2/4にオフィスをクローズします

こんにちは!

 

今日はお知らせです。

 

オフィスを手放すということを以前お知らせしましたが

日にちが決まりました。

 

2月4日までご予約があるので、その仕事が終わり次第クローズします。

2月5日〜12日まではお休みをいただいて、

オフィスの片付け&退去 → 家に持ち帰った荷物の整理 をします。

 

鑑定ご希望の方は2/13以降のお日にちでご検討くださいね。

 

*****

 

オフィスオープンが、時期も方角も悪かったということなので

やめる時も日にちは気にしたほうがいいのかと思い

先日相談に行ってきました。

 

そうしたら、やめる時は自分の都合でいいのよ。

とにかくスタートが大事なの!ということでしたので

その翌々日には不動産屋さんに行って解約の届けを出しに行き

最短の日で退去することを決めてきました。

 

先生といろいろ話しているときに

「あなたはせっかちさんだから、決めると早いわね〜。でも前に会ったときと比べると邪気が抜けたわね〜」

と言われたのが印象的でした。

邪気かどうかはわからないけれど、「オフィスを維持するべきである」という執着は持っていて

それを手放した実感はあるので、何かしら軽くはなっているんだと思います。

 

不思議なことに、手放すということが確定した後

家具などは何も変わっていないのに、部屋の雰囲気がスカスカしてきて

これが『気が抜ける』ということなんだなというのが感じられました。

 

来週からいろいろ荷物を持ち帰ったりするので

実際に部屋の中もスカスカになっていくわけですが。

 

あと、以前はカフェとかで鑑定していたという話をしたら

三碧木星の人は喫茶店とかすごくいいのよって言われました。

じっとしているよりも、音が鳴っていて動きがあるところがいいんだって。

なので、鑑定も家じゃなくカフェでやればいいや、と

またひとつ気が楽になりました。

(正直家に人を呼ぶって大変、掃除とか)

 

私個人はまだしばらくオフィスに通いますが

これからご予約くださる方をオフィスにお呼びする予定はないので

なんとなく一区切りついた感があります。

Posted by 八雲あかね at 12:45 | お知らせ | - | -

1/6 山羊座の新月

1月6日 10:27 山羊座15度台で新月です。

 

今回の新月は、土星冥王星も絡む上に日蝕も伴ないます。

それだけエネルギーの強い新月ということ。

 

10ハウスという、社会的なキャリアや肩書を司る場所

そしてその場所はホロスコープ上での山羊座のホームポジションのような場所です。

 

新月のお願い、という表現をしていますが

お願いではなく宣言がふさわしい。そういう星回りです。

社会の中で、自分の人生においてあなたが何者になりたいのか

どんなことを成したいと心に誓うのか。

 

成功と一口に言っても、何をもって成功と捉えるかは人それぞれです。

他人の価値観でなく、あなた自身の心から湧き上がった望みなのかどうか。

そして決めた以上、それをやり遂げる責任と覚悟はあるのか?

本気の人には強い追い風になるのではないでしょうか。

 

適当に、なんとなくという選択肢はありません。

やるもやらないも決めるのは自分です。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:09 | -新月 | - | -

2019年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます

2019年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

今年のお正月は、年末に親戚の不幸があったり

年明け早々家族が体調不良だったりして

家でまったりのんびり過ごしました。

 

今年は、まだ時期は未定ですが

オフィスを手放して、自宅やカフェでの鑑定に切り換えるので

仕事のメニューなども一部見直しをしました。

 

「コンサル」と「レンタルあかね」はメニューから外しました。

講座はリクエスト開催のみにして、募集型は当面やらない予定です。

 

 

 

初夢ではないですが、先日「もうすぐ死ぬ」夢を見ました。

(死ぬ夢自体は逆夢で吉なんだそうです)

 

肉体的にも精神的にも穏やかで、ただこのまま眠らせて。。という感じで

声をかけられても反応せずに眠り続けると選択した時=死

みたいな感覚だったのですが、そのとき頭の中で、

私が死んだあとブログやSNSはどうなるのかな。消しておいた方が良かったかな

読んでもらえる方がいいのかな

という考えがよぎっていったのが妙にリアルで。

 

そんなわけで、ブログの記事もちょっと整理しましたし

FBは昨年より以前の記事は削除して

ツイッターはやめました。

 

何かを変える(やめる)のはちょっと怖い気もしますが

何年か前、もうイベントに出るのは止めると決めたときのお正月も

こんな感じだったな、と思い出しています。

手放すと入ってくるものがある、というのを一度実感しているので

思い切って流れに身をゆだねてみる1年にします。

 

 

Posted by 八雲あかね at 11:03 | こんなことを考えています | - | -

シンクロニシティ

誕生日ネタ、これで最後。

 

自分で作ったおみくじの、最後に残った1枚を自分用に引いて

よりによって一番最後まで書けなくて

やけに厳しいメッセージだな、と思った『美女と野獣』のカード。

いったい誰が引くのかなと思ってたものが手元にきたわけですが。

 

 

ふと、夏は何を引いたんだっけ?と探してみたら

ここで書いてた→最後の1枚

 

まさかの、同じカード!

 

えー!こんなことってある?

カードの説明をそのまま転記すると

人生に奇跡をもたらす愛の贈り物

今の状況から飛び出して自分の課題に向きあおうとするときによく出る

怖れを越えて大切なものをみる

自分の痛みや悲しみは愛によって満たされる

とあります。

 

自分で作ったおみくじ、2回続けて同じの引くって

こういうことが私にはものすごく大事な課題だってことだよね。

 

思い返せば去年の春、映画の「美女と野獣」を観て

あのときも何かが引っかかって結局10回も観てるんだったよ。

 

 

それと最後にもうひとつ驚いたことがあって。

 

先日、新地亜紀さんの「冬至のスペシャルヒーリング&メッセージ」という企画があって

冬至の日にヒーリング&大国主命様か須佐之男命様、どちらかからのメッセージ

あと、豊受大神様から冬至に食べるといい開運メニューとか

面白そう!と申し込んだんですよ。

 

で、いただいたメッセージがこちら↓

 

周りの事を気にしがちだな。

 だが決めるのは自分自身で、

 その選択の結果に責任を持つのも自分しかおらん。

 周りの言葉に左右されるよりも、

 自分がどうしたいのかをしっかりと自分で決める事が大切だ。

 

これをもらったのは冬至の前日で、そのときはそうか〜ちょっと意識してみようか

それくらいの感じだったんだけど

昨日おみくじ引いて、あれ?これなんか既視感があるけど?って思って

読み返してみたらこれ。

 

思わず新地さんにメールしちゃいました。

 

時系列としては

おみくじ作る(11月)→イベント申し込む(12/20)→メッセージ貰う(12/21)→おみくじ引く(12/26)

全く別のもの(と思っていること)が同じ結果になるとは。

本当に驚いた。

 

それだけ大事なことだから、繰り返し繰り返し

手を変え品を変え相手を変えて、私に送られてくるってことなんだと

しっかり心に刻んでおきます。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:13 | 日々の徒然 | - | -

喜びを味わう

誕生日ネタの続きです。

悲しい気持ちを味わった経過はこちら→悲しさと向き合う

 

感情を帳消しにしないで味わう、と決めて一日過ごしたら

なかなかに面白いことが起きました。

 

*****

午前中、知らない番号からショートメッセージが届きました。

 

昔、カウンセリングの手法を学ぼうとしていた時があって

その時に通ったスクールの先生からで

名簿を見ていたら、たまたまお誕生日だったので

これもなにかのシンクロだと思いメッセージしました、と

温かい祝福のメッセージでした。

 

スクールに入校した直後に父が他界したので

目的は手法を学ぶ為だったはずが、結果的に勉強という名を借りた

カウンセリングセッションを受けに通っていた、ような感じだったな。

それを思い出したとき、本当に悲しいときに

いつもお世話になっているんだな、と胸が熱くなりました。

 

午後からのお客様からお花をいただきました。

 

オープンサロンなのにお客様が遊びに来てくれない、というのは

悲しみのひとつだったんですが

 

これも五黄殺の影響か、と思えば気が楽になりました。

思い返してみれば、部屋を借りたときに

『誰もが気楽に来る場所じゃなく、本気の人に来て欲しい私の聖域だから

サロンじゃなくてオフィスにする』とか

今から思えば、それって仕事場の設定としてちがってるんじゃない?という

意図をしてるところからもうおかしいんだけど。

(当時は大まじめにそう思ってた)

でも結局自分が意図したとおりになっているという不思議。

 

昨日も、私と同じように沼に潜るのが好きな人(沼人)が来てくれたので

存分に沼の話を楽しんだり、そこから自己開示をしたり

文字通りDEEPな時間になった。

狭く深くという、部屋に意図したとおりの結末。

 

 

彼女は絵を描く人なので、彩色用のインクをたくさん持っているということでしたが

昨日は筆記用インクの世界に誘ってあげました笑

 

帰宅後、FBを見たらたくさんのおめでとうメッセージをいただいていて

その一つ一つをゆっくり読んでお返事していたら

本当に幸せな気持ちでいっぱいになりました。

 

この「嬉しい気持ち」を「悲しさを消すための道具」として使わなくてよかったと

心から思った夜でした。

 

***

 

もうひとつ書きたいことがあったんだけど

長くなっちゃったので次に。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:15 | 日々の徒然 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile