予定やメニューなどのお知らせ

ブログ『八雲あかねの部屋』にご訪問くださりありがとうございます。

 

2/4〜の価格改定にともないまして、ブログ記事やお申込みフォームなどを

少しずついじっていますので、お見苦しい部分があるかと思いますがご容赦ください。

 

《価格改定のお知らせ》

2月4日より新しいメニューのリリース&一部メニューの価格改定をします。

価格改定と新メニューのお知らせ

 

《新着情報》

01/22 名もなきお茶会 残席2

01/25 行動領域図WS 残席3

 

《メニュー》

鑑定

 西洋占星術と算命学を使って鑑定します。

 総合鑑定・家族鑑定のほか、リピーターの方向けの鑑定メニューもあります。 

 

コンサルテーション

 やりたいことを明確にしたい、もっと成果をあげたい方に。

 

講座

 算命学の基礎講座や占星術の初級講座など、自分で読めるようになりたい方に。

 

陽転お茶会

 算命学で、自分が持って生まれてきた資質を知ってみませんか。

 お茶会なので初めての方でも気軽に参加していただけます。

 

 

八雲あかねってどんな人?⇒プロフィール

 

駐車場のご案内⇒

Posted by 八雲あかね at 23:59 | お知らせ | - | -

井戸端会議について思うこと

まずは業務連絡から!

 

明日、1月19日(金)は東京からまるごと食堂maru先生をお招きして

『インド占星術&自動筆記リーディングの会』です。

ご予約いただいている皆様、気をつけてお越しくださいね。

 

明日は私もちゃっかり自動筆記やってもらうんだ〜〜(喜)

maru先生の自動筆記リーディングは透視です。

今の私からどんなテーマが見えるのか非常に楽しみでございます。

 

==============

 

 

私はマンション住まいなのですが、引っ越してきたのは上の娘が3歳になるちょっと前くらい。

割と世帯数が多い建物なので中央にメインのエントランスがあるほかに

建物の両端に通用口のようなものが設けられています。

うちは端っこのほうなので普段は通用口を利用していて、郵便物を取りに行くとき以外はあまりエントランスを通らないのです。

 

娘が幼稚園に通ってる頃のことなので、もうずいぶん昔の話ですが

マンションの敷地外に月極めの駐車場を借りていて、幼稚園に送っていくときや買い物に行くときには

エントランスを通ってその駐車場に行ってました。

エントランスではいつもそこで子供を遊ばせながらたむろしているお母さんたちがいました。

「こんにちは」とあいさつすると「こんにちは」と返事が返ってくるので特に気にしたことはなかったのですが

あるとき一人の奥さんが好奇心でいっぱいの顔で私にこう聞いてきました。

「●●さん(←私の本名の苗字)ってお堂にお参りに行ってるの?」って。

 

マンションから出ると、幹線道路と駅をむすぶ通りに出るのですが、その一角にお地蔵さんだか弘法さんだかの小さいお堂があるのです。そこに日参して拝んでいるらしい、と奥様方の間ではもっぱらの噂だったらしい。

はぁ!?と思って、そのお堂の近くの駐車場を借りているので車に乗るのに通るだけですよ、といったら

その人は「そうなんだー変なこと聞いてごめんね」と言いながらつまんなそうな顔で離れていきました。

 

誰一人私の後をつけて確認したわけでもなく、私がお堂で拝んでいるところを目撃したわけでもなく

ただそっちの方向によく歩いていく(でも大通りを駅の方に向かっていくだけだけど)だけで

そんな適当な話をでっちあげて噂してるんだ、と思ったらいろんなことが本当にばからしくなりました。

 

先日の「苦手と向き合う土星講座」の時に、

ああいう井戸端会議的なことが苦手で。。という話題がちょっと出たので

上記の話をしてあげました。

他愛ない話をしてるだけの人もいるし

人のうわさがしたい人は、どんなことでも思い込みでネタにするから

その人たちの様子を見て楽しそうなら入ったらいいし

やだなと感じたら距離置けばいい。そこは自分基準で。

入らない時は、用事があるんでごめんなさい〜って顔してスルーすればいいよ、って。

 

ということを書いていたらまた思い出した。

 

私、自分が占い師っていうことを近所の人には言ってないんですね。

前にたいわをしてもらったときにだか、リモートをしてもらったとき

「近所で目立ちたくない」っていうのがすごく出てきて

目立ったら嫉妬されるとか面倒って思ってる、みたいな思考パターンが出てきたんですけど

たぶんその昔の出来事が心の奥で本当にうんざりするほど嫌だったんだな、と今気づきました。

 

なにもしてなくてもあんなに根も葉もないことを言われるんだから

なにかしてたらそれこそ、格好の噂のネタを提供してしまいそうで嫌だって

深いところでトラウマになってたのかもしれませんね。

思い出したから何か抜ける、かな。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:08 | 日々の徒然 | - | -

土星にまつわるエトセトラ

昨日は山羊座新月でしたね。

私もノートに願い事を書き出しましたよ。

超現実的な願望ですが(笑)

 

だって、山羊サインっていうのはそこに在る目標に対して

どうやったらそれを達成できるか?を考える性質なわけで

うっかり億万長者になりたいです♡とか書いても

「それで?具体的にどうすんの?どうやったら実現できるか計画はどうなってるの?億万長者になれたとしてその後は?」

とゴリゴリツッコミを入れられる筈なので。

 

銀行でお金を借りる時のようなものでしょうかね

住宅ローンなら、頭金をいくらくらい入れられるか・月々やボーナスの支払いがどの程度まで可能かということを細かく審査されるでしょうし

起業のための融資なら、事業計画書とか資金の回収計画なんかもよほどしっかり作っていかないといけないでしょうし。

 

手の届かない、実現不可能な夢物語じゃだめなんだな、っていうことですね。

山羊サインの支配星である土星先生は、時間をかけてちゃんと努力して手に入れることを

応援してくれます(時々ムチでお尻を叩かれることはありますが)

 

 

一昨日16日は「苦手と向き合う土星講座」でした。

自分が何に対してどんな時に苦手意識を感じやすいのか・そしてそれを克服するとどうなるのか、ということを占星術の基本レクチャー+ワークで学んでいただきました。

そしておまけとして、約7年に1回まわってくる土星のお試し(ネイタル土星にトランジットの土星がハードな角度を取ってくること)が、いつ頃どういう形でやってきそうかという予測と

2020年まで山羊座に滞在する山羊土星がそれぞれどんな影響を及ぼしてくるのかという部分を解説させてもらいました。

 

この日はお2人の方が、今年中あるいは来年早々にそういうタイミングが来るということで

心なしか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルされていたようです。

基本的に嫌だからやらない!といって逃げていると宿題は終わらないので

ここは苦手でも嫌々でも受け止めてみたほうがいいし、結果的にハードルを一つ越えて新しい自分に出会えるよ

という話をしました。

 

まあ、土星の話は基本楽しくないし重いんですが、だからこそ大事なわけで

それぞれも皆さんが必要なタイミングで来られているんだな、と思いました。

 

「苦手と向き合う土星講座」は来週も開催します(こちらも満席です)

ご要望があれば追加開催いたします。

人数が3人以上いらっしゃれば出張開催もしますので

ご興味ありましたら是非お問い合わせくださいね。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:48 | 星のこと | - | -

1/17 山羊座の新月

今日、1月17日 11:17 山羊座の新月です。

 

 

山羊座には現在、10天体のうち6天体が集合しています。

 

沈着冷静・合理的・社会性がある・目的意識が高い といった

山羊座が象徴する資質や雰囲気がとても強まっているときです。

 

今回の新月は「社会的な肩書やキャリア」を表す場所で起こります。

これからの自分がどんな立ち位置でいたいのか

どんな肩書の人になりたいのか(職場の役職という意味ではなく)

ライフワークとしてどんなことをやっていきたいのか

ということを考えてみるタイミングです。

そのためには大きな方向転換もあるかもしれません。

 

達成したい目標や、叶えたい計画を意図してみると良いです。

ただし、それは個人的な目標や願望でおわるのではなく

その目標や計画が社会や世の中にとって価値があるか、

ということを意識したり加味してみてください。

 

もし新月にお願いをかけてみるのなら、なんとなくふんわりと

「豊かになれました」「幸せになれました」という願望の出し方をするよりも

「時間を有効活用できるようにする」

「仕事で成果を上げる(件数とか金額とか具体的な数字を出すと尚良し)」

「自分が持っている〜〜の苦手意識を克服する」というように

具体的で明確なほうがより効果的かと思います。

できれば今日の15:30までに。

 

新月のお願いなのに夢が無いと思われるかもしれませんが、

山羊サインはDry&Cool、実質本位で現実的なのが特徴です。

 

 

約2年半の射手土星期間に自分が掲げた理念をこれから約3年の山羊土星期間に築き上げる

だから2017年末の山羊土星入りまでの間に、自分の本当にやりたいことを明確にしておきましょう

ということを昨年何度かブログに書きました。

この新月はその竣工式やオープニングセレモニーのようなものだと思います。

 

 

私のネイタル土星の上で新月が起こるので

これから3年先までのスパンで何を達成したいのか、何を手に入れたいのか

どうなっていたいのか、ということをじっくり考えたいと思います。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:49 | -新月 | - | -

愛の大きさと形はひとそれぞれ

これから書くことは、鑑定でお客様に説明することが結構な頻度であることです。

(つまりそれだけの人数が苦しいと思ってるということでもある、かも)

優しくて愛情が深い人ほど、愛されなくて辛い、というお話をよく聞きます。

 

私たちの心とか愛情というものは目に見えないので、誰かと比べてみることができません。

基本はみんな「自分が普通。平均的」と感じていると思います。

だけど、個性が人それぞれ違うように、愛情の形も容量も本当は人それぞれ違う。

 

たとえば、西洋だと水のエレメントが少ない人と多い人

東洋なら禄存司禄を複数持ってる人と全く持ってない人とでは

「〜してあげたい」「〜されたらきっと嬉しいよね」という尺度が全く異なるんです。

コップが心、中の水が愛情と例えるとわかりやすいかな。

(そしてしつこく言いますが、大きいから良い少ないからダメということではないです)

 

 

コップが大きくて容量がたくさんある人が陥りやすい悩みとして

■相手のことを思って何かしてあげれば上げるほど嫌がられることがある

■自分のお世話が足りないからもっとやってあげなくちゃと思ってそうするとウザいと言われて避けられる

■私はこんなに〜してあげたのに相手が同じように返してくれない

■きっと私なんか愛されてない。。

 

コップ1杯の水、と言われたときに持っているコップの大きさとその中に入ってる水の量は違う。

180ccの水、と言われたら誰が持ってきても同じ量になる。

「絶対的」と「相対的」の差。そして心は「絶対的」な感覚でとらえるもの、です。

 

大きなコップの中の水を小さいコップに入れたらどうなるか?

水は溢れてこぼれてしまう → 重いと避けられる

小さなコップの水を大きなコップに移したらどうなるか?

一杯にならない → 同じに返してくれなくて足りない、悲しい

 

誰もみなコップの大きさは同じはずと思ってる。自分が持ってるコップの大きさは平均的と。

そうじゃないと知って欲しいんです。

 

でね、容量が大きい(=愛情が深い)ということはとても素晴らしいことなのだから

我慢したりなかったことにしなくていいんです。

たくさんの人に分けてあげて、そしてたくさんの人から返してもらえばいい。

 

2Lのペットボトルを一人の人の口に突っ込んで飲ませたら相手は溺れてしまうけど

10人の人に200ccずつ分けてあげたらいい、ということです。

 

そしてなぜか愛情深い人に限って受け取り下手だったりする、とも思います。

なんていうのかな、自分の欲しい形じゃないものは「愛」として認識しないみたいな感じ。

大好きな人から言われる「ありがとう」や「大好きだよ」以外は愛じゃないって思ってる人が多い気がします。

 

赤い♡以外は愛じゃないので受け取りません!みたいな。

そういって他の色や形のものを全部拒否!みたいな。

 

〇だって△だって□だって☆だって、全部受け止めたら心は満たされるのに。

いろんな色や形の愛を受け取ってみて欲しいです。

 

感謝されたとき、褒められた時

「そんなことないです」って謙遜(という名の拒否)をしないで

「ありがとう、嬉しい」と受け止めるところからやってみてはどうでしょう。

Posted by 八雲あかね at 09:24 | こんなことを考えています | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile