規制緩和

長かった夫と息子の夏季休暇も終わり、やっと今日から通常モードです。

 

通常運転初日の今日は、陽転お茶会@作手でした。

前にお茶会に参加してくださった方がお招きくださいました。

 

最初、作手ってどこ?状態だったんですよ。

新城のもっと奥かなと思ってたけど、調べたら岡崎と新城の間にあるんですね。

本宮山の裏手を進むルートだと、ほぼ一本道で行けました。

 

ただ運転があまり得意でないので山道はちょっとドキドキでした。

(帰りは回り道でも新城経由の慣れた道で帰ろうと思ったら、ナビが本宮山スカイラインに導くので、やっぱり山道でした)

 

お茶会は和やかでとてもいい雰囲気でした。

お友達同士で集まるので、参加者さんもリラックスしてるというのもあるし

以前のお茶会で自分のことを聞いたので、今度は家族のことを聞きたいと参加してくださった方も。

 

お昼を挟んで午後に鑑定の時間も取りましたが、なんかね、幸せだなと思ったんですよ。

 

ウエルカムなムードでお迎えいただいて、お茶会も楽しんでいただけて

自分が、好きなこと・楽しいことをして、誰かに喜ばれるって

大げさな話だけど、私いいことやってるじゃん、ってちょっと自画自賛しちゃった。

 

明日は新月で、新月も水星逆行も自分の10ハウスで起こるということもあって

これからの仕事のやり方とか、実は休み中いろいろ考えたりしてたけど

なんかもっとシンプルでいいんだな〜って。

 

 

お茶会の時は〜〜してください。

オフィスは〜〜します。

私、そういう「決め事」いろいろ作ってきてました。

それは、されたら嫌なことをされないための防御みたいなものでした。

お茶会でも鑑定でも9割以上は、気持ちよく楽しくお仕事できるのに

時々遭遇する「あれれ?」に怯えすぎていたなと。

そんなの規則で縛らなくても、何かあったらその場でNOって言えばいいだけ

 

オフィスができたので、外に出ることと来ていただくことの割合はたぶん変わるけど

お茶会を始めたばかりの頃のような

面白いって言ってもらえて嬉しい、喋ってる私も楽しいという

シンプルな気持ちで、またお仕事に向きあおう。

 

新月前に気持ちがスッキリできて良かった。

 

そして明日は、新月のお茶会です。

こちらは定員後にお申込みがあって増席したのでちょっと多めの6名様で

新月についてのお話をします。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:30 | -陽転お茶会 | - | -

陽転お茶会について

陽転お茶会を企画してくださる方、参加してくださる皆様

いつもありがとうございます。

 

今後の陽転お茶会について少し書いてみようと思います。

 

陽転お茶会をやろうと思ったきっかけは、自分が算命を学んで

勉強会などに行くようになってから

持っている星によって本当に受け止め方やリアクションが違う!

ということを知り、それが大変面白くて周りの人に話していたら

私も聞いてみたい!とか面白かった!とか、そういう反応が嬉しかったから。

 

個人鑑定を受けるほどではないけど自分のことを知ってほしい

なるべく気軽にリーズナブルに参加してもらいたい

他の人と比べてみることで『みんな違う』ということを客観的に知って欲しい

算命に限らず、占いをもっと身近で役に立つツールとして楽しんでもらいたい

 

そういう目的で開催するようになって、それはきっと今後も変わりません。

 

今までは、どなたかに主催していただいて

開催場所や参加者は主催者さんにお任せ、というやり方でやってきました。

そのおかげで、たくさんの方とお目にかかることができたり

地元以外の場所にお招きいただいたり

大きく世界を拡げることができたのは、お茶会があったからだなと思います。

このやり方は今後も続けていきます。

 

一方で、お友達に話を聞いて・FBの投稿で見て、

参加したいと思うけどどうしたらいいのか、というお客様も一定数いらっしゃる。

ということで今後(たぶん7月以降)月に1回くらいのペースで

自主企画型の陽転お茶会もやっていこうと考えています。

 

今までどうしてそれをしなかったかというと

正直日にちや場所決めて、告知して、案内出したりデータまとめたりという

あれこれを一人でするのは面倒で大変、ということと

主催してやってもらうときと、自分で企画するときとで

値段が変わってしまうのをどうしたらいいか、決めかねている部分があって。

 

主催していただくときは、いろいろな手間暇をかけていただく代わりに

その手間賃を経費として参加費に上乗せしてもらっていいということにしていたので。

 

結局自分で企画するときも、手間賃や経費を乗せればいいし

主催の方もやり方はそれぞれで、きっちり手間賃を乗せる人もいれば

本当に実費のみで設定している方もいて

まあ、本当にそれぞれなんだなぁと。

だから私があれこれ気にしなくても、お客様自身が納得して選べばいいかと。

 

ということで、長々書きましたが、陽転お茶会について要点をまとめますと

 

★所要時間 2時間〜2時間半(人数によってすこし幅があります)

★人数 最少3名〜最多12名⇒参加者の頭数ではなくて、命式を見る人の人数です

★金額 3000円+@ @に含まれるのは交通費・場所代・飲食費等なので都度変動あり

 

あとこちら、前も書いたけど再度お願いします。

※お茶会の前後に鑑定枠は設けません

※お茶会後のランチ等はご一緒しません

(いずれも県外にお招きいただいた場合はその限りではありません)

 

一か所でOKすると他でもやらないといけなくなること

特に食事は一度ご一緒するとだんだん華美になっていくこと

そして食事時間が、皆さんからの質疑応答タイムみたいになってしまうこと

などの理由によりご辞退させてもらいます。

なぁなぁにしてしまうのは自分にも責任があるので、こうして定期的に明文化しています。

そのあたり何卒ご理解いただけますと幸いです。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:37 | -陽転お茶会 | - | -

曇り→吹雪→晴れ

こんにちは、八雲あかねです。

 

 

今日は今年初のお茶会で、新城に行ってきました。

昨日の予想通り、個性的な皆様が集まってくださいました。

楽しく盛り上がってつい、時間が押してしまいすみません。。

 

ひとりひとりみんな違う

お家それぞれのやり方考え方も違う。

生きている人間が作り上げる世界なので、何もかもセオリー通りにはいかない。

 

 

多くの場合、中殺を持っていると生き辛さを感じることが多いですし

生年中殺だと親との関係が苦しくなるケースが多いようにお見受けしますが

ご両親が「子供」ではなく「対等な一人の人」としてお子さんを育てた場合などは

その限りではないわけです。

算命は昔の家制度や家族のつながりを基本に考えられているので

家族の形態や意識が変わっていくと、現れ方も違ってくるのかもしれませんね。

なにより、ご本人が苦しくないなら

環境や関係が合っているということなので、ムリにほじくらなくてもいいんだな

ということを思いました。

 

 

今日はもう一つ別件があって急いで帰らないといけないと言ったら

主催者の方のお母様(禄存)がお弁当を持たせてくださいました。幸せ!

昨年の初めごろはブログで「禄存司禄苦手だし」とか公言してたのに

やさしくて柔らかい禄存司禄の世界が今は嫌いじゃありません。

星が何かというよりはやっぱり人によりますね。

結局家に着いたのは17時前だったので、お弁当は夕飯に美味しくいただくことにします。

 

 

それにしても今日は不思議な天気でした。

新城まで車で行ったのですが、途中岡崎から豊川に入ったあたりで雪が降り始め

御油のあたりでは霰(あられ:小さな氷の粒)が吹雪いていたんです。

視界も悪くて車も速度落として走ってるし。

平地でこんな天気なのに、山道走れるんだろうか?と戦々恐々しながら進んだら

山に入ったら雪も止んで、豊川から新城に入るときには日が射していました。

帰りは逆で、新城では雪が降っていたけれど、

山道を降りて豊川市内に入ったら道路は濡れてない。

もしかして、一日岡崎にいたら雪なんか見なかったかもしれません。

朝の不安はなんだったの?と狐につままれたような感じでした。

 

 

今年は何回くらいお茶会できるかなー?

楽しみです!

 

Posted by 八雲あかね at 17:54 | -陽転お茶会 | - | -

明日は今年初お茶会

こんにちは、八雲あかねです。

 

先日、自分の将来の推定年収をリモートビューイングで見てもらうという企画を見つけて

面白そうと思って申し込んだんですよ。

モニターの条件がアメブロで記事を書くかFBでのシェアということだったので

FBで記事を書いたところ、それを見て申し込みました!っていう人が何人か。

コメントで教えてくれた人以外にも何人かいるんじゃないかと。

 

あくまでも努力や行動した先の金額であって

何もしないで待ってるだけで手に入るお金ではない、というのがいいです。

自分の可能性に発奮したり目標にしたりというきっかけになったら楽しい。

 

**********

 

この前「本宮山てどれ?」って探していたらいつのまにかお堂の中にいたという夢を見たんです。

明日は新城だし、砥鹿神社の奥宮行こうかなあってなんとなく考えていたら

ちょっと思いがけないハプニングがあってバタバタしているので

また次の機会にゆっくり参拝させてもらいます。

 

午前は今年初のお茶会です。

命式を拝見した感じでは、とても個性的な皆様がお集まりくださるようなので

とてもワクワクしています。

主催してくださる人によって本当にカラーが違うんですよね。

それがいつも不思議で、面白い。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:21 | -陽転お茶会 | - | -

35回 337人

こんにちは、八雲あかねです。

 

今年もあと2週間ですね〜。

年々時間の流れが速くなってくるのか、日々の濃密具合が増しているのか

ついこの間「良いお年を〜」なんて言っていた気がするのに。

 

 

年末なのでいろいろ書類を整理しておりました。

今年は、

◎陽転お茶会 23回 185人

◎単発イベント(〜の会など) 8回 84人

◎玉紀さん講座 3回 50人

◎お江戸イベント 1回 18人+@

 

合計 35回 337人(延べ人数)の皆様にお目にかかったことになります。

個人鑑定や講座、内輪の会合などでお目にかかった方を加えると500名くらいになるのかな?

お茶会やイベント(〜の会など)の場所と参加者は記録を取ってファイルしていますが

年末に見返すのが秘かな楽しみです。

 

今年は飯田や富山にも行くことができたし、お江戸イベントにも行きました。

プライベートでは、東京に5回、京都3回、台湾、出雲、仙台。

年始に宣言した「松尾芭蕉になる!」はそこそこ実現できてると思います。

 

振り返ってみるとあちこち行っていろんなことしてますね。

お江戸イベントなんて2年くらい前の出来事のような気がする(笑)

 

 

 

とはいえ、今年もまだ鑑定や講座はいくつか予定があるし

年末には内輪だけでちょっとしたイベントもあるし

あぁ今年も頑張ったな〜と一息つくのは除夜の鐘を聞く頃じゃないかな。

 

 

今年、お茶会やイベントに参加してくださったり、鑑定を受けてくださったり

あれこれの企画を一緒に作りあげてくれた皆様に

改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

一年間大変お世話になりましてありがとうございます!

 

来年もこれまで同様楽しみながら飛ばしていく所存ですので

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:33 | -陽転お茶会 | - | -

レアはレアだから価値がある

こんにちは、八雲あかねです。

 

今日は豊橋の「かぁやん商店」さんで陽転お茶会でした。

お茶会って不思議で、集まる方がその回その回で違うというか

色みたいなものがあります。

 

今日は8名の方にご参加いただいたんですが

そのうち6名の方が中殺持ちの方でした。

こちらから指定して集めているわけじゃないのに、本当に不思議。

 

で、タイプ分けの話の時

「みなさんはモヤモヤさんタイプです。そしてそのモヤモヤは一生なくならないです」

というお話をしたら、最初は

普通が良かった、どうやったら普通なように生きられますか?と聞かれました。

 

中殺の方には中殺の方にしかわからない生きづらさや苦しさはあるでしょう。

だけど持っているものはなくせないとしたら、そこを自分の魅力や才能に

向けていく方が良くないかな、と思うんです。

みんなと同じは安心かもしれないけど

中殺を持っていなくても、そもそも「みんなと同じ」なんてないわけです。

みんな違うなら、違っている個性を際立たせるほうが良くない?と思う。

勇気要りますけど、覚悟もいりますけど。

 

ポケモンだって、簡単に集められるキャラより

めったに手に入らないレアなキャラのほうが価値があるんじゃないかな。

誰でもいい何でもいい、じゃない。

あなたにしかできない、あなたじゃなくちゃいけない何かを

どうか見つけて欲しいと思います。

それは中殺あるなしに関わらず、誰に対しても願っていることなわけですが。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 21:52 | -陽転お茶会 | - | -

お茶会はネタの宝庫

こんにちは、八雲あかねです。

 

ずっと雨続きのお天気でしたが、昨日ようやくお日様が出ました。

やっぱり、太陽大事、日照時間大事、さらりと乾燥した風の心地よさ。。

おかげで、溜まった洗濯物が一気に片付き

なぜか仕事(お茶会や鑑定の下準備とか事務仕事とか)もサクサクはかどりました。

私は活動宮のオンナなので、何もすることがなくて時間があるときより

少し負荷がかかって、やることがあるときの方が物事をテキパキと進められる

という性質があるようです。

 

先週はお茶会が幸田と名古屋でありました。

同じ資料を使っていつも通りの流れで話すんですけど

なんとなく話している内容が前と違う、ということに気づきました。

あくまでも当社比ではありますが

十大主星の説明だとか例題にちょっと厚みが加わった気がしました。

 

今までは、「頭で理解していること」を説明しているだけだったところに

「体感が乗った」感じ。

 

これは、東京での『十大主星の研究』講座に通って、コンプリートしたことが

影響あるのかもな、という気がしています。

参加しても、そのときはよくわからないことの方が多いんですよ。

わけもなく歌ったり踊ったりするって理解できない〜とか

なんでもかんでも人のいうこと聞くのは疲れないんだろうか〜とか

リアクションが薄いっていうけど、そんなことないよーとか。

 

でもやっぱり、生身の人の体感を伴った言葉というのは

ちゃんと沁みてくるんですね、時間はかかるけど。

ああそうか、そういう感覚なのかっていうのがわかる。

もちろん、その星を持っている人からしたら「わかった気になるな」っていう

レベルなのかもしれないけれど

本やネットの情報よりもうんとうんとたくさんの情報が

リアルな一言のなかに詰まっている、そんな気がします。

 

そして当たり前のことですが、

私の理解度が増すと、やはり伝わり方も変わるんですね。

 

名古屋の会場は龍高率が高くて、幸田は禄存率が高かったんですが

そこで出てくるリアルな声、それぞれの星のあるある、みたいなものも

すごく面白かったです。

そういう声を拾って、また別の会の時に使ってやるぜイヒヒとか思うわけです。

お茶会って、算命のことを知ってもらう場であると同時に

自分の引き出しの中身を増やす場でもあって

それが上手いこと循環すると、より楽しい場になるんですね。

 

今週は幸田と豊橋でお茶会があります。

どんな方にお目にかかれるか(どんなネタが拾えるか)楽しみです。

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:13 | -陽転お茶会 | - | -

あかね劇場は泣ける、のか?
こんにちは、八雲あかねです。

今週は「理想のパートナー編」お茶会で始まって、陽転お茶会で終わった一週間でした。

理想の相手を読んでも、家族の命式を見ても
結局「自分がどう在るか」に帰ってくる、特大のブーメランとなって。

人間関係は鏡ってよく言いますが、自分が嫌いな状態で見る鏡に映るのは
不愛想で疑い深い目をした自分じゃない?

たとえば自分が誰かと会ったときに
じろじろなめまわすような目線で見てきて
「太ったんじゃなーい?」「なんか老けたよねー」とか感じ悪いこと言う人より
にこにこ笑いながら「髪型変えた?」「その服似合うね♪」って言ってくれる人の方が
感じいいじゃん。そういう視線で自分のことも見てみようよってこと。

今週のお茶会は、なぜか毎回誰かを泣かしてしまいました。
断じて意地悪したわけじゃないし、闇討ちしたわけでもないけどね。
人は心の奥の触って欲しくないと思ってる場所に触れられると
涙が出てしまうものなのかもしれません。


以前は、お茶会の最中に説教モードになるとなぜかみんなが喜んだけど
最近はどこかで誰かが涙を流すっていうのがパターン化するんだろうか。
泣かせる話だねぇ〜、って大衆演劇かっ!?

あと、陽転お茶会ローカルルールとして
≪一番最初は自分の命式で参加≫入れようと思います。
(同じ日に自分の分を鑑定で受ける場合は除く)

旦那さんや子供がどんな人かは大事だけど、まず自分がどういう人間かの方が先
これは強く感じたので、次回から適用いたします。



 

Posted by 八雲あかね at 20:04 | -陽転お茶会 | - | -

明日は初!飯田
こんにちは、八雲あかねです。

今年初の陽転お茶会は、初めて長野県の飯田市にお招きいただいての開催です!

資料とかはもう前もって用意してあるんですけど、
間違ってないか、忘れ物ないか、明日の朝起きれるか
そんなことを何度も考えてはドキドキしています。
今回は主催者様も初対面なのでなおのこと緊張もします。
その緊張感も「吊り橋効果」として利用して、
明日の参加者様には楽しんでいただけると嬉しいなと思う次第です。


昔々、ネットワークビジネスに片足を突っ込んでいたことがあり
(↑これは子供が小さくて家にいる人は一度は受ける洗礼みたいなもの)
その頃聞いた話の中で
直接の友達や知り合いじゃなく、その人が紹介してくれた人(知り合いの知り合い)が
本当の意味でのお客様、というような意味のことを聞いたことがあります。
知り合いの知り合いというのは自分にとっては他人なので、
義理やつきあいで商品を買ってくれたりはしない。
だからそういう人が買ってくれるということは、商品が良いと認められたということ
みたいな内容だったと記憶しています。

最近お茶会も鑑定も、ブログから直接コンタクトを取って来てくださる方や
知り合いからいいと聞いたので、と申し込んでくださる方が増えてきて
なんとなく上記の話を思い出しました。


私もこれからが正念場なのだなと思います。
プライベートの私を知らない人にあっていくということは
お茶会や鑑定の内容ももちろん、自分のヒューマンスキルも大事なわけですね。
(で、司禄星大運ちゃんと使いこなせというテーマに帰結するというオチ)

まぁ、実際はそんな堅苦しいことは言わず
算命っておもしろい!とか、自分を知るといろいろ楽になるね!を
これからもお伝えできたらいいなと思っています。

 

Posted by 八雲あかね at 10:44 | -陽転お茶会 | - | -

36回257人
こんにちは、八雲あかねです。


今日は今年最後の陽転お茶会で、浜松に伺ってきました。
小さいお子さんのいるお母さんメインの和気あいあいとしたお茶会でした。


ところで今日のタイトル、なんだかわかりますか?
今年1年間で開催していただいたお茶会の回数と、参加してくださった方の人数です。

1ヶ月平均にすると3回、10日に一回くらいのペースで
いろんな場所にお招きいただいた計算になります。
なんかね、本当に夢を見ているような気分。
今の私の状況を、去年の私は想像もしていませんでしたよ。

このお茶会、参加してくださった方が面白かったから今度はうちで、とか
お友達に話を聞いて興味を持ったから、という形で
ほぼほぼ口コミだけで開催していただきました。
「そらとうみ」のよっちゃんが、たいわのときに算命を推してくれているのも
大きな後押しになっています(足向けて寝られません、いつもありがとう!)
おかげでどこに伺っても温かく迎え入れてくださり嬉しかったです。


主催してくださった皆様、参加してくださった皆様
そしていつも応援してくださる皆様。
本当にありがとうございました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。


年明けには長野県の飯田市に呼んでいただけることがきまりました。
豊橋での開催も決まっています。
来年もみなさんに楽しんでいただけるお茶会にできるよう
足腰と喉を鍛えて頑張りたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!



 

Posted by 八雲あかね at 23:47 | -陽転お茶会 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile