金の斧銀の斧

最近、いわゆる「視える人」にお目にかかる機会が多いです。

この間も話の流れで、オフィスを構えたことをちょろっと話したら

 

「その部屋、すごい加護を受けてるね」と言われました。

 

私自身は見える聞こえる系の感覚はないので、そういわれても

そうなんだ〜くらいの軽い気持ちで聞き流していたんですが

さっきふと思いついた。

 

 

最初に行った不動産屋さんで貸してくれる物件が見つからなくて

紹介してもらったら、いくつかの部屋の中からカードを引いたりして選びたいな〜なんて

浮かれた夢が粉々になって意気消沈して帰ってきたわけですが

そのときなぜか変なスイッチが入ったのも確か。

 

そのスイッチというのは

仕事をする・占い師である、ということを正直に申告すると条件が悪くなるのなら

あえてそこは隠さずに真っ向から提示して部屋を探そう。

自分が借りたいと思う条件(駅からの所要時間とか)も一切妥協しないで探そう

それでもし見つからなかったら、今じゃないとすっぱり諦めて

もっと力をつけて、貸店舗か貸事務所を借りて正々堂々と仕事してやる!って思った。

普通に「住む場所として」とか誤魔化して借りることは絶対するもんか!って。

 

もし私に、あるいは私が借りた部屋に何らかの加護があるのだとしたら

正直だったから、なんじゃないのか?と。

イソップ物語の「金の斧銀の斧」のお話のように

本当にやりたいと思ってるのか、どの程度の覚悟なのか

そんなのを確認するための誰かからの試験だったのかなって。

 

まあ、これは私の脳内妄想なので本当かどうかはわからないですけど

そう考えた方が楽しいですから。そして

『応援してくださっているなら仕事のほうもどうかよろしく!』とか

ちゃっかりお願いしてもいいかな、なんてね。

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 18:37 | 雑記 | - | -

仕事についてつらつらと

昨日自営の方とお話をする時間があって

仕事をするって、派手でキラキラしてるものじゃなくて

いたって地味なものだよね、という話になった。

 

こんな人と会った、こんなイベントやったという

華々しいことはほんの表面的なことで

毎日コンスタントに淡々と続けていくことの方が実は大変だし要だったりする。

私もイベント色々出たり開催したりしたけど、

準備に費やす時間や労力の方が圧倒的に多い。

その部分をちゃんと知らない・直視できないと続かないよね、って。

 

だからどんなに小規模であっても、自分が「仕事」というものについては

ちゃんと帳簿をつけてみるといいと思う。

特にモノづくりなどで、材料を仕入れるというプロセスがある人は

ストックしてある材料がどれくらいあるのか、作ったけど在庫としてある製品がどれくらいか

資産の棚卸をしてみるといいよね。それもできるだけシビアに。

特に主婦の人の場合は、そのお金が家計費と混ざっていないかどうかも

ちゃんと把握してみるといいんじゃないでしょうか。

 

 

好きなことを仕事にする、っていうのは

好きなことを好きなようにやったらそれが評価される、というのとは

ちょっと違うんじゃないかと私は思っています。

本当に好きなことを仕事にすると、やりたくないこともやらなくちゃいけなくなるから

他の仕事で収入を得て、好きなものは好きなままとっておく、という生き方もあっていい

 

私は器用貧乏なところがあるので、実のところ本当に好きなことって

自分ではよくわからない。

だから仕事は苦も無くできること、という基準でずっとやってきたところがあって

(適職・天職でいうと適職で仕事をするタイプ)

今でも事務仕事は苦にならずにできる。

 

もともと山羊子なのできちんとしてるところはあるんだろうけど

仕事モードになると10ハウスの乙女冥王星がスイッチオンになるので

やるならとことん細部まで気を抜かずに!ってなる。

帳簿つけとかも、やりすぎると収支を確認するという本来の目的から逸脱して

いかにきれいに帳簿をつけるか、というところに気が行ってしまい

勘定科目印とかつい買ってしまって本末転倒になることもある。

 

そういえば、この前の「開業とお金の話」の時

参考にと思って、確定申告書類のファイルを持っていってみなさんに見せたところ

税務署に勤務経験のある人から

「あかねさんのようにきれいに帳簿をつけている人の方がチェックを受けやすい」

と教えられてびっくりした。

なんでも、雑につけてるとチェックしにくいので税務署の職員さんも敬遠するらしい。

へー、そうなのか。

 

Posted by 八雲あかね at 08:57 | 雑記 | - | -

鳳来寺山開運ツアー夜の部

先日【予告の予告】でお知らせした、鳳来寺山開運ツアー

 

プランはまだ未定ですが

宿泊希望の方だけ先に募ります。

 

12月3日(日)鳳来寺山参拝後、希望者の方のみ湯谷温泉に宿泊します。

遠いから帰るのが大変

たまにはみんなで懇親会も楽しそう

夜の女子トークもなんだか濃そう

理由は何でもいいし、なくてもいい。

おもしろそう!と思ったらぜひご参加ください。

 

人数によって条件が変わってくるので具体的な金額はまだ不明瞭ですので

その点はご了承ください。

 

7月21日(金)までにメールまたはFBメッセンジャーにてお知らせください。

既に参加表明いただいている方は、改めてのお知らせは不要です。

 

 

Posted by 八雲あかね at 19:42 | お知らせ | - | -

『名もなきお茶会』

昨日14日は、あかねオフィスオープン記念イベントの大トリ

甲斐叶子さんの『Love&Joyお茶会』でした。

ネーミングはキラキラ感満載ですが、実際は真面目な深い時間になりました。

 

というのも、突き詰めていくと自分が自分のことを好きになれないうちは

本当の愛ってわからないかもしれない、という話になったから。

長所も短所も含めて自分を受け入れられたら、

他の誰かのことも受け入れられるようになるけど

満たされないものを埋めてもらおうとしたり

条件だけを追い求めて行ったりするのは、本当の愛じゃないよって。

 

オープン記念の一連のイベント、お祭り感覚でやってましたけど

終わってみたらいろいろ本質的なことを掘り下げるような内容になりました。

(私の担当したやつが一番中身がなかった・・)

 

今年の秋に木星が蠍座に入り、年末に土星が山羊座に入ったら

表面的な華やかさや見栄えの良さよりも

自分にとって本当に大切なもの、揺るがない価値のあるもの に

目が向けられていくようになるのです。

 

 

 

話を戻して、

お茶会の後、叶子さんや残った参加者さんといろんな話をしました。

しんみりしたり笑ったりしながら

普段なかなか言えない弱さや迷いをそっと吐き出したり受け止めたり

なかなか濃い時間になりました。

 

そのときにふと思ったんですけど

鑑定やコンサルを受けるのとは全く別の

あかねに話したいことがある・聞いて欲しいことがある

そういう人が集える『名もなきお茶会』みたいなの、やろうかな。

話して楽になるならそれでいいし、そこから掘り下げたければ鑑定受ければいいし

ただなんとなく会いたいから来た、とかでもいいし。

 

他の人がいると話しにくい、という人は

レンタルあかねを利用してくれたらいいしね。

 

Posted by 八雲あかね at 17:26 | 雑記 | - | -

宿題の顛末

12日の「人生を加速させるお茶会」

宿題の結果が届いてきています。

実行して報告をくれた人、なかなか実行できません〜と報告をくれた人

報告の無い人、いろいろです。

 

宿題というのは

「旦那さんの手を握り、目を見つめて、愛しています。と言う」です。

 

正直なところ、旦那さんに「愛しています」と言ったから人生が加速するわけではありません。

これは魔法の呪文ではないから。

 

たとえばお茶を飲んでいるときに隣の席に座った人が

これ宿題だからやってね!と言って来たら、きっと実行しないし

むしろなんか変な人がいる、と思うだけです。

 

人生を加速させるお茶会なら、自分の人生に何か変化を与えてくれるかもしれない

加速させるためのアドバイスがあるかもしれない

参加者の皆さんはそういう期待をもって来てくださったはずで

この宿題が出たときも、正直なんでそんなことしないといけないの?って

思ったかもしれません。

 

ゲストさんがこの宿題を出された意図は

なにかきっかけが欲しいと思ってきたなら、

そこで言われたことをやってみる素直さとスピード が

人生を加速させるカギになるっていうことなんじゃないのかなと

私は受け止めました。

 

というのも、私も今年になっていろいろすごいスピードで動いていますが

自分が受けたいと思って受けたセッションで言われたことは

すぐにやってみたから、こんねにメキメキ変化したと実感しているのです。

(だからお茶会の名前を決める時そういう意図を込めたわけです)

 

もちろんやるのもやらないのも自由です。

 

ただ、実行した人たちの感想をまとめると

<できない、ムリだと思ったことをやれた自分>に自信が持てた

という人が多かったです。

 

後すごく印象に残ったのは

やると決めたら後回しにしないこと、というのと

そこに相手がいるうちに、見つめる目がある、握る手がある、伝える口があり、それを聞く耳があるうちに

ちゃんと言わないとだめだよという言葉でした。

 

それを聞きながら『最後だとわかっていたなら』という詩のことを思い浮かべました。

明日はないかもしれない。だから今日後悔しないように生きる。

 

宿題は私もやってみました。顛末はないしょです。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:06 | 雑記 | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile