プライベートは頑張らない

このところずっと射手座の土星が、私のネイタル金星の上にいます。

もういいかげんどんよりしてきたので、早く来週になって山羊座に抜けて欲しい。

私の出生図は、射手終わりの金星から山羊初期の火星太陽水星合までずっと繋がってるので

土星が山羊座に入っても影響はあるんだけど、

相手が火星や太陽ならまだましなのだ。

何とかしなくちゃと思うし、何とかできる余地があるから。

金星はダメ。

受動天体だし、なんといっても喜びや楽しみ、愛情を司っているから。

特に私の場合は2ハウスだから、自己価値が下がったりお金の問題に影響が出ます。

 

そんな話を友人にしてたらひょんな流れでセッションを受けることになり。

で、みてもらったところ今の私の状態は

疲れている・頑張りすぎ・休息を欲しがっている みたいです。

そして改善策としては

思い切り甘える・頑張らない・わがままを言う でした。

 

ここで言われた「甘える」は、無条件に愛される癒されるの意味では無くて

別にやろうとおもえばできるけど無理をしない、という意味合いなんだって。

 

 

そっか〜、そういうことかとちょっと腑に落ちたことがあって

約束していた集まりをキャンセルすることにして

その場で断りのメッセージを入れました。

 

プライベートの集まりで、なんとなく面白そうだからやる?というノリの企画

なんとなく言い出しっぺだから、、と、日にちを決める時の取りまとめはしました。

その時に

「やっぱり頼りになるね」とか「任せて安心ですね」と言われたのが実はずっと引っかかってた。

言ってくれた人は本気で褒め言葉として言ってくれたんだということは理解してます。

仕事で言われたら本当に嬉しかっただろうし、どれだけでも頑張れる。

でもね、プライベートで頑張りたくない。全部自分の肩で背負いたくない。

 

日にちが決まった後、こうして欲しいという要望があったら出してねと投げたのに

こうしてもらいたいという要望も、こうしたらどうかなという提案も

誰からも出ない、返事もないままずっと宙ぶらりんになってるのがすごくストレスでした。

頼りにされたらそこまでしないとダメなの?って。

 

 

これは私のパターンなのですが、どうしようかな〜と思ってる時は既にNOなんですね。

やりたいことや、やらなくちゃいけないことだったら考える間もなくやっている。

 

いきなり抜ける宣言された側の人たちは驚いたかもしれなし

だったらもっと早く言ってよという気持ちだったかもしれなくて

その部分は本当に申し訳ないのですが。

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:57 | 日々の徒然 | - | -

今日できることは今日やる

昨日の朝、起きる直前に

私はどこかに用があって慌てていたんだけど、とある場所の前を通りかかって

「ああ、帰りに寄れたらいいなぁ。今16:30だけど間に合うかな?」と思っている

という夢を見ました。

 

起きてすぐ、

あんな夢を見たなら行ったほうがいいかな、今日もいけるけど明日の方がいいかな

今日は仕事だけど明日は予定ないし。

なんて考えたんですが、朝夢を見てあんなに慌てていたならすぐに行こうと思い直して

行ってきました。熱田神宮。

 

意味があるかどうかはわからないけど

信心するに越したことはないですから。

 

お参りを済ませて、温かいぜんざいを食べて、午後はお仕事。

 

 

帰ってからも、いろいろやれることはやっておこうと

終末のお茶会の準備や、東京の告知なんかを頑張りました。

 

 

そして今日。

本来なら何の予定もなくて、明日から出かける準備でもしようか

なんて思っていたら突発的事案発生。

現在はどっちも解決したけど、明日でいいやって先延ばしにしていたら

ちょっと大変だったかも、と思った一日でした。

 

 

明日と明後日は所用で留守にします。

メールは確認できますが、お返事は少し遅れるかもしれません。

鑑定のご依頼などは20日以降に改めてお返事させていただきますね。

 

 

☆こちらはお休みの間も受付中☆

『やりたいことを形にしたいあなたのためのコンサルテーション』

 

専用のお申込みフォームはこちら → 

Posted by 八雲あかね at 15:56 | 日々の徒然 | - | -

あかねいろの灯り

ランプを作ってもらいました。

ステンドグラスに見えますが、『グラスアート』という

フィルムを張って作る手法だそうです。

 

柄は、いくつかあるパターンの中から選びますが

配色は全部自分で決められます。

私が選んだのはバラの図案で、色は暖色系。

夕暮れのバラ園をイメージして作って欲しいとお願いしました。

 

バラは私の月星座である獅子座の象徴として。

夕暮れは あかね色。

 

八雲あかねは本名じゃなくてビジネスネームなのですが

この名前を付ける時、五行の中で自分が持ってないものを補完しようということで

私は、子月の癸生まれというとても冷えた命式だし

人体星図のなかに鳳閣調舒もないので、火を足す というのがテーマでした。

 

火にもいろいろあるけど、火から連想するイメージはなに?と聞かれて

最初に思いついたのは たき火 でした。

少し寒いとき、ちょっと疲れちゃったとき、ほっとできる。

だから最初の名前の候補は「あかり」だったんですよ。

(諸事象があってその名前は選択肢から外しましたが)

 

あかり は ともしび(調舒)

あかね は 夕焼け(鳳閣)

あかりだったら個人鑑定で人気が出そうだし、あかねだったら講座とかバンバンやってそう。

そんなことを話しながら名前考えたなぁ。懐かしい。

 

 

オフィスは窓が多くて明るいんですけど、エアコンをつける時に仕切りを閉めちゃうと

玄関はとても暗くなってしまうので

冬になったら玄関にランプを置きたいなって思って試しに置いてみたら

そんな名づけのプロセスをふと思い出しました。

 

 

◆今お知らせ中のあれこれ◆

 

ホットコーヒー10月11日(水)陽転お茶会@あかねオフィス  残席2

 

王冠210月20日(金)プレシャスお茶会@ストリングスホテル 残席2

 奥本裕子さんとのコラボで、あなたの本質を一緒に見つけましょう桜

 

Posted by 八雲あかね at 13:01 | 日々の徒然 | - | -

千里の道も一歩から

お休みだったので、思い立って竹島へ

今度の東京のイベントがうまくいきますようにと祈願しに。

 

たくさんの人の役に立つことを提供できるよう努力するので

どうか応援してください、とお願いしてきました。

 

参拝後に引いたおみくじ。

 

強い意志を持って励めば、いかなる大事も成就し、成功すること疑いなし だって!

 

気分が良くなったので前祝?にケーキ食べちゃう。

 

いちじくと紅茶のケーキ

 

明日未明が満月なので、帰り道にオフィスに寄って換気しつつ

石を月光浴させるべくスタンバイ

 

 

風が気持ちよくてまったり。

明日からまたがんばろう

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:50 | 日々の徒然 | - | -

オフィス好き

最近オフィスの居心地が良くて。

 

もともと資料作ったり、お茶会や講座の準備をするのは

自宅のダイニングテーブルだったんですよ。

今もプリンターを使うときは家でやってます。

 

この前の日曜も家で作業していたんですが、夫がTVをつけたんですね。

その時に、ちょっとうるさいなってイラっとしたんです。

(もちろんそのイライラを夫にはぶつけていませんよ)

自分が欲してない音や映像が流れ込んでくるってこんなに不快なんだなって

静かに集中できる場所を持ってみて初めて気がつきました。

 

冬なんかは、煮込みものとか料理しながら仕事できて楽、と思ってたけど

家に半日いるより、オフィスに2時間いる方が全然集中できる。

 

 

この頃涼しくなったので花も飾れるようになったし

窓から吹き込む風も心地よくなったし

行くたびに、「あぁ〜幸せ♪」と思う。

 

 

 

 

私にとって居心地のいい空間に育ったら

今度は、もっとたくさんの人に来てもらったり、

新しい可能性や企画を生み出す拠点みたいに活用していきたいです。

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:02 | 日々の徒然 | - | -

揺るがない軸をサポートするアイテム

オフィスをオープンした時、お守りになるようなアイテムを置くといいよ

というアドバイスをもらいました。

私は影響受けないから別にいいよ、と言ったら

守るというか整えるのは、あかねさんじゃなくてお客様やこの部屋そのもの、だとか。

 

来られたお客様がいろんなものを落としてスッキリされるように。

このオフィスが、そういう気を溜めこまずにいつも気持ちよくいられるように。

という目的で置くといいよ、ということです。

 

 

私はエネルギーとか気とかを可視化できないので、そういうことには疎いのです。

なので、石のことならこの人と全幅の信頼を寄せている人に

ピッタリの石を探してほしい、とオーダーしていました。

 

先日、見つかったよ〜という連絡を受けたので会いに行ってきました。

いつもはなかなか会えないのに、その時はお互いの予定が合って

じゃあ今から!となったのも、おもしろい流れ。

 

 

最初オーダーした時、その人の中ではインド系の彫り物が合うと感じたそうなのですが

なかなかこれだ!としっくりくるものは見つけられなかったらしい。

そのかわり、小さいけどとても面白くてよさそうな石があったから、と

持ってきてくれたのがこちら。

 

カルサイト。犬牙(けんが)状カルサイト、というそうです。

 

彼女曰く

「ミネラルショーでこの石を最初に見かけたときとても面白い動きをしていたので思わず二度見しちゃったんだよね。

他の人は気づいてないの?と思いながら通り過ぎて、もう一回戻ってみてもやっぱり動いてて、その時にあかねさんの部屋に合うって思ったんだよね」

(もちろん動いていたのは石そのものじゃなくて、この石のエネルギー的なもの)

 

そう言って、この石についていろいろと本当に嬉しそうに説明してくれました。

たくさんあって覚えきれなかったんだけど

いくつかすごく印象に残ったこと。

 

真ん中の黒っぽい部分は方鉛鉱というそうです。

ここが軸になって揺るがない。

どんなに動いても揺れても必ずここに戻ってくる。

 

本当に偶然だけど、ここのところずっと獅子座の新月や蠍木星・山羊土星のことで

ぶれない自分になるとか、揺るがない芯を持つことが大事と言ったり書いたりしていたので

石の役割と私の意図が重なった、と思いました。

だから私に(というか私の仕事場に)合う、と彼女が感じたのでしょう。

 

このカルサイトは叡智を集めるんだけど、目の前の小さなところじゃなくて

広くて大きな世界にアクセスするから《答え》や《希望》を見つけるのに役立つ

お客さんが来てセッションしたら、最後にこの石を握らせてあげるといいよ。

あと、太陽神経叢(第3チャクラ)に効くから、寝る時お腹に乗せるといいよ。

 

ということだそうで、何日か寝る前にお腹の上に置いてみました。

 

私は割と体感とか感じないのですが、それでも「なんかこの石すごい」と思った。

何がどうっていうのは上手く説明できないんだけど、流れる感じがしました。

 

その昔、レイキを習ったことがあるのですが、『管になりなさい』と教わります。

自分がどうにかするんじゃない、自分の体という管を通して宇宙のエネルギーを流す。

だから管が太ければ太いほど、中が(詰まりなどなく)クリアであればあるほどよく流れる。と。

 

個人的な感覚で言うと、排水管の掃除をしたら流れが良くなった、みたいなことです。

たぶん流れる量が増えた影響もあって、2.3日は頭がクラクラしていました。

私と馴染んだので、今度はオフィスにおいて部屋の空気と馴染ませているところです。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:03 | 日々の徒然 | - | -

今日見た夢

 

今朝見た夢

 

空がゴロゴロ行ったと思ったら、目の前で落雷が起きた。

大きな杉の木に雷が落ちて、木がバシッと割れたら中に人がいた

(木の中に隠れてたのか?理屈に合わないけど、夢だから仕方ない)

2,3回雷が落ちるのを、すごいねーと言いながら見ていたら

雷が落ちて燃えた木の電信柱がこちらに倒れてきた。

 

やばい!当たったら死ぬと思ったところで、場面がふっと変わったので

当たってないし死んでもないけど。

 

最近毎日のようにゲリラ豪雨や雷雨のニュースを見るので

そのせいだろうとは思うけど、気になったので調べてみたら

 

雷の夢は、吉凶どちらもあるらしい。

インスピレーションや得やすくなるとか、大きな変化の兆しとか

特に金運で大きな変化が起きやすい

 

雷に当たる人を見ると、人間関係に亀裂が起きやすい時期だから感情的にならないで

というサインらしいし

雷が木に落ちて割けるときは、精神的にショッキングな出来事の予兆とか。

 

雷に当たること=突発的な事故やアクシデントに注意

ただし、雷にあたって死ぬと逆夢で、おおきなチャンスの前触れという意味も。

 

 

タロットで言う「塔」のようなものか。

Posted by 八雲あかね at 09:47 | 日々の徒然 | - | -

準備完了!

いよいよ明日がオープンとなりました。

 

実は一昨日21日が、鍵の受け渡しと荷物の搬入日だったのですが

朝からまさかの暴風雨で、ほんと、どうなることかと思いました。

 

大きな家具は直接届けてもらうことにしてあったものの

あれこれ準備していた細かいものは、自分で運ばないといけなかったので。

 

ちょうど家から荷物を運び出して部屋に荷物を入れる時間帯が

雨が一番ひどいタイミングでした。

自分の家(2階)から駐車場、駐車場から部屋(3階)、ともにエレベータなしを

何回往復したことか・・・・

前日バスツアーで17000歩くらい歩いていたので、もう足パンパンでした。

 

幸い午後、家具の搬入のころには雨も上がって

諸々の組み立てや設置や段ボールの片づけまで、何とか2日間で完了しました。

自分用の椅子(山羊様椅子)だけ、お取り寄せでまだ届いていませんが。。

あかねさん、やればできる子です。

 

玄関入るとこんな感じ

   ↓

 

メインの部屋はこんな感じ

    ↓

 

棚に乗っているのは、敬愛するお師匠様から以前いただいた書

これを飾りたい、というだけの理由で棚を買った。

 

全体的にはこんな感じです。

東南の角部屋なので日当たりも風通しもいいです。

手前の部屋は今は何も置いてありません。

机をこちらに移動するかもしれないし、もしかしたらソファを入れるかもしれない。

使いながらカスタマイズしていきます。

 

ゆらさんが、「やることあるなら手伝うよ!」と陣中見舞いに来てくれましたが

もうすっかり片付いていたので、2人でお茶を飲みました。

家具がほとんどないので、意外に話し声が響くというのが本日の発見。

 

ここからどんな時間が紡がれていくのか楽しみです。

 

Posted by 八雲あかね at 13:52 | 日々の徒然 | - | -

夫婦喧嘩からみえたこと

うちの夫婦、ふだんはほとんど喧嘩をしません。

例外は旅行に行ったとき。

だいたい3日目くらいで険悪な空気が流れます。

たいてい怒るのは私で、もう一緒に旅行なんてしない!と毎回思う。

 

今回、ハワイでもそうでした。

何か一つ大きな原因があって喧嘩が発生する、というよりは

小さい不満がいくつも積み重なって、3日目くらいにそれが爆発する感じです。

 

さて今回の旅行で喧嘩の引き金になったのは3日目の夕食をどうするか?でした。

何食べたい?と尋ねたら、「お母さんに合わせるよ」というので

ハンバーガーとかパンケーキくらいの軽いのにしようと言ったら

「どっちもやだ」という。で「肉が食べたい」と。

じゃあどこにする?と聞くと「任せる」というので、ガイドブックやスマホで調べていたら

TVをつけたのでカチンときて、「人に調べ物をさせてなにTV見てるわけ!?」と

ここで第一弾の怒りウエーブ。

 

とりあえず近くのショッピングセンターでレストラン探して、なかったらホテルで食べようということで出かけて行きました。

すぐ近くのSCには何軒かのレストランがあり、その中で夫がここがいいと選んだのは

「ストリップステーキ」でした。

想定した予算より高そうで一瞬迷ったけど、話題のお店だしせっかくだからと入ることに。

お願いすると日本語のメニューを持ってきてくれますが、会話は基本英語です。

何を食べるかメニューを見てあれこれ考えるわけですが、

夫は基本「これって何?」とか「1オンスって何グラム?」とか全部私に聞く。

オーダーも、「〇〇と△△と、◆◆」と私に言う。

だって英語できないし、とか何言ってるかわからないとかいうけど

それは私も同じなんですけど?とここで第2弾の怒りウエーブ。

 

帰り道、「次はどこに行こうかなー、NYとかいいよね」というので

行くのはいいけど、私に丸投げしないで自分でできることやってねと言ったらば

「えー、だって任せた方が安心だし楽じゃん」という。ここで軽いウエーブ第3弾。

 

極めつけは

「ハワイに来て食べた中で、昼にフードコートで食べた13ドルくらいのステーキが一番うまかったなー」と奴(すでに夫と呼んでない)が言ったとき。これで決壊。

 

もうさー、ツアー決めるところからなんでも人任せで丸投げで、わからないことは何でも聞けばいいと思って、自分で選んだことの始末もつけられない挙句文句言うって何なのもう!頼りにならないにもほどがあるでしょー。

 

旅行のレポを書くとき、この喧嘩の顛末も書こうと思ってた。

夫が頼りなくて、私ばっかり負担が多いって、私には落ち度がないでしょう?って。

 

ところが今朝PCを開いてツイッターを見たときに、こちらの記事のシェアが目に入り

読んだ瞬間シュルルっと凹む。。⇒引き寄せの法則?!からの「身強」論

 

 

なんでも私に決めさせて頼りにならない夫、と自分を正当化していたけれども

思うように決めたい、自分で仕切りたいのは私なのだ。

頼り甲斐のある夫だったらなんでも任せて安心できる、とうのは幻想に過ぎなくて

たぶん夫がどれだけ頼り甲斐を発揮したとしても

自分の意見が入っていないこと、選択権がないことにイラつくのは私のほうだ。

頼りにならないけど何も私の意見に口を挟まない夫であることを望んで

そういう夫婦関係を作っていったのも、他でもない私自身なんだ。

 

旦那さん頼りがいがあっていいわね、じゃない

旦那さんは頼りにならないけど、あかねさんはしっかりしてるわね

そういう評価を求めているのは自分。

この事実に気がついたとき、もう恥ずかしさでいたたまれなくなりました。。

 

夫婦喧嘩に限ったことではないのです。

先日きみまろ神社に行くとき、待ち合わせがちゃんとできるかどうか不安で仕方がなかったのも同じ原理

ちゃんとできてる状態が望ましいから、やったことのないことが不安でしょうがない。

 

おまけにもうひとつ

旅行が終わったら今度は仕事場の準備が待っています。

オープン後にはいくつかイベントの予定も入っています。

どう取りまわすか?それがずっと頭にあるのですが、これも同じでした。

 

自分の力量で全てを取り回しできるなら安心なのです。

でもありがたいことにいろんな人の協力で思った以上に反響があって

自分の想定を超えてきているのです、だから不安で仕方ない。

 

結局私はいろんなことをコントロールしたいのだと思います。

「自分で」「自分が」「自力で」

だから自分で手綱が握れるうちは余裕だし、それをこなせる自分カコイイ!くらい思ってるけど

キャパを越えたらもう一切手を出したくない。

コントロールしたい、コントロールできないことはやりたくない。

これが我欲でなくて何なのか。

「私は何も悪くないのに。」なんてどの口が言うかと。

 

そういえば昔務めていた職場で、コーチングのタイプ分けをしたことがあって

そのときは「プロモーター」という結果だったんだけど

どう考えたって「コントローラー」だよな、と今なら思う。

 

あそこに行きたい。これが食べたい。こんなことしたいって

自分一人の範疇なら別にいいんだよ。

知らない間に他人にもそれを求めてる(それも無自覚に!)

そういうのが所謂「圧」なんだろうな。

 

私は夫に「どうしたい?」とか「相談があるんだけど」とか言うけれども

向こうからしたら、どうせ何言っても聞かないんだし好きにすればよくね?って

まあ、ここまで投げやりにではないだろうけど、そう思っていることでしょう。

 

気づいてよかった。気づいたところでかわりゃしないだろうけど

知らずに振りまくのと、振りまいてるんだとわかったうえでやるのとでは

なにかが違うと信じたい。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:30 | 日々の徒然 | - | -

未知のことを怖がり過ぎない

今回の「日帰り弾丸ツアー」、実は私にとって初めてのことだらけだったのですが

そのおかげで自分の中で見て見ぬふりしていたことがいろいろ浮上してきました。

 

今回初めてだったこと

1.直前まで詳しい行先を知らなかった

2.高速で行くので待ち合わせはPA(下道からも行けるところ)

3.初めて会う人と一緒に行く

 

実はこの1〜3、単体なら何も問題なかった。誘ってくれた人に丸投げでお任せしておけばいいし、待ち合わせ場所もナビがあれば行ける。

ここで第4の項目が明らかになりました。

4.待ち合わせ時間は朝の4:30

 

ここで私のメンタルが一気に不安に飲み込まれることとなりました。まず起きられるかどうかの不安、4:30にはまだ一般の駐車場が開いているかどうかわからなくて、もし開いてなかったら高速に乗らないといけない、そのためには待ち合わせよりも余裕をもって出かけないといけない。

 

私、高速を自分で運転したことがなく、そのことも不安に拍車をかけました。

前日一緒に行く人に、大丈夫だろうか?と不安を伝えてみたら

「大丈夫ですよ〜、全部天に任せたらどうにかなりますよ」というので、納得半分あきらめ半分。翌日に備えて21時過ぎから布団に入って寝る体制を整えました。

 

が。。。眠れない。

考えないようにしようと思えば思うほど目がさえる。自分がここまでビビリだとは思っていませんでした。

最初は心臓もドキドキしていましたが、どうせ焦っても眠れないのは一緒なので、寝ようとするのは止めてじっくり考えてみることに。

なんでこんなに不安になるのか、それは自分がやったことない・想定していない出来事に向きあってるから。

自分でコントロールできない状況で身をゆだねるしかないのに、そこが自分にとって未知だから怖い。

 

私がこれまである程度ちゃんとして、大きな間違いをせずに生きてこられたのは

《果敢にチャレンジして勝ち取ってきたから》じゃなくて《失敗しない方を選んできたから》だ。

これは山羊座的なのか天禄的かはわからないけど、どうなるかわからないけどやってみようではなく

1位じゃなくていいから最下位にならない方を選択してきた結果に他ならないんだな、と思いいたりました。

 

もっと考えてみたら、結局生きるって初体験の連続なのに、知らないからできない、やったことないから怖いって言っていたら、この先なにもできないんだよね。特に昨今物事のスピードがぐんぐん速くなって気持ちが追いつかないことが多いから、今回の出来事は私が抱えていた「このままだとどうなっちゃうんだろう?」という潜在的な不安が現実化しただけなんだな、と気がつきました。

そしたらすーっと落ち着いたわけですが、その時点で時刻は0:30を過ぎており、眠くないしここから寝たら本気で起きる自信もなかったので、このまま寝ないで行くことにしました。

 

そして朝待ち合わせの場所についたら、一緒に行く友人からまさかの「今起きた」のメール。まじか!と思ったけど、ちゃんと同行する人と合流ができ、ちょっと遅れたけど友人も無事に合流し、楽しい一日が過ごせたのはブログの記事の通りです。

どんなに準備しても考えてもそれを軽く覆すような出来事は起きるし、今起きていない出来事に不安になったり、上手くいかなかったことにフォーカスするより、ただその時々を大事にすればいい。

どうにかなるさ、は、いい加減にしてもOKっていうことではないけど、所詮人間が考えることなんて知れてるし、自分でコントロールできるほど人生はちゃっちくないわけです。

 

人事を尽くして天命を待つというけれど、自分にできることを精一杯やったうえで肩の力を抜いていいということを教わったような出来事でした。満月なのか土星なのか(はたまた両方か)非常に射手的な意味がある気がします。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 14:46 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile