牽牛夫は妻の言うことに耳を貸さない件

今日は夫の話。

 

春に心筋梗塞やったとき、お医者さんから

・塩分を控えること

・水分をたくさん摂ること を言われたんですね。

 

先生曰く、「水分はただの真水でOK」ということだったのだけど

夫は水をの飲むのが苦手。味がしないかららしい。

それなら麦茶がいいよ、と私が進言したんだけど

麦茶は飲む気がしない、といってペットボトルの緑茶や

アイスティ(糖分入り)をぐびぐび飲んでいて逆に糖尿にならないか心配だったわけ。

 

最近はちょっと涼しくなって、温かいお茶がいいというので

毎日番茶を沸かして水筒に入れて持たせています。

ここまでが前提。

 

秋になってよくめまいが起きるようになってお医者さんにかかったところ

どうも、心臓の治療の方で処方された利尿剤が強くて

出す量>飲む量になって、常に体が脱水状態なんじゃないか、という見立て。

 

ここでもやっぱり水分はたくさん摂るように言われたんだけど

麦茶がいいよと勧められたらしい。

 

それで、帰宅後

「お医者さんが、たくさん飲むなら麦茶がいいっていったから明日から麦茶わかして」と

言ってくるので、「だから、麦茶がいいって言ったじゃん。」と返したら

「だったら毎日麦茶作ればいいのに、なんで番茶にするわけ?」となぜか逆切れされた。

 

はー?なんなのこいつ

毎日麦茶は沸かしてたし、それを飲まずに別のものを飲んでたのは自分のくせに

麦茶の茶葉を使い切ったから、緑茶よりはいいかと番茶にしてるだけなのに

そもそも、同じことを言われても

妻に言われたことはスルーするのに

お医者さんに言われたらハイハイ言うこと聞いて

さすが権威に弱い牽牛(褒めてない)

 

今日も戦いは続くのである。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 22:46 | 算命 | - | -

10/17 天秤座新月

10/17 4:31過ぎ、天秤座23度台で新月です。

 

 

新月は1ハウス、『自分自身の在り方やキャラ』を示す場所で起こります。

天秤座が司るのは、

社交性、対人スキル、バランス感覚、客観性、多様性、公平性、対等

 

 

今回の新月は、向かい合う7ハウス(対人関係の場)牡羊座に火星が

足元や居場所を表す4ハウス山羊座に木星・土星・冥王星がいて

激しくぶつかり合うチャートになっています。

 

本当はこうしたい、こう生きていきたいという願望をストレートに出すと

これまでの環境(属していた場所や、人間関係)とぶつかるかもしれません。

特に今は水星も逆行しているので、思うようにいかない感覚が強いかもしれません。

 

今回の新月の影響を特に受けるのは、

天秤座・山羊座・牡羊座・蟹座に天体を持っている人。

これらの星座は活動宮といって、

思うようにならない現実を動かしていく、変えていくために

自分からアクションを起こしていく気質があります。


会いたい人がいるなら会う

気が進まない誘いを断る勇気を持つ

これまでと違うことにチャレンジしてみる

 

小さくてもいいのでなにか「行動する」ことを意識してみてくださいね。

 

Posted by 八雲あかね at 10:00 | -新月・満月 | - | -

今年最後の水星逆行

本日10/14 9:47 〜 11/4 2:36 の期間、水星が逆行します。

 

今回の水星逆行は、蠍座から天秤座へサイン(星座)をまたぐ逆行です。

蠍座は、誰かや何かに深くかかわる関係性

天秤座は、社交や対人関係を司る性質があることから

主に人間関係の見直しというのが現象として出てきやすいと推察できます。

 

 

10/14〜10/28までは蠍座の逆行になるので

その期間は、自分が信頼していたものに対する感情の見直しが起きます。

・過去のネガティブな感情がぶり返す(人にされたり言われたりしたこと)

・愛情と執着についての再確認のようなできごと

 

10/28〜11/4までは天秤座を逆行するので

・対人関係の見直し(どんな繋がり方をしているのか)

・自分が「八方美人」や「いい人」として生きていないか?の見直し

 

どういう形で現れるかは人それぞれで

自分が自分らしくいられる関係性を築いている(そうしようとする意志を持っている)人は

やっぱりこれを選んでよかったんだなという再確認ができるような出来事があるでしょうし

人に気を遣いすぎてしまう、みんなに好かれたいというような考え方の人は

その関係性が壊れるような出来事が起きるかもしれません。

 

逆行なので、最初はネガティブなものが出てくるかもしれないですし

何かしら、今までのままではだめなんだと突きつけられるような出来事があるかもしれません。

でも、それは必要な出来事です。

 

見直してみる、執着を手放してみることで、より深い絆や関係性を結ぶためのプロセスです。

17日には天秤座での新月もありますので

自分を取り巻く人間関係や付き合い方を振り返ってみるタイミングです。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:14 | 星のこと | - | -

気分次第

生きやすさも生き辛さも、それを決めているのは自分自身です。

 

この前ちょっとしたサロン的な場所に出かけて行ったんです。

いつも誰かしら知り合いがいるところで

その日もいろんな人が入れ代わり立ち代わりやってきて

おしゃべりを楽しんだり用事を片づけたりしてました。

 

その中にひとり、私のことを苦手にしている人がいて

私がそこに入って間もなくそそくさと帰ってしまいました。

「今日、このあとあかねさんが来るよ」と聞いた途端

すっと笑顔が引っ込んで、やだなーと言っていたと聞きました。

 

 

私は、その人のことは個人的に会いたいと思うほどではないけど

絶対会いたくない!とかではないので、その人が来るよと知らされていたとしても

偶然ばったり会ったとしても別に平気で感情が揺さぶられたりはない。

 

それで思ったのは

〇〇になったら嫌だという出来事や、会いたくない人など

排除したいものをたくさん抱えて生きている人は生き辛そうだな、っていうことです。

たまたま同じ場所に居合わせた、事実はたったそれだけのことなのに

ドキドキざわざわしてしまったその人と、何も感じてない私とでは

まるで違う印象の出来事として受け止められるわけですから。

 

 

その人のことを個人的に揶揄しているわけではないと前置きしたうえで言うと

排除したいものがたくさんある、ということは

その人自身もいろんなものを排除する生き方をしているのだろうし

自分が周りの人から排除されるのでは?という恐れを抱いているのであろうと推測できる。

要は、世界が敵または味方の二極で、安らがないだろうな。

 

潜在意識的に言えば、〇〇が嫌だ、あの人には会いたくないと思い続けることは

逆にその嫌な出来事や会いたくない人を引き寄せることになる。

つまり、いつも嫌だなという出来事ばかりおき、苦手な人だらけになる。

彼女の場合だと、仮に私がいなくなっても、今度は別の苦手な存在が現れるんじゃないか。

 

単に私が鈍感すぎると言ってしまえばそれまでなんだけどもね。

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:05 | 潜在意識の話 | - | -

自分軸の時代

趣味は何か、という話になったとき

一つのことに長く打ち込むのが良い、という風潮ってないですか?

 

鑑定の時など、気になることは広く浅く何でもやればいいよ、と言うと

「そういうのだめだと思ってました。。」

「新しいことをやりたくても、また?と責められてるような感じで。。」

そんなふうにおっしゃる方多いです。

 

好きなことは占星術で言えば金星が該当しますが

牡牛や蠍はひとつのことに一途にやるタイプだし

双子はいろいろマルチにやりたいし

蟹なら仲良しの人のやってることに影響されたり

天秤なら流行りに乗っかる、みたいな単なる資質の違い。

 

余談ですが、私は何かに興味が惹かれるとのめりこむ質です。

でも、ディープに潜るのはだいたい2年くらいですかね。

2年たつと、興味が失せはしないけど平熱になるという自覚があります。

 

 

これから世の中がどうなっていくか、ということを考えた時

〇〇とはこういうもの、こうあるべき、ふつうは△△だよねー

というような概念がなくなっていくんじゃないかと予想しています。

 

どんな趣味を持とうが、一つのことに打ち込もうが

あれこれたくさんのことをとっかえひっかえやろうが

そういうのは問題にならなくて

ただ【楽しめる趣味があるんだね】という感覚。

 

そしてさらに言えば、これから先は【何をしているか】も関係なくなる。

例えば、料理が好き・ファッションが好き・読書が好き の〇〇の部分。

〇〇を共有するのがこれまでのスタイルだとしたら

これからは、何か好きなことをしているときワクワクするよね!という感覚が

わかりあえればそれでOKになるのではないか、と思います。

 

趣味に限ったことじゃなく、いろいろな面でね。

 

世の中全体がそのように思うかどうか、じゃなく

おなじような感覚を持った人たち同士でつながっていくんじゃないかな。

もちろん、これまでと同じような世界観がなくなるわけじゃなくて

自分の居心地の良い場所を、自分で選び取っていけると考えています。

 

どんな立場や感覚で生きるかによって、世界は全く変わらないかもしれないし

日々変化していくかもしれない。

選ぶのは自分自身。

 

Posted by 八雲あかね at 14:52 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile