生地巡礼

聖地じゃなくて生地(生まれた場所)ね。

 

今日は三合参りに良き日ということで

どこに行こうか考えているときに

ふと産土さんにもお参りしようかな、と思いついた昨夜。

 

今朝、方位を調べたらギリギリ吉方位じゃなかったので

吉方位にお参りに行った帰りに寄ればいいと思いつく。

水星逆行中だし、それも蠍座だし、ルーツを遡るのは有りだね。

 

 

今回の方位は北北西。

4月、私の最大吉方が北北西だったので

その時行った方面の神社に行くことに。

ということで参拝したのはこちら。

 

 

 

以前お友達に、ここの金(こがね)神社が金運にいいというのを聞いたことがあり

前回の吉方取りの際に立ち寄ったお店の近くで看板を見た覚えがあったのだ。

大黒様と恵比寿様が祀られている水場でお金を洗ってきましたよ。

 

近所にあったこちらの神社にもお参りします。

 

このあと一ヶ所寄り道をして向かったのは熱田神宮。

先週もお参りしたばかりだけどね。

 

交番の横に鶏さんがいた。

 

*******

熱田神宮は私が子供の頃、初めて家族そろって初詣に行った神社

(でもその後いろいろあって、以来初詣には行かなくなった)

次に参拝したのは、息子の七五三のとき。

そして一昨年だったかに熱田神宮で人と会うことになって出かけたのが3回目。

20年周期か(笑)

 

実は今日初めて正門(南門)の方に行って

そこに上知我麻(かみちかま)神社と八剣宮があるのを知った。

 

お参りを終えて門の外に出たら、駐車場の車のナンバーが奇跡!

 

次の目的地はここ。

幼稚園の頃まで住んでいた町。

 

ここにある「星宮社」が私の産土神社だと、以前教えていただいた。

 

現在、熱田神宮に祀られている

「上知我麻神社」と「下知我麻神社」はもともとここに祀られていたのだとも

教えてもらった。

ここは古くて小さな社だけれど、歴史と由緒があるのだそうだ。

いろいろ繋がっている。

 

 

大きなご神木

 

屋根の瓦が星型。

 

行先の経路を調べるのにGoole Mapを見ていたら

このあたりは「星」のつく地名が多かった。

駅名の本星崎だけじゃなく、星宮町とか星園町とかね。

初めてここに連れてきてもらったとき、

星に所縁があるのだなぁと思った覚えがある。

 

******

子どもの頃に住んでいた家(アパート)はさすがにもうなかったけれど

町自体は全然変わってない。

駅舎の位置も、道も。

 

これは、駅の横にある石神社という小さなお社。

 

真ん中にある鉄製の篭みたいなやつ。

昔これをブランコ代わりにして乗って遊んだ覚えがあるよ。

 

 

三合参りにかこつけた懐かしい旅は、ここでおしまい。

 

 

Posted by 八雲あかね at 20:58 | 交流・おでかけ | - | -

旅は人生の縮図

この世に生まれたときに与えられた命(=時間)には限りがあること

頭ではわかっていても、日々の生活の中ではなんとなく

それは今じゃないだろう、と意識しないようにしてる部分がありますよね。

 

自分のやりたい事や好みを明確にしてそれを真摯にやるとか

1年365日1日24時間やり続けるのは、正直疲れるから

まあいいかーと流されて生きる方が楽なことも多い。

 

 

先日観たこの映画みたいに、余命宣告されて残りの時間を意識すると

自分の人生大事にしなくちゃとか、与えられた時間を有意義に使わなくちゃとか

思い知らされる。

 

 

余命宣告まで行かなくても

旅に出るっていう行為も人生の縮図みたいなものだな、と思います。

 

期間が限られている

自分が自由に使える時間に限りがあり

食事できる回数にだって限りがある

そのなかで、自分がどんなことをしたいどこに行きたい何を食べたいか

真剣に考えるよね。

 

よくわからないままなんとなくでも旅行はできるけれど

何かしらのテーマを持っていく方が楽しいんじゃないか。

大げさなものじゃなくてもよくて

憧れのあのホテルに泊まってみたい でも

あの博物館でじっくり展示が見たい でも

あれこれ食べたいものがある でも

なにもしないをしにいく でも。

 

旅は、そんな自分の趣味趣向をちゃんと見つめ直す機会なのかなと思う。

 

 

本当の本当は、

日々、自分は何が好き?どうしたい?と意識して生きるのが理想だけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:41 | 日々の徒然 | - | -

DOが大事。

やったらどうなるか

これをやったら何になるか

ちゃんとできるかどうか

 

そういうことをいったんヨコに置いておいて

考えない。

とにかく動いてみる。

うまくいかなかったらその時に次の手を考える。

 

 

よくあるケースは

 

こうしたらいいよ、と言われたときに

でも〜、だって、と言ってなかなか動かない

 

 ↑

 ↓

 

完璧にやろうとしずぎる

(そして挫折するパターン)

 

なぜか真ん中がすっぽり抜けている・・

 

自転車の乗るのだって、お料理をするのだって

本を読んだり、頭で考えてるだけじゃできるようにならない

なんどもやってみる、それだけ。

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:31 | 日々の徒然 | - | -

進化する人の共通点

今週は「人に会いに出かける週間」

昨日は名古屋へ、今日は浜松へ行ってきました。

 

アクセサリー作家だりあさんとイラストレーターのたなかようこさんの2人展

 

だりあさんのアクセサリーの美しさと煌めき

ようこちゃんのイラストのやわらかさと優しさ

そしてお2人どちらにも共通して感じるしなやかな強さ

 

作りたいもの、好きなもの、表現したいもの

それがものすごく明確で、妥協せず真摯に向き合う姿は

本当に凛々しく潔い、と思います。

 

夢や目標に向かって走り続けている人に会って話すと

自分も頑張らなくちゃ!と刺激をもらえます。

 

 

*****

 

私は占い師なのでいろんな方にお目にかかります。

占いに来られるお客様はたいてい、悩みを解消して今よりもっと幸せになりたいとか

もっと本来の自分らしく生きたいと願っていると感じますが

鑑定に来られて、その後人生が大きく変わる人と

いつまでもその状況から抜けずにループしている人とがいます。

 

人生が大きく進化して変わっていく人に共通しているな思うことが3つあります。

 

1.行動する

2.自分の望みが明確

3.受け取り上手

 

よく使う例えで説明しますね。

 

1.行動する

 

来月は人生最高に恋愛運がいいから運命の人に出会えるよ、という状況でも

家で寝ていたら出会いはない、ということ。

眠り姫(オーロラ姫)は眠っていたら王子様がやってきてキスしてくれるけど

現実に家で寝ていたら白馬の王子様が現れるなんて可能性ないでしょう?

(というか、こちらに選択権が一切ない状態で寝ているときにキスされるって幸せなのか?むしろ恐怖しかないと私は思うけど)

恋愛運がよくて出会いのチャンスが多いなら、人と会う場所に出かけていくとか

そういう行動って大事じゃないでしょうか。

 

 

2.自分の望みが明確

 

「私結婚できますか?」と聞かれることがよくあります。

そんなとき私は意地悪して、

相手が異性である、ということ以外いっさい条件をつけなかったらすぐできるよ、と答えます。

たいてい嫌な顔されますけど(笑)

でもそうでしょう?

結婚できるかどうか、という問いにならできるよ、と答えられる。

でも、「私が望む(理想とする)幸せな結婚ができるかどうか」と聞かれたらどうでしょう?

どんな人が好みで、こういう条件はゆずれなくて、こういう家庭が築きたい、という

その人の本当の望みが明確であればあるほど

じゃあどうすればいいかという対策が立てやすくないですか。

そのうえで、ここはそんなにこだわらなくていいとか、ここは譲れないわというのが

よりはっきりしてきませんか。

 

 

3.受け取り上手

 

これは2の望みを明確にするというのにも通じることなんだけど

「こうなったらいいな」という望みは基本なんでも叶っている、と私は思います。

でも「こうなったらいいな」と思うタイミングと

それが実現するタイミングには時間差があるから

でも無理だよね、って自分で打ち消しちゃったり

願ったことを忘れてしまったり、っていうことがあるんじゃないかと思う。

 

たとえば、今日ものすごくお腹が空いているときにTVでラーメン特集をみて

ああ、ラーメンが食べたい!ってなることあるじゃないですか。

その5分後に誰かが「ラーメン食べに行こうよ」と誘って来たら

願いが叶った!というのがわかりやすいけど

1週間後に久しぶりに彼氏とデートだ!と喜んで出かけて行ったら

食事がラーメンだったとき。

「わぁ!先週ラーメン食べたいと思ってたんだよね。嬉しい!」と思うか

「は?せっかく久しぶりのデートなのに、夕食がラーメンて!」と思うか。

1週間前にラーメン食べたいと願ったことが叶っているのに

受け取り方ひとつで全然違いませんか?

 

だから自分が本当に好きなもの、欲しいものを明確にして純度を上げていくって大事。

 

ずっと進化して行く人、人生を大きく変えて行く人は

1〜3のこと妥協していないと思う。

 

あとね、これも本当に大事だと思うんだけど

人生が変わった人のアフターの部分だけ見て羨ましがったり

真似したりするのはちょっと違うんじゃないかな。

 

自分に向き合うって、結構しんどいこともあるし

やりながら「なんで!?」ってメンタルが落ちることも1度や2度じゃない。

それでもあきらめずにやり続けてきたからこその今なんだよ。

今、ステキに見える・幸運で幸せそうに見えるその人も

運がよくて、棚ぼたで、輝きや幸せを手にしているんじゃないって

そういうところまで想いを巡らせられるといいなと思います。

 

Posted by 八雲あかね at 18:46 | 交流・おでかけ | - | -

キャニオン現象も佳境

今日は名古屋に行く予定があったので、ちょっと家を早く出て

熱田神宮にお参りしてきました。

 

 

午後は大嘗祭二日前大祓ということで、

全国の神社で一斉に大祓いの儀式が執り行われたそうですね。

 

大きな儀式の前のピンと張りつめた空気の中

境内は、保育園のお散歩・幼稚園の遠足・そして七五三の家族連れで

賑わっていました。

新しい時代が始まるんだな〜というのをひしひし感じました。

 

 

何度か書いていますが

これからは(特に来年から再来年にかけては)世界の在り方が大きく変わります。

これまでは既存の社会、誰かが作った集団やコミュニティ

強い人、声の大きい人、輝いている人。(という風に見える人)が作った世界

そういう場所にいればよかったし、そういう中で溶け込み、

『みんなと同じ』であることが良しとされた。

 

だから『みんなと同じ』が苦しい人にとっては、とても生き辛かったかもしれないね。

 

でもここから先は、『自分の世界』があるかどうかが重要になるし

その世界は交わらなくなっていく。きっとね。

本当に何度も書いてるけど、

今までと同じように、誰かや何かに混じって生きていこうとすると

どこかで壁に当たるんじゃないかと思う。

わたしとあなたは違う人、だからその違いを楽しもう。そんなふうに

捉えられるといいんじゃないかと思っています。

 

 

仲良かった人と決裂したりだとか、

どうしようかなーと思いながら繋がっている人とは会うタイミングを逸したりとか

なんであなたにそんなことをされないと(or言われないと)いけないの!?という

目に遭ったりだとか。

自分でも、まわりでも、これもそうか!みたいなことをよく見聞きします。

個人的には、木星が山羊座に入る12/3くらいまでに

方向や在り方が、朧気ながらでも定まっているといいと思っているので

いよいよ佳境に入ってきた、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 23:40 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile