、

自分がいいと思うこと=相手もいいと思ってるわけではないという

認識は必要なんじゃないかしら。

 

例えば仲のいい仲間内で、

「今日は気分乗らないからやめとく、ごめんね〜」

「いいよー、気にしないで!」が通用するならやればいいじゃん、

だけど違う文化に持ち込むな、と思うわけ。

 

例えば、予約している美容院や歯医者さんが

今日は髪を切る気分じゃないのでお店休みます、とか

今日は海を見たい気分なので休診です とか

そういうことを言ったとき、ニッコリ笑って

自分と同じ感覚の人で嬉しい!と思えるかどうか。

 

 

 

自分の気持ちに正直に生きるっていうことは

その結果も含めて請け負う覚悟と責任を伴うんじゃないかと思う。

自分は、自分の気持ちを尊重する

けれど他人がそれをどう思うか(どう思われるか)はコントロールしない。

私の気持ちは、他の人も尊重すべき!って要求したり

自分はやるけど、人にされたら許さないっていうんだったら

それってただのエゴじゃん?

 

 

話は戻りますが、冒頭に出てきた友人は

「こういうこと(ドタキャン)は他人にいい顔して、

なんでもいいよいいよって言っていたからなんだよね。

それって、相手から”どんな扱いしてもいい人”と認識されてるってことで

結局自分のことを大事にしていないせいなんだって思った。」

と言っていました。

 

その後、キャンセルポリシーなどもちゃんと決めたそうです。

その結果離れていった人もいたし、それでも残ってくれた人もいたけど

仕事はやりやすくなったよ、だそうです。

 

Posted by 八雲あかね at 20:32 | 日々の徒然 | - | -

まぜるなキケン

1年ちょっと前から、万年筆と万年筆インクの沼にどっぷりとはまっています。

最初はとにかくいろいろな万年筆を使ってみたくて

いろいろなインクを使ってみたくて

あれも欲しいこれも欲しい!と書い漁って

ペンケース3つ分、36〜40本くらいの万年筆とインクを所有していたんですよ。

 

半年くらい経った頃から、量より質を求めたくなって

本数を減らす代わりに、本当に気に入ったものを持ちたいと思うように。

定期的に、持っている万年筆にどんなインクを入れたかリストを作るんだけど

20本からなかなか減らない。

普段よく使うのは5〜6本なのに、なんで減らせないのかなと思ってたんです、ずっと。

 

それが昨日の夜、突然はっと気が付いてしまった。

 

私は割とこだわりが強くて、万年筆の軸とインクの色を合わせたり

名前にちなんだ色のインクを(星座模様のペンに月夜という名のインクを入れるとか)

この組み合わせ!と思うものを作りたがる質がある。

だからものすごく書き心地がいい万年筆にそれほど好きでもないインクを入れてたり

すごく気に入ったインクを入れる軸がないから、新たに買い足したりしてたの。

 

インクはインクで、万年筆は万年筆で、それぞれ好きな順に並べて

好きのもの同士を組合わせればいいじゃん。

一緒にして考えるから迷うし

この組み合わせじゃなくちゃダメというのが

自分の作った「思い込み」「固定概念」だと気が付いたとき

目からウロコが滝のように落ちた(笑)

 

これだけあればいい。

 

そう気が付いて周りを見回してみたら

世の中には混ぜて考えちゃいけないのに、一緒くたにしてこじれてるものが多いことに

今更ながら気が付いちゃったわけです。

 

事実 と 感情

愛情 と 承認欲求

愛情 と 支配

謝罪 と 言い訳

 

よくある「仕事と私、どっちが大事なの!?」とかもそうだよね。

そもそも同じ土俵の上にない。

 

物事がこんがらがって、迷ったり答えが出ない時

もしかしたら混ぜなくていい(混ぜちゃいけない)者同士を一緒にして

どっちが良いかぐるぐる考えたりしてませんか?

 

みなさんのまわりにも「まぜるなキケン」あるんじゃないでしょうか。

さがしてみると面白いかもしれません。

 

分けて考えたら、答えはわりとシンプルかも。

 

Posted by 八雲あかね at 14:26 | 日々の徒然 | - | -

飴ちゃん論

緊急事態宣言が解除されて日常が戻りつつありますが

たぶん全く前と同じには戻れないと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

感染が広がって自粛している期間は誰もが多かれ少なかれ

見えないウイルスに対して、仕事や経済的なことに対して

不安になったのではないかと思います。

 

 

人は核となる部分に本質とか本音を持っていて

社会性とか、マナーとか、常識とかと言ったものがその周りを

包んでいるようなイメージがあって

不安になったり余裕が無くなったりすると、周りを包んでいるいろんなものが削げて

本質がむき出しになるような気がします。

 

コロナを機に周りの人に対して

「あれ?この人こんな人だったっけ?」と思ったりしたことありませんでしたか?

それは良いギャップ(なんか見直した!)かもしれないし

悪いギャップ(幻滅)かもしれないけど

なんとなく感じたあれ??という感覚はたぶん間違ってないはず。

 

相手が善人か悪人かということじゃなく

あなたにとってどういう存在かという意味で、です。

 

飴をなめて、最後まで味が変わらないか

中にもっと甘いジャムが入ってるか

最後の最後に苦い何かが出てくるか、みたいな感じ。

これが人間飴ちゃん論

 

 

でも本質に苦い何かを持っているとしても

それに触れられるくらい近くに寄らなければ

お互い気まずい思いをしなくても済むわけで、

感染予防という目的だけでなく

お互いの心の安定のためにも、程よい距離感は大事ってことです。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:22 | 日々の徒然 | - | -

やっと日常が戻ってきた

およそ1ヶ月ぶりに通常モードに戻りました。

 

今日から夫も会社へ出勤。

といっても今日は復職の手続きやら上司との面談やら挨拶で

仕事に戻るのは明日以降ですが。

 

ゆっくりゆっくり元のペースを取り戻してくれればいいなと思っています。

 

家族が

朝、行ってきますと出かけて行って

夜、ただいまと家に帰ってくる

こんな普通のことも、当たり前のことではないんだなと

いろいろ考えさせられる1ヶ月でした。

 

 

夫はTVっ子なので、家にいて起きてる間はずっとTVがついてるので

家の中に音が無いのも

1人だけの時間も、なんか久しぶり!っていう感じです。

 

とりあえず今日は、家中の窓を開けて掃除してやったぜ。

 

 

Posted by 八雲あかね at 12:45 | 日々の徒然 | - | -

最近のあれこれ

GWに行楽に出かけないのはいつものことですが

家族みんながどこにも行かずに家にいて

毎日、昼食・夕食を揃って食べるなんて初めてのことじゃないかな。

今週いっぱいはまだ家族もお休みなので、もう少しGWが続きます。

 

さて、先月からのStay Home 月間中のあれこれをちょっとまとめてみました。

 

■減塩意識の高まり

心筋梗塞は生活習慣病なので、お医者さんからは真っ先に禁煙の指示が出て

その次は「とにかく塩分を摂りすぎないこと」と言われました。

 

やり始めるとはまるタイプ

 

塩分計と軽量スプーンも

 

 

■やっぱり喧嘩は勃発

同じ「塩分に気をつけて」という話も

お医者さんに言われると、黙って聞いてしょんぼりするくせに

私が言うとうるさそうな顔をする牽牛夫。

こちらだって好きで言ってるわけじゃないのに!と嫌な気持ちになるのは否めません。

それで何度か険悪ムードになりました。

でも疲れちゃうので、夕飯は薄味メニューを作るけど

朝と昼はお好きにどうぞ、というスタイルに落ち着きました。

 

 

■コロナの影響

退院して家に戻ってきてからしばらくは、コロナが脅威でした。

基礎疾患があるから感染したらアウトなわけで

自分が感染するかもしれない(被害)心配より

自分が感染してそれを夫に移してしまう(加害)恐怖のほうが強かった。

少し回復して元気になると、買い物などに出たがるようになったのも気がかり。

 

 

■コントロールを手放す

食事もそうだし、コロナのこともそうですが

イライラするのは、相手をコントロールしようとするから。

私が何とかしなくちゃ!と気負ってしまうから。

そして牽牛夫はコントロールされたくないよねきっと。私だって嫌だ。

会社に復帰したらなおさら、どうするか自分で考えないといけないしね。

 

 

■健康不安

やっぱり考えちゃうよね。

もし私がなったらどうだったろう?とかも。

還暦のお祝いって、60歳なんてまだ若いのに!って以前は思ってたけど

60歳前後はエアポケットみたいにガクンと下がると体感してる。

とりあえず今は夫婦して「親より先に死んだらだめ」というのを合言葉にしてる。

 

 

■仕事のこと

これから先の戦略だとか、対面じゃなくてもできる体制やメニューとか

いろいろ考えるべきことはあるんでしょうけど

実はなにも考えてません。。。

自営業としては甘いしぬるいんでしょうけど

がっつり家族と向き合うという体験はきっと無駄にはならないと思う(と信じたい)

 

 

■ZOOM

ZOOMを入れてみました。

ちょうど夫が入院する前の日に、みんなでエアお茶会やりたいねって友人と盛り上がりまして。

じゃあZOOMを入れてみるから今度テストしよう、なんて言ってたのが

そのままになってるんだけど、家に家族がいるから繋ぐのはちょっとなーと思って。

来週、通常モードに戻ったら使ってみようかな。

 

こんな感じ。

来週になるとお休みモードから通常モードに切り替わるだろうから

今後のことはそれからゆっくり考える予定です。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:56 | 日々の徒然 | - | -

優しい記憶

GWが始まりましたね。

 

とはいっても、我が家は自宅療養中の夫が4月半ばから24時間家にいますので

何も変わったことはないんですが

朝、ゆっくり寝てていいという解放感があります。

 

 

 

インスタで今、いろいろなバトンやリレーが流行っているようで

私のところにも回ってきました。

#祈りのおむすびリレー

 

私のところにバトンを回してくれた人も

私からバトンを受け取ってくれた人も

おにぎりにまつわる思い出を語ってくれていて

ほっこりとした気分を味わうことができました。

 

なんかおにぎりって派手じゃないのに

作る側にも食べる側にもなにかしらの思い入れが

介在する不思議な食べ物だよな、と感じます。

 

ちょっと優しい気持ちになったGW初日でした。

 

別に現実逃避じゃないですけど

楽しいこと・好きなことに目を向けるって大事じゃないでしょうか。

 

私はこの子たちを見て、使って、癒されます。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:50 | 日々の徒然 | - | -

日常と非日常は背中合わせ

この4月は(といってもまだ半分しか終わってないけど)

 

ハァ!?マジで!?うそ〜!?本当に!?

 

と思うことの連続でした。

 

コロナの感染も

志村けんさんの逝去も

緊急事態宣言も

夫の心筋梗塞も。

 

昨日は昨日でダメ押しみたいな出来事がありました。

 

夫はCCUという心疾患の管理センターみたいな場所の個室に入院していたのですが

一昨日の夕方に一般病棟に移動すると聞いていました。

それで昨日お見舞いに行ったらいきなり

「今日退院だって」と聞かされてはぁ?と固まってしまいました。

 

入院の目安はだいたい10日くらいと聞いていて

早くて今週末くらいかなと想定しており

退院時の洋服は一般病棟に移ってから持っていくつもりでいたので。

予定日数の半分で退院するって、ねえ。

 

心筋梗塞で心臓に受けたダメージは割と大きいらしいんだけど

調子よさそうなので残ってる検査、まとめてやっちゃいましょうと

その結果、点滴も心電図も必要なくなって寝ているだけなら

退院してもらって大丈夫です、という話らしい。

 

慌てて家に洋服を取りに戻って退院してきたわけですが

なんかいろいろもう目まぐるしすぎて心がついていかない(笑)

 

まあ正直、朝ご飯の後薬を飲む以外

病気を意識させるものは何もなくて

家でダラダラ過ごしているという状態があるだけなので

入院していたのは夢だったのかなと錯覚しそうになります。

それくらい表面上は先週と同じ生活が今週も続いている感じ。

 

だけど、実際は(特に夫にとっては)天地がひっくり返るほどの大変化なわけで

昨日、病院からの帰り道に

「俺さー、この年になるまで結構いい加減に生きてきたなと思ってさ。

行きたいところには行く、会いたい人には会うって大事だって思った」

なんて言っていました。

 

これが、喉元過ぎればなんちゃらにならないように

私も心がけていかないとな、と思います。

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:40 | 日々の徒然 | - | -

2ヶ月前の言葉がもう現実に。

夫が入院している病院の栄養士さんから食事についての

面談指導を受けてきました。

高血圧とか動脈硬化とかは生活習慣病なので

日々の食事に気をつけることで予防できる部分が大きいのだそうで。

 

それとは別に

ちょうど夫が入院したタイミングで、息子が足が痛くて整形を受診したところ

なんと血液中のリウマチ因子が高いことが判明しまして

お薬を服用することになったのですが、ちょっと副作用も強いらしく。。

 

これから私は

高脂血症や高コレステロールを予防する

動脈硬化にならないようにする

リウマチが出ないようにする

ための食事を作らないといけないんだな〜と思って。

 

早速本を買ってみた。

 

 

現実問題、夫が入院して息子と二人だけだと

食事のメニューもつくる量も変わってきていて

冷蔵庫にある食材を無駄にしないように

小分けしたり下ごしらえして冷凍庫にいれたりしながら

ふと思い出したことがあるのです。

 

2月の頭に、「1年後の自分から手紙をもらう」という企画があって

面白そう!と軽い気持ちで申し込んだんですよ。

 

「料理をするのがすごく楽しい!」って書いてあって

それも2回も書いてあって、最初は全然ピンとこなかったんです。

 

 

台所で野菜を刻みながら、こういうことか、と思いました。

正直今はまだ「楽しい!」という境地ではないんだけど

私の生活の中で料理や食事のウエイトが大きくなるのは間違いないですから。

何か月かして、健康面や体型面で変化が出てきたら

楽しいと思えるようになるのかなという気はしています。

 

 

これはパラレルの未来のうちの、1つの可能性なので

絶対そうなる!というより、楽しんで受け取ってくださいね〜と

セラピストの方からコメントもいただいていたんですが

それにしてもやっぱり現実化の速さよ。

Posted by 八雲あかね at 11:03 | 日々の徒然 | - | -

コトダマノチカラ

最近、特に年末くらいからでしょうか。

何の気なしに口に出したことが

ものすごいスピードで現実化します。

それも想定の5倍くらいハードモードで。

 

 

満月の記事を書いたのはたぶん先週のことで

天秤座満月だから、パートナーシップや人間関係の見直しタイミングだと書きました。

 

そしたらそれから何日もしないうちに

夫が仕事中に救急搬送されたんですよ、心筋梗塞で。

担当の先生から

同居しているご家族を呼んでおいたほうがいいかも、と言われたときは震えましたが

幸い処置も早く命に別状ありませんし、じきに退院します。

 

いくらパートナーシップを見直すといっても、

こんな究極の2択みたいに突き付けてこなくてもいいじゃんと思うわけです。

もうちょっとソフトでも良くない?と。

 

 

それとは別に、年末に来年はちょっと小綺麗になりたいと口にしたら

アレルギーやら一気にいろんな不調が噴出して

挙句ギックリ腰からの骨盤矯正もする羽目になって

体質改善しろってことか〜と思っていたのですが

 

これから自分の管理はもちろん、夫の食事にも気をつけなくてはいけないし

同じタイミングで息子にも不調が発覚したので

本格的に生活習慣や食事内容を見直さないといけなくなりました。

 

 

本当に笑いごとで済んで良かったけど

あかねさん、リターンがいちいち派手だよね、と友人に言われ

うっかり下手なことを言えない。。。とガクブルしている今。

 

 

でも。

 

言葉が現実化するのなら。

予想の5倍くらいの速さとボリュームで叶うなら

叶えたい事を言えばいいってことだ。

 

Posted by 八雲あかね at 16:33 | 日々の徒然 | - | -

山もあれば谷もある。それでも花は咲く。

昨日は入学式や入園式がおこなわれたみたいですね。

 

近くのSCに買い物に行ったら、入園式帰りと思しき親子連れを何組も見ました。

こんな時期だし賛否両論あるでしょうが

安全に十分配慮した状態でおこなうのであれば

お子さん自身にとっても、親御さんにとっても

『成長を祝う節目』として良かったのではないかと思います。

 

 

その一方で、息子の中学時代からの友人は

5月に予定していた結婚式を延期にすることにしたそうです。

 

 

 

今日にも緊急事態宣言が発令されるようですね。

私が住んでいる愛知は、今回対象区域になっていなくて

ツイッターでは「名古屋とばし」のハッシュタグがついていたりしています。

 

数字だけ見ると感染者数が多い(昨日のニュースでは全国で5番目くらい)のですが

感染経路が分かっている人の割合が多いことや

感染者数の伸び率が少ないことから、対象から除外されたと推察します。

 

これはあくまでも、今の状態を維持できれば爆発的な感染拡大につながる危険性が低い

というだけで、対象外=安全という図式ではないことを理解しておかないといけないですね。

 

 

それぞれができることを。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:07 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile