9ハウス的あるいは龍高的な

年に何度か「旅さんぽ」というイベントを知人の方が主催されます。

 

海外にゆかりのある方を講師にお招きして、その国の様子や文化について

体験談を聞かせてもらうという集まりです。

 

昨日は『フィリピン』でした。

4か月間フィリピンに語学留学し、その後カナダやオーストラリアで

ワーキングホリデーを体験してきたという可愛らしいお嬢さんが

フィリピンで見聞きしてきたこと、感じたことをいろいろお話してくれました。

 

マニラは大都会だとか、セブ島は海がきれいとか

その程度の知識しか持ち合わせていなかったので

現地での生活の様子は、ほんとにそんなことが〜?みたいな内容で

すごく興味深かったです。

 

フィリピンのお菓子と台湾の紅茶

 

そもそも主催の方が、もう何度も韓国に通っていてハングル語もできるし

そういう体験をみんなに教えてあげたらいいのに、というところからスタートしてるので

お客さんとして来ている人も皆、海外が好きだったり

滞在経験があったりという人ばかり。

 

私も年末に台湾に行ったり、最近行ってきたばかりのお友達にお土産話を聞いたりしたばかりで

また行きたいなぁという気持ちがふつふつ湧いてくるのと同時に

そこにいる人たちが、何かしらの外国語ができる人が多くて

私も、日本語以外の外国語勉強したいなーという気持ちになりました。

 

海外とか語学学習というのは西洋で言えば射手や9ハウスの領域

算命だったら龍高的な分野になるのですが

講師をしてくれたお嬢さんも中心星が龍高でした。やっぱりねって感じです。

(中心星が禄存司禄や玉堂だったら、ひとりでフィリピンには行かないって思う)

 

終了後のお弁当もまた美味しい。

 

そして午後は、マヤ歴や算命学や波動カラーや前世療法などの話で盛り上がり。

私は算命だと北に龍高星を持っているし、西洋だと9ハウスに月があるので

本当に楽しくて時間を忘れてしまうほどでした。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 17:38 | 交流・おでかけ | - | -

本物から学ぶ

昨日は非日常を体験してきました。

 

とある宝飾会社さんが主催する、お得意さま向けの内見会的な催し。

招待券をもらっていた友人の同行予定だった人が

行けなくなったとかで、急遽お誘いいただきました。

 

 

宝石は素晴らしいの一言だよね。圧倒されると言葉は出ない。

桁が違いすぎるので、むしろ安心して見て回っていました。

時々思わぬところから「あかねさんこれ似合うんじゃない?」とか

流れ弾が飛んできたりしましたが(笑)

600万円もする大きな真珠の指輪をはめさせてもらったり

どんな産地で採れた宝石なのか、真珠を養殖する海の栄養分のこととか

担当者の方の博識ぶりに感嘆しつつ見せていただきました。

宝石屋さんでも、たぶんこれくらいの商品は店頭には置いていないから

とにかく眼福でした。

 

もちろんあちらはお仕事なので、招いたゲストの食事代という経費以上の売り上げは

出さないといけないわけだから、いかがですかとお勧めしてくださるわけだけれど

店員さんとお客さんの関係を観察しているのがとても興味深かったです。

 

いかにもセレブな方、会社帰りかと思しきキレイなお嬢さん

ドキドキしながら来てる人(←私)、かと思えば

宝石に縁も興味もなさそうな普段着姿のおばちゃんが

「これいいわね、欲しいわ」とサクッとお買い上げされていたり。

 

店員さんの側も

とにかく、お似合いですよ、こういう時にお使いいただけますよとプッシュする人

買いそうもない人には目もくれない人

グイグイ押しては来ないけど、こちらが何かに目を止めるとすっと声をかけてくれる人

 

店員さんはたくさんのお客様を見て、人を見抜く目を養っていくんでしょうし

お客さんの側は本物を見せてもらって目を養っていく。

 

購入してくれるお客さんが一番なのは言うまでもないですが

今日買わなかったからといって露骨に邪険にされたら、将来的にも買わないけど

丁寧に接客してもらってプロのお仕事を見せてもらったら

もしいつか欲しいとなった時はここで、という潜在的顧客になる。

 

お客さんの側にしても、丁重に扱ってもらいたいなら

そのように扱ってもらえる自分になる、というのも大事

招く価値がある、信頼に値する、みたいなことね。

 

木製のシャンデリア

 

そのあとの食事も美味しくて。

サーブしてくださる方が、本当に楽しそうにお料理の説明をしてくださって

それもとても良かった。

42Fにあるレストランだったのですが、晴れていれば夜景が美しいし

昨夜は小雨で煙っていたので、時々窓の外がすっぽり雲の中に覆われたりすると

一瞬場所や時間がわからなくなる、幻想的なひと時でした。

 

等身大の自分というのはもちろん大事なんだけれども

時々こんなふうに背伸びして、違う世界を見てみるのは

悪く無いことじゃないかな。

 

値札を見ずに「これいただくわ」っていうのは今世では無理かもしれないけど

そういう場にいて、物怖じしないようになりたいと私は思いました。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:57 | 交流・おでかけ | - | -

干支の神様にお参りしてきました。

 

私は台湾に行くとき、いつも何かしらのテーマとか

その旅でチャレンジしたい事をいくつか決めていきます。

 

今回の旅のメインテーマは「好きなことしかしない」で

文房具屋さんを巡る旅にしようと思っていましたが

一ヶ所だけ、前回の台湾旅行で出来なかったことのリベンジをしました。

 

台北市の南東に動物園があり、そこからロープウェイに乗り換えて山を登ったところに

指南宮という場所があります。

(猫空(マオコン)というお茶で有名な観光地があるのですが、その一個手前)

 

前回5月に行ったときは安全点検期間でロープウェイが運休してて行けなかったのです。

思い返してみれば、いつもできなかったことのリベンジをしに行っている気がする。

最初に行ったときが台風じゃなくて、普通にツアーを回っていたら

こんなに何度も台湾に足を運んではいないと思います。

なんとなく、最初にうまくいかなかったものほど続く、というのが

自分のジンクスかもしれません。

 

ということで、その指南宮に行ってきました。

ロープウエイは普通のと、床が透明な水晶函というのがあるのですが

雨も降ってたので普通のに乗りました。

 

 

大きすぎてスマホでは全景が撮れない。

 

ぶら下がっているのはおみくじ。

 

天井いっぱいの提灯。

 

そもそもなぜここに来たかったかというと、

ここには干支の神様が祀られているのです。その数60体。

干支は、十干と十二支の組み合わせで全部で60通りありますが

ここにはその60の干支が歳神様として祀られています。

自分が生まれた年の神様にお参りをすると災いが避けられる、といわれているそうです。

 

東洋の占いをする身としては、六十干支はとても大事なものですし

一度はお参りに来たいと思っていました。

 

一番上に貼った写真は、己亥太歳。今年の干支の神様です。

 

そして帰り。

やってきたロープウェイに乗ったら床が透明のやつでした!

 

高いところは苦手なんだけど、床があるから?大丈夫。

(ベランダから下見るとかのほうが怖い)

 

これで今回の旅の目的は1つ達成したので

後は好きなことを存分にやるだけだ!

 

Posted by 八雲あかね at 21:22 | 交流・おでかけ | - | -

答えは一つじゃない

今日は友人におススメされた映画を観に行ってきました。

これ。

 

映画が伝えたいメッセージはいろいろあると思うけど

私が観て感じたことは、

不安とか恐怖とか、そういうものを基にして何かをする時代は終わりなんだなということ

価値観とか概念が異なるもの同士を

力の強さや数で押さえつけるっていうのももう違うんだな、ということ。

 

私は占い師なので、占いのことを例に挙げて言うと

西洋占星術やタロットをする人間にとって映画の中に出てくる4つの精霊(火と風と土と水)は

馴染みのあるものだけれど

同じ占いでも東洋の五行というのはまたちょっと違う。

東洋には「風」という概念がなく、土や水が意味するものも違う。

西洋の「水」が表すのは、感情とか共感とかだけれど

東洋の「水」が示すのは知識とか冷静さとかそういうこと。

 

地域や歴史、そこで育まれてきた倫理観や宗教観など、

その占いの土台となる概念がそもそも異なるから一つにはできない。

 

また同じ東洋の思想を基盤にしていても

中国や韓国、台湾と日本の概念も違う。

 

もっと言えば、同じ日本の中にいても時代が変われば価値観は変わるし

同じ時代に生きていても、地方によって価値観は変わるよね。

陽転お茶会で、申酉天中殺を説明するとき「家庭運がない」という言葉を使うけれど

それは占いが発祥した当時の、

【男は外で働くもの、女は家柄の良い家にもらわれて家の中で奥様として生きるのが幸せ】

という倫理観の中では生きづらいよという話だし

逆に高度成長期時代とか、バリバリ働くのが良しとされた時代の

寅卯天中殺男子(マイホームパパとか育メンとか)はさぞかし肩身が狭かったでしょう。

 

だから、これが正しい在り方とか、これが幸せとか

ステレオタイプのモデルはもう通用しなくなっていくんだろうというのと

今までそこに潜んでいた違和感に気が付いたら、もうそれをなかったことにはできないんだろうな

ということ。

変わることは恐いけれど、それがどういう形であれ変わることを受け入れて

自分が正しいと思った未知の方へ一歩を踏み出そう。

 

↑っていうのが私が受け取った感想。

 

 

自然と共存して生きるとか

命の源である水の大切さとか

他にもテーマはいろいろあるだろうけど

何が響いてどう感じるかは観た人の数だけあっていい。

 

その人のフィルターに引っかかるなにか、を大事にすればいい、そう思うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:29 | 交流・おでかけ | - | -

生地巡礼

聖地じゃなくて生地(生まれた場所)ね。

 

今日は三合参りに良き日ということで

どこに行こうか考えているときに

ふと産土さんにもお参りしようかな、と思いついた昨夜。

 

今朝、方位を調べたらギリギリ吉方位じゃなかったので

吉方位にお参りに行った帰りに寄ればいいと思いつく。

水星逆行中だし、それも蠍座だし、ルーツを遡るのは有りだね。

 

 

今回の方位は北北西。

4月、私の最大吉方が北北西だったので

その時行った方面の神社に行くことに。

ということで参拝したのはこちら。

 

 

 

以前お友達に、ここの金(こがね)神社が金運にいいというのを聞いたことがあり

前回の吉方取りの際に立ち寄ったお店の近くで看板を見た覚えがあったのだ。

大黒様と恵比寿様が祀られている水場でお金を洗ってきましたよ。

 

近所にあったこちらの神社にもお参りします。

 

このあと一ヶ所寄り道をして向かったのは熱田神宮。

先週もお参りしたばかりだけどね。

 

交番の横に鶏さんがいた。

 

*******

熱田神宮は私が子供の頃、初めて家族そろって初詣に行った神社

(でもその後いろいろあって、以来初詣には行かなくなった)

次に参拝したのは、息子の七五三のとき。

そして一昨年だったかに熱田神宮で人と会うことになって出かけたのが3回目。

20年周期か(笑)

 

実は今日初めて正門(南門)の方に行って

そこに上知我麻(かみちかま)神社と八剣宮があるのを知った。

 

お参りを終えて門の外に出たら、駐車場の車のナンバーが奇跡!

 

次の目的地はここ。

幼稚園の頃まで住んでいた町。

 

ここにある「星宮社」が私の産土神社だと、以前教えていただいた。

 

現在、熱田神宮に祀られている

「上知我麻神社」と「下知我麻神社」はもともとここに祀られていたのだとも

教えてもらった。

ここは古くて小さな社だけれど、歴史と由緒があるのだそうだ。

いろいろ繋がっている。

 

 

大きなご神木

 

屋根の瓦が星型。

 

行先の経路を調べるのにGoole Mapを見ていたら

このあたりは「星」のつく地名が多かった。

駅名の本星崎だけじゃなく、星宮町とか星園町とかね。

初めてここに連れてきてもらったとき、

星に所縁があるのだなぁと思った覚えがある。

 

******

子どもの頃に住んでいた家(アパート)はさすがにもうなかったけれど

町自体は全然変わってない。

駅舎の位置も、道も。

 

これは、駅の横にある石神社という小さなお社。

 

真ん中にある鉄製の篭みたいなやつ。

昔これをブランコ代わりにして乗って遊んだ覚えがあるよ。

 

 

三合参りにかこつけた懐かしい旅は、ここでおしまい。

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:58 | 交流・おでかけ | - | -

進化する人の共通点

今週は「人に会いに出かける週間」

昨日は名古屋へ、今日は浜松へ行ってきました。

 

アクセサリー作家だりあさんとイラストレーターのたなかようこさんの2人展

 

だりあさんのアクセサリーの美しさと煌めき

ようこちゃんのイラストのやわらかさと優しさ

そしてお2人どちらにも共通して感じるしなやかな強さ

 

作りたいもの、好きなもの、表現したいもの

それがものすごく明確で、妥協せず真摯に向き合う姿は

本当に凛々しく潔い、と思います。

 

夢や目標に向かって走り続けている人に会って話すと

自分も頑張らなくちゃ!と刺激をもらえます。

 

 

*****

 

私は占い師なのでいろんな方にお目にかかります。

占いに来られるお客様はたいてい、悩みを解消して今よりもっと幸せになりたいとか

もっと本来の自分らしく生きたいと願っていると感じますが

鑑定に来られて、その後人生が大きく変わる人と

いつまでもその状況から抜けずにループしている人とがいます。

 

人生が大きく進化して変わっていく人に共通しているな思うことが3つあります。

 

1.行動する

2.自分の望みが明確

3.受け取り上手

 

よく使う例えで説明しますね。

 

1.行動する

 

来月は人生最高に恋愛運がいいから運命の人に出会えるよ、という状況でも

家で寝ていたら出会いはない、ということ。

眠り姫(オーロラ姫)は眠っていたら王子様がやってきてキスしてくれるけど

現実に家で寝ていたら白馬の王子様が現れるなんて可能性ないでしょう?

(というか、こちらに選択権が一切ない状態で寝ているときにキスされるって幸せなのか?むしろ恐怖しかないと私は思うけど)

恋愛運がよくて出会いのチャンスが多いなら、人と会う場所に出かけていくとか

そういう行動って大事じゃないでしょうか。

 

 

2.自分の望みが明確

 

「私結婚できますか?」と聞かれることがよくあります。

そんなとき私は意地悪して、

相手が異性である、ということ以外いっさい条件をつけなかったらすぐできるよ、と答えます。

たいてい嫌な顔されますけど(笑)

でもそうでしょう?

結婚できるかどうか、という問いにならできるよ、と答えられる。

でも、「私が望む(理想とする)幸せな結婚ができるかどうか」と聞かれたらどうでしょう?

どんな人が好みで、こういう条件はゆずれなくて、こういう家庭が築きたい、という

その人の本当の望みが明確であればあるほど

じゃあどうすればいいかという対策が立てやすくないですか。

そのうえで、ここはそんなにこだわらなくていいとか、ここは譲れないわというのが

よりはっきりしてきませんか。

 

 

3.受け取り上手

 

これは2の望みを明確にするというのにも通じることなんだけど

「こうなったらいいな」という望みは基本なんでも叶っている、と私は思います。

でも「こうなったらいいな」と思うタイミングと

それが実現するタイミングには時間差があるから

でも無理だよね、って自分で打ち消しちゃったり

願ったことを忘れてしまったり、っていうことがあるんじゃないかと思う。

 

たとえば、今日ものすごくお腹が空いているときにTVでラーメン特集をみて

ああ、ラーメンが食べたい!ってなることあるじゃないですか。

その5分後に誰かが「ラーメン食べに行こうよ」と誘って来たら

願いが叶った!というのがわかりやすいけど

1週間後に久しぶりに彼氏とデートだ!と喜んで出かけて行ったら

食事がラーメンだったとき。

「わぁ!先週ラーメン食べたいと思ってたんだよね。嬉しい!」と思うか

「は?せっかく久しぶりのデートなのに、夕食がラーメンて!」と思うか。

1週間前にラーメン食べたいと願ったことが叶っているのに

受け取り方ひとつで全然違いませんか?

 

だから自分が本当に好きなもの、欲しいものを明確にして純度を上げていくって大事。

 

ずっと進化して行く人、人生を大きく変えて行く人は

1〜3のこと妥協していないと思う。

 

あとね、これも本当に大事だと思うんだけど

人生が変わった人のアフターの部分だけ見て羨ましがったり

真似したりするのはちょっと違うんじゃないかな。

 

自分に向き合うって、結構しんどいこともあるし

やりながら「なんで!?」ってメンタルが落ちることも1度や2度じゃない。

それでもあきらめずにやり続けてきたからこその今なんだよ。

今、ステキに見える・幸運で幸せそうに見えるその人も

運がよくて、棚ぼたで、輝きや幸せを手にしているんじゃないって

そういうところまで想いを巡らせられるといいなと思います。

 

Posted by 八雲あかね at 18:46 | 交流・おでかけ | - | -

遊びだからこそ本気で。

LPレコードのジャケ写に合わせて写真を撮る

という遊びをしてきました。

顔はめ看板の逆バージョン。

 

ネットで見て面白そうだからやってみたい、という

たぶんものすごい軽いノリで決まった企画。

 

決めたのは日にちと時間と場所。

あとは、こんなレコードがあるよ、と画像を見せてもらった程度。

メンバーがそれぞれ使えそうな服や小道具を持って集まったわけですが

もう、見事に過不足がない。

そして、なんかよくわからんけど持ってきた、というものが

意外なところで役に立ったり。

 

どんな感じか試しに撮ってみよう、と写した1枚目がおおいに受けて

そのノリとテンションで撮影が進行するんだけど

もう全員が天才というかプロというか。

ゾーンに入るっていう感じ。

 

こんなポーズどう?とか、背景はここがいいんじゃない?とか

アイデアもポンポン出てくるし、

じゃあちょっと足元片付けよう、光が反射しないように幕張ろう、と

役割分担や仕事がはやいこと!

15〜6枚くらいのジャケ写をしてるはずで、1発撮りじゃないのもあったのに

撮影開始から終了まで2時間かかってない。

 

 

 

ずっと笑いっぱなし。

撮影後の後片付けもあっという間に終了。

 

午前の集中力がちょっと切れて、ランチタイムはまったり。

 

何のためにという目的も、生産性もない遊びなのに

遊びだから、みんな大真面目に本気出したから

あんなに楽しかったんだよねーという話になりました。

 

人間、生きていれば多かれ少なかれなにかしらの役割を担います。

勉強、家事、仕事。

程度の差こそあれ、そこには「〜のために」が紐ついてる。

 

たまにはそういうのを取っ払って、

ただただ、やりたいから。楽しいから。という衝動だけで遊ぶって大事。

大人なら尚更。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:59 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile