アスペクト講座

春分の日の今日は、こちらの講座を受講しに行ってきました。

竹内俊二先生のアスペクト講座

(写真は麻里ちゃんのを拝借)

 

おもしろかったです。

勉強している最中の、こんなにいろんなことがわかるんだ!と

もっともっと〜と深堀したくなった時の気持ちを思い出しました。

 

実際問題、勉強をしているときは、ホロスコープに出ている要素を

全部書き出して1つずつ丁寧に読んでいましたが

仕事で占うようになって、全部は読まなくなるんです。

どうしても時間の枠がある(イベントで20分、普通の鑑定で60分とか)

あと、お客様のニーズ。

時間とお金の枠があったら、優先順位がつくのは当然で

私が説明したい事<お客様が聞きたい事 になるからです。

 

 

占星術を勉強や研究対象にして、ひたすら細かく読んでいくのも楽しいですが

実践練習として、ホロスコープを読んでアウトプットしてみるのも面白いです。

 

専門用語を使わずに相手にわかるように説明してみる

事例や語彙をストックしていく

など、いろいろ違う角度で脳みそを使うので、

占いは脳のストレッチみたいだな、と思います。

 

どうしても自分の読み癖が出たり、知ってるつもりになってしまうので

たまには初心に戻って勉強する機会って大事と感じた一日でした。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:16 | 星のこと | - | -

境界線がくっきり

天王星が牡牛座に入る前後から

なんとなく自分の生活の中で変わった?と思うことがあります。

 

境界線がくっきり分かれる感じ。

 

たとえば沼にはまる、とかもそうです。

特定の物や分野にがーっとのめり込む。

それは、これが好きというものがはっきり認識できるから起こることで

なんとなく好きっていうのとはちょっと違う。

 

物だけでなく、人との関係もそういう部分があります。

嫌いという感情的なものじゃないし、優劣でもなく

ただ「違う」という感じ。

住んでいる国や文化が違う、人種が違う、そういう感覚です。

 

天王星は境界を越えてフラットにしていく性質があるし

区別をしないで平等にするという性質があるけれど

その大前提は「違いがあることを認識する」ということです。

 

お互いが違う個性を持った人間だから、その違いを認め合いましょう。という関係性。

 

だから最初に出てくる現象は「はじく」「線を引く」ことです。

今はまだ牡牛座に天王星が入って間もないので

「違い」がクローズアップされるわけです。

 

そのせいか、分かり合える人とはより親密になるけど

立ち位置や考え方の違う人に対しては、違和感がでてきて

なんとなくでは一緒にいられない。

 

 

見たいものはより鮮明に、そうでないものはぼやけて見える

人間の視界ってそういうものです。

見たいものしか目に入らない。

 

というようなことが最近顕著だな〜と感じます。

でも何かに対して誰かに対して感じてしまう違和感を、

悪者にしなくてもいいし、優劣をつけなくてもいい。

違いを認めるところから、どうやってわかり合おうかという工夫は生まれる。

そんな風に思います。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:14 | 星のこと | - | -

再構築を模索する

今日は三合参りに最適の日

(卯月の辛亥の日で、未の方角(南南西)に行くといい)で

当初、私もその予定にしていたのですが

昨日「急なお誘いですけど。。」とご連絡をいただきまして。

 

予定通り出かけるか、予定変更して会うか、いちおうタロット先生に聞いたところ

こういうカードが出たので、お友達と会う方を選択して出かけてきました。

 

お昼には、素晴らしく映えそうなパエリアを食べたのですが

喋るのと食べるのに夢中で画像はありません。

 

食後場所を変えて、これまたうっとりするような美しいデザートをいただきました。

 

今日会った友人は同業の人なので

先日の講座の話とか、占星術やカードの話で大層話の花が咲きました。

 

 

アウトプットって大事ですね。

 

口に出してみるといろいろわかる。

自分の考えも相手の考えも。

思い切って口にしてみたら、感じていたのとはまた別の感情が見えたりもする。

 

 

なんとなく考えていたことで、今日喋っていてちょっと形にしたくなったことがあります。

 

この前、天王星が牡牛座に入った時にいろいろ変化があると書いたら

「どんなことが起きるかドキドキです」というコメントをもらったんですね。

 

でも実は私たちは生まれてこの方、一日も全く同じ日を生きたことはなくて

毎日毎日少しずつ変化を重ねて生きている。

天王星のサイン移動は、およそ7年ごとに変化する場所やテーマが変わる

ということなんです。

 

だから、現在というところにポイントを絞って言えば

冥王星が滞在している山羊座の部分が、根底からひっくり返る場所なんです。

昨年からは土星もいますし、来年はそこに木星も入る。

 

ホロスコープチャートの中の【山羊座がいるハウス】が一度壊れて再構築される場所で

天王星のいるハウスは、再構築のためにわかりやすくメスが入る場所

みたいな感じです。

 

私のチャートだと山羊サインは2ハウスから3ハウス、

2008年に冥王星が山羊座入りして以来、私の

『自分の持っているスキル』『お金や収入に対する価値観』がどんどん変わっていって

フルタイムの派遣社員→パート派遣時々占い師→占い師 というように

仕事もそのやりかたも変わってきている。

 

それを変えるために

子供の成長による家庭環境の変化(4H魚天王星)

楽しみや趣味の変化(5H牡羊天王星)

働き方の変化(6H牡羊天王星→牡牛天王星)

お客さんや対人関係の変化(7H牡牛天王星)というように

取り組むテーマが変遷している、ということ。

 

これを説明するWSかお話会かメニューを考え中。

 

参加した人のホロスコープ見て、再構築する部分(山羊のハウス)

そのために現実面で変化する部分(牡羊から牡牛のハウス)を

手書きシートつけて渡すというのは決定

 

全体的な星の流れを説明するには、お話会形式か講座形式がいいし

自分はどうかを知るだけなら、個人対応(対面でも郵送やデータ添付も含めて)も

欲張って、お話会はお話会でやって

来れない人のために郵送対応もやってもいいか

 

来週くらいにちょっとサンプル作ってやってみようかと思います。

告知はその後なので、もし開催するにしても4月以降かな。

 

Posted by 八雲あかね at 20:59 | 星のこと | - | -

安定の不安定

先週はなぜかキャンセル祭りで、人と会う約束がことごとく

なくなったのですが

今週は打って変わって人と会いっぱなし週間になる予定です。

 

今日は、先日大きな夢をひとつ叶えた友人を囲んでランチでした。

写真を見せてもらってお土産話を聞かせてもらう趣旨だったのですが

まさかの!

フォトブック家に忘れる&話があっち行ったりこっち行ったりして

(↑女性にはありがちなやつ)

肝心の、どうだったかの話は聞けてないのです。

 

なにしろ集まったのが皆、石門天将

私一人貫索天禄ですが、強い星であることに変わりはなく

基本日々何かしらやらかしたり、ネタには事欠かないので

とにかく話さなくちゃいけないことが多すぎる。

 

NYのお土産、お江戸のお土産、畑からの恵み

お友達から花をもらうってなんか嬉しい。

 

天将だから天禄だから、と星のせいにするつもりは全くないのですが

私の周りの人たちは何かあって当たり前と思っているので

物事が順風満帆に進んでいるときより、何かしらうまくいかないことが起きたとき

こんちくしょう!と発奮する人が多いように思います。

 

「安定の不安定」はそのうちの一人が言った言葉ですが

けだし名言だと思いました。

不安定であることが自分にとっての普通と受け止めていれば

起こる出来事は「またネタが増えた♪」と笑って受け止められる。

(その時は笑えなくても時が過ぎればそういう風に変換できる)

 

 

今日みんなと話していて思い出したのは

私も何かしらの「怒り」が行動の起爆剤になっている、ということ。

 

最初は、生まれて初めてホロスコープ鑑定を受けて不本意なことを言われたから

それが悔しくて、言い返せるように勉強する!って思った

(たぶん2010年の春頃、t火星が月の上に乗ってるくらいの時期)

 

次は2011年の3月(牡羊天王星がn山羊火星とスクエア)

当時通っていた占星術講座の先生は、ホロスコープの暗黒点を探すのが好きな人で

カルマが〜だからうんたらかんたら言うタイプの人だったのですが、

震災の翌日「天王星が牡羊に入ったから地震が起きた」とか

「海王星が魚座に入ったから放射能が海に漏れた」みたいなことを言っていて

内心ふざけるなと無性に腹を立てた覚えがあります。

その時はまだ仕事にしようと思ってなかったけど

怒りに任せて「私はそんなこと言わない占いをする!」と考えを変えたんでした。

 

そして最近では

「他の人に見てもらったときに悪いことを言われて不安で・・」という人に

何人もお目にかかるので、やっぱりまたふざけるな!と思っています。

苦しむために生まれる命なんかないはず。

たとえ困難が多い人生だとしても、どうやったらもっとうまく乗り超えられるか

どうやったらもっと喜びを見出せる道を見つけられるか。

占いはそれを見つけるためのツールとして使いたいと強く思います。

 

考えてみたら全部火星がらみ(笑)

私の転換期は何かしらので怒り(義憤にかられること)でスイッチが入ることは

間違いなさそうです。

 

Posted by 八雲あかね at 18:50 | 星のこと | - | -

3/6〜水星逆行

天王星が牡牛座に入るという大きなイベントの日

水星が魚座で逆行を始めます。

 

3/6 03:36 魚座29度 → 3/28 23:12 魚座16度

 

水星の逆行中に起こりやすい現象としては

連絡の不達

交通機関の乱れ

通信機器の不調

計画のやり直し

予定通りにことが運ばない

 

等のことがあります。

 

また逆行の時期にやるといいこととしては

時間に余裕を持つ

一度でスムーズにいかなくて当たり前、という気持ちでいる

じっくり取り組む

復習やおさらいをする

懐かしい人に会う

などのことがあります。

 

今回は魚座での水星逆行なので

通信機器や電気系統の不調というよりは(←これは水瓶座の領域)

原因のよくわからない自然渋滞が発生して道が混む

あちこち人出が多くスムーズに用事が片付かない

ぼーっとして時間がギリギリになってしまう

みたいなことが起きやすいのかなと思います。

 

折しも世の中は今年度と新年度のあいだ。

学生さんなら春休みの時期です。

 

4月から新しい環境や生活がスタートする方も多いのではないでしょうか。

新しいステージに進む前に、これまで過ごしてきたあれこれを

思い出とともに振り返る時間をとってみてはどうでしょう。

 

天王星が牡牛座に入ると、これまでとは違う変化がやってくるわけですが

何が起きるんだろう?と不安になるより

牡羊天王星の期間に自分がやってきたことや

そしてどんなふうに価値観が変わったか思い返してみると

自分の軌跡がわかるんじゃないかと思います。

 

いろいろあったけどこんなふうに自分は成長したんだとわかれば

変化は決して怖いものではなくなると私は思います。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:50 | 星のこと | - | -

天王星が牡牛座へ

3月6日 17:26

天王星が牡羊座から牡牛座へ移動します。

 

去年の5月に一度牡牛座に入った後逆行で牡羊座に戻って

いよいよ本格的に牡牛座に入宮です。

 

天王星が牡羊座に入ったのは2011年の3月12日でした。

そこから約8年、世の中は大きく目まぐるしく変わってきました。

個人の生活においても、自分自身の自我や情熱の在り方の変化

自分はこんな人間なんだ、と自分で思っていた枠や殻を破るような

そんな体験をされた方も多いのではないかと思います。

 

牡羊座はスピードや勢い、後先考えない無鉄砲さというような性質があるので

天王星が持つ、革新・変革・突飛という性質とは

どうなるかわからないけどやっちゃえ!変えちゃえ!みたいな感じで

馴染むというか相反しませんでした。

 

それに対して牡牛座は、変えない変わらない譲らない性質なので

目に見えるわかりやすい形での変化はわかりにくいかもしれませんが

その分抜本的改革的に、根こそぎひっくり返るような感じがします。

それも最中には変化している実感なく、後で振り返って初めて変わったんだと

わかるような形で。

山羊座にいる冥王星の力もそれを後押しすると思います。

 

牡羊天王星は、変えよう変わろう変わらなきゃと意識して

やり方や外見が変わるような感じで

牡牛天王星は、生活スタイルとか習慣とか、これが普通で当たり前という部分が変わっていく。

だからわかりにくいけど変ったらそれが定着していく。

身近なところでは、モノの持ち方とかお金に関する考え方とか

譲れないこだわりというような部分にメスが入るのではないでしょうか。

 

具体的にどういう場面で変化が起きるかというと

皆さんのホロスコープの牡牛座がいるハウス

 

1ハウス  自分のペースやアイデンティティ

2ハウス  お金や所有するものに対する持ち方や考え方

3ハウス  コミュニケーションや知識習得のスタイル

4ハウス  家庭環境や家族観

5ハウス  趣味や子育て、創造性

6ハウス  健康、働き方

7ハウス  対人関係

8ハウス  血縁関係やルーツ、のめり込む対象

9ハウス  理想や目標、思想

10ハウス  仕事や生きがい

11ハウス  友人関係、将来のビジョン

12ハウス  内面的なもの、深層心理 

 

これは鑑定の際などにお話ししますし、

また勉強会的なものを開催できれば、と考えています。

 

 

個人的な話になりますが

私が占い師になったのは2011年でした。2010年の年末にお勤めをやめて

占いの勉強をしながらいろんな人のホロスコープを読ませてもらい

2011年の秋にイベントに出るようになりました。

算命の勉強を始めたのもこの年です。

それから占い用の名前をつけたり、イベントをやめて個人で活動したり

陽転お茶会というコンテンツで皆さんに知っていただけるようになり

オフィスを持って、そしてそれを手放して。

・・・・なんかすごい激動の期間でした。

 

牡牛天王星になったら、わかりやすいところでは

来年には夫が定年を迎えるので、これまでとは生活の仕方が変わります。

収入の面でもそうだし家族構成や家財道具の面でも

コンパクトにしていく方へ意識が向き始めていっています。

 

わかりやすい変化や象徴があるなら、それにうまく乗って委ねてみるのが

実は一番楽じゃないかと思うんですよね。

絶対変えない!これは譲れない!というこだわりが強ければ強いほど

大きく揺さぶられるんじゃないかな。

 

 

Posted by 八雲あかね at 12:00 | 星のこと | - | -

海王星の使い方をリセット

少し前、FBに

占いをするようになってからお酒飲まなくなった。

海王星の使い道を「酔う」から「占う」ことに変えたせい

なんてことを書いたのですが、前言撤回します。

 

もともと「酔う」ことに海王星は使ってませんでした。

占いをするようになってからお酒を飲まなくなったのは

単純に生活スタイルが変わった(お勤め辞めて飲み会が減った)だけです。

 

お酒じゃなければ何で海王星を使ってるかというと

普通に仕事があるときは「占い」ですけど、

そうでないときはゲームとかですかね。

それもテトリスとかぷよぷよみたいな単純なやつ

できればレベルも上がっていかない、ひたすら同じことを延々と繰り返せるやつ。

 

2月はオフィスの退去とか確定申告とかで

仕事の予定をあまり入れて無かったりしたせいもあって

ぼんやりネット見たりゲームしたりしてたらいつの間にこんな時間!

みたいなことが結構あった。

そろそろリセットしていかないと。

 

ここからはちょっと補足的に。

 

海王星を使うとどうなるかというと

現実と現実じゃない世界の境界線が曖昧になって明晰じゃなくなる

いわゆる《耽る》《没入する》《ぼんやりして心ここにあらず》

というような状態。

 

私のホロスコープでは

太陽は山羊座で、同じく山羊座の火星と水星が合、乙女座の天王星冥王星がトライン

ドライで直線的で合理的な、どちらかというとシャープですが

月は海王星のスクエアと木星のオポジションという拡大天体のみのTスクエアなので

無自覚にぼーっとしたり、何かの中毒になりやすいんです。

(一番初めにホロスコープを読んでもらったときには開口一番、

お酒か薬物かセックスの依存症じゃないですか、と言われました。

この言い方はあんまりじゃないか、と今でも思う)

 

元々何かにどっぷりしやすい人ではあるんですよね。

本を読んだらその世界観の中に

ゲームしたらその単純な繰り返しの中に

何らかの沼にはまるとしばらくどっぷり浸かっちゃうのもその一環かと。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:44 | 星のこと | - | -

190205 一区切りそして次へ

今日は水瓶座の新月でしたね。

 

新月のお願い記事的なことはあまり書く気にならないのですが

ここ何日か、なんだかネガティブな気持ちとか

モヤモヤすることが多かったのでチャートを見てみたら

今日の新月は、自分の月とオポジション(180度)で

ほぼMC−ICラインに乗ってた。

獅子サインと水瓶サインは、「わたしの世界」と「みんなの世界」

ここでいう「みんな」は仲良しこよしという意味じゃなくて

価値観や目指す方向が同じ、という意味だし上下の無いフラットな関係ね。

 

今日の新月は(私にとっては)自分が自分らしくいられる個の部分と

個を尊重しあえる人たちや世界みたいなことを考えました。

 

これまでは、好きな人や仲のいい人たちのことは全肯定で

同じものを共感できる間柄や

与える側と与えられる側という図式がある関係性が多かったけれども

これからはもっと「個」を大切にできる人同士が

お互いの世界観を尊重しながら生きるようになるのかな、

という気がします。

 

簡単に言うと、相手のことをよく知らなくても

同じ沼の住人っていうだけで繋がれる半面

相手のことを人として好きでも、価値観が変わったらもう

一緒にいられなくなる、みたいな感じ?うまく言えないけど。

 

 

*****

 

オフィスの方はおかげさまで予定より早く片づきました。

(だってせっかちなんだもん)

 

 

明日またもう一度確認に行って忘れ物がなければ

鍵を返して退去終了となります。

 

オープンの日が蟹座の新月の日だったのを思い出し

明日はもう月が魚座に移動してしまうので

新月のムードが残っているうちに一区切りです。

 

1年半とちょっと。

長かったような短かったような。

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:21 | 星のこと | - | -

薬師丸ひろ子かデューク東郷か

先々週〜先週にかけて、射手座生まれの方や

ソラリタで射手座や9ハウス強調の人と続けてお目にかかる機会が続きました。

 

9ハウスとか射手座には

精神性、向上心、向学心、グレードアップ 

みたいなキーワードがあるんですが

やりたい!と思ったことはどんどんやればいいよとお話ししたら

真面目なお客さんが「ちゃんと頑張ります」と仰るので

ちゃんとはしなくていいよ、という話をしました。

 

射手の向上心って、知らなかったことを知る喜びとか

できなかったことができるようになる喜びで

それを使って何かをする、というところまでは考えなくていいんじゃないかと思うんですね。

 

道を歩いていたら弓矢が落ちていた。

なんだろうと思って使ってみたら矢が飛ぶじゃん!おもしろいじゃん!となって

仲間の誰より遠くに飛ばせるぜ(競争心)とか

俺様の自己ベストをまた更新したぜ(向上心)とかを

純粋に楽しめばいいんじゃないかな。

 

そんなことができるならその能力を活かしてこう使おう は

山羊座の世界なので

何かの目的のためにこれをやる、というのは射手の火が燃えない。

 

『セーラー服と機関銃』でマシンガンを乱射して「カ・イ・カ・ン」というのが射手

長澤まさみとか橋本環奈とか、いろんな人が演じてるけど

世代的にはやっぱりこの人のバージョン

 

『ゴルゴ13』で一撃必殺で相手をしとめるのが山羊

というたとえ話が非常にウケたので、書いておきます。

 

私は金星が射手で、好きなものは好きだ〜意味はない!って燃えるけど

その後ろに山羊の火星太陽がくっついているので

でもやるからには爪痕は残すぜ!ってなる。

(なぜ男言葉なんだ??)

Posted by 八雲あかね at 10:17 | 星のこと | - | -

残したくない気持ちを整理する

昨日嵐の活動休止のニュースを聞いて

2020年に一つの時代が終わってしまうんだなと感じました。

 

もともと、2020年オリンピックが開催される頃は

冥王星と土星と木星が、山羊座でトリプルコンジャンクションするし

何らかの事情で開催できなくなるか、

無理無理開催した後経済的に破綻するかして

日本という国に一回強制終了がかかるんじゃないか、なんて

おぼろげに感じていたので

嵐の活動休止は、その「一つの時代が終わる」象徴ぽいなと思います。

 

 

 

ツイッタでは「嵐 活動休止」がトレンドの1位になったそうで。

今朝、テレビではそのニュースでもちきりで

ファンの人たちが嘆き悲しんでいる様子と共に

フレディやマイケルやプリンスのファンの人たちが

それでも嵐は生きてるじゃんとツイートしていたり。

 

そういう様子を流し見しているときにふと思い出したことがあります。

 

オフィスをオープンして間もない頃

スペシャルゲストさん(顔出し名前出しNGなのでこの表記で)の

お話会があったときに、参加者の皆さんに宿題が出されました。

「旦那さんの手を握って、目を見て、愛してる と言ってください」

 

人間には命の終わりがあるし、思っていることは伝えなければ伝わりません。

いつかは、と思って伝えずにいて、あの時言っておけばと思っても遅いの。

言いたいと思う人がそこにいるうちに

握る手が、見つめる目があり、想いを伝えられるうちに

ちゃんと言ってください。

 

その時の参加者さんは『チームアモーレ』として

後日メッセンジャーで報告&シェアをしたのですが

勇気をもって実行したことで、たくさんの気づきがありました。

(もちろん私もやりました)

 

 

やりたいことがあるなら

何かを好きという気持ちがあるなら

今、そう感じていることをやってみたり楽しんでみたり

 

無かったことにしたり、後回しにしたりしないで

思い切りやりきってみたらいいと思います。

 

『死ぬまでの間に、残しておきたくない気持ちを整理しておくといいですよね。会っておくとか、話しておくとか』

これは樹木希林さんの言葉ですが

この頃本当に強く強くそう思います。

Posted by 八雲あかね at 19:33 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile