1/13 土星冥王星合

1/13 1:24 山羊座22度台で土星と冥王星が合になります。

(合=コンジャンクション=ぴったり重なること)

 

土星と冥王星は1/13にコンジャンクションした後は、

年末まで、順行したり逆行したりしながら2〜5度のつかず離れずの距離を保ち

土星が水瓶座に入るのを機に離れていきます。

 

 

このブログでずっと、お伝えしてきた山羊座的な物事の再構築が

クライマックスを迎えます。

 

山羊座的な物事、というのは社会的なしくみや構造・インフラなど基盤となるもの

こうあるべきとみんなが認識しているであろう価値観 などです。

これらを2009年以降、冥王星が揺るがし覆し壊してきた。

2017年12月に土星が山羊座に入ってからは、

既に壊した(変化した)ものについては再構築が進み

壊さずに抱えているものについては手放すことを促されてきました。

 

天体は近づいてくるとき(アプライ)が影響が強く

ピッタリ重なるタイミング(コンジャンクション)のときがピークで

離れていくときには影響が小さくなります。

ジョーズは向かってくるときがいちばん怖いのと一緒です。

 

 

 

 

1/11の蟹座新月の後、

 

1/12 水星が土星、そして冥王星と続けて重なり

1/13 1:24に土星と冥王星合の後、22:17には太陽と冥王星が合。

1/14 0:15に太陽と土星が合というように

ぞくぞくと天体が集結します。

 

土星と冥王星が重なるのは山羊座22度

ここのサビアンは

【戦争での勇敢さを称える二つの賞】

 

本来の役割と同時に、別の価値観を見出していく。

戦争というのは勝つことが本来の目的ですが

[勝つために戦う]という選択肢と同時に、[負ける][戦わない]あるいはという

選択肢や可能性もそこにはあるという成熟した視点をもつことができます。

 

誰かが作った常識や価値観を鵜呑みにして従うのではなく

色々な立場からの物の見方・考え方ができる。

これから先はそういう世の中になっていくことでしょう。

 

社会の仕組みとかインフラとか

強くて大きなものが揺らいだり覆ったりすれば

影響や余波も激しいものになることは必至です。

 

そういう時代だからこそ何を選ぶか、何を選ばないかは自由

ただ自由には責任も伴なうことを覚悟しなくてはいけません。

だからこそ、「みんなと一緒でいい」ではなく「私はこう思う」を

しっかり持っていなくてはいけなくなるのだと思います。

 

いくら常識を打ち破るとはいえ、これはやりすぎなんじゃ??

 

 

LINEID=@458wsdnw

お友達登録URLはこちら

 

Posted by 八雲あかね at 15:07 | 星のこと | - | -

所信表明的な

先日インナーチャイルドカードを引いて改めて面白さを再確認し、

 

昨日は1月にご予約いただいている方のソラリタを何人分かまとめて読んでいて

この前引いたカードと今回のソラリタが見事にシンクロしてるじゃん!

というケースを目の当たりにしました。

 

それに触発されていろいろ考えてみたので

お正月だし、今日はちょっとぶっ飛んだ話をしようと思います。

 

 

私はかなりの現実主義者ですが、同時にどっぷりスピの人でもある、と思っています。

ホロスコープで言うと、月・木星・海王星のハードアスペクト持ちなので夢と現実の境がない

(アルコールや薬物の中毒に注意してといわれる配置(笑))

それ以外の天体がバリバリ現実的な山羊と乙女にある。

 

なにかが視えるとか声が聞こえるとかそういう能力はたぶんありませんが

輪廻転生もUFOもパラレルワールドも

『きっとあるに違いないと信じている』のではなく

『え?普通にあるよね。そういうものでしょう』という感覚。

 

だから時々耳にする、どこかの星から魂が転生してきた、という話も

そうなんだ。と思うだけでそれを特別視する感覚の方がわからない。

どこの星から来ようと構わないけど、何しに来たかの方が大事って思う。

私たちが外国に行くのと同じ。

NYで「私は日本から来ました」って言っても、それがどうしたの?って話でしょう。

観光に来たのか、語学を学びに来たのか、仕事に来たのかという目的と

その地でどう行動するかの方が大事。

 

 

よく星の影響を受けた、星に動かされた、という言い方をしますが

占星術で言う星っていうのは集合意識のことだと私は認識しています。

潜在意識よりももっと深い(あるいは高い)ところに集合意識の層があって

その意識が光のようにミストのように降り注いでくる、そういうイメージ。

 

占星術やカードや、そのほか占い、チャネリングなどは

3次元で生きる生身の肉体を持った人間と、その集合意識をつなぐものと捉えています。

いろんな占いやカウンセリングなどを受けると、結局みんな同じことを言ってると

気が付くことがありますが、それはどこからアプローチするかだけの違いで

同じところ(source)と繋がるから。

 

 

私は新月満月の記事を書くのがあまり得意ではありません。

全体的にどういう影響があるかということよりも

受けとる人にとってどう作用するかの方が重要だと思っている、ということもあるし

そもそもそんな特別視するようなことでもない。

本当にそれがスペシャルなものだったとしても、受け取る側が

「わーすごいんだ〜」で終わったら何の意味もない、と思ってるから。

 

鑑定を受けてくださった後、めきめき人生が変わっていく人もいれば

何年たっても同じことで悩んでいるんだな、という人もいて

違いは何だろうとずっと考えていました。

 

 

それは

『受け取るという意図』と『行動』

これに尽きます。

 

星(集合意識)からの意識を受け取ること、そしてそのために何か一つでも

行動を起こしてみること。

 

例えば、山羊座冥王星土星が入るこの期間には、これまで大事に抱えていた

思い込みや価値観を再構築するといいという話をして

「〜しなければ」「○○はこういうもの」を手放してみたら

目の前の現実が思いもよらぬ方向に変わっていった、そういう例をいくつもみました。

早い人は3ヶ月とか半年で、あの頃とは全然違う!という状況になった人もいます。

 

現実が変わる、というのはパラレルシフトです。

パラレルワールドは無限に存在していて、それこそ私たちが何か選択するたびに

それを選んだ世界 と 選ばなかった世界 が同時に発生していく。

行動しなければ世界はそのまま変わらないけど、行動することにより

[Aという価値観を持っている自分がいる世界]から

[Bという価値観を持っている自分がいる世界] へ

ぽんっと移動する。

 

歩いて移動したら2時間経っても市内からでられないけど

新幹線なら東京まで行ける、飛行機なら沖縄や北海道に行ける。

行動というのは自分の世界を変えるトリガーなのだと思うのです。

 

で話はもどるんですが、新月満月の時にいわゆる神秘的でスペシャルな星読みを

書くのも読むのも得意ではないのは

本当に身も蓋もない話なんだけど、どんなに宇宙のパワーがすごくても

わーそうなんだ、すごいね〜って言ってるだけじゃ何も変わらないし

本当に自分が変わりたいと思ったら、新月満月関係なくいつでもきっかけはあると

思っているから。

 

 

だから、私は会う人やブログを読んでくださっている人に

すごいね!って言わせたい、言われたいんじゃなくて

じゃあどうしたらいいですか?のアドバイスができる人でありたい

そして今年はそれを出し惜しみしないで出していこうと思うのです。

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:56 | 星のこと | - | -

LINEの公式アカウント始めました

LINEの公式アカウントを始めることにしました

 

星読み情報などや

インナーチャイルドカードの1枚引きセッションや

各種企画、WSなどのご案内など発信していこうと思います

 

実は前からやってみたいと思っていた、

DJがハガキを読むように、いただいたコメントのなかから選んで

公開でお悩み相談にお答えする、なんていう企画も考えています。

 

 

今のところ不定期配信の予定ですが

よかったらぜひお友達登録してみてくださいね。

 

 

LINEID=@458wsdnw

 

 

お友達登録URLはこちら

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:36 | 星のこと | - | -

受け取る人次第

今日が仕事納めでした。

 

「山羊木星の話を聞きたいのですが一人ではだめですか?」

というお問い合わせをいただき

その方は『山羊土星の再構築セッション』を受けてくださっていて

年明けにお誕生日を迎えられるので

通常のソラリタ鑑定に山羊木星の話をオプションで付ける

という内容をご提案しました。

 

『再構築セッション』を受けてから半年ちょっとくらい

なのに受けた当時には予想もしなかったような人生の変化があって

人ってすごいな、といつも感動します。

 

星は影響を与えてくるけれど、実際に人が決めて行動するときの

加速感は半端ない。

結局人生はその人の胆力次第なんだなと思い知らされます。


 


 

ソラリタ+山羊木星がもたらす影響 4000円/1時間

 

ちょっと変則的なご案内になりますが

『山羊土星冥王星の再構築』セッションを受けてくださった方限定で

2020年3月までにお誕生日をお迎えになる方は

通常のソーラーリターン鑑定にプラスして

山羊木星がなにをもたらしてくるかの解説をオプションでおつけします。

 


 

山羊山羊言っていますが、

年明け3月には土星がいったん水瓶座に入ってまた山羊座に戻ったり

2020年の12月には木星と土星が揃って水瓶座に入ります。

 

木星と土星に関しては、もっとも誤差なしでタイトに接近する

いわゆる「グレートコンジャンクション」の状態になるのは

実は来年12月、水瓶座0度でなんですよ。

 

 

水瓶座関係者の皆様、そして水瓶座以外の固定宮(牡牛・獅子・蠍)の初期度数に

天体をお持ちの皆様にとっても、そろそろ対岸の火事じゃなくなってきます。

特に最初に入るのが土星ということは、何らかのダメ出しがまず起こるということです。

 

このあたりのことも、年明け以降に何らかの講座やお話会など

企画していきたいと考えています。

 

 

***

 

今日は日食も伴なう力強い新月です。

今年一年を振り返り、来年どこに向かてどんなふうに進むのか

ぜひ考えてみてくださいね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:01 | 星のこと | - | -

「自分のことが先」には理由がある

個人鑑定は受けていないけどソラリタを受けたいです

陽転お茶会などで、私はいいので子供のことを教えてもらいたいです

付き合っている彼のことを鑑定して欲しいです

といったご要望をいただくことがあります。

 

基本的にはまず

お茶会だったら、お母さんとお子さん同時ならOKだけどお子さんのみはNG

(過去にお母さんがすでに参加済みの場合はお子さんのみでもOK)

鑑定やソラリタの場合は

まずご自身の個人鑑定を受けてからのほうがいいです、とお話します。

 

※ソラリタに関して言えば最近は個人鑑定を受けてなくてもやっています。

(他でホロスコープ観てもらったことがあるという方もいらっしゃるし

全然何かわからないけど、友達が受けて面白そうだったからという方もいて

いちいち確認したり説明したりするのが正直面倒になった。。)

 

なぜ自分の鑑定を先に受けて欲しいのか

今日はそれを書こうと思います。

 

 

***

目の前で起こる出来事や現象には正解不正解も善悪もなく

ただそういう出来事があった、というだけで

そこに正解不正解や善悪や快不快を反映させるのは

自分が持っているフィルターです。

 

例えば懸賞が当たって、今年の新米が現物で1俵(60kg)もらえるとなったとき

育ち盛りの子がいる主婦の人だったら「よっしゃー!」とガッツポーズだけど

独身で自炊しない人だったら(正直こんなのもらっても困る。。」となる。

お米はお米です。なのに

受け取る側の環境や受け止め方によって価値が変わってしまう。

お米をもらって喜ばない人なんているわけないじゃん、と思ったら

[お米]を[カップ麺]とか[紙おむつ]とか[羊10頭]とか変えてみるといいよ。

 

例えば、今の山羊座に集中している天体の影響

新月や満月の影響なんかもそうだし

自分の子供や付き合っている彼がどんな人かも同じなんです。

 

星がどんな影響を流し込んで来ても

目の前の人がどんな人であっても

それを受け止める側のフィルターによって変わってしまうから

まずはそのフィルターがどんななのかを知っておいて欲しいんです。

 

お子さんが明るくて元気で活発な性格だったとして

それを受け止めるお母さんの側が

「子供らしくて微笑ましい」と思うのか

「ちっとも落ち着きがなくて困る」のか。

全然違ってきちゃうでしょう?

 

ホロスコープや命式というのは、その人が持っている思考癖とか

行動パターンとかいったものを読み取ることができます。

まず自分自身がどんな人でどんなフィルターを持っている人か知ったうえで

星からどんな影響が流れてくるのか

目の前にいる相手にどういう反応をするのか

ということを理解できると考えるからです。

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:50 | 星のこと | - | -

今日は冬至

13:19に太陽が冬至点を通過します。

 

 

一年のうちで一番昼の時間が短い日。

そしてここから

冬至から畳の目ほど日が伸びる と言われるように

僅かずつですが、日一日と昼間の時間が長くなっていき

日差しに力が戻ってきます。

 

 

 

山羊座に入ったばかりの太陽(冬至点は山羊座0度)は9ハウス

これまでになかった気づきや可能性の後押しを受けて

自分の方向性について大きな理念や目標を抱きます。

単なる野望では終わらない強く揺るがない信念、のようなもの。

 

日差しが少しずつ伸びていくように

少しずつ、でも確実に自分の目標に近づいていきます。

冬至から新年にかけて、慌ただしい時期ではありますが

自分がこれからどうしたいのか、どう在りたいのかを

じっくり内観してみる時間を意識的にとってみてください。

 

 

Posted by 八雲あかね at 12:44 | 星のこと | - | -

山羊木星お茶会ありがとうございました!

昨日は「山羊木星お茶会」でした。

6名の方が参加してくださいました。

 

前回は4名で、この時実はホロスコープ上の山羊座の位置が

2ハウスから3ハウスの人と、3ハウスから4ハウスの人しかいらっしゃらなくて

バリエーションが少なかった分、その部分を重点的に話せたし

昨日はバリエーションが豊かだったので

いろんなケースがあるのだということを理解しやすかったのでは?と思います。

 

 

山羊木星お茶会をやろうと思ったきっかけは、木星が山羊座に来て

ラッキースター到来!

12年に一度のラッキーチャンスを掴み取ろう!

みたいなコピーをネット上で見かけるたびに複雑な気分になったから。

 

木星がラッキースターだというのを否定するわけじゃない。

でも木星が持ってくるラッキーというのは

そこにあるものを拡大してくれたり緩めてくれたりするもので、

朝起きたら枕元にプレゼントが届けられていた的なものではないです。

 

 

で、もう一歩踏み込んで、木星=ラッキーという象徴を享受するのであれば

冥王星の破壊、天王星の変革、土星のダメ出しも

おなじように受け取ってしかるべきじゃないかと。

 

誰でも等しくホロスコープの12星座、12ハウス、10天体を持っている

美味しいところだけつまみ食いするのは

本当の意味で星を使っていることにはならないと思うわけです。

金星と木星だけ使って、あといりませーんとか不可能じゃん。

 

だから、山羊座の冥王星と土星がもたらした再構築

牡羊座の天王星(2011〜2019)がもたらした変革

自分の人生のなかでそれらがどんな形でやってきて、どう乗り越えたかの

振り返りはすごく大事。

過去の検証でそういうことがあったと実感できれば

未来の予想もきっとそうなるよねと見通せる、という理論です。

 

というような思いや意図があってやってみたのでした。

参加者の皆さんが楽しんでくれたならそれがなにより。

 

来年の3月、土星が山羊座からいったん水瓶座に移りますが

それまではまた開催してもいいかな、となんとなく思っています。

興味ある方はリクエストくださいね。

 

Posted by 八雲あかね at 17:29 | 星のこと | - | -

自分にとっての正しさが「正解」とは限らない

今日は「山羊木星お茶会」でした。

 

参加してくださった4名のうち3名は山羊座に何かしらの天体をお持ちで

山羊に天体の無いおひとりは、牡羊と天秤に天体があって

不本意な形で人生の方向転換をせざるを得なかった、という

テキスト通りの現象をご経験されたそうで

おかげで、説明のバリエーションが増えました。

 

単純に出来事の解説を聞くだけより、体験に基づいた実例を聞いた方が

腑に落ちやすいですもんね!

 

 

さて。山羊木星の恩恵を受ける前に、

山羊冥王星と山羊土星でなにかを再構築している必要があるよ、という話をしていて

2ハウス山羊座初期度数に火星太陽水星がある私は2011年に

会社員から自営業にかわった(給料を受け取る→自分で稼ぐへの変化)

で、山羊座の終わり度数、3ハウスの初めに土星があって現在ここの書き換え真っ最中です。

 

土星というのはその人が持っているルールや譲れない理念、みたいなものです。

縛っている枠といってもいい。

でもそれが枠だということに気が付いてないことも多い。

 

最近、自分の枠を揺さぶられたことで意識し、書き換えをはかったことがあります。

 

先日FBの方に投稿したのですが

なにかの企画やイベントの告知をしたときに

「行きたいけどその日は都合が悪くて行けません」というコメントをされる方が

一定数いらっしゃるじゃないですか。

私は、それがどうしてもわからなかったんですね。

 

山羊子的には、

来てくれる人に対して時間やエネルギーを使いたいので

行けません、という人に返信の手間をかけるという概念がないのです。

(土星座、特に山羊は相手のために時間やエネルギーを使うのが愛情や尊重のかたちです)

 

でね、これまでだったら??と思いながらも

わかったふり、そつのないふりをして社交辞令で返すか

「そういうコメントは不要です」と大上段からばっさり切り捨てていた。

 

今回は、わかったふりをするのも、自分が思う正しさをふりかざすのもやめて

違うアプローチをしてみないといけないような気がして

【教えてください】と書いたんです。

なにかができない・わからない、っていうのも山羊子的にはものすごく怖いことなので

これまではそういう面を極力出さないようにしてきたのに。

 

わかる〜と共感してくれた人

要りませんっていえばいいと言ってくれた人

応援のつもりで書いてるよと教えてくれた人

いろいろでした。

ああ、正解は無いのね。と思いました。

 

コメントなどの反応は、たぶん私にとって「コマンド(=指令)」なんでしょうね。

やって欲しいことがあるから書いたのだろう、では何をしたらいいの?

そういう思考回路。

だから別に何もしてくれなくてもいいけど書く、という感覚がわからなかった。

 

そういえば昔、電話がかかってくると開口一番「何(の用事)だった?」と

聞くのが癖だった時期があります。

電話は用があるからかけるものと思ってたし

私は相手の手を止めるのが申し訳ないから、電話よりメール派だから。

友人に「何?っていうのやめて」と言われてその口癖に気が付きました。

用がなかったら電話しないでって言われてるみたいでいやだ、そう言われて

世の中には用がなくても電話したい人がいるんだ、とびっくりした覚えがあります。

 

 

今回のことも、私が思う普通はこうだという考えは

全員共通の普遍的なものではない、ということがよく理解できた。

頭では分かった気でいたけど、どこかで

でも普通は○○でしょう?と決めつけていた部分があったことも。

そして求める反応も一つじゃないということがよくわかった。

だから、

コメントを書きたいから書いてくれたんだね、ありがとう。

と受け止めるのが私にとっての解なのだと思います。

 

 

山羊土星、こんな形で意識の変革をさせてくるとは。

でも、変えるべきところを変えて再構築した方が木星の恩恵を受けるので

結果オーライです。

 

Posted by 八雲あかね at 17:27 | 星のこと | - | -

結局人生はやるかやらないか

先週末台湾に行ってきました。

(あ、でも書くのは旅行記じゃないです)

 

私は年に何回か「あ〜また台湾に行きたいわん」という程度には台湾が好きですが

だいたい年に1回、夫と一緒に、というのがパターンでした。

今年の9月か10月か、また行きたい欲が高まってきた時期がありました。

これをやりたいという明確な目的もあった。

 

だけど、

今年は5月にも行ってるしなー とか

1人で行くなんて(家族に)悪いなー とか

こんな遊びにお金使うほど稼いでもないしな とか

罪悪感なのか、思考なのかわからないけど、ぐるぐるしてました。

 

そんなとき、FBを見ていたら

以前長野県の飯田市で陽転お茶会を主催してくださった方が

この秋から日本語教師として台湾に移住する、という投稿をされていたんです。

それを読んで、ハリセンで頭をパコーーーーンとはたかれたような感覚になったんです。

 

自分の中から湧いてくる衝動や欲求を自分自身で止めてどうする、と。

「やりたいなー」じゃなくて「やる」だろ。

「行きたい」じゃなくて「行く」だろ。

 

そこからすぐ日にちを決めてチケットも取って

予定が決まってからメールをしました。

「今度台湾に行くので、お時間があったらお会いしたいです」と。

 

お茶会の時にお目にかかった以来で、会うのは今度が2回目。

そんなに親密にしていたわけでもないのにご迷惑かもと思ったけど

この人に会って話を聞きたいし、背中を押してもらったお礼を言いたい。

そう思って。

 

台北にはお洒落なカフェが多い。

 

彼女の話はとても面白かった。

 

日本語教師は学生時代からやってみたかったこと

当時はそういう職も少なくいったんは諦めたけど

子育てそのほかいろいろ手が離れたのをきっかけにまた再燃したこと

実は中国語は日本語教師になると決まってから独学で学んだこと

 

へーそうなんですか!と目から何枚もウロコが落ちるような感じ。

 

実は彼女も山羊子さん。

やりたいなと思い始めた頃から、いろんな人や占いなどで

大きく人生が転換する時期だ、と聞いたことも後押しになったのだとか。

 

やりたいと思っていることがあったとして

なにもかもをきちんと整えてからでは間に合わない。

未熟だけれど飛び込んで、なんとかやっていく

というバイタリティを発揮できるのは50代はギリギリかもしれない。

そんな風に考えて決意されたんですって。

 

山羊子は大きく人生が転換する(したほうがいい)けれど

どちらかというと自分の中から、このままじゃだめだという衝動が湧いてくるので

影響の大きさの割に痛みは少ない気がします。

実は冥王星は山羊座だけに影響を与えるわけじゃなくて

対向する蟹座や、90度の角度になる牡羊座・天秤座にも影響はあるし

むしろ自分の意思じゃない不本意な形できたりするんだ、という話をしたら

彼女のご主人は蟹座で、実はご主人自身の方が海外移住に関心がある方なのだとか。

それが、奥さんの移住という形で生活の変化を余儀なくされたそうです。

 

星のまんまじゃん!

 

 

星は、私たちの人生を支配しているわけじゃありません。

でも出来事を振り返ってみたら、星の配置と現実とがシンクロしていることは多いし

逆にやりたいことがあるときにこういうタイミングのときを選べばいいのだという

指標になることもある。

 

なにかを始める時

それまでに持っていたものをいったん手放す怖さもある

ちゃんとやれるのかという不安もある。

それでも心の望んでいることを無視しないで飛び込む勇気や

まず動くことの大事さ。

 

わかっているつもりでいてもついつい守りに入っていいました。

サタリタの壁を越えていくのに必要なことはこれだったんだなと

大きな刺激と勇気を、彼女は見せてくれたように思います。

 

お仕事に行く前の1時間ちょっとという短い時間でしたが

時間を取ってもらえたことに感謝です。

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:48 | 星のこと | - | -

木星が山羊座に入りました

今日、午前3時22分に木星が山羊座に入りました。

 

冥王星・土星・木星と大きな星が山羊座に集まって

(2/16〜3/30までは火星も)

まことに山羊山羊しい1年の幕があきました。

 

木星は拡大と発展の星です。

木星だけ切り取ってみれば、この1年は「山羊座的なことが発展する」

常識とか定番とか社会的に役立つこと

あとわかりやすく現世ご利益とか成功、みたいなことを意味しますが

そんなに単純なことではありません。

 

土星と木星の合は、グレートコンジャンクションといって

枠の中で力を発揮する

使命や目的を実現させていく

道徳や教育、といった意味合いを持ちます。

 

冥王星が根底からひっくり返した価値観の上に

新しい価値観(ニュースタンダード)ができていく期間です。

 

わかりやすい例で言うと、キャッシュレス決済などがそうですね。

大きい買い物やネットでの買い物はカードを使っても

普段の買い物は現金でするのが当たり前だし安心確実

そう思っていた人は少ないくないはず

特に年代が上がれば上がるほど、その傾向あるのではないでしょうか。

 

それが今や、スマホでピッとお会計ができちゃう。

しかもポイント還元でお得。そんな世の中になるなんて驚き!

だけど何年かしたら、キャッシュレスが当たり前という時代がやってきて

スーパーのレジなんかもETCみたいに

「現金精算の列」と「キャッシュレス決済の列」が分かれたりするのかな

なんて想像したりもします。

 

 

 

世の中の変化も大事だけど、

自分自身のことはもっと大事で、関心があるよという方は

こちらの会がおススメです。

 

山羊座木星お茶会

 

12/13(金)と12/19(木)の2回開催します。

こちらは両日とも満席になりましたので、募集を締め切りました。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:53 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile