遊びだからこそ本気で。

LPレコードのジャケ写に合わせて写真を撮る

という遊びをしてきました。

顔はめ看板の逆バージョン。

 

ネットで見て面白そうだからやってみたい、という

たぶんものすごい軽いノリで決まった企画。

 

決めたのは日にちと時間と場所。

あとは、こんなレコードがあるよ、と画像を見せてもらった程度。

メンバーがそれぞれ使えそうな服や小道具を持って集まったわけですが

もう、見事に過不足がない。

そして、なんかよくわからんけど持ってきた、というものが

意外なところで役に立ったり。

 

どんな感じか試しに撮ってみよう、と写した1枚目がおおいに受けて

そのノリとテンションで撮影が進行するんだけど

もう全員が天才というかプロというか。

ゾーンに入るっていう感じ。

 

こんなポーズどう?とか、背景はここがいいんじゃない?とか

アイデアもポンポン出てくるし、

じゃあちょっと足元片付けよう、光が反射しないように幕張ろう、と

役割分担や仕事がはやいこと!

15〜6枚くらいのジャケ写をしてるはずで、1発撮りじゃないのもあったのに

撮影開始から終了まで2時間かかってない。

 

 

 

ずっと笑いっぱなし。

撮影後の後片付けもあっという間に終了。

 

午前の集中力がちょっと切れて、ランチタイムはまったり。

 

何のためにという目的も、生産性もない遊びなのに

遊びだから、みんな大真面目に本気出したから

あんなに楽しかったんだよねーという話になりました。

 

人間、生きていれば多かれ少なかれなにかしらの役割を担います。

勉強、家事、仕事。

程度の差こそあれ、そこには「〜のために」が紐ついてる。

 

たまにはそういうのを取っ払って、

ただただ、やりたいから。楽しいから。という衝動だけで遊ぶって大事。

大人なら尚更。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:59 | 交流・おでかけ | - | -

つべこべ言わずに楽しんでやっちゃいな!

今日は名古屋で平田麻里子さんにリビジョンタロットをやってもらいました。

 

きっかけは、過日の思い付き「インナーチャイルドカード」の

手書きの紙が欲しいっていうのと

これまた、先日たまたま受けて面白かったからポチってしまった

マイダンジョンカードをみてみたい!っていうWのご要望があったから。

タロットはそのお返し的な?

いわゆる交換セッション的なやつです。

 

ちなみにまりちゃん、マイダンジョンカードに入っている

黄色の超必殺技が4組できる、おそるべき潜在能力を持ってたよ。

 


さて、このリビジョンタロット。

普通のタロットは、まず質問を立ててカードに答えをもらうんですが

これは最初の質問は立てずにカードを引いて、今の状況を読み取るものらしい。

 

カードを種類別に分けてから展開していきます。

なんとなく、大アルカナは今のテーマ、

コートカード(人物カード)は自分の立ち位置というかポジション

エレメント別に分けた小アルカナが具体的な行動

という感じなのかなと思いながら、並べられていくカードを眺めていました。

 

私のテーマカードは「マジシャン」

もうすでに手元に道具や武器は持っている。持っているものを使ってとりあえずつべこべ言わずにやれ!

 

コートカードはカップのペイジ。

見習いとか青二才とか新人という意味があります。

チャレンジ精神で、楽しみながらやる。

 

小アルカナは、左から反時計回りに

ワンドのエース、カップの6、ソードの7、ペンタの8。

6、7、8とカードの数字が並んでる!!

 

スタートはやる気と情熱。

こうなったらいいなという願望(カップ6)を、

実現させるための戦略を立てて(ソード7)

あとは実行する(ペンタ8)

 

タロットカードに詳しくない私でも、ですよねー!って思うほど

シンプルでわかりやすい結果がでました。

 

 

私が心から楽しいと思うこと をどんどんやった方がいいということで

2人でああでもないこうでもない、という話をしていて

ちょっと新しいメニューを試してみようと思います。

詳細についてはまた明日書きますね。

 

いや〜でも今日は本当にくだらない(=他人がどう思うかはともかく本人がはまっているものに対する熱い想い)を

こころゆくまで喋り倒して、楽しかった!

 

Posted by 八雲あかね at 20:36 | 交流・おでかけ | - | -

吉方位で手相を見てもらうの巻

先日、手相をみてもらってきました。

 

面白い人がいる、というのを何回か耳にしていて

その日の朝、今日は吉日だけどどこに行こうかな?と考えていたら

自分が行こうと思っていた方面にその占い師さんがいる!と気が付いて

今日の今日で大丈夫かと早速調べたら予約も取れて。

 

手相だけでなく運命数(誕生数秘)とか、命式からみる占術とかも

織り交ぜながら鑑定してもらえます。

 

生命線がとても長くて、親指の付け根の方にまで伸びているから

基本とても丈夫で長生きすると思うけど、更年期のあたりから少し破線が出ているので

健康を過信しすぎないことと、体力作りをするといいこと。

 

私はとにかく、誰かの下でとか命令されて動くとか

そういうのは無理で、自分のやりたいようにしかできないし

どんなことがあっても「なんとかなる」と乗り越えられる

だから自分の方向性を定めるのがすごく大事。

 

手相にはいろいろ流派や見方がありますが

その方の見方は、利き手が自分を表し、利き手でない方はサポート

という解釈をされるそうです。

 

私の手相、左手はすごく立派ですが、右手はちょっと薄い。

左手の線が表すような人生をつくると自分が決めて、方向性が定まれば

右手の線はみるみる変わるよ、といわれました。

 

ここから先の運気は、今年がよくて来年は小休止。

2023年がものすごく良いので、何かやりたいことがあるなら

今年のうちに決めて、来年はそのための準備や勉強に充てるといいみたい。

 

盛り盛りの楽しい占いでした。

 

 

帰り道、

 

ランチを食べながら聞いたことをおさらいしてみた。

2023年。

占いによって時期が少しずつ違うんですが、

62歳〜64歳くらいは大きな節目がやってきます。

 

算命では、司禄星大運から禄存星大運に切り替わる頃で

インド占星術でも、それくらいのときに「還暦フィーバーが来るよ」と言われていたし

そのとき、思う存分動けるように体力作っておきなさいとも言われてた。

 

来年のサタリタに向けて、今絶賛自分の棚卸をしている最中ですが

この2つが、今年後半取り組むテーマです。

★今年の誕生日までには方向性を固めること。

★あと体力作りのための運動を何か始める

↑これは秋になってから。今始めると死んじゃう。。(笑)

Posted by 八雲あかね at 10:51 | 交流・おでかけ | - | -

吉方取りで東へGo!

今日は三合参りにいい日、ということで吉方取りに行ってきました。

卯(東)が吉方です。

 

最初の目的地はここ

三嶋大社

 

三島は愛知からだと距離が結構あるけど

新幹線でビャーと行って、駅から15分くらいなので割と行きやすい。

 

 

 

 

 

マンホールもかわいい

 

 

 

町中にこんな公園もあります。

深さは5〜10cmくらいか、小さい子がざぶざぶ楽しそうに遊んでました。

暑かったからちょっと羨ましい。

 

いつもは、富士山からの湧水が出る柿田川湧水公園へ行って

鰻を食べて、というのが定番のコースなんですが

今日は他に行きたいところがあるのです。

 

その後電車を乗り継いで向かったのはこちら。

富士宮の浅間神社

 

この鳥居をくぐったタイミングで太鼓の音が鳴った

 

境内に入ったらお嫁さんが!(結婚式写真の前撮りみたい)

 

 

 

おみくじは末吉だけど、すごく前途洋々な良いことが書いてあって嬉しい

 

富士山は薄い雲に隠れて見えなくてそれだけは残念。

 

お天気が良く、お参りが終わるころにはもう汗だく。

気温も高く、身体に熱がこもるような感じでした。

ちょうど時間もお昼過ぎだし、ご飯を食べます。

 

富士宮といえば、やっぱり富士宮焼きそばでしょう。

 

お店でご飯を食べて、涼んで、リセットしようと思ったのに

まさかの!エアコンも扇風機もないお店で。。。

焼きそばは美味しかったけど、暑いやら熱いやらで大変。

ビール飲んじゃおうか、かき氷頼めばよかったか、と何度も思ったけど

駅まで戻る間にまた蒸し蒸しになっちゃうから、と考え直し完食。

お店の外に出たとき、外気がとても涼しく爽やかに感じました(一瞬だけどね)

 

この後、お参りじゃないけどどうしても寄りたい場所があったので

そこの立ち寄って帰路につきました。

 

静岡は横に広いうえ、移動手段が新幹線か各駅停車しかないのが

ちょっと不便。。

車で行ったらもうちょっと楽かなーと思ったりもしますが

高速運転したことないのと、長い時間運転してると眠くなっちゃうのが心配で

なかなか踏み切れません。

 

でも、なんとなく御朱印帳をみていたら、意図してそうしているわけじゃないのに

「一の宮」にお参りしていることが多いので

いっそ「一の宮参り」というテーマを持ってもいいのかな

という気もしてきました。

 

静岡にはまだ、小國神社とか事任神社とか、

気になっているけど車じゃないと無理そうな神社があって

いつかチャレンジしてみようかなと思っています。

 

ついこの間、お客さんに「やってもないのに無理っていうのはもったいない」なんて

言ったばかりだしねー

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:42 | 交流・おでかけ | - | -

目指せ開運、三合参り(未月)

書きたいことはいろいろ溜まってるのですが

これを先にかかなくちゃ。

 

今月は「未月」三合参りに行く月ですよ!

 

《三合参りとは》

暦の世界では、十二支が方角や時間をあらわすものとして使われています。

そこには組合わせると激しくぶつかり合う関係や

協力し合って物事を広げる関係性など、いろいろな法則があります。

 

三合とは、十二支のうち3つ重なることで物事を広げる組み合わせのことをいいます。

今年は亥年なので、亥・卯・未の組み合わせになります。

 

3月(卯月)は未(南南西)に行くのが◎でしたが

7月(未月)は卯(東)が吉方位になります。

 

一般的な吉方取りは、誕生日の干支から星を出すため

持っている星によって吉日も方角も異なるため、みんなで一緒にというのは

なかなか難しいのですが、三合参りはみんなに共通した日と方角なので

家族や友人と一緒に出掛けることができます。

 

該当する日は次の通りです。

7月9日(火)丁未・21日(日)己未・25日(木)癸亥・29日(月)丁卯

8月2日(金)辛未・6日(火)乙亥

 

中でも7/25と8/6が効果が高いです。(年支より日支の方が強い)

 

うちのあたり(岡崎・幸田)からだと、

近いところで一畑山薬師寺、砥鹿神社(奥宮)、鳳来寺山、湯谷温泉

静岡方面だと秋葉神社、三嶋大社、箱根神社、三保の松原

関東方面だと江ノ島神社、鎌倉あたり。

寒川神社は東と北西の境界線ギリギリくらい。

 

これは一昨年行った箱根神社

 

ちょうど行ってみたいと思っていた場所が吉方位にあるので

お参りにかこつけて行って来ようと考えているところ。

 

自分の家からはどこがいいの?というときは

こちらのサイトで方角が調べられます。⇒あちこち方位

これはPC版ですが、スマホ版もあるようです。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:02 | 交流・おでかけ | - | -

190527 台湾(吉方取り?)

5月の末に台湾に行ってきました。

 

夫と行ったのですが、台湾は私にとっても夫にとっても吉方ではありません。

夫とは星が違うので吉方位が真逆。

だから家族旅行で吉方取りをするのはちょっと難しい。

今回は単純に娯楽としての旅行、ということで行きました。

 

 

ただ、この時期はすごくいい吉日が続いてるタイミングだったこともあるし

調べたら行きたいと思っていた場所が、ホテルから吉方位にあたるので

「気は心」「信じる者は救われる」くらいのノリで楽しもう!と思いました。

 

今回の旅では、地下鉄を駆使すること、可能だったらバスも体験すること、を

小さな目標の一つにしていたので

到着してすぐに悠遊卡(ヨウヨウカー=Easy Card)を買いました。

トイカやsuicaみたいなカードです。

地下鉄の駅でも購入できますが、コンビニで買うといろいろな柄が選べると聞いたので

ホテルの隣のセブンで購入。

 

左が夫用、右が私の。

 

到着の翌日は朝から晩まで完全に夫婦別行動にしたので

朝食後すぐ向かったのがこちら。

 

関渡宮。台北から淡水に向かう途中にあります。

関渡の駅からバスも出ていて、チャレンジしてみたかったけど

バス停の場所がよくわからなかったので歩いていきました。

15分くらいかな。ところどころに案内板があるし1本道なので迷うことはないです。

 

お供え用の花 100元

 

廟の入り口で花売りのおばさんが売っていました。

普段使わないリュックを使っていたので、お金を払うのに財布を出し入れするときに

中の荷物が落ちそうになっていたのを教えてくれたり、帰りに「バイバイ」と

手を振ってくれたり、親切な人でした。

 

中に入ると右手にお線香置き場があって、無料でもらえます。

見取り図的なものが張ってあって、順路もあるようですが

よくわからないので、地元の人がお参りするのを見ながら真似します。

 

ここは山の斜面をくり抜いたような作りになっていて、地下に下りていくと

真ん中に祀られている神様

 

天井の細工も美しい。

 

後ろを振り返るとこんなふうにトンネルのようになっています。

 

壁には歴史や故事をモチーフにしたレリーフと、ところどころに

こういう神様がいらっしゃる。

 

 

端まで行くと陰陽太極の図

この後ろにも神様が祀られてる。

 

階段まで戻って、今度は上に上がっていくと

お堂の上は霊山公園という公園になっています。

 

台北市方面

このあたりは自然公園になっていて、写真の真ん中あたりに移っている緑地は

湿地帯でいろんな昆虫や植物の宝庫だとか、

渡鳥の季節になると、このあたりが飛来の中継地点になるとか

(だから関渡っていう地名なのかな?と想像してみる)

 

淡水方面

赤い関渡大橋の向こう、河の右側にうっすら見えるのが淡水の町かな

 

台湾に行くといつも雨に降られるんですが

この関渡宮にいる間だけ快晴でした。

風が気持ちよかった〜

 

最初の廟のところに戻って右手に入っていくと古仏洞があります。

(というか順路的にはこっちを先に行く方が回りやすい→経験してわかること)

 

この丸いのはお賽銭箱、これに触ると金運が良くなるらしい

 

友達に旅行の報告をしたら「金運のとこばっかじゃん」って言われたけど

関渡宮はありとあらゆる神様が祀られているのと

同じ仏教でも、日本は「死んでから救われる」という思想なのに対し

中華圏では「生きてる時の幸せが一番」なので

みんな健康とかお金とか縁結びとかの、現世御利益を願ってお参りしてるんだなと思う。

欲というものを、もっと素直に認めた方が生きるのが楽そうだなと

個人的には思ってます。

 

今年は亥年、中国で猪は豚なんだって。

 

さて、一通りおまいりして時間は11時くらい。

実はこの日(5月27日)年に一度の国家的な大規模避難訓練の日だそうで

13時半〜14時の間、あまり表をウロウロしない方がいいと旅行会社の人に言われてました。

屋内で過ごしている分には特になにもないらしいので

該当する時間にいったんホテルに戻ろうと予定してました。

 

帰り道、中山の地下街を歩いていたら

SOU・SOUが台湾に来てた

 

お土産を物色して、お昼ご飯を買いホテルに戻ったら13時すぎ。

もうすぐ訓練始まるのかな〜なんて思ってたら

いきなりものすごい雷雨!

避難訓練っていうのが、ミサイルで攻撃されたというのを想定した訓練らしいので

最初訓練なのに本格的に爆発音ならすんだと思ってたら雷だった。

 

13時半になると、日本の緊急避難警報みたいなメールが送られてきました。

私は表に出てないので外の様子はわからなかったけれど

後でネットを見たら、バスやタクシーも路肩に停まって

交差点も封鎖されたりしたみたいです。

当日着いたばかりの観光客の人が知らずに信号渡ろうとして制止されたりとか。

 

14時には訓練終わった旨のメールが届き、それからしばらくして雷雨も止んだので

もう一ヶ所行ってみたかった場所へ出かけることに。

 

 

干支というのは十干十二支の組み合わせで、全部で60あるのですが

そのひとつひとつを守る神様がいて

60体の神様を祀ってある指南宮というところがあるそうです。

そこへ行くには猫空行のロープウエイに乗って1つ手前の駅で降ります。

 

ロープウェイの駅は、MRT文湖線の端、動物園駅まで行ってそこから乗り換えるのですが

はるばる動物園駅まで行ってみるとそこには

猫空ロープウェイは安全点検中のため5/20〜6/4まで運休

代りに猫空行のバスがあるよ、という旨の看板が出てた。

ロープウェイで行くっていうことは、それぞれ違う山に駅があるってことだろうし

猫空に行くバスが指南宮に行くかどうかもわからない。

 

急な思い付きで行動するとこういうことが起きる。

それにしても、初めて台湾に来たときは台風だったし

2度目は泊まったホテルが工事中だったし、

今回もすごい雷雨とか避難訓練とかロープウェイの休止とか

ここまでネタになりそうなことが続くと逆に(私持ってる!?)とか

思って楽しくなってきちゃって

合わない場所だから良くないことが起きるんだ、、という風にならないのが

私の良いところだよね、きっと。

 

開運に関係ないので割愛しますが、今回も3日目のジンクス

(夫婦で旅行すると3日目に喧嘩する)が発動しました。

リアルで会える人は聞いてみてね、超くだらないことです(笑)

 

台湾は3回目なので、ようやく慣れて余裕もできて

いままで目に入らなかったこと、感じなかったことを

いろいろ見たり考えたりしました。

物の価値とかもそうだし、コミュニケーションってなんだろうっていうことも。

 

台湾の人は基本みなさん親切で、

ガイドブックなんかを読むと「親日だから」とか書いてあるけど

なんかちょっと違うよなと思った。

 

台湾の人は、私たちが日本人だから親切にしてくれてるわけじゃなくて

もともとの気質が親切で、コミュ力が高いんだと思う。

私は語学力がないから日本語オンリーだけど

それでも翻訳アプリや、スマホの画面を指さししたり、最終的には筆談したりで

何とか伝えようとすると、それをできるだけ聞き取ろうとしてくれている印象を

ずっと感じました。

 

日本はどちらかというと、察したり察してあげたりが得意な民族だけど

もっと、自分の思ってることや、こうして欲しいということを

ちゃんと出していった方がいいなって。

もちろんそれが語学の習得だったら言うことないけど

それでも「伝えようとすること」と「理解しようとすること」は本当に大事だなと。

 

少なくとも、わからないからしょうがない、とか

日本人は特別、とか思ってたら

そのうち強烈なしっぺ返しがくるんじゃないか。

 

私はコミュニケーションのスタイルが「閉じている」タイプだという自覚があって

これまでは、別にいいじゃんそれで。と思ってたけど

台湾から帰って、その考えを少しだけ改めました。

 

そうやって考えると、日本のコンビニで接客している外国人の人すごいよね。

同じことできるかって言われたら無理だもん。

そういうところも自分の見識が変わったなと思います。

今回の旅の一番の収穫はそこかもしれない。

 

でも台湾はまた行きます。

今度はひとりで行きたいわん、なんてね(笑)

 

 

Posted by 八雲あかね at 07:00 | 交流・おでかけ | - | -

190516 京都(吉方取り)

5月は吉方取りのレポしか書いてませんね。

 

気学の先生に観ていただいたとき、とにかく今年は4月と5月と言われていたので

特に5月は割り切って吉方取り優先で予定をいれていました。

中でも今回の京都はメインイベント的な位置づけです。

 

私の最大吉方が西ということで、京都方面がいい。

中でも出雲大神宮は、個人的に出雲と所縁があるならぜひ行くといいと勧められてました。

名古屋駅から新幹線だと40分かからずに京都に着きます。

出雲大神宮は初めていくので、時間が読めませんが

もし行けたら回りたい場所をいくつか事前に調べて出かけました。

 

京都駅で在来線に乗り換えて亀岡まで

亀岡駅からはバスもありますが昼間は本数が少ないのでタクシーで。

 

 

 

この手水場の後ろには「真名井の泉」があります。

真名井というのは清らかな水につけられる最大級の敬称だそうです。

真名井と名のつく場所は他にもありますが

水は生きていくのに必要不可欠なものなので、きれいな水が出る場所というのはそれだけ

神聖で大切な場所とされてきたのだと思います。

 

古くて落ち着いた、でもとても柔らかい雰囲気。

 

古来からある神社は、社殿よりもその裏の山そのものがご神体だったりしますが

この出雲大神宮も裏山がご神体のようです。

実際、御神体山という名称で「国常立命(くにのとこたちのみこと)」が祀られています。

社務所に申し込むと、本来聖域(禁足地)である山の一部までお参りすることができるそうです。

ゆっくり歩いても30分程度らしいので、せっかくの機会だし参拝させていただきました。

 

右手に登り口があって、本殿の右側を通るのですが

ちょうど歩きはじめたタイミングで、ご祈祷が始まりました。

こじつけかもしれないけれども、こういうのは何か祝福や歓迎のサインのようで

嬉しかったです。

 

これは本殿の裏にある磐座。(ここは申し込みしなくても入れる場所です)

 

ここからさらに鳥居をくぐって上に行くのですが

さすがにそちらでは写真は撮っていません。

 

おみくじは大吉。

 

帰りはちょうどタイミングが合ったのでバスで。

この時点で13時ちょっと前。

行きたかったところは回れそうなので次の目的地に向かいます。

 

目的地近くのお店で、おばんざいのランチ。

吉方取りのときは、なるべくその場所の物を食べたい。

 

次の目的地は、大将軍八神社。

 

京都の神社仏閣で、亀岡から向かいやすい場所はどこかとリサーチしているとき

見つけました。

陰陽道の方位神である大将軍が祀られているということで(→wiki先生

もともとこの吉方取りも、方災除けからスタートしたことだし

陰陽や、星を観測して物事の予想を立てることは、自分の仕事である占いにも

縁が深いことなので行きたいと思いました。

 

参拝してから知ったのですが、天体を観測するための天球儀が

方徳殿という建物に収蔵されていて、年に2回一般公開されますが

事前に予約すれば、公開期間でなくても見せていただけるそうです。

 

以前連れていってもらった神奈川の寒川神社もそうですが

この大将軍八神社も、また改めてゆっくり訪れたいです。

 

ここの御朱印帳がカッコいいので買いました。

 

北野天満宮が近いのでそちらにも参拝しましたが

ちょうど修学旅行のシーズンで、学生さんでいっぱいでした。

特に牛の像の周りは、なでる順番待ちで人だかり状態。

 

再びバスに乗って次の目的地へ。

 

御金(みかね)神社。鳥居が金ピカです。

金運にご利益のあるパワースポットとして知られているそうです(→★

 

開運のための吉方取りだし、西は商売やお金に関する方角だし

やっぱり現世御利益は大事ですからね。

 

こちらのご朱印は、書いてあるものを頂いて自分でご朱印帳に貼ります。

 

*****

 

せっかく京都にきたんだし、雰囲気の良いカフェでお茶でも。。と思いましたが

この日はお天気が良く暑かったので、もう汗だくで

涼むより早く帰って休みたい気持ちが勝って、そのまま京都駅に戻り帰路につきました。

なんだかんだで15968歩も歩いてる!

Posted by 八雲あかね at 12:52 | 交流・おでかけ | - | -

190508 竹生島(吉方取り)

5月8日、吉方取りで竹生島に行ってきました。

 

竹生島は近年パワースポットとして有名で

実は去年生きたいと思っていた場所です。

なのになぜか、行こうと思ったタイミングで台風や西日本豪雨が来たり

別の予定が入ったり。

 

「なんか、呼ばれた人しか行っちゃいけないんだろうか?」と友人にこぼしたら

「パワースポットだからって、『呼ばれた人がいける』『呼ばれた人には何かお役目がある』

そんなふうに大げさに考える人が増えたから

神様が『そういう重いのはいらない』って思ってるんじゃないの?もっと気楽に遊びに来たよ〜って

軽い気持ちで行きなよ」と諭してくれたんですね。

 

気学の先生が候補地をいろいろ教えてくださった中で

一番行ってみたかったから竹生島にしましたが

もしお天気が悪かったら、別の場所でもいいやというくらいの軽い気持ちで行きました。

 

目的は「竹生島に行くこと」ではなくて

「吉日に吉方向に行って、良い運気をいただくこと」なんですから。

 

当日は良いお天気!

 

いざ上陸。

 

阿吽の龍

 

この場所からかわらけを投げます。

2枚1組で、1枚目に名前2枚目に願い事を書いて

投げたかわらけが、鳥居の間を通り抜けると願いが叶うそうです。

 

年齢的に今肩と腕が痛い(五十肩?)なんですが頑張って投げました。

1枚目は鳥居の左側へそれてしまいました。

2枚目はなんと、しめ縄の上に乗った(というかしめ縄のねじり目に刺さった!)

鳥居の右側の柱の上あたりです。

(スマホだと画面を拡大したら見えるかも)

 

こういうとき願い事はどうなるんだろう??

 

気を取り直して、弁才天様が祀られている本堂へ向かいます。

 

神社と弁財天堂を結ぶ通路は、大阪城の遺構を移築した唐門と

船を利用して作られたと言われている船廊下があるのですが

昨年の台風の影響で補修工事がされていて見られませんでした。

(中を歩くことはできます)

 

ちょうどこの日は「巳」のつく日で、弁天様をお参りするのに良い日でした。

 

島の一番高いところ(宝物殿の前)から見える琵琶湖

 

この階段を下りて戻ります。

 

《おまけ》

島のあちこちにいる龍さんたち

 

 

 

 

 

竹生島で2つおみくじをひいたところ

一つは、願い事はなかなか叶わないけれど後々自然に成就す とあり

もう一つは、他人の助けにより望み事は叶うから急ぐな とありました。

 

前回の吉方取りで行った大縣神社・田縣神社のときもそうでした。

繰り返し繰り返し同じことを言われてるんだな〜

 

願い事は、すぐに‼簡単に‼じゃないけど

時間をかけてじっくりあきらめないで行動すれば叶う。

ああ、なんか山羊土星ぽいテーマだ。

 

Posted by 八雲あかね at 13:05 | 交流・おでかけ | - | -

190419 大縣神社・田縣神社(吉方取り)

4月の吉方は北北西なので

前の週に行った真清田神社(→★)に続き、

小牧犬山方面にある大縣神社と田縣神社に行ってきました。

 

一宮の真清田神社が尾張の国一之宮で、大縣神社はニノ宮ということで

意図してなかったけど順番通り。

 

最寄りの駅から歩くことおよそ20分

 

 

この大縣神社は、女性の守り神として信仰されているそうで

安産祈願に来られている妊婦さんご家族が何組もいらっしゃいました。

 

境内に「むすひ池」という池があり、願いを書いた紙を浮かべて

たちまち沈めば願いも早く叶うそうですが

私が浮かべた紙は一向に沈む気配がない(泣)


来る途中にあった小さな神社が気になったので

帰りに少し寄り道。

 

 

「もろくわ神社」と読むそうです。

むこうに見える鳥居の奥の参道に惹かれました。

鎮守の森、というように社を囲むようにこんもりした森があるところは

神社の規模自体は小さくても、昔から地元を守り、

地元の人に愛されてきた場所なんじゃないかなと感じます。

(GWに「夏目友人帳」の一挙放送をみたので余計にそう思うのかも)

 

一駅移動して次にお参りしたのはこちら。

 

 

田縣神社

 

ここの豊年祭りは「天下の奇祭」として知られています。

御神輿というか山車が、大きな男性のシンボル。

奥社の方にお参りすると、大小さまざまなのが奉納されています。

五穀豊穣と子孫繁栄。

 

先程お参りした大縣神社が女の守り神で陰、こちらの田縣神社は男性で陽

という感じです。

お参りした当日にインスタとFBで投稿した時

「二つの神社の湿度の違いを感じるのが好き」というコメントがあって

行った感じはもちろんですが、写真で佇まいを見るだけでも

「しっとり」と「カラリ」の違いを感じます。

 

こちらでおみくじを引いたら大吉が出たのですが

「願い事は叶うけど時間がかかるよ」と書いてあって

むすひ池でなかなか沈まなかった願いの紙はそういうことなんだな、と理解しました。

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:32 | 交流・おでかけ | - | -

190411 真清田神社(吉方取り)

年末に気学の鑑定をしていただいたとき

4月と5月は何はなくとも吉方取り!と言われていたので

吉日にはなるべくどこかにお参りに行こうと思っています。

 

ということでこの日は一宮市にある「真清田(ますみだ)神社」へ。

 

JR尾張一宮の駅から商店街を抜けたところにあります。

街中にあるのに、境内に入ると静かで落ち着いた空気。

 

 

どっしりとした門

 

境内の花桃がきれいでした。

 

小さい祠(摂社)を全部回り切れなかったのと

ご神水をいただいてこなかったので

次にまた行く機会があったらその時は忘れないようにしよう。

Posted by 八雲あかね at 09:43 | 交流・おでかけ | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile