陽転お茶会コンテンツ5〜禄存星・司禄星

昨日書いた鳳閣星・調舒星の記事、たくさん反響がありました。

なんでこういう反応なんだろう??理解できない。

こんな場合、どうしても自分が普通で相手が変だと思いがちだけど

十大主星のことをもうちょっと知ってもらうと

ああ、この人はこういうタイプの人なんだなと理解することができたり

もしかしたら自分も違う星の人から、なんでだろう?と思われてるのかも、と

想像できるようになるかもしれません。

 

本当に何度も何度も言うけれど、どれが正しいかを決めるのではなく

世の中にはいろんな人がいること、基本みんな違う個性をもってること が

わかるのが大事です。

 

ということで今日は禄存星・司禄星です。

禄存星と司禄星は「土」の性質としてみなされます。

禄存星が陽、司禄星が陰です。

 

◆禄存星

 人を惹きつける、愛情奉仕、財を動かす

 見返りを求める、自己中心的

 

◆司禄星

 堅実、安定、面倒見のよさ

 おせっかい、心配性、時間がかかる

 

「土」は五行の他の要素をすべて内包します。

それは懐の深さでもあるし、なんでも取り込みたいという欲の深さでもあります。

 

基本的に人に合わせるのが得意で、ニコニコして感じよく、お世話好きです。

相手の望みに合わせたり、なにかしてあげることで返ってくるものが欲しい。

それはお金もそうだし、笑顔や褒め言葉などもそう。

何かしら相手からの反応をもらうことが喜び、のように思います。

 

誰かのために役に立ちたい、というところからサービス業に就いている率も高い。

 

以前中学校で陽転お茶会の講演をさせてもらったことがあるのですが

保健の先生が禄存星、給食室を担当されている方が司禄星をお持ちという

まんま、な星をお持ちだったというケースもあります。

 

お世話を焼いたり焼かれたり、気持ちをかけたりかけられたり

人間関係において、時々難しくてめんどくさい

でも暖かくてやさしいもの、それを武器に持っているのが

禄存星や司禄星なのではないでしょうか。

 

講座でお話ししているときなど、いつも目が合ったり頷いてくれたりするのは

だいたい禄存星や司禄星の人で

そういうリアクションがあると、やっぱり安心で心強いものです。

 

Posted by 八雲あかね at 21:35 | -陽転お茶会コンテンツ | - | -

陽転お茶会コンテンツ4〜鳳閣星・調舒星

前回書いたのいつだっけ?と遡ってみたら4/16でした💦

すっかり書く書く詐欺ですね。

 

今日は鳳閣星・調舒星について書きます。

鳳閣・調舒は「火」の性質としてみなされます。

鳳閣星が陽、調舒星が陰です。

 

◆鳳閣星

 おおらか、のんびり、客観的、遊び

 細かいことは気にしない、面倒臭いことは嫌い

 

◆調舒星

 繊細、豊かな感受性、主観的

 神経質、気分屋、反抗心

 

専門的に言うと洩気(えいき)といって、自分から何かを生じさせる、漏れ出す、

溢れ出すような性質をもっています。

 

鳳閣星は、真っすぐで単純でストレートでポジティブ

調舒星は、複雑で屈折してわかりにくてネガティブ

ものすごくざっくりまとめるとこんな感じでしょうか。

 

どの星にも言えることですが、自分が持っているものは「当たり前」で

自分が持っていないものを周囲の人が持っていると目についたり気になったりします。

 

お茶会などでよく出てくる話題で、「うちの夫が**で困っている」

なぜか鳳閣星夫、調舒星夫率が高い。

 

一例をあげると

○ずっと独り言喋っている(話しかけられているのか独り言か、区別がつかない)

○ずっと食べている

○ずっと遊ぶことばかり考えている

●何を考えてるかわからない

●かまってちゃんのくせに素直じゃない

●ああ言えばこう言う

 

たぶんですが、奥さんの考える理想の夫像

真面目で、しっかりしてて、頼りがいがある、というところが見えにくいからではないでしょうか。

私は自分の人体星図のなかに鳳閣も調舒も持っていないので勝手に

鳳閣星は小学3年男子、調舒星は中2とイメージしてますが

「もう!ちゃんとしてよ!」と言いたくなるのも無理ないかもしれません。

 

 

 

 

ここからは余談なのですが

昨年「ボヘミアン・ラプソディ」を観て以来地味にQUEEN好きなんですが

ツイッターでファンの人達の、推しあるあるなんかを読んでいると

ベースのジョン・ディーコンさんのエピソードを読むたびに調舒星ぽいなーと思っていたら

やはりそうでした。中心星調舒+天将星持ち。

一番年下で、地味でおとなしそうに見えるけれどビジネス面やショーの演出など

彼の力で成功した面も多く、陰のドンと呼ばれていたとか。

 

ちなみにドラムのロジャー・テイラーさんは鳳閣星3つ

個性的なメンバーが揃ったバンドの中で、彼が他の3人の緩衝材というか

ムードメーカーの役割を担っていたのではないのかなと思います。

ソロで発表する曲などは意外に社会派の面があります。

 

 

Posted by 八雲あかね at 10:48 | -陽転お茶会コンテンツ | - | -

自分に価値をつける時代

昨日、髪を切りに行ってきました。

私が通っている美容院は、いろんな人の社交場のようになっていて

美容以外の用件でも常に誰かがいる。

 

昨日も「あかねさんが来るなら顔見てから帰ろう」と

お茶を飲みながら待っててくれる人がいたり

なにかの荷物を受け取りがてら訪ねてきた人と話が弾んだり。

水星逆行ぽく、お久しぶりの人にも会えました。

 

その場で会う人、そのとき話題になることは、いつも何かしら共通点があります。

今日は『自分を出していく』というのがテーマだったような気がします。

 

物を買うとき、何に価値を求めるかは人それぞれです。

安いのがいいという人もいるし、品質だという人もいる。

そんななか、誰から買うかというのがこの先の時代大きなファクターになると予想されます。

 

独自の物を出しているかどうかってだけじゃなくて

同じものを同じ値段で買うんだったら、この人からがいい

そんな風に思ってもらえるかどうかが大事なんじゃなかろうか。

 

こんなことみんな知ってるだろうし、とか

こんな話個人的過ぎて知りたい人はいないかもしれないし、とか

自分で制限して出さずにいることのなかに宝は埋もれているのじゃないかしら。

だからもしかしたら万人受けはしないかもしれないけれど

同じような想いを持っている人の胸にはどストライクで届く。

 

これからは自分自身が商品になっていく時代になるんだな〜

だったら、自分をいかにストレートに出していけるかがカギだよね

なんていう話で大盛り上がりになりました。

 

そうすると結局、自分ってどんな人間なんだろう?ということを

考えざるを得なくなる。

 

話してる時、「あかねさんでもそんな風に迷うんですか!?」と驚かれたけど

どうしたらいいのか〜と考えている時間は人より短いと思うけど

普通にグルグル迷いますよ。

 

私は今57歳なので、生きてる年数が長い分

(こういうときはこうなるだろう)という経験則が多いだけで

他の人と同様に、今日という日を体験するのは今日が初めてだよ。

で、経験則の多さは時として、こうやっておけばいいだろうという

守りのパターンに陥りやすいということでもあるわけで。

 

そういうこともまるっとひっくるめて、「これが私」という色を出していきたいし

他の誰かのその人らしさを出せる手助けができたらいいな、と思ってます。

 

 

 

本文とは何の関係もないけど、コメダの新商品クリームぜんざい的なやつ。

小豆の上にはコーヒーがかかっています。

Posted by 八雲あかね at 19:16 | 日々の徒然 | - | -

目指せ開運、三合参り(未月)

書きたいことはいろいろ溜まってるのですが

これを先にかかなくちゃ。

 

今月は「未月」三合参りに行く月ですよ!

 

《三合参りとは》

暦の世界では、十二支が方角や時間をあらわすものとして使われています。

そこには組合わせると激しくぶつかり合う関係や

協力し合って物事を広げる関係性など、いろいろな法則があります。

 

三合とは、十二支のうち3つ重なることで物事を広げる組み合わせのことをいいます。

今年は亥年なので、亥・卯・未の組み合わせになります。

 

3月(卯月)は未(南南西)に行くのが◎でしたが

7月(未月)は卯(東)が吉方位になります。

 

一般的な吉方取りは、誕生日の干支から星を出すため

持っている星によって吉日も方角も異なるため、みんなで一緒にというのは

なかなか難しいのですが、三合参りはみんなに共通した日と方角なので

家族や友人と一緒に出掛けることができます。

 

該当する日は次の通りです。

7月9日(火)丁未・21日(日)己未・25日(木)癸亥・29日(月)丁卯

8月2日(金)辛未・6日(火)乙亥

 

中でも7/25と8/6が効果が高いです。(年支より日支の方が強い)

 

うちのあたり(岡崎・幸田)からだと、

近いところで一畑山薬師寺、砥鹿神社(奥宮)、鳳来寺山、湯谷温泉

静岡方面だと秋葉神社、三嶋大社、箱根神社、三保の松原

関東方面だと江ノ島神社、鎌倉あたり。

寒川神社は東と北西の境界線ギリギリくらい。

 

これは一昨年行った箱根神社

 

ちょうど行ってみたいと思っていた場所が吉方位にあるので

お参りにかこつけて行って来ようと考えているところ。

 

自分の家からはどこがいいの?というときは

こちらのサイトで方角が調べられます。⇒あちこち方位

これはPC版ですが、スマホ版もあるようです。

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 09:02 | 交流・おでかけ | - | -

生きる世界(キャニオン渓谷論)

 

昨日水星逆行の記事(⇒★)の中で

 

◆自分の居場所を再確認すること

◆ケンカ別れしたりなんとなく疎遠になった人と会ってみる

 

ということを書いたのですが、その補足として書きます。

 

 

3月に天王星が牡牛座に入った頃から、自分と他人との境界線がくっきりしてきたこと

感性が合わない相手とは違和感を感じて一緒にいられない

という感覚があることを、ブログでも何度か書いてきたのですが

やっとうまく言語化できるようになったので書きますね。

 

今までの世界は、それぞれ異なった価値観や世界観を持った人たちがいて

親和性のあるものもあれば、相容れないものもあったけど

同じ地面の上に立っていた。

 

 

それが3月以降どう変わったかというと

それぞれが別々の独立した地面(世界)に立っている

 

近ければ行き来もできるし、溝が浅かったり幅が狭かったら橋を架けることもできる。

でも基本的には独立した世界と、越えられない深い谷で隔てられている。

それは次元という言い方もできるけど、その言い方は高い低いという

ジャッジに繋がるようで好きではないから私は使ってなくて

「キャニオン渓谷」と勝手に呼んでいます。

 

 

昨日の記事で、自分の居場所を再確認しましょうと書いたのは

独立した色濃い世界になるからこそ、違う場所の居心地は悪くていられない。

誰かの場所じゃなく、自分だけの場所はここなんだ、と見つけることが大事だから。

 

そしてなんとなく疎遠になった人と会ってみるといいというのは

その人のことを好きだから、あの時一緒にいて楽しかったからという

感情(後ろ髪とか未練みたいなもの)をちゃんと味わって断ち切った方がいいから。

だから自分の中で、あの人とは生きる世界が別、と区切りがついてる相手には

別に会わなくてもいい。

 

この人とは一緒にいられるなとか、違和感があるというのは

もう理屈じゃなくて感覚で、だからこそ理屈や感情ではどうにもなりません。

そもそも大前提として、生きる世界が分かれることがダメなわけではない。

 

駅まで一緒に行ったけど、乗る電車が別々だというようなことで

ご縁があればまた帰りに駅で一緒になるかもしれないし、どこか全然別の場所で会うかもしれない。

でも今はちょっと目的地が違うんだな、ということなんです。

そのことを理解し、納得するための逆行期間だと思っています。

 

リアルでお目にかかった人は

「地割れで地面が割れちゃった」とか「キャニオン渓谷の向こう側に行っちゃった」とか

私が言ってるのを聞いたことがあるかもしれませんが、こういうことです。

 

これはカッパドキアですが

このブログを書くのに画像をいろいろ探していたらイメージとしてはこっちのほうが近いかも。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 17:59 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile