7/5 山羊座の満月

7/5 13:44 山羊座13度台で満月です。

 

 

今回の満月も蝕が伴う半影月食。

 

山羊座が司るのは

「結果」「社会的な役割」「キャリア」「伝統」「価値」

これまでにやってきたことや、積み上げてきたものが結果として現れる時。

 

昨年の12/26の山羊新月は日食でした。

そこからのおよそ半年間にどんなことを考え、何をしてきたか

振り返ってみるとよいでしょう。

 

7/2に逆行中の土星が山羊座に戻ってきたので(土星が山羊座に戻ってきた

山羊座の持つ現実化や、目標達成のパワーはいっそう強まっています。

が、土星は逆行中、そして水星も蟹座で逆行中。。

思ったことがすぐ形になって帰ってくるというお手軽な感じにはなりません。

 

 

今回の満月は、3ハウス―9ハウスライン、理想と学びの場で起こります。

これまでやってきたことを振り返って

ずっと大事にしていたけれど、もう自分には必要ないものを手放すこと

より高い目標を設定して、それを実現するための基礎作りをすること

がとても重要なポイントです。

 

山羊座は「結果を出す」性質がありますが、決して濡れ手に粟的な成功をもたらすわけではありません。

口にしたこと、行動したことの積み重ねが結果になって表れるだけです。

仕事であれ人間関係であれ、今あなたの目の前にある現実は

あなた自身の考えや行動の結果が具現化しているにすぎません。

 

それが満足のいくものであるなら、もっと満たされるにはどうしたらいいか

不本意なものなら、何を捨てどう変えるのがいいのか

考えてみてくださいね。

 

人間関係の変化が一番顕著で、わかりやすいかもしれません。

 

 

Posted by 八雲あかね at 08:49 | -新月・満月 | - | -

土星が山羊座に戻ってきた

逆行中の土星が、昨日(7/2 8:42)山羊座に戻ってきました。

 

天体の逆行は珍しいものではありませんが

社会天体と言われる大きな天体が星座をまたいでいったり来たりするときには

車で段差の上を通り抜ける時のように、ガクンと衝撃を感じやすい。

 

特に土星は「ルール」「制限」「社会の仕組み」などを司ることと

山羊座が本来の場であるため力が大きいこともあって

いろいろなところに影響が出ると考えられます。

 

単純に言えば、もう古いやり方には限界があるから

新しいやり方にシフトしようよ、と変えたことが

障害や壁にぶつかって立ちいかなくなり

「やっぱり前の方がよかったじゃん」という状況に陥り

でも古いやり方には。。。以下ループ、みたいな。

 

確実に時代は変わっていきますが、

「新しいこと」はみんなにとって「初めて」で「慣れてない」ことなので

一足飛びに完成形は作れないわけです。

言わばトライアンドエラーの時期。

 

 

コロナの緊急事態制限が解除されて少し開放的な気分を味わったのもつかの間

また感染者が増加しているというニュースが流れてきました。

お店を休業したりお出かけを自粛することで、感染者の抑止はできても

完全になくすことはできない、だとしたら今度はどんな対処をしたらいいか考えよう

世の中はそんなふうに動いていくのではないかと思います。

 

 

個人のことで言えば、山羊座の終わり(25~29度)に何らかの天体を持っている人は

ご自身の生き方や価値観を再度見直すタイミングになりそうです。

せっかく変えようと思ったことが、進めようとしていることがうまくいかない

何ていうことがあるかもしれませんが

上にも書いた通り、この時期はトライアンドエラーです。

やらないように止められているのではなく、よりよい形で進むための見直し

そんな風にとらえてみてください。

 

我が家は、今一緒に暮らしている3人全員山羊ステリウムなので

山羊座25〜29度の間に、息子の土星(サタリタ)、夫の太陽、

そして私の土星(2周目のサタリタ)があるので、正直戦々恐々としています。

まあ、夫が死にかける以上の悪いことはないと信じたい。

 

土星の逆行期間に心がけるといいことは何ですか?と

カードに質問してみました。

 

うっ。。胸が痛い。。。

ちょっと感情が麻痺してるというか、蓋をしている自覚はあるのです。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:17 | 星のこと | - | -

どこから見るかで見える世界は変わるよ

友人の運転する車に乗って移動中、とある交差点で信号停止をしたんです。

歩道には街灯が立っていて、あと花壇もあって

そこにストライプのシャツに黒いズボン、黒っぽいスニーカーといういでたちのおじさんが1人。

なんでもない日常の景色です。

 

そう思ってなんともなしに見ていたら、急に振り返るおじさん。

あ!と驚いてしまいました。

シャツはボタン止めてない(裸の上にシャツ羽織ってる)そして首にはネッカチーフ。

 

おじさん、信号が変わっても渡る気はないようで

街灯に向かってシャドウボクシングをしています。

と思ったら今度は花壇の前で仁王立ち。

腰を反って立っているので、一見立ち〇〇をしているような姿勢です。

実際、友人の位置からはそう見えてたようです。

(ちょうどサイドミラーが微妙な位置にあったらしい)

 

交差点で私たちが停まっている方向に右折しようとしていた車のドライバーは

あからさまに不愉快な顔でおじさんをみています。

(そのドライバーからはおじさんの背中しか見えてない、たぶん)

 

私は助手席に座っていて、そのおじさんを真横から見る位置にいたので

そのおじさんはただ腰を反らせて立っているだけで立ち〇〇していないのが見えている。

そもそも、両手はグーっと握って身体の斜め後ろにあるから

たぶん体操とかストレッチ的なことをしてるように見えた。

 

 

たしかに変わったおじさんで、目を合わせちゃいけない気持ちになったけど

公序良俗には反してなかったの。

 

 

でも、あの一瞬、3人(友人と、右折しようとしてた運転手さんと、私)は

同じ場所で同じ人を見ていたのに

見る角度でおじさんに対する印象は全く違う。

時間にしたら信号待ちの間の2〜3分の出来事なのに

すごいドラマを見せてもらった感じ。

 

その友人とは半日くらいずっと濃ゆい話をいろいろしていたのに

結局そのおじさんが全部持っていった(笑)

 

自分の見ている世界だけが正解じゃないこと

人にはその人の見ている世界がそれぞれにあるということ

だから私たちは、自分の見ている世界を信じたうえで(←これ大事)

そう思わない人もいると理解し思いやること

 

キレイにまとめればこういうこと。

すごくわかりやすく見せられました。

 

 

Posted by 八雲あかね at 16:29 | 星のこと | - | -

明日は夏至&新月(金環日食)

明日は、夏至。そして午後には新月です。

 

夏至というのは太陽が蟹座に入る日です。

(ちなみに、春分の日は牡羊座・秋分の日は天秤座・冬至の日は山羊座)

 

朝6:44に太陽が蟹座に入り、追いかけるように15:01に月が蟹座入り。

そして15:41過ぎに蟹座0度台で新月(金環日食)

 

 

蟹座が司るのは

愛情、家族、仲間

自分が守りたいと思う場所や人たち

 

月は蟹座のルーラー(支配星)でもあり、今回は日食でもあることから

感情や、当たり前感覚、安心、習慣や癖など、月が意味するものがクローズアップされそうです。

特に感情的なものは浮上しやすくなります。

 

新月が起こるのは8ハウス。

心・結婚生活・拠り所となるもの・深いつながりの関係などを表す場。

 

特に今は、蟹座で逆行中の水星も同じ8ハウスにいることから

過去のしがらみ 

古い心の傷やトラウマ

あの時言えなかったこと

心に飲み込んできた想い

そういうものが浮き上がって来やすい時。

 

それらは一見ネガティブなようですが

浮き上がってくるのは、もうそれを手放してもいいというサインでもあります。

 

沸上がってきた怒りや悲しみに振り回されるのではなく

自分がそういう感情を抱えていたことに気づくこと

もう要らないなら手放すこと

 

ゆっくり瞑想をして、心の中にいる傷ついて泣いている小さな自分(インナーチャイルド)を

抱きしめてあげるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

Posted by 八雲あかね at 15:43 | -新月・満月 | - | -

水星が逆行します

水星が逆行します。

 

逆行期間は、6/18 13:38〜7/12 17:17

蟹座の14度台から5度台までの度数を逆行します。

 

今年の水星逆行は3回あって、今回は2番目の逆行です。

(3回目は10/14〜)

 

さて、水星逆行の期間は

通信網や交通機関が乱れる

連絡や意見が行き違いになる

計画が思うように進まない

というような現象が起きがちだったり、

 

過去の出来事を再びなぞる

旧交を温める

やり直しやおさらいをする

というようなことをするのに向いている期間です。

 

スムーズに行かなくて当たり前、という感覚で時間に余裕を持ったり

じっくり取り組んだりすれば基本的には大丈夫。

 

ただし、今回の水星逆行は蟹座で起き

蟹新月(金環日食)と山羊満月(半影月食)の期間をまるまる含むことから

自分が属する社会(グループ)について見直す

感情的な揺り戻し

というような出来事が起こりやすいのではないかと考えられます。

 

例えば自分の身の回りの人や、仲良くしているママ友グループとかで

なんとなく「あれ?ちょっと違うな」と感じる違和感だったり。

 

言ってもしょうがないと飲み込んだ感情

なんとなく我慢していたこと

心残りや未練、なにかに対する罪悪感といった過去の感情が再燃したり。

そういったことが浮き上がって来やすい時期です。

 

何か感情(悲しみとか怒り)が湧き上がってきたとき

それを目の前の相手にぶつける必要はありませんが

 

こういうことをされると嫌だと感じるんだな

こんなことを言われると傷ついて悲しくなるんだな という

自分の感情を見てみぬふりをしないことが大事です。

 

フォーカスするのは、何かをした相手(外側)じゃなくて

そう感じている自分(内側)の方。

 

自分の気持ちを伝えて関係性を改善していくのか

相手(場所や人)から距離を置くと決めるのかはその次のステップです。

 

 

 

スマホの機種変をして、前の端末を引き取ってもらうついでに

大昔のガラケーさんたちもショップに持っていきます。

(過去に関することは逆行期間にやりたいと思って笑)

 

Posted by 八雲あかね at 08:41 | 星のこと | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Profile